CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『おくりびと』の動画配信を無料で観る方法BEST3!今から3分以内に見始めよう♩

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「映画『おくりびと』のフル尺動画を無料視聴する方法や配信ってないのかな?」

と、今話題の映画「おくりびと」の動画をフルで無料視聴する方法・配信を探しているあなたに朗報です!正攻法の動画配信サービスを利用して、無料で視聴する方法が1つあります。その方法というのは、U-NEXTの利用です。もし、アマゾンプライムで400円も払ってレンタルしようとしている人は、400円得するチャンスですよ!(有料でレンタルしちゃった人は、残念です。。)

  • 無料で視聴する方法はU-NEXT
  • 最短で今から5分後には無料で見始められる
  • 違法サイトではないので、何よりも安全!

「なぜ、『おくりびと』のフル動画を無料で視聴するためには、動画配信サービスのU-NEXTじゃないとダメなのか?」を、他の有料サービスと比較しながら、観るまでの手順と一緒にわかりやすく解説しちゃいます♩

▼U-NEXT公式▼とりあえず無料なら比較とか読まずに、今すぐ観るわ!って人だけコチラをタップしてください。

おくりびとの動画を無料でフル視聴できる配信サービス!アマゾンプライムより400円得する正攻法

まず最初に映画『おくりびと』の動画を無料でフル尺を視聴できる動画配信サービス、そしてポイントなどを使って無料でフル視聴できるかなどをご紹介します。

おくりびとを観れる動画配信サービスを徹底比較|無料で動画をフル視聴する方法

動画配信サービス配信状況無料/ポイント
U-NEXT配信あり
Hulu×配信なし
Netflix配信あり
music.jpポイントで無料視聴可能
dTV追加料金が必要(330円〜)
auスマートパス×配信なし
Amazonプライムビデオ追加料金が必要(400円〜)
フジテレビオンデマンド×配信なし

各動画配信サービスでの映画『おくりびと』が視聴できるかを、ご紹介しましたが2021年12月の現状で視聴できる配信サービスは

  • U-NEXT
  • Netflix
  • music.jp
  • dTV
  • アマゾンプライムビデオ

の5つとなっています。しかし、この内のdTVとアマゾンプライムに関しては、無料登録でもらえるポイントがないため、追加料金が必要となってしまい、無料での視聴が出来ません。

また、Netflixも無料登録期間もない為、同様に無料での視聴が出来ません。

ポイントを使って無料視聴ができるmusic.jpもありますが、ここからは一番オススメな動画配信サービスがU-NEXTである理由について説明していきます。

■公式■今すぐU-NEXTで『おくりびと』を観るならコチラ!

無料動画でフル視聴できる作品がHuluの3倍!U-NEXTの特徴とは

出典:U-NEXT

映画『おくりびと』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクスト。

そんなU-NEXTの特徴は

  • 月額1,990円が初月1ヶ月無料
  • 無料登録で600ポイント付与=新作映画1本分
  • 1ヶ月以内に解約することも可能
  • 映画の作品数が140,000本
  • マンガや雑誌まで読める
  • ア○ルトDVDも見放題

の6点と言えます。

『おくりびと』はポイントのいらない見放題作品の為、登録後にすぐに視聴できます。そのため『おくりびと』以外にも新作映画に600ポイントを使って無料ですぐにフル視聴することができるんです。

「え?でも月額料金がかかっちゃうよね?」と思われるかもしれませんが、1ヶ月以内に解約すれば月額料金の支払いをしなくてもOKです。

なので、無料で『おくりびと』を観ることができるわけです。

また、ユーネクストは他のビデオオンデマンドサービスと比べて作品数が圧倒的に多いのが特徴でも有ります。「連休の暇つぶしに映画を観たい!」なんて時には、1日中映画を観ることもできちゃいます!だからこそ、一番オススメの動画配信サービスと言えるんです。

そして作品数はなんとHuluの約2倍の140,000程の作品数を配信中なんです!私は継続して使いユーネクストを毎日愛用していますが、月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いため、財布にも優しいです。

さらに、嬉しいのがユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めます。特に新刊の漫画が発売された時は、買いに行く手間が省けるので、本当に楽です。

また、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりも見れる上に、最新のMV・オンラインのライブ配信まで見れるため、音楽好きにはマストのサービスと言えますね♩

管理人

「スマホ1台で、身の回りのエンタメを完結させたい」「休日の暇な時間に、映画を存分に楽しみたい!」「旧作映画だけでなく、新作映画も財布を気にせずバンバン観たい!」

そんな人は、『おくりびと』を無料で観たあとに継続で使うことも検討してみてくださいね。

ちなみに、継続した場合は、毎月1,200ptが付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えてお得です!

U-NEXTを100%楽しめる人
  • 常に洋画・邦画の新作映画を3本以上観ている人
  • 音楽が好きでライブ配信を観るのが好きな人
  • 毎月新作の漫画を1冊以上購入している人
  • いますぐ『おくりびと』を無料で観たい人
📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

簡単3分!『おくりびと』を無料でフル視聴する手順

『無料で観る3ステップ』
  • U-NEXTに無料登録→2分30秒で完了
  • 『おくりびと』を検索→10秒
  • 「再生ボタン」で視聴開始→20秒

映画『おくりびと』を無料視聴したい場合、U-NEXTの無料お試し期間登録後、「おくりびと」と検索します。

出典:U-NEXT

「ビデオとの一致」に「おくりびと」が表示されます。

右下の赤枠で囲ってある再生ボタンがあるとこをタップすると、映画『おくりびと』を無料視聴することができます。

出典:U-NEXT

会員登録後に、すぐに視聴することができます。さらに、原作小説や原作漫画も同じ容量で読めてしまうので、原作を読みたい方にもオススメです。

▼今なら無料!「おくりびと」を観るならコチラ▼

『おくりびと』とは?どんな話なのかサクッとおさらい

所属していた楽団が解散となり、才能の限界を感じていた大悟はチェロを手放し、ヴェブデザイナーの妻である美香と共に、山形の実家に帰ることにしました。

次の仕事を見つける為に求人広告を見ていると、NKエージェントと言う会社が目に止まります。好条件だった為、何の仕事かも知らずに、とりあえず大悟は面接を受けに行きます。

社長の佐々木が現れ、即採用となります。社長と会い納棺の仕事と知り、戸惑う大悟でしたが、高い給料がもらえることもあり、妻の美香には嘘をついてとにかくやってみることにしました。

初仕事は死後2週間経ったおばあちゃんでした。初めての遺体に大悟は吐き気を催し、放心状態からなかなか抜け出せませんでした。海外に行っている間に亡くなった母親を看取れなかった罰だと感じてしまうほどでした。

次の日、会社に行かずに河原で項垂れていると社長が通りかかります。社長は大悟を車に乗せ、次の仕事に連れて行きました。冷たくなった人間を蘇らせ永遠の美を授ける、冷静で正確で優しい愛情に満ちた社長の納棺の儀を見て、誠実で全ての行いがとてと美しいものだと大悟は感じました。

それ以来、無我夢中で仕事に取り組む大悟でしたが、美香に仕事のことがばれてしまいます。今まで黙って大悟に着いてきた美香でしたが、納棺の仕事を恥ずかしいと罵り、辞めてほしいと大悟にお願いします。

果たして、大悟はどのような道を歩んでいくのでしょうか。

『おくりびと』のキャスト・登場人物

小林大悟 役-本木雅弘

オーケストラ奏者でしたが、所属していた楽団が解散となり亡くなった母親が残してくれた家のある山形に帰ることにします。求人広告でNKエージェントを見つけ、何も分からぬままに納棺の仕事を始めます。

大悟を演じているのは本木雅弘さんです。1982年にアイドルグループ「シブがき隊」として歌手デビューを果たし、トップアイドルとして人気を博しました。

1988年に解散し、その後は俳優として活動を開始しました。ドラマや映画など、数々の作品に出演し、1992年には映画「シコふんじゃった。」で日本アカデミー賞やブルーリボン賞などを受賞し、1998年には大河ドラマの主演を務めました。

「おくりびと」は本木さんが自ら企画を持ち込んだもので、アカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。またこの作品の活躍もあり、2009年に埼玉県民栄誉賞を受賞しました。

小林美香 役-広末涼子

大悟の妻でウェブデザイナーをしています。いつも明るく、文句も言わずに大悟と共に山形に引っ越します。

美香を演じたのは広末涼子さんです。中学2年生の頃にCMオーディションに応募し、グランプリを受賞したことをきっかけにCMやドラマデビューを果たしました。

そして1996年、ポケベルのCMで注目を集め、一躍有名になりました。1997年には歌手デビューも果たし、紅白歌合戦にも出場しました。女優としても「ビーチボーイズ」や「できちゃった結婚」など話題を集めたドラマ作品や映画に出演し、一気に売れっ子女優となりました。

2度の結婚、そして3人の子どもの出産後もCM、ドラマ、映画など様々な場で活躍しています。

山下ツヤ子 役-吉行和子

夫が亡くなり、銭湯「鶴の湯」を1人で営んでいます。大悟の同級生である山下の母親で、大悟のことを幼い頃から知っています。銭湯をマンションに建て替えようとしている山下と揉めていました。

ツヤ子を演じているのは吉行和子さんです。1978年に映画「愛の亡霊」での演技が注目され、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

その後もドラマ「ナースのお仕事」シリーズや映画「東京家族」など話題作品に出演し、味のある演技で存在感を放っています。またエッセイストや俳人としても活躍しています。

佐々木生栄 役-山崎努

NKエージェントの社長で、履歴書も見ず、すぐに大悟を採用します。

社長を演じているのは山崎努さんです。1963年に黒澤明監督の映画「天国と地獄」で誘拐犯役を演じ、注目を浴びます。1973年にはドラマ「必殺仕事人」で念仏の鉄役を演じ、人気を博しました。その後も殺人鬼役やヤクザ役など、様々な役を演じ、強烈なインパクトを残してきました。

上村百合子-余貴美子

NKエージェントの事務員。働いていたスナックのママが急死した際に社長の納棺を見て、死んだら社長に納棺してもらいたいと思いNKエージェントに入りました。大悟の様子をいつも温かく見守ります。

上村を演じたのは余貴美子さんです。台湾人の父親と日本人の母親の間に生まれ、国籍は中華民国の女優です。名脇役としてドラマや映画など数々の作品で活躍し、多くの作品で助演女優賞を獲得しています。この作品でも日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得しました。

『おくりびと』を観たみんなの反応

★★★★☆星4

映画「おくりびと」は最初は億万長者の方の事かと思いましたが死者の化粧とか身体を拭いたりする方のおくりびとの映画でした。

世の中には世間に理解されにくい職業もあるのですがおくりびとの映画の中で身内の奥さんとかに内緒で仕事をしていたり或いは仕事最中にその人みたいなあまり人がやりたくない事ことやらされるみたいな感じの嫌味を吐かれたり、私は通常死者が葬儀、葬式、の儀式に携わる立派な仕事ではあるけどそういった解釈をされることが現実にあるのだなと思いました。

それでも映画ではお世話になった銭湯のおかみさんのおくりびとをやったり生き別れの実父の死亡により本人の行いが奥さんなど周囲に理解されていくような内容が素晴らしかったです。

40代男性

★★★☆☆星3

あまり世間には知られていない職業の映画でした。命があるものの『死』に対する尊厳を感じるストーリーでした。それまで葬儀会社の職員が事務的に火葬までの(葬儀も含め)段取りを淡々とこなす仕事だと思っていたので、そこに交錯する命ある人間の物語だということがとてもよく描かれた作品だと思いました。

役者さんに関しては、主演の本木雅弘はそれなりに納得できましたが、広末涼子が出てくるとせっかくの映画も台無しになる気がしました。これまでにもいくつもの名作に出演されていますが、どの映画も広末涼子が強すぎて、映画の内容が薄く感じてしまいます(ぽっぽやもそうでした)。

それととても個人的に嫌だな、と思うのは日本映画にありがちなのですが、意味もなくラブシーンを入れてくることです。それって、今この映画に必要ですか?と思うものが多く感動に引き込まれそうな感情をあっという間にシラケさせる不思議な力があります。

40代女性

★★★★★星5

映画「おくりびと」は、ひょんなことから納棺師となった主人公の奮闘を描いた作品です。

第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した本作は、無駄なセリフが少なく古き良き日本映画の魅力を彷彿とさせるような静寂と笑いのバランスが非常に絶妙な映画です。そのあたりが海外でも評価された要因だと思います。

人の死という非常に重厚なテーマではありますが、コミカルなシーンをはさんでいることにより、重苦しくなりすぎていないのもこの映画の魅力です。

主演の本木雅弘の演技はもちろんですが個人的に素晴らしいなと思ったのは主人公・大悟が働くNKエージェントの社長・佐々木を演じた山崎努の演技です。

会社をやめようと決意した大悟に妻の死がきっかけで納棺師になったエピソードを話すシーンが離すのですが、大切な人の別れによって自分の人生を達観したような彼の重厚な演技はこの作品をより格調高い映画にしています。

生きていれば、大切な人の別れを必ず経験することになりますが、いつ訪れてしまうか分からない死を恐れるよりも今を一生懸命力の限り生きていこうと思わさせてくれる素晴らしい映画でした。

30代男性

★★★★★星5

元チェリストの大悟(本木雅弘)が失業し、再就職先を探す途中でひょんなきっかけから納棺師となったものの、妻(広末涼子)にも言えず、周囲にも職業を隠し続ける様子は、再就職できたという安堵感や、新たな気持ちでチャレンジしようという克起心とはほど遠く、不安と戸惑い・自己嫌悪が渦巻いていました。

最初は自身の職業を受け入れられなかった大悟が、1人1人の仏様をお見送りする中で、少しずつ納棺師という仕事に誇りを抱くようになる様子を見て、納棺師の仕事は、医療における解剖医と似ているかもしれないと思いました。

自分は看護師として病院勤務の経験があり、当患者さんの最期に居合わせたこともあります。でも、医師や看護師は、基本的に最後の最期まで全力で治療するという(延命を希望しない場合を除いて)、医療の「光」の役割なのです。

一方、既にお亡くなりになった方としか接することの無い解剖医は、亡くなった患者さんの最期の本当の声を浮かび上げる「影」の役割を担っているのだと、改めて思いました。

30代女性

★★★★★星5

主人公を演じる本木雅弘さんの納棺師としての所作がとても綺麗で心にグッとくるものがありました。

納棺師という職業を知りませんでしたが、大切な人を亡くした人にとっては悲しみに寄り添い癒してくれる尊い職業に思えました。そのため、納棺師にたいして偏見があるといいうことに驚きました。

納棺師だけでなく死ということそのものに偏見があるように感じられ、関わりを避けようとしていることに違和感を覚えました。大悟が心ならずも納棺師の仕事を始めることになり、初めて遺体に向かい合った時の戸惑いと拒否感がとても印象的で、遺族にとっては遺体であっても、この時の大悟にとっては死体であり複雑な感情であったことが伺えました。

死に向き合うこと、亡くなった方をおくるということはその方の生きてきた人生を想うことであり、生と向き合うことになるのだと気づかされました。

40代女性

★★★★★星5

滝田洋二郎監督と脚本家の小山薫堂がつむぎ出す物語ですが、最初に見たときは衝撃を受けました。現在でも“けがれの職業”だという意識を持つ人々が多い中で、厳粛にそして粛々と故人を送り出す準備をする姿に感動を覚えました。

人間は生をもって生まれた瞬間から死に向かって進んでいるものですが、いつしかその事実を忘れたかのように生活しています。何も準備することなく死を迎えることも珍しくない中、故人の尊厳とは何かそして故人とその御家族の思いにどう寄り添っていくのか静かな儀式の中にその思いが詰まっている作品となっています。

現在の若い人には見る機会が少ない作品かなと思いますが、現在おかれている世間の状態を考えたときぜひ一度は見てほしいと思います。

40代女性

★★★★★星5

おくりびとと聞いて初めはとても暗くて悲しくてさみしい映画だと思っていましたが、ビックリするほど笑いもある映画でした。

人間、誕生するときは皆んなに囲まれて幸せいっぱいの笑顔に包まれて、亡くなるときはその反対で、そしてその死化粧や準備をするおくりびと、と言う仕事は周りから毛嫌いされる現実もとてもリアルに描かれていたのと思います。

その家族の葛藤だったりもとても良く伝わりました。ただ、本当に綺麗にお化粧をしてもらってキチンと旅立つまでの準備をしてくれるおくりびとと言う職業を尊敬します。

広末涼子さんとの絡みのシーンでも下着だったりが本当に素朴でめちゃくちゃリアルで映画と忘れてしまうほどの色んな意味の迫力がありました。

30代女性

★★★★★星5

私は『おくりびと』を見るまで、納棺師という仕事があることを知りませんでした。当時学生で、身近な人が亡くなったこともなかったので、人が死んだあとどうするのか、ということを考えたこともありませんでした。

そんな私にとって、『おくりびと』は「人の死後」を知るとても良いきっかけになった作品です。

また、納棺師は必要不可欠な仕事で、身近な人が亡くなれば多くの人がお世話になる職業だというのに、主人公が周りの目を気にして自分の職業緒隠すところ、そして実際、周囲に納棺師という仕事がバレたときには、身近な人に「もっとましな仕事に就け」と言われてしまうところなど、職業差別的なシーンもあり、それを乗り越える過程に子供ながら感銘を受けました。

10代女性

*映画「おくりびと」を観たみんな反応は、CinemaHitsTVが独自アンケートで集めた反応です。そのため引用をする際は、必ず引用リンクを追加の上、「出典:CinemaHitsTV」の記載をお願いします。記載がない場合は、当サイト顧問弁護士に相談・法的処置を検討します。

▼連休に最適!無料で「おくりびと」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments