CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

パラサイト半地下の家族(映画)の解説考察と焼きそば・料理まとめ!感想評価とあらすじネタバレ&ラスト結末

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

かつてないほど、名作揃いだった2020年のアカデミー賞を受賞した今作。英語圏以外の初の外国語映画が受賞となりました。また作品賞、監督賞、国際映画賞、脚本賞の4冠の受賞ともなったパラサイト半地下の家族。

日本でも公開前から話題を呼び、公開されてからの評価やアカデミー賞を受賞したこともあり更に話題性が伸びました。その為、日本だけでも興行収入が45億円を突破し、このままロングラン公開となる可能性が高いので興行収入もまだまだ伸びそうです。

監督は『グエムル-漢江の怪物-』やNetflix作品の『オクジャ』などで有名なポン・ジュノ監督。

映画「パラサイト半地下の家族」のまとめ
  • あのシーンは何?どんな話?のパラサイト解説考察
  • パラサイトに登場するチャパグリなど料理まとめ
  • パラサイト半地下の家族のあらすじネタバレ
  • 感想評価とみんなの口コミ評判レビュー
  • パラサイト半地下の家族のキャストや吹き替え声優について
  • パラサイト半地下の家族本編と続編をフルで無料視聴できる無料動画サイトまとめ
それではまず、パラサイト半地下の家族のネタバレとあらすじ・感想評判の前に、ストーリーの解説考察です!まだ観てない方は、先に映画を観ることを強くおすすめします!

▼今なら無料!「パラサイト半地下の家族」を観るならコチラ▼

パラサイト半地下の家族の解説考察|伏線回収もスムーズで観やすい映画

映画に中にはいくつかの伏線がありますが、基本的にその伏線はすぐに回収されるので、疑問が残ったまま話が進むということはありません。しかしこの映画内に散りばめられた伏線や意味について日本でも映画ファンから様々な考察されているので、映画内の伏線などについて解説考察していきます。

パラサイト半地下の家族の解説考察①時計回り

ギテク達の目の前で突然起こったパク夫妻のベッドシーンですが、ポンジュノ曰くこの「時計回り」には特に深い意味はないようです。

しかし、このシーンで監督は、観客に「早く終わればいいのに」と思わせたかったとインタビューで答えています。ここで観客は、父ギテクと同じなんともいたたまれない感情を見事に重ね合わせ、ラストでドンイクを勢いで刺す程の怒りを分かち合うことに繋がるターニングポイントのように思いました。

ポンジュノ自身も、意図的にこのベットシーンをいい雰囲気にしないよう、音楽監督にも「圧力炊飯器の圧力が増すような感じの音楽にしてほしい」と頼んだそうです。

解説考察②ギヴの水石

ギヴは、映画の序盤で友人のミニョクから「水石」をもらいます。そして映画のラスト近くまで、ギヴはその「水石」を外に持ち歩くほど執拗に大切にしていました。ポン・ジュノ曰く、この石には様々な側面があるようです。

ギヴにとってミニョクはいろんな面で叶わない友人である事が分かります。ミニョクはギヴと違って、お金があり有名大学へ通っています。

映画の途中では、ギヴはミニョクのようにダヴと恋をしたり、パク家の家に住みつくような事をします。「水石」は彼にとってミニョクの代わりであり、ギヴ自身の理想なのです。

彼は物語の最後で、本来あるべき場所に戻すように水石を川辺に置きます。

願望をその場に置き、自分自身の力で父のギテクと再会しようとしますが、果たして叶えられるようなことなのか。この「水石」の存在が、最後の不安な絶望を更にいざなう大切なツールになってきます。

解説考察③インディアン

パク家の長男、ダソンが好きなインディアンの格好についてです。これはインディアンの通り侵略される者の象徴としてのものだと考えられます。

この映画内で、意外にもこのダソンの存在はヒヤヒヤさせられるものでした。

ダソンが「インディアン」であれば、キム家は不法移民者です。ギヴが家庭教師としてパク家にやってきた時も、ダソンはインディアンのふりをして彼に弓を放ったりしています。

また、ダソンがボーイスカウトやモールス信号を利用する姿から、自分たちの家を何かから守ろうとしていたようにも見えます。恐らく彼は、不法移民者の存在が好きではないのです。

このように、今まで絵の家庭教師をつけても人見知りが激しいダソンでしたが、キジョンにはなつきました。これは、ダソンが母親のヨンギュからの愛(スキンシップ的なもの)が少なかったからのようにも見えます。ヨンギュはお金持ちなのでダソンが欲しいものをなんでもあげられますが、それでは解決できない愛が足りなかったのかもしれません。

計画か元の性格からか、キジョンには子供相手の巧みなスキンシップがあったことで、愛に飢えていたダソンにとっては親しみやすい相手だったようにも思います。

解説考察④におい

パク家の社長ドンイクは、ギテクが運転手を務めるようになってから「におい」を非常に気にします。恐らく、ドンイクはギテクの正体(格差がある)事を知ったようにも見えました。

ドンイクはしばしば「一線を越えてはならない」と言葉にします。彼はギテク達と一緒にされることを本能的に嫌っているように見えました。

ドンイクにとって必要なものは自分自身の事だけなのです。ましてや自分と全く関係のない貧乏人の事などどうなっても良いのです。後にドンイクのこういった行動はギテクにも伝わり、ギテクも怒りを押し殺さずにはいられなくなります。

解説考察⑤ダヴの整形疑惑

映画内でパク家に飾ってある大きな家族写真があります。これをよく見ると、ダヴの顔が実際の顔と明らかに違う感じがするのです。恐らく、これはダヴが家族写真を撮った後にどこかで整形したのではないかという気がします。

韓国だけの事ではないかと思いますが、韓国は整形手術で有名な国です。整形はブランド品を買うようなものというのを聞きます。恐らくお金持ちは、ブランド品を買うような感覚で整形を行うのではという背景を感じられます。母親のヨンギュも既に整形しており、元の顔と違うのかもしれません。

解説考察⑦計画

ギヴの口から、始終「計画」の言葉が出てきましたが、これもテーマを重くさせる一つです。

ラストでもギテクに「計画ができました。僕はお金を稼ぎます。」と手紙を書き、元パク家の家をいつか買って地下に隠れ住む父と再会する夢を持ちます。

ですが、このラストの「計画」は観客に希望を持たせるようで、どうしようもない絶望を感じさせられる重みを感じさせます。元々、ギヴは自分の「計画」によって、キム一家全員を職に就かせることに成功してきました。

しかしその「計画」によって、ラストでは思いもよらない程の大きな罪を背負わせられることになります。途中で、父のギテクはギヴに、「一番の計画は無計画でいる事だ。」と伝えていました。これはギテクが様々な事業に失敗してきて、絶望を味わってきたからこその言葉に聞こえます。

ギヴは映画の最後で、それでも父親が言う「無計画」で終わらせたくないようにも見えました。

しかし、以前よりどん底に陥れられたギヴを見ていると、「計画」を実行するには気が遠くなる程道のりが遠すぎるのです。

解説考察⑧能力

キム一家は、一人一人がただのプー太郎ではありません。

それぞれに何かしらの優れた能力があるにも関わらず、全員無職です。例えばギヴは受験と何度も戦ってきたおかげである程度の勉強ができるし、ダソンにもデザインスキルがあるのに何度も大学にも落ちたという背景が映画内で見られます。

これは、韓国社会が非常に強烈な競争社会であることが分かります。

解説考察まとめ|タイトルの意味・映画のテーマであるリアルな格差社会

タイトルにもあるように、貧困層家族が富裕層家族にパラサイト(寄生)することが物語の主軸となっています。また、副題にある「半地下の家族」についても意味があります。このタイトルにはダブルミーニングとなっており、映画を見ることでタイトルの意味を理解することができるようになっているのです。

半地下に住んでいるのは、貧困層家族ですが、富裕層の家にも半地下は存在します。そして、映画の後半のほうになると、富裕層家族の家に寄生していたのは一つの家庭ではなく、もう一つの家庭が寄生していたからだとわかります。

この映画の大きな意味・テーマとして、貧困層と富裕層の格差社会を描いていると感じました。一方は虫が頻繁に出るような半地下の家で子供の進学にお金をかけることができなかったり、毎日生きることを考えて生活している貧困層の家庭。

もう一方は、家政婦が毎日家を綺麗にしてくれる高台にある大豪邸で、子供には個人の家庭教師までついている。一家の大黒柱は社長で、社長夫人は自分を綺麗にすることだけに時間を使うことができる富裕層の家庭。

同じような家族編成なのに、毎日の生活には大きな格差が生まれているのです。

アルバイトなど、どこかしら探せば働ける場所がある日本から見れば、現状では彼らが怠惰な家族のように見られるかもしれません。しかし、韓国ではこれが平凡な家族という意見もみられるほど、格差社会が深刻化しているのです。

市民だけでは途方に暮れるような経済的な問題、貧富にある潜在的な差別など、この映画では露になってみる事ができます。普段重苦しい映画を好まない人でも、格差をコミカルに描いているので見ていても悲壮感は少ないです。十分にエンターテイメントとしての楽しさがあるので、つい見放せないサスペンスある映画でした。

それでも、現実にある社会情勢を目にして、他人事では終わらせない程の説得力がこの映画にはあります。

▼参考▼31日間も無料で観れる!パラサイト半地下の家族をまだ観てない方はコチラ▼

パラサイト半地下の家族の焼きそば・チャパグリ等、登場する料理まとめ

見た目は焼きそば!韓国料理チャパグリ

映画で最も印象的だったチャパグリ。日本語字幕ではジャージャー麺と訳されていましたが、これは韓国の「チャパゲティ」というインスタントのジャージャー麺と、「ノグリ」といううどんのような麺を混ぜて食べるものです。

これを、お金持ち妻ヨンギョが食べていますが、この食べ方に貧富の差が描かれているようです。韓国では、庶民からも「チャパグリ」は食事として流行っているようですが、ヨンギョのように牛肉は普通入れないようです。彼女は牛肉の入った「チャパグリ」を軽食として食べているのです。

 

キム家が食べるもの

映画をよく見ていると、キム家の食べるものが次第にグレードアップしている事に気づきます。映画冒頭では、スーパーで手軽に売っているような発泡酒とスナック菓子をつまみとして口にしていました。後にキム家が全員パク家で働くことになると、タクシー食堂で手軽ですが安定した定食を口にするようになります。映画後半ではパク家がキャンプに外出中、彼らはパク家の冷蔵庫から色々取り出して口にします。

その際は瓶に入った洋酒や値段の高そうなおつまみでした。

映画内で、家政婦として働いていたチュンスクが桃アレルギーをもっていましたが、この「桃アレルギー」は実際にあります。

これはポン・ジュノ監督が実際に桃アレルギーの人を知っているようで、それを見た時のトラウマが映画に盛り込まれているようです。

パラサイト半地下の家族のあらすじネタバレ|星5評価多数の観とくべき映画No.1

以下、映画「パラサイト半地下の家族」のあらすじネタバレとラスト結末です。

パラサイト半地下の家族のあらすじ

半地下の狭い家に住んでいるキム一家は4人の家族全員がニートでした。その為、いつもギリギリの生活を送っていました。上階の家からこっそりと繋げているWi-Fiもついに繋がらなくなり、内職仕事の連絡も入らなくなってしまいます。

家中の電波を探し回って、やっとのことで見つけて何とか仕事にもありつけたのですが、その仕事にも難を言われてしまいます。定期的な収入もなく困っていたところに、息子ギウの友人ミニョクから相談ごとを持ちかけられました。

ミニョクからの相談は、海外留学する自分の代わりに家庭教師を引き継いで欲しいということでした。裕福な家庭だから給料も高く、待遇が良いという好条件です。なぜこの仕事をギウに持ちかけたのかというと、ミニョクが受けもっている生徒と恋愛関係にあるからでした。大切な生徒を見ず知らずの男に持っていかれたくないというミニョクの気持ちからだったのです。

高校卒業と兵役後の4回も受験を経験した、英語が得意なミニョクにはぴったりの仕事でした。友人の気持ちを汲み取り、ミニョクは家庭教師をすることを決意します。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|セレブ家庭との出会い

大学に在籍しているという証拠の文書を妹のギジョンに制作してもらい、ギウはケビンという名前で面接に行きます。ギウが訪問した家庭はとんでもなくセレブなパク家で、ギウの家庭と同じ4人家族でした。

IT企業の社長で父親のドンイク、お嬢様育ちで世間知らずな母親ヨンギョ。聡明な娘ダヘに自由奔放な息子ダソンのとても恵まれた家庭です。ダヘに対する授業の様子から、見事にギウはヨンギョの信頼を得ることができました。

そして、ヨンギョは自由奔放な息子に手を焼いていることをギウに相談します。また、ギウは自由に生きているように見えるが絵の才能がありました。それをもっと伸ばしたいのだけれども、ダソンに合う家庭教師がいないと嘆いていました。

そこでギウはもともと絵を描くのが好きだったダソンに、成績優秀な美大生の知り合いがいると提案します。信頼しているギウからの提案に、ヨンギョはぜひ紹介してほしいと乗り気になりました。ギウが薦めた美大生は、実の妹のギジョンだったのです。ギウ以上に頭が回るギジョンでジェシカという名前でパク家を訪問します。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|妹のギジョンも家庭教師に

自由奔放で集中力もなかったダヘもギジョンによく懐き、大人しく授業を受けていました。そんな姿を見て、すっかり安心する母親のヨンギョに、さらにギジョンは仕掛けます。ネットで検索した情報を元にダソンが書いた絵について、心理的に辛い過去があったのではないかと持ちかけます。

そして、絵画療法がダソンには合っているということを強く薦めます。実際に、辛い過去を抱えたダソンの気持ちを知っているヨンギョは一気にギジョンのことを信頼するのでした。

ギジョン演じるジェシカが帰るタイミングでドンイクが帰宅します。挨拶をしながら、授業で遅くなってしまったお礼にと、運転手に送るようにと依頼をするのでした。

そして、ギジョンはここである作戦を思い付きます。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|侵食される家庭

ギジョンの美しさに惹かれた運転手は、家まで送りたいと提案をします。しかし、半地下に住んでいることがばれないように駅までで良いとギジョンは断ります。

それでも危険なので家まで送りたいと運転手は食い下がってくるので、彼氏と待ち合わせをしているからという理由でギジョンは断りました。そのやりとりを不快に感じたギジョンがはあることを思いつき、運転手の車に自分のパンツを脱ぎ捨てて帰ったのでした。

翌日、ドンイクがそのパンティを発見してしまいます。給料を払っているにも関わらず、自分の車で淫らな行為をしている事実を見逃しておけず、様々な不安を取り除くために、雇っている若い運転手をクビにさせたのでした。

この件で人間不審になりかけているヨンギョは、知り合いの紹介しか信用できないと言い出します。安心できる年配の運転技術がある運転手がいると、自然な流れでギジョンが紹介することになりました。

その運転手とは、父親のギテクでした。ギテクは元タクシー運転手で運転技術が優れていました。ギテクは見事にテストに合格することができました。

キム一家はセレブ家庭の絶対的信頼を得て、どんどんと侵食していきます。ギウの家庭で残すところは、母親チュンスクの就職です。チュンスクのポストは家政婦ですが、パク家には長年就いてる家政婦がいます。

そして、どんな風に辞めてもらうのか、キム家は情報収取を始めるのでした。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|家政婦を追い出す作戦

パク家に仕える家政婦ムンガンは、実はパク家の前からの家付きの家政婦でした。その家政婦を追い出すには骨が入ります。なにせパク家よりも家のことを知っているからです。

しかしそんな時に、ギウはダヘからある情報を得ることができました。毎日勉強の差し入れにたくさんの種類のカットフルーツを持ってきてくれる家政婦ですが、その中にはいつも桃は入っていません。

何故なら、ムンガンには重度の桃アレルギーを持っていたからでした。ムンガンは桃の産毛の部分を吸っただけでも咳が止まらなくなり、呼吸困難になるから桃を出すことはできなかったのです。この情報を得て、キム家は新しい作戦を考えます。

桃の産毛をこっそり浴びせて、アレルギー反応を起こしたムンガンを病院に行かせました。その後、ギテクは病院にいる自分とうまく写り込んでいるムンガンの写真を撮ります。

ギテクは運転手としてヨンギョの買い物に付き合うことが多く、買い物中にプライベートで撮った写真として病院で撮った写真を見せます。自分の検診で病院に行き、待合にいる時に妻に送る用として撮った写真にムンガンが写っていることを伝えました。

また、電話をしているムンガンの話を偶然聞いてしまったことを前置きをして話すのでした。ムンガンは結核にかかってしまったということを電話で大きな声で話していました。小さい子供がいるパク家に結核患者がいることはとても危険ではないかということを伝えます。子供第一で考えているヨンギョには衝撃的な事実でした。

そして、タイミングを図りギテクはムンガンが咳をした後に捨てたゴミ箱からティッシュにタバスコを付けて血のついたようなティッシュを作ります。これで結核を確信したヨンギョはムンガンに家政婦を辞めて出て行くようにと伝えるのでした。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|家族がついに

ムンガンが辞めたことで、家事のできないヨンギョでは家庭は大変なことになります。早く新しい家政婦を見つけないとこのままでは家庭は崩壊してしまいます。そう危惧していたドンイクはそのことをギテクに漏らします。

そしてチャンスとばかりに用意していた名刺をドンイクに渡すのでした。その名刺は、セレブ向けに提供しているサービスでギテクもパク家に雇われる直前にスカウトを受けていた会社ということでした。そこには質の良い家政婦もいるので問い合わせてみることを勧めます。

用意していた携帯電話にパク家から連絡が入り、そこから母親のチュンスクを家政婦として迎えることに成功するのでした。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|ダソンの過去とパク家の秘密

チュンスクも見事にパク家に馴染んできた頃、息子ダソンの誕生日になりました。誕生日を祝うために、パク家はキャンプに出かけていきました。
丸一日、パク家は不在になりキム一家のものになります。食べ物や飲み物も荒らし放題で、パク家のものを自分たちの家のもののようにキム一家は扱います。

夜になり、豪雨になってきました。そんな中、キム一家はパク家の広いリビングでくつろいでいたところにインターホンがなりました。突然の来訪者で、ドキドキしながら出てみると以前パク家に仕えていたムンガンでした。

地下室に忘れ物をしたからどうしても取りに行きたいとのことで、パク一家は出かけていることはメル友のダソンに確認済みだから入れて欲しいとのこでした。不審に思いつつも、ムンガンを家の中に入れてチュンスクは地下室までついていきました。

すると、地下室には隠し扉があったのです。驚きつつもついていくと、そこには1人の男がいたのです。それはムンガンの夫グンセでした。借金取りに追われ、どうしたものかと困っていたところに地下室を見つけて隠し部屋に住まわせていたのです。

この秘密をパク家は知りませんでした。借金取りに追われているグンセを、このまま地下室に住まわせてほしいとムンガンは懇願します。反対するチュンスクでしたが、そのタイミングでキム一家が実は家族でパク家を騙していたことがばれてしまいます。弱みを握られた、キム家は何とかしてこの状況を打開することを考えていました。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|半地下に住めなくなる

そんな時にパク家の電話がなります。恐る恐る電話にでると、電話の相手はヨンギョでした。大雨でキャンプができなくなってしまい、あと5分ほどで自宅に到着するので夜食を作ってほしいという連絡の電話でした。この状況に全員がパニックになりつつも、隠し部屋に隠れます。

ひと段落してパク家の家族が寝静まったタイミングでキム家が帰ろうとします。しかしダソンが騒ぎ出したため、リビングに隠れていた、ギウ、ギジョン、ギテクはパク夫婦もリビングにいることになり、帰るに帰れなくなってしまいます。パク夫婦はリビングにキム家がいることを知らずに、リビングで過ごすのでした。

その時にドンイクはあることに気づきます。それは臭いでした。ギテクはいないのに、ギテクの臭いがすると言うのです。ギテクは運転も人としても優れているのに、あの臭いだけはどうしても我慢できないことがあるとヨンギョに漏らすのでした。

何とも言えない気持ちを抱えたまま、パク夫婦が寝たところを見計らって3人は自宅に帰ることになります。大雨の中、高台から自宅のあるところまで坂を下って長い階段を降りて帰ります。

やっとの思いで自宅に帰るも、半地下の自宅は雨の影響で水没寸前になっていたのでした。

パラサイト半地下の家族のネタバレ|無計画の末に

今まで計画していたことが、元家政婦の夫婦によって状況が変わってきてしまいました。この計画はどうしたら良いのかとギテクに相談するギウとギジョンですが、ギテクはそれに対して計画はあるとしか答えません。

体育館に移動してやっと寝ることができた3人は落ち着いたところで、ギテクはギウに計画はなく無計画だと話します。そして計画よりもギテクはドンイクに言われたことがずっと気になっていました。

朝を迎え、昨夜の大雨がなかったかのように晴天となりました。ヨンギョは雨で中止になったキャンプの代わりに、ダソンのためにホームパーティを開こうと企画します。

そこで、ギウやギジョンも呼ばれて準備に取り掛かります。しかし、自分たちの計画を台無しにした元家政婦の夫婦が許せないギウは、隠し部屋に忍び込みます。ですが、元家政婦の夫に見つかってしまいギウは持っていた石を奪われ殴られてしまい、大量の血を流して動かなくなってしまいます。

隠し部屋の扉が開いたことで、グンセはパーティをしている会場に向かって行きます。そしてケーキを運ぶギジョンの胸元をナイフで刺し、暴れます。その姿を見たダソンは呼吸困難を起こし、倒れてしまいます。

ギテクはギジョンを助けようとし、ドンイクはダソンを助けようとします。早く車のキーをと叫ぶドンイクにギテクはキーを投げますが、キーは倒れたグンセの下敷きになってしまいます。それを拾い上げようと、グンセを起こすドンイクでしたが長年風呂にも入っていないグンセの臭いに後ずさりしました。

それを見たギテクは、反射的にドンイクを刺し殺してしまいます。大パニックになる中、その騒ぎに乗じてギテクは逃げるのでした。

パラサイト半地下の家族の結末ラスト|事件からその後

ギウが目を覚ますと病院にいました。一命をとりとめたギウでしたが、詐欺の容疑で有罪判決を受けます。ギジョンは刺されて時の傷により命を落としてしまい、ドンイクもギテクに刺されて亡くなってしまいました。

そして、パク家はあの家を手放さなくてはなりませんでした。ギテクは事件以来ずっと逃亡を続け、そのことでギウもずっと警察につけられていましたが、しばらくするとそれも落ち着いて行きます。

ギウは高台から、パク家があった家をぼんやりと見ていました。すると、家のライトがモールス信号のように点滅していることに気づきます。調べてみると、それはギテクからのメッセージでした。あの事件から行方不明になったギテクは、地下室に戻り、隠し部屋にずっと隠れていたのです。

父からのメッセージを受け、ギテクは自分の力であの豪邸を手に入れて父と一緒に住むと誓うのでした。

以上、パラサイト半地下の家族のあらすじネタバレとラスト結末でした。

パラサイト半地下の家族の感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「パラサイト半地下の家族」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|エンドロール後に訪れる虚無感

上映後の感想はとにかく「考えさせられる」その一言に尽きます。

2019年のパルムドール賞も受賞した今作ですが、2018年のパルムドール賞『万引き家族』とは現代の格差社会で生きる家族を描く視点で共通しています。ただ、社会の映画は取っつきにくく一般受けしにくいのが現状です。

しかし、この作品は社会派映画の堅苦しいイメージを払拭するようなコメディ色も強いものとなっています。題材としては貧困や、階級の固定化など重いテーマなのですが映画館で鑑賞した時は所々で笑い声が上がっていました。

監督自身もコメディ映画であると公言しており多くの人が楽しみながら「家族とは何か」「社会的地位とは何か」などの深いテーマについて考えることができます。

テーマの深さだけではなく、ひょんなことから大富豪の家に潜り込んで巧妙な手口で自然に豪邸の中に溶け込む手口には驚かされます。衝撃的なラストも見逃せない名作だと感じます。

パラサイト半地下の家族の口コミ評判レビュー

★★★★★星5

とにかく時間を忘れるほど面白かったです。最初はブラックコメディなのかな?と思いながら見ていました。ただ、鑑賞前に見たポスターに映る「足」からは、この映画が一筋縄ではいかないことを暗示していましたが…。

半地下家族が、金持ちの家庭に入り込んでいく様は、見ていて気持ちがいい位うまくいっていました。なんだか見ていて応援したくなりました。
が、あの大雨の日からある意味「サクセスストーリー」で「下剋上」のような半地下家族にも暗雲が立ち込めます。

家政婦夫婦との、弱い立場の者同士が争う様は醜いとも思いました。しかしその後の金持ち夫からの「におい」に関するくだりにはもっと不快感を覚えました。

その後の半地下家族父の殺人にも、同情してしまいます。貧富の差の問題や、「下」の人間が「上」へ上がろうとしても、越えられない何か(それがにおいだったのでしょうか…)があることを深く考えさせる映画でした。

と、真面目で社会的な側面ももちろんありますが、それよりすごいのはそんな真面目な部分があっても説教くさくなく、とにかく飽きさせない映画になっていることだと思います。

30代女性

★★★★★星5

Twitterでポスターを見てどのような映画なのか気になり『パラサイト半地下の家族』を観ました。映画を観終わった後だと、ポスターに映る横たわる謎の足の正体やポスターデザインの意味深さに気づき「なるほど」と思いました。

最初はくすくすと笑えるシーンが幾つかありましたが、映画が進むにつれて予想がつかない展開に進んでいきいつの間にかドキドキしながら観ていました。「パラサイト」は最初、主人公側の家族を指していると思っていましたが、そういうわけではないのですね。

「雨」の捉え方や価値観など細かな点で2つの家族でそれぞれ対比できる所や格差社会をコミカルに描いている所にとても惹かれました。個人的にここ最近観た映画の中でも特に面白い映画だと感じました。

20代女性

★★★★★星5

話しの展開が中盤からガラリと変わり、だんだんと取り返しのつかない方向に変わっていくのがもうハラハラしました。貧しい底辺にいる人同士の弱みを握りあったときの立場が逆転し合う早さにも驚いたり、間でふっと笑ってしまうユーモアもあったりで色々な視点から楽しめる作品でした。

貧しい一家の父親の『計画を立てたときこそ人生は思うようにいかない、だから無計画がいいんだ』という言葉が印象に残りました。ラストシーンの終わり方が絶妙に良かったです!これは監督の才能や力を感じさせられるラストだと思います。

30代女性

★★★★★星5

賞を受賞した事で興味が出てストーリーなどの事前調べ、知識はなく観にいきました。それでもとても楽しめる映画でした。韓国の社会構造、情勢を知っているとさらに楽しめたのかなとも思いました。

観ていくうちにどんどんハマっていく。くすっと笑えるシーン、はらはらどきどきするシーン、顔を背けたくなるようなシーン…様々な感情になりました。展開もスピーディーで最後まで飽きることなく観れました。

観終わった後にこの映画について誰かと深く語り合いたい気持ちになりました。そしていろいろな方の考察を調べてみて、伏線、あれはそういう意味だったのか…などを知りそこを踏まえてもう一度観たくなりました。人に是非観てほしい!とおすすめできる作品です。

30代男性

*映画「パラサイト半地下の家族」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

パラサイト半地下の家族のキャストや吹き替えキャスト・登場人物・監督

日本語吹き替え版もある!

映画館で上映していた際の『パラサイト半地下の家族』には日本語吹き替え版はなく、字幕版でしか観ることは出来ませんでした。吹き替え版自体がなかった為でしたが、『パラサイト半地下の家族』のDVD発売してからは日本語吹き替え版も収録されています。

アカデミー賞を受賞し話題になった映画ですし、ポン・ジュノ監督の『グエムル』や『殺人の追憶』などの昔の作品では吹き替え版があるので、日本語吹き替え版も製作されたようですね。

キャスト・登場人物・監督の紹介

キム家

キム・ギテク 役-ソン・ガンホ(日本語吹き替え声優-山路和弘)

キム・チュンスク 役-チャン・へジン(日本語吹き替え声優-今泉葉子)

キム・ギウ 役-チェ・ウシク(日本語吹き替え声優-柳田淳一)

キム・ギジョン 役-パク・ソダム(日本語吹き替え声優-味里)

パク家

パク・ドンイク 役-イ・ソンギュン(日本語吹き替え声優-堀川仁)

パク・ヨンギョ 役-チョ・ヨジョン(日本語吹き替え声優-折笠富美子)

パク・ダへ 役-チョン・ジソ(日本語吹き替え声優-松本沙羅)

パク・ダソン 役-チョン・ヒョンジュン

その他

ムンガン 役-イ・ジョンウン(日本語吹き替え声優-斎藤こず恵)

オ・グンセ 役-パク・ミョンフン

監督

ポン・ジュノ

パラサイト半地下の家族のテレビ放送・地上波の予定一覧!フルで無料視聴できる無料動画サイトも

パラサイト半地下の家族の地上波の初放送は、

  • 2021年1月8日

の1回だけです。見逃してしまった人は、無料で観れる配信サービスを利用しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA