CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ブライトバーン(映画)のネタバレあらすじと感想評価!原作はDCのスーパーマン関係ではない!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画『ブライトバーン』のあらすじと詳細ネタバレ、感想や評価、原作についてなどを記して行きます!

映画『ブライトバーン』は、“超人的な能力を持った少年が善人ではなく邪悪に成長していったら?”そんなキャッチコピーの全く新しいジャンルのホラー映画です。映画の広告を見ると少年がホラーに変化していて、それだけでとても怖そうだという印象を持ってしまう作品です。

映画ブライトバーンのプロデューサーと脚本は、マーベルシリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で監督・脚本を務めたジェームズ・ガンです。そして、映画ブライトバーンは、映画事業に参入した楽天が第1弾作品として配給した作品です。東宝東和と共同で配給しています。

それでは、ブライトバーンのあらすじとネタバレから見て行きましょう!

▼600円分のポイントでブライトバーンを今すぐ無料視聴▼

映画『ブライトバーン』あらすじ&予告-森で拾われたブランドンが覚醒していく-

農場で働くトーリカイルは子供ができなくて悩んでいました。

そんな時に、家の近くの森に空から隕石のようなものが落ちてきます。2人は向かってみると、そこには宇宙船があり赤ん坊がいました。トーリとカイルはその子を授かりものだと思い、その子と出会えたことを喜びます。二人はその子供にブランドンと名付け、大事に育てます。その後11歳に成長したブランドンは、成績優秀で上位0.01%に入るほどの超天才児でした。

ある日の夜、農場の物置小屋の落とし戸に隠していた宇宙船が赤く光ります。そして、何かの信号を発信します。すると、それに呼応するように寝ているブランドンが夢遊しながら宇宙船の物置小屋の方へ向かいます。異変に気付いた母トーリは、ブランドンを探しに物置小屋へ行きます。そこには、鎖で鍵を掛けてある落とし戸の扉をガタガタさせているブランドンの姿がありました。

母に気付いたブランドンは目を覚まし、寝ていた自分が物置小屋にいることに驚きます。そして、この日からブランドンの超人的なパワーが目覚めていくのでした。

 

映画『ブライトバーン』詳細ネタバレ-超人パワーを持つブランドン-

ブライトバーン2

ブライトバーンのネタバレ|ブランドンは自らの超人的なパワーに気付く

ある日、ブランドンは父カイルから芝刈りを頼まれます。そこで、芝刈り機のエンジンを掛けようと紐を引っ張りますが中々エンジンが掛かりません。芝刈り機にイライラしたブランドンは、思いっきり紐を引っ張ります。すると、芝刈り機がはるか後方へと飛んでいってしまいます。人間の力では考えられないほどです。

自分がしたことにブランドンはびっくりするも、投げ飛ばしてしまった芝刈り機の鎌に恐る恐る手を近づけます。勢いよく回転している芝刈り機に手を突っ込むと、ブランドンの手によって芝刈り機は止まり回っていた鎌も折れるのでした。そして、ブランドンの手は全くの無傷でした。

 

ブライトバーンのネタバレ|ブランドンの12歳の反抗期

それから、夜にブランドンが12歳になった誕生日が祝われていました。誕生日会には親戚であるノアメリリーの姿もあります。

ノアは、ブランドンにプレゼントとして猟銃をプレゼントしようとします。しかし、父のカイルが反対をします。それに対して、ブランドンはいつになく汚い言葉を使って怒ります。母のトーリがなだめて、その日は帰ることにします。口の聞き方も乱暴になり反抗期を迎えたブランドン。しかし、恐ろしいことに、トーリとカイルはブランドンのベッドの下からポルノ写真だけでなく人体や臓器の写真までを見つけてしまいます。


 

そこで、ブランドンとコミュニケーションを取るべく、家族3人でキャンプをしに行くことにします。

狩りをしながら「異性に興味を持つことは普通のことだ」とカイルはブランドンに話したりしますが、夜にブランドンが突然姿を消します。ブランドンは30マイルも離れた場所にいたクラスメイトのケイトリンの部屋に来ていました。ケイトリンは寝ていましたが、ノートパソコンから音楽が鳴り始め起きます。ノートパソコンを閉じ再度ベットに戻ろうとしたケイトリンですが、またもノートパソコンから音楽が鳴り始めます。

不気味に感じたケイトリンは大声で母親を呼びます。すると、カーテンに隠れたブランドンの姿を見ます。しかし、ブランドンの姿が見えたと同時にケイトリンの母が部屋に入って来て、その後カーテンの方を見てもブランドンの姿はもうありませんでした。

一方、キャンプ場ではブランドンの姿が見えない為、トーリとカイルがブランドンを探し始めます。すると、すぐにブランドンは見つかります。ブランドンは「トイレに行っていた」と嘘を言うのでした。

 

ブライトバーンのネタバレ|ブランドンは反抗期から人や生き物にも危害を加えるようになる

キャンプから戻ってきたブランドンたち。

その夜、カイルは農場で育てている鶏が騒いでいる声を聞きます。狼が襲ってきたのではないかと思い確かめに行くと、そこにはブランドンの姿があります。夜更かししているブランドンに早く寝るように声を掛けます。

しかし、寝静まった後、再度鶏たちが騒いでいました。そこで、カイルは再び鶏舎へ駆けつけます。すると鶏たちが全羽息絶えていました。トーリは狼の仕業だと言いましたが、鍵や扉を壊されていたことからカイルはブランドンの仕業だと思いました。

翌日学校での体育の授業中に、ケイトリンはブランドンを避けるようになります。ケイトリンはブランドンを転ばし、自分の部屋に訪れたブランドンを変態扱いします。ブランドンは怒り、ケイトリンの手をへし折ります。学校では、ブランドンの行動が問題となりブランドンは停学処分となります。


 

最近の異常行動に心配するトーリに対して、カイルは赤ん坊の頃から血を流したことどころか傷やアザさえできたことがないブランドンに不気味がって行きます。

その夜、ベッドで寝ていたブランドンですが、宇宙船からの信号で物置小屋へ呼び寄せられます。異変に気付いた母トーリは物置小屋へ向かいます。すると、鎖は壊されており、宙に浮いているブランドンの姿がありました。トーリが呼びかけると、ブランドンは宇宙船のある落とし戸に落ちていってしまいます。トーリが落とし戸に駆けつけると、宇宙船に当たり手を切り血が流すブランドンがいました。

駆け寄るトーリに、ブランドンは自分の正体が何者なのかを聞きます。宇宙船を見られてしまったトーリは、ブランドンは養子ではなく宇宙船から乗ってきたという真実を話します。トーリはブランドンに「特別な子だ」と説明しましたが、ブランドンは「嘘つきだった」と言い怒ります。

そして、外に飛び出していってしまったブランドン。ブランドンの目は赤く光り、レーザーを放っていました。

 

ブライトバーンのネタバレ|ブランドン少年を怒らせると、、

ブライトバーン3

ブランドンは再びケイトリンの部屋に訪れます。花束を持って、自分は特別なんだと話します。不気味がるケイトリンは「ママからブランドンとは話すな言われている」とブランドンに話します。すると、ブランドンは「それは何とかする」と言い姿を消します。

そのままブランドンはケイトリンの母が働いている勤務先に行きます。赤いマスクを被ったブランドンに驚き怖がったケイトリンの母親は、鉄の扉がある奥の部屋まで逃げます。しかし、その扉をブランドンはレーザーで壊し、ケイトリンの母親の命を奪いました

翌日、叔母であるメリリーのカウンセリングを受けたブランドン。しかし、反省の色は見られません。この進捗状況を、正直に学校や保安官に話すしかないということをメリリーはブランドンに伝えます。それを気にしたブランドンは、夜な夜なメリリーの家を訪れます。

保安官に話したりすることをブランドンは止めようとしますが、仕事なので真実を言わないといけないということをメリリーはブランドンに話します。そして、ブランドンには家に帰るよう促します。しかし、ブランドンは帰らず、寝ているメリリーの寝室に侵入します。そこで叔父さんであるノアが帰ってきたためブランドンはクローゼットに隠れますが、ノアに見つかってしまいます。

深夜にクローゼットに隠れていたブランドンにノアは怒り「両親に言う」と言いブランドンを車に乗せて帰らそうとします。それに怒ったブランドンの目は赤くなり、ノアは吹っ飛ばされます。ブランドンの姿が消え恐怖を感じたノアは、車を走らせ逃げます。しかし、ブランドンの攻撃により車は故障し落とされ、顎が避けるほどの傷を負いノアの命も奪われます

翌日、事件を知ったトーリとカイルはノアが亡くなったことをブランドンに伝えます。しかし、ブランドンはあっさりした反応を示します。ブランドンの反応を見て、昨夜の深夜に不審な行動があったことも引っかかっていたカイルは、ブランドンが何か知っていると勘付きブランドンを問い詰めます。

しかし、ブランドンは「何も知らない」と言い、問い詰めるカイルを突き飛ばします。疑ったカイルは、ブランドンがシャワーをしている間にブランドンの部屋に入ります。すると、ブランドンの脱いだシャツに血がついていました。

そこで、カイルは「ノアの命を奪ったのはブランドンだ」と妻のトーリに話します。しかし、トーリはブランドンの言うことを信じようとします。

 

ブライトバーンのネタバレ|ブランドンは邪悪なスーパーマンに覚醒

ブランドンは“森で見つけた何か”だ。

そう思ったカイルはブランドンを息子だと思うことをやめます。そして、これ以上亡くなる人を出す前に、ブランドンの息の根を止めることを決心します。トーリには「ブランドンとコミュニケーションを取る為」と話し、カイルはブランドンと2人でキャンプへ行きます。

そして、狩りの最中にブランドンの頭を後ろから狙い猟銃を撃ちます。しかし、ブランドンは全くの無傷で、カイルからの攻撃を知ったブランドンの表情は一変して冷たくなります。カイルは逃げますが、ブランドンは目から放つレーザーでカイルの頭を燃やし尽くし命を奪いました。

一方、家で留守番をしていたトーリの元に保安官がやってきます。ケイトリンの母やノアの事故現場に「BB」と残されていたメッセージがあったそうで、ブライドン・ブライヤーに見えることから事情聴取に来たのです。

トーリは、ブランドンがキャンプに行っていることもあり保安官を追い返します。しかし、確かめたい気持ちになり、トーリはブランドンの部屋へ行きます。そこでブランドンのノートを見つけ、ノートには一連の事件についてとBBと書かれた記号、そして、ノアの命を奪った際の絵が描かれていました。

トーリはノートを見たことでやっと全ての犯人はブランドンだったと確信し、カイルに電話を掛けます。しかし、電話に出たのはブランドンで、カイルが亡くなったことをブランドンはトーリに伝えました。そして、ブランドンは「ただいま、ママ」と言い、電話を切りました。

すでにブランドンは帰って来ていて、家の上空で電話をしていたのです。そして、ブランドンは家に攻撃を開始します。逃げるトーリは警察に電話をし2名の保安官がすぐに到着するも、保安官は2人ともあっという間にやられてしまいます。

逃げ回るトーリでしたが、ブランドンが宇宙船に当たり血を出したことを思い出します。そこで、トーリは宇宙船まで行き、宇宙船の破片を手に取ります。そして、トーリはブランドンの名を呼び探し回ります。

そこで、ブランドンはトーリの後ろから「ママ」と呼びます。トーリはブランドンに優しく近づき、今でもブランドンを信じていることを話します。すると、ブランドンは「償いをしたい」と答えます。その答えを聞きトーリは抱きしめますが、宇宙船の破片をブライトンに振りかざします。

しかし、ブランドンに勘付かれ、止められてしまいます。裏切られたショックから、ブランドンはトーリを雲の上の上空まで運び、そのまま落とします。ブランドンはトーリの命も奪ってしまったのです。そして、ブランドンは上空に飛行機が飛んでいるのを目にします。翌日のニュースで、ジェット機が墜落し乗員200名以上全員亡くなり巻き添えで保安官2名とトーリとカイルが犠牲になり、ブランドンのみ生存したことが伝えられました。

映画のエンドロールでは、ブランドンがその後も街を崩壊させたり多数の人の命を奪ったりするシーンが流れました。

ここで、映画『ブライトバーン』のあらすじ、詳細ネタバレは終わりです!

▼今だけ!ブライトバーンを無料で観ちゃおう▼

 

映画『ブライトバーン』感想は面白かった!評価はかなり良い!

ブライトバーン4

映画『ブライトバーンの』は、海外での評価でも日本での評価でも、高くも低くもなく中間という評価です。

しかし、私はブライトバーンは結構面白かった作品という感想を持ちました。今までにない新しい感じで、最後までハラハラする場面が多く終始見入っちゃいました。そして、テンポも速く「次はどんな展開が来るのか!」と映画を見ながらワクワクできました。『恐怖の拡散者』というタイトル回収を最後のエンドロールで持って来た部分も非常に良かったという感想を持ちました!

そして、映画『ブライトバーン』はジャンル分けするならホラーにはなると思いますが、観た後の感想では「ホラー、ヒーロー、SFなどが組み合わさった印象だな」という感じです。完璧なホラーというわけではないけれど、怖さの演出は凄い!と評価できます。

また、グロテスクなシーンについては注意が必要です。目に入った飛び散ったガラスを取り出すシーンや顎が外れるシーンなどはかなりグロいです。グロさはけっこう強めなので、グロいのが苦手な方には映画『ブライトバーン』はちょっとキツイかもしれないです。

ちなみに、ブランドン役のジャクソン・A・ダンは『アベンジャーズ /エンドゲーム 』でスコットがタイムリープに失敗した際の”12歳のスコット役”で出演していました。正直イケメンや美少年には当てはまりませんが、ブライトンの「どこか怖さがある子供」という雰囲気を上手く醸し出していました。キャストの評価も上々です。

そして、映画『ブライトバーン』は2012年の映画『クロニクル』と似たような映画なので、『クロニクル』が好きだった方には映画『ブライトバーン』はすごくおすすめです。楽しく観れる作品でしょうし、「面白かった!」という感想を持てると思います!

 

映画『ブライトバーン』みんなの口コミ評判-そこまで悪い評価はない-

ブライトバーン5

ツイッターで書かれていた映画『ブライトバーン』に対してのみんなの口コミ評判、感想を集めてみました!

映画『ブライトバーン』に関しての口コミ評価は色々とありましたが、そこまで悪い評価や感想はなかった印象です。もちろん、グロに対しての感想や口コミ評判も多かったですが、元々グロいと知って観ている方が多かったのでそれに対しての悪い感想や評価は少なかったです。

それでは、口コミ評判、感想評価を見てみましょう。

映画『ブライトバーン』に関してのみんなの口コミ評判、感想評価はこういった感じでした。もっと悪い評価もいっぱいあるのかと思っていましたが、そこまで悪い評価をしている方は全体的に見た感じあまりいなかった印象です。

 

映画『ブライトバーン』原作はDCコミックスのスーパーマン関係ではない!

ブライトバーン6

映画『ブライトバーン』はDCコミックスみたいだと言われていますが、原作は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを務めるジェームズ・ガン監督によるオリジナルです。

映画『ブライトバーン』はジェームズ・ガンが関わっていたり、宇宙から落ちて来た子供がスーパーパワーを持つという内容だったりしますが、原作はDCコミックスのスーパーマンシリーズとの関係はありません。DCコミックスのスーパーマンさながらなのですが、実は原作はDCコミックスのスーパーマンとは直接的な関係は全くないんです。

映画に出てきた超人的なパワーと言えば、驚異的なスピード・目からレーザーが出せる・空を飛べるなどで、DCコミックスのスーパーマンにかなり似ていますよね。しかし、映画の流れ的にDCコミックスのスーパーマンのように皆のヒーローにブランドンがなることは、かなり難しかったのかな?とも思います。

というのも、超人的なパワーになったのは乗って来た宇宙船からのメッセージを受信してからで、反抗期も相まってそこからどんどん邪悪になっていくのですが、その邪悪さを助長したのも宇宙船からの信号でした。

宇宙船からは「奪え」「世界を手に入れろ」といったメッセージが届いていたので、ブランドンはそもそも地球侵略を狙う宇宙人だったと考察できそうです。トーリとカイルが選択を間違えなければクラーク・ケントみたいなスーパーマンになっていたのかもしれませんが、それにしてもブランドンは元々から正義の血のある宇宙人ではなさそうです。

映画『ブライトバーン』の原作は監督オリジナルですが、ストーリーがちゃんと考えられていてオリジナル原作にありがちなストーリーについての荒さはなかったです。原作の元になっていそうなスーパーマンが悪の道へ進むとブランドンのような人になってたかもしれませんね。そういうストーリーを作りたかったから、原作を監督自ら考えて映画化してみたのだと考察できます。

最近、日本では原作漫画うや原作小説のストーリーの映画が多いので、オリジナル原作で良い映画を観られると嬉しい気持ちになります。これからも原作オリジナル作品の映画がもっと増えれば良いなーと思います。オリジナル原作を映画化するのは大変かもしれませんが、骨の折れる作業で面白いストーリーを作って欲しいですね。

 

映画『ブライトバーン』続編の制作はアリ!

ブライトバーン7

映画『ブライトバーン』1では、ブランドンがどうして地球にやってきたのか?を含めた全ての秘密はまだ明かされませんでした。

監督であるデヴィッド・ヤロヴェスキーは「興行的に成功した場合、本作をシェアワールドとして展開する予定だ」と話しています。なので、映画『ブライトバーン』が興行的に成功すればアベンジャーズシリーズのように続編が作られることが期待されます

しかし、残念ながら映画『ブライトバーン』はアメリカ公開で初週興行収入が当初予定よりも低く、週末興行収入ランキング初登場5位で、良い興行収入ではなかったです。そのため続編を作るのは難しいのではないか?という感想を持ちました。

ただ、脚本やプロデューサーを務めたジェームズ・ガンは「続編に関する話し合いが行われている」というコメントも出しています。私は映画『ブライトバーン』はすごく面白いという感想を持ったので、ぜひ続編を期待したいと思っています。

ちなみに、エンドロール中に流れる映像も、監督いわく「続編のための布石だ」ということなので、興行成績は芳しくなくてもコアなファンがいそうなので、3作目までは続編を作るのではないかな、と予想しています。皆さんは続編観たいですか?それとも続編はもう良いかな?と思っていますか?

続編ができると1作目観てみようと考える方も多いと思うので、続編が公開される前に映画『ブライトバーン』を観て「結構面白い!」と思う方も多そうです。もし、あらすじや詳細ネタバレ、感想評価、みんなの口コミ評判を観て「観てみたい」と思った方は、ぜひ1作目、そして、制作が期待される続編も一緒に観ましょう!


 

U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、好きな映画600ポイントを使って無料ですぐに鑑賞することができます。1ヶ月以内に解約すれば、無料で映画を鑑賞することができるわけです。

ですが、ユーネクストは作品数が他と比べて圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番おすすめの動画配信サービスです。huluの約3倍の140,000作品程を配信しています。私は継続使いしてユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVD借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、好きな映画を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA