CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ワンダーウーマンのあらすじネタバレから感想評価!主演女優のガル・ガドットや続編のワンダーウーマン1984についても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年8月25日、日本公開。

DCコミックスのスーパーヒーローで、圧倒的な怪力と耐久力、動物とも話せたり空も飛べたりする能力を持っています。また映画にはないですがウルヴァリン並みの治癒能力を持っていたり、マイティソーの武器であるムジョルニアを持つことができたりと驚異的な強さの設定となっています。

ちなみにワンダーウーマンが初登場したのは2016年公開の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』となっています。2017年11月公開の『ジャスティス・リーグ』にもワンダーウーマンは登場していますが、個別での続編は2020年公開の『ワンダーウーマン 1984』となっています。

映画「ワンダーウーマン」のまとめ
  • ワンダーウーマンのキャスト一覧や吹き替え声優
  • ワンダーウーマンの続編のヴィランは誰?
  • ワンダーウーマンのあらすじネタバレ
  • ワンダーウーマンの感想評価とみんなの口コミ評判レビュー
  • ワンダーウーマン本編と続編をフルで無料視聴できる無料動画サイトまとめ
それではまず、ワンダーウーマンのネタバレとあらすじ・感想評判の前に、ワンダーウーマン2のヴィランは誰になるのかと、キャストや吹き替え声優についてです!

▼今なら無料!「ワンダーウーマン」を観るならコチラ▼

ワンダーウーマンのキャスト一覧!主演女優はガル・ガドット

ワンダーウーマンのキャスト一覧

ダイアナ/ワンダーウーマン 役-ガル・ガドット(日本語吹き替え声優-甲斐田裕子)

スティーブ・トレバー 役-クリス・パイン(日本語吹き替え声優-小野大輔)

ヒッポリタ女王 役-コニー・ニールセン(日本語吹き替え声優-榊原良子)

アンティオペ将軍 役-ロビン・ライト(日本語吹き替え声優-深見梨加)

エーリヒ・ルーデンドルフ総監 役-ダニー・ヒューストン(日本語吹き替え声優-菅生隆之)

パトリック・モーガン卿 役-デヴィッド・シューリス(日本語吹き替え声優-岩崎ひろし)

イザベル・マル博士/ドクター・ポイズン 役-エレナ・アナヤ(日本語吹き替え声優-よのひかり)

ワンダーウーマンの主演女優、ガル・ガドットについて!軍人経験もあり?

イスラエルの中央地区ペタク・チクヴァ出身の女優です。身長は177㎝と高身長で、抜群のプロポーションを持っています。生年月日は1985年4月30日で、2020年7月現在では35歳です。

2007年のテレビドラマ『Bubot』で女優デビューを果たし、2009年公開の映画『ワイルド・スピードMAX』で映画デビューを果たしました。『ワイルド・スピードMAX』の撮影中、ボーイフレンドだった10歳年上の実業家ヤロン・ヴァルサノと結婚しています。

不動産王とも呼ばれるヤロン・ヴァルサノですが、ガル・ガドットと出会ったのは彼女が女優になる前だったそうです。

ガル・ガドットはワンダーウーマン役に選ばれなかったら女優を引退するつもりでしたが、見事抜擢されて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマン役として出演し、注目されました。

翌年の2017年『ワンダーウーマン』では映画初主演を飾り、映画はオープニング興行収入で首位になる大ヒットとなりました。

「ワンダーウーマン」は最強の女戦士で、女性ながら男性にも負けない身体能力と格闘術、戦闘力を誇ったキャラクターです。映画では物凄い迫力がある格闘シーンを繰り広げています。

ガル・ガドットはそんなワンダーウーマンを演じるにあたって、18歳から2年間、イスラエル国防軍で戦闘トレーナーとして兵役を積んだことが大いに役作りに役立ったようです。

実際に軍人として兵役を積み、厳しいトレーニングで体を鍛えていたからこそ、ワンダーウーマンの力強くキレッキレなアクションシーンを演じることができたのですね。

▼公式▼ガルガドットの鍛え上げられたカラダが凄い!ワンダーウーマンをまだ観てないならコチラ▼

ワンダーウーマン2|続編の『ワンダーウーマン1984』のヴィランはチーター

『ワンダーウーマン』の続編の公開が延期されていましたが、続編の『ワンダーウーマン1984』の公開が2020年10月9日に決まりました。予告映像ではダイアナに新たな強敵が出現し、再びスティーブとダイアナの二人が協力して戦っていくストーリーとなっているようです。

『ワンダーウーマン』の最後ではダイアナが武装した状態でどこかへ飛び去っていくシーンがありました。もしかしたら、続編で戦う悪党の場所に向かったのかもしれませんね。

更に、ダイアナは島を離れて現代で暮らしているシーンもあったので、続編ではもうすっかり現代に馴染んだダイアナをより多く描かれているのだと思います。

そして、何より気になるのはスティーブの登場です。ダイアナが覚醒するきっかけとなった恋人でもあるスティーブは命を落としたかのように描かれていました。しかし続編の予告映像では、そのスティーブとダイアナが再会するシーンがありました。

実際に劇中で遺体が発見されなかったのは、この続編での感動のシーンのためだったのかもしれません。

そんなダイアナとスティーブが立場が逆転し、ダイアナがスティーブに現代の暮らしを案内するといった話も盛り込まれているようで、凄く楽しみです。

また、続編となる「ワンダーウーマン 1984」でのヴィランは原作のDCコミックスで人気のチーターとなっているようです。ワンダーウーマンの活躍も気になりますが、人気ヴィランであるチーターの描かれ方も続編では楽しみなところですね。

ワンダーウーマンのあらすじネタバレ|DCの最強女性戦士

以下、映画「ワンダーウーマン」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ワンダーウーマンのあらすじ|アマゾン族の王女ダイアナ

ダイアナはアマゾン族の王女でした。幼い頃から外界から隠されたセミッシラ島で走り回り、教育係を困らせていました。

そんなダイアナは訓練を受けたがりますが、母親のヒッポリタ女王は反対します。ヒッポリタは戦は希望がないものとダイアナに分からせるために話を始めます。

昔々、神ゼウスは争いをする人間のためにアマゾン族を造り出しました。人間の心を愛で包み、平和が取り戻されますが、アマゾン族の女王が奴隷からの反乱を起こして再び争いが始まってしまいます。

ゼウスと神々がアマゾン族を守りますが、そこにアレスが現れ神々を倒してしまいます。ゼウスはどうにかアレスを倒しますが、アレスは必ず舞い戻り終わりなき戦いを画策すると確信していました。

そこでゼウスはアマゾン族に神を倒せる武器を与えました。そして外界から遮断されアレスに見つからないセミッシラ島を作ったのです。

それ以来平和は続き、神に感謝しなければいけないとヒッポリタはダイアナに言います。話を聞いたダイアナは神を倒せる武器を見たいと言います。

それは最強の戦士だけが手にできる美しい武器でした。そして、その武器ゴッドキラーを見たダイアナの目は輝きます。

ワンダーウーマンのネタバレ|訓練を受けるダイアナ

12歳になったダイアナはヒッポリタから隠れてアマゾン族の将軍である叔母のアンティオペから訓練を受けていました。アンティオペはアレスは生きており、ダイアナを守るためには鍛えるしかないとヒッポリタに訴えます。

そしてついにヒッポリタは折れ、どのアマゾン族より厳しく鍛えてとアンティオペに頼みます。但し、ダイアナが何者でなぜ生まれたのか悟られないようにと言います。

それからダイアナは最強の戦士となるべく、誰よりも過酷な修行を繰り返す日々を送ることになります。

ワンダーウーマンのネタバレ|アマゾン族を攻撃するドイツ軍

ある日、「最強の女戦士」として成長したダイアナは海を見つめていると一隻の飛行機が墜落します。

ダイアナは急いで海に飛び込み、1人の男性を助けました。すると海の向こうから何隻かの船がやってくるのが見えます。彼はその船は悪いドイツ軍だと言い、ダイアナに隠れるように言います。

ドイツ軍は銃を持っており、弓で対抗しようとするアマゾン族の仲間たちは次々にやられてしまいます。アマゾン族も素早い動作で反撃し、ドイツ軍を倒しますが、ダイアナを守ろうとしたアンティオペは銃で撃たれてしまいます。

ダイアナはアンティオペのもとに駆け寄りますが、アンティオペは命を落としてしまいます。

ワンダーウーマンのネタバレ|助けた男性の正体

ダイアナが助けた男性にアマゾン族は詰め寄りますが、事情を聞くために生かしておくことにします。

彼はスティーブ・トレバーといい、アメリカ外征軍の大尉でした。イギリス軍諜報部に協力して連合国側のスパイをしており、ドイツ軍から新型爆弾の情報の描かれたノートを奪って逃走しているところを追撃に遇い、セミッシラに不時着したのでした。

その極秘の新型爆弾は狂気の天才学者のイザベル・マル博士が開発したもので、それが完成すると大虐殺が起き、戦争も終わらないとスティーブは言います。そしてこのノートを英国諜報部に渡すことができれば何百万もの命を救い、戦争を止めることができると言うのです。

ダイアナは世界でそんな戦争が起こっていることなど知る由もありませんでした。ヒッポリタにこれはアレスの仕業だと訴えます。ヒッポリタはそれはおとぎ話で私たちには関係ないと言いますが、ダイアナは軍神を止めるのは我らの使命と引き下がりません。

しかしヒッポリタは余計なまねをするなとダイアナに言い、聞く耳を持ちませんでした。

ワンダーウーマンのネタバレ|アレスとの戦いを決意するダイアナ

ダイアナはスティーブのところに行き、互いに礼を言い合いました。そして自分を試すために戦場に戻るというスティーブに刺激され、アレスの元に行くことを決意します。

神を倒せる武器である剣を手に取り、スティーブと共に船に乗り込もうとしたとき、ヒッポリタがやってきます。罪なき人々の死を傍観できない、アレスから世界を守ると言うダイアナにヒッポリタは島を出たら二度と戻れないと言います。

しかしヒッポリタはダイアナを止めることができないと分かっていました。ヒッポリタはアンティオペの形見をダイアナに渡します。そしてヒッポリタはずっと最愛の娘だったと涙を流し、2人は別れます。

ワンダーウーマンのネタバレ|外の世界に出るダイアナ

生まれてからずっと、セミッシラから出たことがなかったダイアナにとって、初めての「外の世界」ロンドンの街並み・人間・文化にとても驚きました。それと同様に、ロンドンにあるもの全てがダイアナにとって珍しくて、興味津々でした。

そんなダイアナは、スティーブが英国軍の諜報部に届けたノートの暗号を解読します。そこで、マルが開発したのは水素系のマスタードガスだと判明します。

しかし上層部にはこれ以上何もするなと、スティーブたちは止められてしまいます。それに納得がいかないダイアナはスティーブに抗議します。そしてスティーブの集めた仲間と、休戦を望む英国軍のパトリック・モーガン卿の力を借りて戦場の最前線に向かいます。

全ては秘密基地を爆破し、ルーデンドルフ総監とマルを倒して戦争を終結させるためです。

一方でドイツ軍の上層部は、これ以上の犠牲を出さないために皇帝の意向通り休戦しようとします。ですが、それを許さないルーデンドルフ総監とマルが用意したマスタードガスによって上層部は壊滅してしまいました。

ワンダーウーマンのネタバレ|戦うダイアナ

その頃、戦争の最前線で沢山の罪なき人々が苦しんでいるのを放っておけず、ダイアナは救出に向かいます。そんなダイアナの姿に勇気を貰った英国軍やスティーブたちも、ダイアナに続いてドイツ軍と戦いに行きます。

ドイツ軍の兵士たちの銃弾を腕輪と盾で跳ね除け、ダイアナは逃げ遅れた人々がいる無人地帯を突き進んでいきます。それをスティーブと仲間たちが援護します。

そしてドイツ軍の狙撃手も倒し、無人地帯にいた英国の人々を助け出すことに成功しました。救出された人々の感謝に応え、ダイアナとスティーブたちは記念写真を撮ります。

その夜開かれた祝賀会で、ダンスを踊ったダイアナとスティーブは恋に落ちていくのでした。

ワンダーウーマンのネタバレ|最高司令部に潜入するダイアナたち

ダイアナたちは秘密基地へと向かう道中、ルーデンドルフ総監を探しに、ドイツ軍の要人たちが集う祝賀会へ出席しました。その祝賀会でマンとルーデンドルフ総監を見つけます。

ルーデンドルフ総監は祝賀会を抜け出し、周辺の村にマスタードガスを投下して壊滅させました。そして、マンの薬で強化されたルーデンドルフ総監とダイアナは戦います。ダイアナはルーマンドルフの胸に剣を突き刺して、ルーデンドルフ総監を倒します。

ダイアナは、これで戦争を終結させることができると思っていました。しかしルーデンドルフを倒したのにも関わらず、その後も戦争は終結しませんでした。

ワンダーウーマンのネタバレ|アレスの正体

ルーデンドルフを倒せば戦争を終結させられる、それが世界に平和をもたらす唯一の方法だと信じていたダイアナは残酷な現実に打ちのめされてしまいます。残酷な現実を教えたトレバーは、それでも何千人もの人々を救うために仲間たちと共に戦争を終結させるために動き出します。

一人で塔に残ったダイアナの前に、モーガン卿に成り代わっていたアレスが現れます。モーガン卿こそがアレスだったのです。そしてゴッドキラーである剣をモーガン卿に向かって剣を突き刺しますが、剣は溶けてしまいます。

アレスであるモーガン卿をゴッドキラーで倒せないことに、ダイアナは戸惑います。モーガン卿はダイアナ自身が神を倒せる存在であり、ゼウスとアマゾン族の女王がアレスを倒すために作ったのだと話します。

そして一緒に手を組んで人間のもたらした痛み、苦しみ、破壊を終わらせこの世界を元の楽園に戻そうと誘いますが、ダイアナは加担するつもりはないと断ります。するとモーガン卿は一気にダイアナに攻撃を仕掛けました。モーガン卿は凄まじい強さでダイアナを追い詰めていきます。

ワンダーウーマンの結末ラスト|スティーブの死

2人の戦いを止めることができないスティーブは毒ガス弾を積んだ爆撃機を止めようとしていました。ダイアナの元に駆け寄り、最後の言葉を言い、自分の時計を渡すスティーブ。そして爆撃機に飛び乗りました。

中のドイツ軍を倒し、毒ガス弾に向かってスティーブは銃を向けます。そして爆撃機は空の上で爆発しました。ダイアナは目を見開きスティーブの名前を叫びます。そこからダイアナは覚醒して更に力を強め、周りにいたドイツ軍を次々と倒していきます。

そんな中、ダイアナはスティーブと交わした会話を思い出します。「僕は今日を救う、君は世界を救え。愛している」というスティーブの最後の言葉が響きました。

ダイアナは人間の「善」の部分を思い直し、戦争をしてしまう人間たちの愚かさを受け入れるのです。そこでダイアナは、与えられた力を守るために使うと決心します。

真の力を解放したダイアナは、モーガン卿にまっすぐ向かっていきます。そして光線を放ち、モーガン卿を倒しました。そして今度こそ、ロンドンで休戦協定が締結されたことによって、戦争を終結させることができました。

それから時は流れ、人間に紛れて現代に暮らすダイアナの元に、ブルース・ウェインからスティーブたちと撮った写真が送られます。その写真を眺めながら、ダイアナは大事なスティーブとの約束を再確認するのでした。

以上、ワンダーウーマンのあらすじネタバレとラスト結末でした。

ワンダーウーマンの感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「ワンダーウーマン」の感想評価と口コミ評判です。

ワンダーウーマンの感想評価|痛快アクションだけでなく感動的なところも

今作ではDC映画にしてジャスティスリーグの1つの礎になる作品である映画で比較的に明るめの作品となっていると思います。正直、映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』よりもツッコミどころが少なく、映画『マン・オブ・スティール』よりも明るい雰囲気の映画です。

主人公のワンダーウーマンの御茶目でピュアぶりな所にコメディ要素が詰まっていますし、いざ戦闘になると果敢に先陣を切っていく姿のギャップにやられるシーンが数多くあります。

ドレスを試着するシーンでダイアナがこれは鎧?と勘違いをしたり原作に忠実に初めてアイスクリームを食べた時にとても美味しい。(作っている人に)この事を誇りに思うべきだわと言うシーンも個人的に好きです。

母親であるヒッポリタ女王やスティーブとの別れのシーンなどの感動もありつつ、痛快なアクションも楽しめる良い映画だと思います。

ワンダーウーマンの口コミ評判レビュー

★★★★☆星4

「ワンダーウーマン」は、今までのヒーロー映画とは一風変わった、女性ヒーローが活躍する新感覚な映画でした。

主人公であるダイアナ(ワンダーウーマン)は、女性であるにもかかわらず、男性に見劣りしない迫力のある戦いぶりを見せてくれる女戦士でした。なんといってもやはり、主演のガル・ガドットが美しすぎる!

そして、ダイアナが仲間の戦士と戦場で戦う場面では、敵国の総攻撃に怯まず、先陣を切って突き進む姿には圧巻でした。最後のアレストの決戦では、強大な力でダイアナを圧倒するアレスには、勝ち目がないのではと感じるほどでした。

それに加えて、今まで共に戦ってきたトレバーが自己犠牲を払い、飛行機に乗って自爆してしまうという事態になってしまうとは...。しかし、そこからダイアナが覚醒し、神同然の力を手にして、アレスをボコボコにするシーンは最高でした!

今後、ワンダーウーマンの続編映画や他のDCコミックスの映画での活躍に期待です!

20代男性

★★★★☆星4

主人公のダイアナは、可愛くてカッコいいし、彼女の出身地であるパラダイス島に住んでいる女戦士ばかりの部族アマゾン族も勇敢でたくましい女性ばかりです。軍人スティーブ・トレバーが島に上陸し世界の現状を伝えた事で、ダイアナは島を出て戦う事を決意します。

ワンダーウーマンのコスチュームを着ていると目立つので、服を調達しに行くのですが美人でスタイルがいいので何を着ていても似合います。知的な格好のファッションから背中の空いたドレスまで、作中では何でも着こなしてしまいます。

ワンダーウーマンのコスチュームで戦うのは最初の方と最後の方だけですが、ダイアナがワンダーウーマンのコスチュームを着て戦うシーンはどれも見ごたえがあり、ワンダーウーマンのテーマ曲もカッコイイので盛り上がります。迫力のバトルシーンは大きい映画館で見たいなと思いました。

いつも完璧なハッピーエンドにはならないDCコミックスの映画ですが、次回に続くエンディングに次の作品も見たくなる終わり方です。

30代女性

★★★★★星5

こんなに気持ちのいい戦いっぷりを見られるとは思っていませんでした。日本の映画とは違い、戦いもあまりグロテスクなシーンがなく見やすかったです。

とにかくダイアナがかっこよかったです。特に前線を鎧姿で1人颯爽と歩いていくシーンはかっこよすぎて鳥肌が立ちました。

そして圧倒的な力でどんどん敵を倒していくのでスカッとしました。前線での戦いが終わったあとのダイアナとスティーブがダンスをするシーンでは今までの勇ましいイメージから一気に女性らしい雰囲気のダイアナが見れてドキッとしました。

ストーリーも戦争という大きなテーマを取り上げたもので考えさせられるところがありました。ダイアナのぶつけようのない怒りと絶望を見ていると悲しくなりました。罪のない命が犠牲になることを何とも思わない感覚の人間がいたということを考えると改めて恐ろしく感じました。そんな戦争を終わらせようとするスティーブが人としてとてもかっこよかったです。

最後にダイアナに愛してるというシーン、そして爆破するシーンは涙が止まりませんでした。

20代女性

★★★★☆星4

アクションが力強くてかっこいい、そして、単純に悪者をヒーローが倒すだけの映画ではありません。

ネタバレになるのであまり深くは言いたくないのですが戦争を舞台にしている場面がありまして、観ていて辛く感じる時がありました。でもその部分もこの映画の魅力の一つだと思っています。自分達には何ができるのか、どんなことを考えていかなきゃいけないのか改めて考えられました。

ダイアナ/ワンダーウーマン役のGal Gadotさん、スティーブ・トレバー役のChris Pineさん、この二人が見ていてとても可愛かったです他にも魅力的なキャラクター達も居ます、それは映画を観てからのお楽しみで。

20代男性

*映画「ワンダーウーマン」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

ワンダーウーマンのテレビ放送・地上波の予定一覧!フルで無料視聴できる無料動画サイトも

『ワンダーウーマン』のテレビ放送一覧

地上波でのテレビ放送は、まだありません。

 

映画『ワンダーウーマン』がフル動画で無料視聴できる公式サービス

女性スーパーヒーローの痛快アクション映画『ワンダーウーマン』は是非ともオススメしたい作品です。

そこで、映画『ワンダーウーマン』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、『ワンダーウーマン』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『ワンダーウーマン』を観ることができるわけです。

ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『ワンダーウーマン』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA