CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ジュラシックワールド2炎の王国のあらすじネタバレ!続編に繋がる新作動画も公開!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年7月13日、日本公開。

ジュラシックシリーズの5作目で、内容キャスト共に前作の『ジュラシックワールド』を引き継いだものとなっています。恐竜たちがパークを飛び出して、人間たちが住む世界へと足を踏み入れるまで内容を描いていて、続編となる『ジュラシックワールド/ドミニオン』の公開も決定しています。

▼前作「ジュラシックワールド」の内容をおさらい!▼

前作よりは興行収入は落ちたものの(興行収入80億円)、2作連続で洋画の年間興行収入1位となりました。

また、ジュラシックシリーズの1作目と2作目に登場したイアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)博士も出演していて、21年ぶりの再登場に注目も集まりました。

映画「ジュラシックワールド2炎の王国」のまとめ
  • ジュラシックワールド2炎の王国のその後の短編動画を発見
  • ジュラシックワールド2炎の王国の続編の公開について
  • ジュラシックワールド2炎の王国のあらすじネタバレ
  • ジュラシックワールド2炎の王国の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー
  • ジュラシックワールド2炎の王国の本編と続編をフルで無料視聴できる無料動画サイトまとめ
それではまずは、ジュラシックワールド2炎の王国のネタバレとあらすじ・感想評判の前に続編含む、炎の王国のその後のネタバレについてです!

▼今なら無料!「ジュラシックワールド2炎の王国」を観るならコチラ▼

ジュラシックワールド2炎の王国のその後を描く新作短編動画!

ジュラシックワールド:バトル・アット・ビッグ・ロック(原題:Jurassic World: Battle at Big Rock)

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』では最後、ロックウッド家の孫娘として育てられてきたメイジーの判断から、ミルズの悪巧みによってロックウッドの屋敷で売買されそうになった恐竜たちが外の世界へ解き放たれました。

そしてマルコム博士が言うように、外の世界に解き放たれた恐竜たちと人間は否応なく共存しなければならない世界「ジュラシック・ワールド」となりましたね。

その『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の1年後の世界を舞台とした、短編映画『ジュラシック・ワールド:バトル・アット・ビッグ・ロック』が急遽公開されました。

短編映画では、ジュラシック・ワールドとなってしまった世界で、いかに人間と恐竜の共存が難しいのかが描かれています。

人間の欲で生み出された恐竜たちは、自由を得たものの不慣れな環境に適応していかなければならない難しさが描かれています。人間たちは逆に、恐竜たちに怯えながらの生活で小さな幸せを享受しながら生きることへの難しさが描かれていました。

どちらも元は別々の世界で生きていた者たち、それが突然1つの世界で生きていかなくてはならなくなり、どちらも困惑した様子が窺えました。それ故に、両者が不用意に接触して思わぬ事故や事件が世界中に起きてしまっています。

そんな短編映画『ジュラシック・ワールド:バトル・アット・ビッグ・ロック』のネタバレを含んだあらすじ内容は、下記の通りとなっています。

▼参考▼その後の短編を観る前に!ジュラシックワールド炎の王国をタダで観るならコチラ▼

ジュラシック・ワールド:バトル・アット・ビッグ・ロック(Battle at Big Rock)のあらすじネタバレ

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」から1年が経ちました。ジュラシック・ワールドの世界で生きる1組の家族が、「ビッグ・ロック国立公園」でキャンプをしています。

父親と娘は黒人、母親と息子は白人、生まれたての幼い息子に叔父のグレッグという男性の6人で楽しそうにキャンプをしていました。娘は父親と一緒にキャンピングカーに戻った後、ちょっとしたことですぐ息子と喧嘩をしてしまいます。

2人を宥めた母親は、ここで一緒に過ごせて嬉しいと父親に笑顔で告げます。父親も笑顔で子供たちと母親にこう言います。

「まだ新しいけど家族なんだ、贈り物だよ。お互いをちゃんと見てないとな。」

もしかしたらこの家族は、両親が再婚し、娘と息子はそれぞれの連れ子なのかもしれませんね。それで、新しく家族になって2年の記念日と新たに家族の一員となった息子の誕生を祝して、この公園にキャンプに来たのでしょう。

和やかな会話の最中、娘はグレッグにクロスボウを教わったことを話します。それを聞いた父親は娘に危険なことを教えるなとグレッグに注意するべく、焚火の近くにいたグレッグを呼びます。

しかし一向にグレッグは返事もなく、キャンピングカーに戻っても来ません。心配になった家族はキャンピングカーから外を見ますが、グレッグの姿はありません。

かわりに角が生えた恐竜の親子が、焚火に近づいてきました。その親子に、別の場所から来た恐竜が襲い掛かります。対峙する3頭の恐竜たちでしたが、後から来た恐竜に恐れをなした親子の恐竜はその場を立ち去ります。

1頭の大きな恐竜が辺りを見回していると、その恐竜に驚いた幼い息子が泣き出してしまい、それまで気づかれなかった家族を恐竜は発見します。

慌てて家族は隠れ、幼い息子を泣き止ませようとしている最中に恐竜は一気にキャンピングカーに突進してきました。横転したキャンピングカーの中で子供たちを守るため、父親は棒状のものを武器に、母親は消火器を武器に立ち向かいます。

それでも怯まず家族に襲い掛かろうとした恐竜に、矢が撃ち込まれ恐竜はその場を立ち去っていきます。恐竜に矢を打ち込んだのはグレッグからクロスボウを教わった娘でした。

外に出てしまった娘をクロスボウごと抱き寄せ、真っ暗な公園の中家族は恐竜の存在に怯えていました。

エンドロール中では、牧場で少女が小さな3頭の恐竜に追いかけられて泣いていたり、山道で恐竜に遭遇し、避けようとハンドルを切った男性が車ごと転落してしまったりしていました。

他にも、川で釣りをしていた3人が岸辺に恐竜を発見したり、結婚した新郎新婦が2羽の鳥を空へ放った瞬間、1羽の鳥が翼竜に食べられてしまったりしていました。

▼公式▼その後の短編のおさらい!ジュラシックワールド炎の王国をタダで観るならコチラ▼

炎の王国続編のジュラシックワールド3(ジュラシックワールド/ドミニオン)の公開はいつ?

ジュラシックシリーズの第6作目、ジュラシックワールドシリーズの完結作となるジュラシックワールド3のタイトルや公開日が決定しました。

『ジュラシックワールド/炎の王国』の続編となるタイトルは『ジュラシックワールド/ドミニオン』です。アメリカでは2021年6月11日に公開予定なので、日本では1ヶ月遅れの2021年7月頃の公開となることが予想されます。

続編の『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』では、「ジュラシック・ワールド」シリーズで今まで登場してきたハイブリット恐竜は登場しないそうです。

ハイブリット恐竜ではなく、モササウルスやラプトル、ティラノサウルスなど実際に存在していた恐竜たちがメインとなって登場するようです。また恐竜の赤ちゃんも登場するそうです。

短編映画にも赤ちゃん恐竜は出てきましたが、他の恐竜の赤ちゃんも見られるのは純粋に恐竜が好きなファンにはたまらなく嬉しい事でしょう。

「ジュラシック・ワールド」シリーズの主人公・オーウェン役のクリス・ブラットさんたち、初代キャストも続投して出演されるそうなので、ラストでオーウェンがどこに向かったのかも描かれるのかもしれません。

もしかして、オーウェンたちがついに結婚し、今度は家族で恐竜たちと出会うなんてシーンもあるかもしれません。

さらにキャスト一覧にメイジーの名前も書かれていたので、メイジーが自分と同じクローンである恐竜たちと、どう接していくのかも描かれるのかもしれませんね。

また副題にある「ドミニオン」はdominion=領土という意味です。続編のタイトルには「人類は自然の支配を確立しようとする」という意味が込められています。

個人的に考えたのはこの意味通り、恐竜たちに怯えながらも人間が生きる世界を守るために、恐竜たちと対峙しようとするのかもしれません。どう折り合いをつけて、共存しながらも自分たちの生活を維持していくのかがポイントになるのかなと思いました。

2021年にアメリカで公開される『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』、日本で公開される日が待ち遠しいですね。

ジュラシックワールド2炎の王国のあらすじネタバレ

以下、映画「ジュラシックワールド2炎の王国」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ジュラシックワールド2炎の王国のあらすじ|存亡危機にある恐竜たちを救え

嵐の夜の日、島の傭兵部隊が小型潜水艇を使ってラグーンの底に沈んだインドミナス・レックスの遺体を回収しにやって来ました。しかし、小型潜水艇と傭兵たちはモササウルスとティラノサウルス・レックスに襲われてしまいます。

その襲撃から逃れた傭兵たちが乗るヘリは命からがら島を脱出します。そして回収したインドミナスレックスの骨を、依頼主の上司の元へ持ち帰るのでした。

2018年、3年前の事件が起きたイスラ・ヌブラル島で恐竜たちが自由に生きていました。しかし、島北部のシボ山で火山が噴火して恐竜たちは存亡の危機に陥っていました。

「ジュラシック・ワールド事件」の恐竜たちを保護して生かすか、見放して自然のままにするか議論する連邦議事堂で、事件の当事者であるイアン・マルコム博士は島の恐竜たちの運命に委ねるべきだと提言します。

この報道を見ていた、恐竜保護を目的とした団体「Dinosaur Protection Group(DPG)」を設立者であり、「ジュラシック・ワールド」の元運用管理者クレア・ディアリングは島の恐竜たちを救出しようとします。

そこでクレアは、ジョン・ハモンドの元ビジネスパートナー、ベンジャミン・ロックウッドを訪ねて恐竜救出作戦のサポート支援を取り付けます。ベンジャミンに仕えるロックウッド財団の経営者、イーライ・ミルズからヴェロキラプトルのブルーを捜索してほしいと依頼されます。

この依頼を受けたクレアは、元恐竜監視員のオーウェン・グレイディを雇います。オーウェンはブルーたちと過ごした映像を見て、クレアと一緒に恐竜を救うことを決めます。

ジュラシックワールド2炎の王国のネタバレ|ブルーとオーウェンの再会

オーウェンはクレアと「DPG」の獣医のジア・ロドリゲス、コンピューター技術担当のフランクリン・ウェブと共にイスラ・ヌブラル島へと向かいます。

小規模な噴火を繰り返し、溶岩の雨が降る島へ無事到着したオーウェンたちは島にいた傭兵のケン・ウィートリーたちに出迎えられます。ウィートリーたちに案内された「ジュラシック・ワールド」の制御室で、クレアとフランクリンはブルーについた追跡装置を探します。

島の奥にブルーがいると分かったオーウェンは、ジアとウィートリーたちと共に向かいます。オーウェンは無事にブルーと再会し、ブルーがオーウェンに思い出して近づきます。

しかし、そこへ駆けつけたウィートリーが麻酔銃でブルーを撃ち、暴れたブルーに傭兵が銃弾を撃ち込みます。オーウェンはブルーの仕打ちに問い詰めますが、ウィートリーに麻酔銃を撃たれて昏倒させられてしまいます。

また、獣医のジアは拘束されてブルーの延命を任されます。そして、ジアとブルーは移送車に乗せられてウィートリーたちに連れ去られてしまいます。

ジュラシックワールド炎の王国のネタバレ|溶岩と火砕流からの脱出

そんな中、島では爆発的な大噴火が起きて溶岩と火砕流が島へ流れ込みます。目を覚ましたオーウェンは、麻酔で自由に動かない体を何とか動かして迫りくる溶岩から逃げます。

一方、クレアとフランクリンは傭兵たちに閉じ込められた制御室で溶岩とバリオニクスの襲撃を受けていました。梯子を上って、間一髪のところで外へ脱出したクレアたちは恐竜と共に逃げてきたオーウェンと合流します。

咄嗟に丸太の裏に隠れますが、そこで打ち捨てられていた「ジャイロスフィア」を見つけます。クレアとフランクリンがジャイロスフィアに入ったところで、二頭の恐竜がすぐそばで戦いを始めます。

その衝撃でジャイロスフィアのドアが閉じてしまい、斜面を転がってしまいます。ジャイロスフィアは海に落下し、その後に続いてオーウェンと恐竜たちも海に落ちます。

海に沈んでいくジャイロスフィアの中で、間一髪のところでクレアはオーウェンに助け出されました。

ジュラシックワールド炎の王国のネタバレ|ミルズの悪事

島から連れ出された恐竜たちとブルーは船に積まれ、運び出されます。駆けつけたオーウェンたちは島に残っていた一台のトラックに乗り、ギリギリで船に乗り込みます。

一方その頃、ミルズは密売人のグンナー・エヴァ―ソルと島の恐竜たちを兵器として売りさばくことを話し合います。

その会話を聞いたメイジーは、病気で寝ているベンジャミンに報告します。ベンジャミンは、ミルズの裏切りと悪事に半信半疑で真相を確かめると告げます。

島から脱出した船では、ブルーとジアの元へ辿り着いたオーウェンたちがブルーの治療を手伝います。撃ち込まれた弾丸の摘出するためには、他の恐竜の輸血が必要だと知ったオーウェンたちは昏睡状態のティラノサウルス・レックスの血を採取します。

そして、弾丸を摘出する手術は成功してブルーは徐々に回復していきます。

一方で、メイジーは地下の実験室へ入り、偶然ついていたパソコンからオーウェンがブルーたちと過ごした映像を見ます。

そこへ、インドミナスレックスを創った遺伝学者のヘンリー・ウー博士とミルズがやって来ます。隠れていたメイジーは、裏で取引したミルズたちが新たな遺伝子組み換えによってインドラプトルという恐竜を創ったことを知ります。

そして高い知能と共感性を持つブルーをインドラプトルたちの母親代わりにし、そのDNAを組み込ませようと目論んでいたのです。メイジーはインドラプトルに驚いて逃走しますが、ミルズに捕まって軟禁されてしまいます。

ジュラシックワールド炎の王国のネタバレ|悪のオークション

船から運び出された恐竜とオーウェンたちは、アメリカの北カリフォルニア州にあるベンジャミンの屋敷の地下施設に運ばれました。フランクリンは作業員に間違われて連れていかれ、オーウェンとクレアはミルズとウィートリーによって檻へ入れられます。

一方、真相を確かめたベンジャミンはミルズに自首を促します。しかし、それに腹立ったミルズはベンジャミンの命を奪います。

檻に閉じ込められていたオーウェンたちですが、隣の檻にティギモロクがいることに気付いて、上手く誘導して脱出します。メイジーも軟禁された部屋の窓から別室へ脱出しますが、ベンジャミンの死を知って地下へと逃げ込みます。

ミルズはベンジャミンの死を淡々と告げ、家政婦のアイリス・キャロルを無理矢理に屋敷から追い出しました。脱出したオーウェンとクレアはメイジーと出会い、ベンジャミンが命を奪われたことを知ります。

更に、オークション会場に来たオーウェンたちはミルズたちがインドラプトルを創ったことを知ります。オークションが進む中、ティギモロクを会場で暴れさせて、その隙にオーウェンはオークション会場へ乗り込みます。

ジュラシックワールド炎の王国のネタバレ|インドラプトルとメイジー

大混乱の会場から逃げ出すバイヤーたちを見たウィートリーは、寝ているふりをしたインドラプトルに腕を食いちぎられて捕食されます。ミルズと手を組んでオークションの司会をしていたグンナーもエレベーターで逃亡を図るも、インドラプトルの尻尾で故障して扉を閉められずにインドラプトルに襲われてしまいます。

先に逃亡したミルズは、オーウェンたちにメイジーはベンジャミンが亡くなった娘をクローン技術で再生させたクローン人間だと告げます。その直後、突如現れたインドラプトルに部下が襲われ、その隙にオーウェンたちとミルズはそれぞれ別方向へ逃亡します。

実験室ではインドミナスレックスの骨と研究材料を研究員たちに持たせ、逃亡させたウー博士はブルーのDNAを採取しようとします。しかし、作業員に間違われたフランクリンがウー博士を麻酔銃で眠らせて阻止します。

フランクリンによってジアとブルーは解放され、ブルーは部下たちに反撃します。その際に破損したシアンガスが漏れ、ジアたちとブルーは間一髪のところで爆発から逃れます。

恐竜たちを救うべく、ジアたちは換気システムを再起動させるが失敗します。一方、インドラプトルに襲撃されたオーウェンたちはクレアが負傷してしまいます。

しかし、先に逃がしたメイジーを頼むと言われたオーウェンはメイジーを助けに行きます。ブルーが駆けつけたことによって、合流したオーウェンとメイジーは部屋の窓から脱出します。

ブルーを撒いたインドラプトルは、恐竜の骨がある展示室のガラスの上で2人をじわじわと追い詰めます。駆けつけたクレアは会場で見た、レーザー信号によって誘導するインドラプトルの習性を利用します。

それに引っ掛かったインドラプトルは、一度天井から落ちかけたが持ち直します。しかし、ブルーの介入によって再び落下して真下にあった恐竜の角に突き刺さって絶命します。

ジュラシックワールド炎の王国の結末ラスト|

オーウェンたちは、ジアとフランクリンから恐竜たちがこのままだとシアンガスで命を落としてうと聞かされます。

その時メイジーは、自分と同じクローンである恐竜たちを助けるべくゲートを開けて外へ解放します。解放された恐竜たちは、ミルズたちに突進していきます。

一人生き延びたミルズはティラノサウルス・レックスとカルノタウルスに捕食され、インドミナスレックスの骨を壊されました。

屋敷から脱出した後、オーウェンたちはブルーを安全な場所へ連れていこうとします。しかし、ブルーはオーウェンと別れを惜しみつつ立ち去っていきました。

後日、マルコム博士は連邦議事堂で恐竜たちとの共存を余儀なくされた人間の世界を「ジュラシック・ワールド」と皮肉りました。

ジュラシックワールド炎の王国のエンドロール後

屋敷から解放された恐竜たちは世界中に散らばり、ブルーも山脈から咆哮を上げます。

オーウェンたちは山脈を車で走り、どこかへ向かっていきました。また、翼竜たちはラスベガスまでやってきて上空を飛び回っていました。

以上、ジュラシックワールド2炎の王国のあらすじネタバレとラスト結末でした。

ジュラシックワールド2炎の王国の感想評価と口コミレビュー

以下、映画「ジュラシックワールド2炎の王国」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|ジュラシックワールドの意味、続編に期待できる1作

ジュラシックシリーズでは一番の迫力ある映画だったのではないでしょうか。4DXで鑑賞しましたが、当時の4DXの興行収入NO.1となったのも頷ける良さでした。

内容としても恐竜のダイナミックな演出を生かしつつ、前作に引き続きブルーとオーウェンの絆が見れるもので良かったです。あんなに幼かったブルーも成長し、前作に続いてオーウェンの危機を救ってくれたシーンは良かったです。

最後に悪者たちも恐竜たちにやられるのでスッキリ感もあります。

また、今作で『ジュラシックパーク』ではなく『ジュラシックワールド』となった意味がようやく分かりました。恐竜たちが世界に飛び出したことで人間たちはどうなってしまうのか?ブルーとオーウェンは再会を果たすのか?

ラストの展開の印象が強すぎて、続編がかなりの楽しみの一作でした。

ジュラシックワールド2炎の王国の口コミ評判レビュー

★★★★☆星4

このシリーズはこれまで観たことがなく初見だったのですが、今まで観てこなかったことを悔やみました。それくらい恐竜たちがリアルで迫力満点です!

もちろん作り物だということは承知の上で観ているのですが、ハラハラドキドキ、手に汗握る場面が多かったです。もっとお子さま向けの恐竜映画かと勘違いしていましたが、いやいやどうしてどうして。

恐竜と対峙するアクションシーンも見ごたえたっぷり、しっかり目を見開いたまま、あれよあれよという間に濃密な時間が過ぎていく感じでした。

また、物語の伏線にもなる可憐な少女に隠された恐るべき秘密…についてはネタバレになりますので、それには触れませんが、是非ご覧ください。観て確かめてください。

50代女性

★★★★☆星4

『ジュラシックワールド・炎の王国』は、前回のジェラシックワールドから3年後の話です。島の火山の噴火から恐竜達を救うべく、再び島を訪れる主人公のオーウェンとクレアですが、最初から最後までトラブル続きです。

また味方だと思っていた人間の裏切りや、ロックウッド財団の設立者の孫娘メイジーの秘密など前回とは違ったテイストのドラマが繰り広げられます。見所はやはり、悪役のハイブリッド恐竜インドラプトルがメイジーの寝室に忍び込むシーンです。手に汗を握る恐いシーンです。

幼い頃『ジェラシックパーク』を初めて映画館で見て、怖くて劇場の外へ逃げ出した時の事を思い出しました。ラプトルのブルーとオーウェンが応戦しますが、1人(1人と1匹)のチームワークは素晴らしく必見のシーンです。ヒロインであるクレアの決意と、メイジーの行動も見ごたえがありました。

老若男女楽しめる作品ではありますが、悪役のインドラプトルがずる賢くて怖すぎました。

30代女性

★★★★☆星4

前作に続いて早くも第5作目が製作されるなんて!ジュラシックパーク好きの私は、それだけで嬉しくてウキワクです。

前回島に残ったブルーやTレックス、沢山の恐竜たちが、今度は島の火山噴火のせいで滅亡の危機に陥るという、まさに恐竜が隕石で絶滅した時代を彷彿とする状況になるんです。ブルーは!何処にいるの!?早く助けに行ってあげて!という気持ちで目が離せません。

全ての子たちを救うことは出来ず一部の子たちだけを救出して、置き去りにされた恐竜たちが最期の鳴き声をかげながら灰塵に消えて行く姿には涙が溢れました。

そこからの人間の貪欲さというか冷酷な一面が浮き彫りになるストーリーは、面白さと腹立たしさが入り混じる気分になります。お金になるなら何でも売るし、なんでも創り上げる悪役。

物語の最後、恐竜たちを世界に放つか、ここで終わらせるか、その選択にはびっくりしました。普通に考えたら後者に決まってるのに、まさかの世界に解き放つという結末!地球上の生態系はどうなってしまうんでしょう?人々は、まともに暮らせなくなるでしょ?どうするの?

これはもう続編が見たくて仕方ないです!その後の世界の変化を知りたくて、今でもドキドキしています。

50代女性

*映画「ジュラシックワールド2炎の王国」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

ジュラシックワールド炎の王国のテレビ放送・地上波の予定一覧!フルで無料視聴できる無料動画サイトも

『ジュラシックワールド2炎の王国』のテレビ放送一覧

2020年7月4日、金曜ロードショーにて地上波初放送

 

映画『ジュラシックワールド2炎の王国』がフル動画で無料視聴できる公式サービス

恐竜たちをダイナミックに描いたジュラシックシリーズの5作目『ジュラシックワールド炎の王国』は是非ともオススメしたい作品です。

そこで、映画『ジュラシックワールド炎の王国』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、『ジュラシックワールド炎の王国』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『ジュラシックワールド炎の王国』を観ることができるわけです。

ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『ジュラシックワールド炎の王国』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA