CinemaHitsTV-シネマヒッツ-おすすめの映画が考察や感想評価と口コミ評判レビューから丸わかり!

『シン仮面ライダー』はがっかり?キャスト変更があった噂についても解説考察【あらすじネタバレ感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2023年3月18日公開の映画『シン仮面ライダー』。

庵野秀明がこれまで携わってきた「シン」シリーズとなる『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン』『シン・ウルトラマン』に続く4つ目の作品。

1971年から放送された初代仮面ライダーのオマージュが散りばめられた映画『シン仮面ライダー』ですが、内容の難しさやアクションシーンなどシンシリーズでは1番の賛否両論となる作品となりました。

『シン・仮面ライダー』の口コミ評判レビューには、

  • 期待外れな結果
  • 賛否両論分かれる感じ
  • アクションとしては十分に面白かった
  • 画面が暗く見づらく声も聞き取りづらい
  • 唐突感や消化不良感が残った
  • 内容が薄い
  • スピーディーな展開が楽しめた
  • 少し中弛みを感じる場面があったりした

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • ジュラシックワールドのキャストや吹き替え声優について
  • ジュラシックシリーズの見る順番のおすすめは?
  • ジュラシックワールドのあらすじネタバレ
  • ジュラシックワールドの感想評価とみんなの口コミ評判レビュー
  • ジュラシックワールド本編と続編をフルで無料視聴できる無料動画サイトまとめ

もし、まだあなたが一度も映画『シン仮面ライダー』を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料で観れるかも!映画『シン仮面ライダー』の配信チェックはコチラ▼

『シン仮面ライダー』のがっかりと言われる理由を4つ考察

映画『シン・仮面ライダー』は『新世紀エヴァンゲリオン』で知られる庵野秀明が監督を務めた「仮面ライダー」シリーズのリブート作品です。

『シン・ゴジラ』、『シン・エヴァンゲリオン』、『シン・ウルトラマン』に続くシンジャパンヒーローユニバースの第四弾として公開されました。

そんな話題性もあり、興行収入20億円を超えるヒット作品となり、歴代の仮面ライダー映画作品の中で歴代1位の記録となりました。

ただ、これまでのシンシリーズ(シンゴジラ:82.5億円、シンウルトラマン:44.4億円、シンエヴァンゲリオン:102.8億円)に比べると物足りない数字となってしまい、作品の内容についても賛否両論が巻き起こりました。

否定的な意見の中にはがっかりしたという声が多く上がっています。

なぜ、がっかりと言われてしまうのか理由を大きく分けて4つまとめてみました。

管理人

がっかりと言われる理由①|アクションシーンの物足りなさ

映画の冒頭で仮面ライダーが登場するシーンは1971年に放送された初代仮面ライダーを彷彿とさせるカメラワークになっており、テレビシリーズのような生身のアクションシーンがを期待したファンの方が多かったと思います。

ですが、CGを使ったアクションシーンが比較的多く、一番の見せ場である仮面ライダー1号と2号の戦闘シーンもCGがメインとなっており、物足りなさを感じる人が多くがっかりしたという感想につながったと考察できます。

管理人

また、1号と2号がSHOCKERたちの攻撃を受けながらバイクでイチローのアジトへ向かうシーンもCGが使われていますが、場面が暗すぎて何が起きているのか状況がよく分からなかったり、ラストの仮面ライダー0号へと変身を遂げたイチローとのバトルシーンについても俳優たちが取っ組み合いをしているだけで全くかっこよい映像になっていなかったりと、がっかりする要素が多かった印象です。

そのため、アクションに期待をしていた人はがっかりと言う感想を持ってしまうのは仕方がなかったのかもしれません。

昭和仮面ライダーシリーズへのリスペクトを全面に打ち出してライダーたちの生身のアクションにこだわった作品になっていれば、評価は違ったのかもしれません。

管理人

また、ライダーがショッカーたちを倒す際に、勢いよく血が噴き出すスプラッターっぽい演出になっています。

この演出にも嫌悪感を示す方も多かったようです。

ただ、この演出については、争いを好まない優しい性格をしている本郷武の暴力への葛藤を描く上で必要な演出だったと私は思います。

管理人

がっかりと言われる理由②|内容の難しさ

映画の冒頭で緑川博士から本郷武が改造されたバッタオーグという昆虫合成型オーグメントについての説明がありますが、「プラーナ」や「オーグメント」といった専門用語の連続で序盤からついていけなくなった方も多いと思います。

その他、緑川ルリ子が行う「パリハライズ」と言われる脳内のハッキング行為や緑川イチローが描く理想郷「ハビタット世界」など映画独自の用語が飛び交うため、わけが分からないと思った方も多かったのではないでしょうか?

また、SHOCKERの目的についても細かく説明がありますが、こちらも一回観ただけでは理解が難しく一体何のために仮面ライダーとSHOCKERが戦っているのかもやもやしたまま鑑賞した方も多く、内容の難しさゆえにがっかりしたという感想につながったと考察出来ます。

管理人

前述したように一回観ただけでは世界観が掴みにくい作品となっているため、複数回鑑賞して理解を深めることをオススメします。

複数回鑑賞することによって、SHOCKERという組織が自分たちの独自の幸福追求について全人類に押し付けようとしていることや、イチローが過去の母親を通り魔によって殺害されてしまった過去によって暴力の無い世界を作りたいという強い気持ちの下でハピタット計画を実行しようとしていることなどの内容が理解できて、より作品を楽しむことが出来ると思います。

がっかりと言われる理由③|セリフが聞き取りにくい

これは日本映画のあるあるですが、俳優たちのセリフが聞き取りにくく何を喋っているのか分からずに内容が入ってこないということがよくあります。

映画『シン仮面ライダー』も同様でボソボソとセリフをしゃべるキャラクターが多くがっかりしたという感想に繋がったと考察出来ます。

管理人

特に映画『シン仮面ライダー』は2つ目の理由「内容の難しさ」で解説したように専門用語などの説明が多い映画となっているため、ただでさえ内容が分かりづらいのにセリフが聞き取りにくかったため不満が続出するのも無理はありません。

劇場公開が終わり、次々と配信がスタートしています。

日本語字幕を表示することもできるなら、鑑賞する際は日本語字幕を表示して鑑賞することをオススメします。

がっかりと言われる理由④|期待値の高さ

冒頭でお話したように、シンジャパンヒーローユニバースのこれまでの作品『シン・ゴジラ』、『シン・エヴァンゲリオン』、そして『シン・ウルトラマン』はいずれも大ヒットを記録し、作品の内容的にも概ね好評でした。

なので、シンジャパンヒーローユニバースの新作となる映画『シン仮面ライダー』についてファンの期待値が高くなりすぎてしまい、結果的にがっかりしたという感想に繋がったと考察出来ます。

管理人

シンユニバースの新作であるという先入観を取っ払って鑑賞することをオススメしたいです。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

キャスト変更があった?噂の真相を解説

映画『シン・仮面ライダー』についてキャストの変更があったという噂がありますが、実際にはどうなのでしょうか?

結論から言うと、映画『シン仮面ライダー』についてキャスト変更があったという事実はありません

では、なぜこのような噂が出てしまったのでしょうか?

その理由はある人物が原因とされています。

管理人

その人物とは、前参議院議員のガーシーこと東谷義和氏です。

東谷氏は当時暴露Youtuberとして過去のコネクションから得た情報や自身の情報によって芸能人のスキャンダルを多数暴露していました。

その中で、映画『シン仮面ライダー』でメインキャラクターの緑川ルリ子役を演じる浜辺美波さんについての暴露を匂わせる発言をしていたことから、スキャンダルの内容によってはキャストが変更になる可能性が考えられ、この噂が出たのではないかと考察できます。

ただ、この東谷氏の浜辺さんの暴露について大きく報道されることはありませんでした。

そこで、キャストが変更されることは無く無事に映画は公開される運びとなりました。

昨今では、公開を控えた映画がメインキャストのスキャンダルによって公開が延期されたり、場合によっては公開が中止されたりすることもあります。

しかし、他のキャストやスタッフの立場を考えると、そこまでしなくても良いのではと思ってしまいます。

管理人

作品とキャスト・スタッフのスキャンダルは切り離して考える風潮に世の中がなっていくことを期待したいです。

『シン・仮面ライダー』のあらすじ

以下、映画『シン・仮面ライダー』のあらすじです。

『シン・仮面ライダー』のあらすじ|組織からの脱出

秘密結社SHOCKERの研究所で改造手術を施され、「バッタオーグ」と呼ばれる改造人間にされてしまった本郷猛は、大学時代の恩師であり改造手術を行った第一人者である緑川博士の娘緑川ルリ子と研究所を脱出しました。

途中、ルリ子が組織の追手に捕まってしまうものの、改造手術で得た力で敵を圧倒しその場を切り抜けました。

しかし、その力を制御できずに人を殺めてしまったことを本郷猛は後悔するのでした。

『シン・仮面ライダー』のあらすじ|力の使い方

本郷は緑川博士の遺言もあり、ルリ子を守るために力を使うことを決めます。

そしてルリ子は自分たちの保護と引き換えに、SHOCKER壊滅を目論む政府の男に協力することを決めます。

これにより、本郷猛=仮面ライダーはSHOCKERとの戦いに身を投じていくことになります。

『シン・仮面ライダー』のあらすじ|組織の壊滅

本郷とルリ子は政府の男の情報をもとに次々とSHOCKERの幹部を倒していきます。

途中、本郷と同じく仮面ライダーに変身できる一文字隼人が「第2バッタオーグ」として行く手を阻みますが、ルリ子の機転により一文字には「仮面ライダー第2号」として共に戦ってもらうことに成功します。

道中、ルリ子はデータに無かった新手のオーグメントに命を奪われてしまいますが、その意志を継いだ本郷と一文字は組織の壊滅を目指し、ルリ子の兄である緑川イチロー=蝶オーグを倒しに向かいます。

以上、映画『シン・仮面ライダー』のあらすじでした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画『シン・仮面ライダー』シリーズの配信チェックはコチラ▼

『シン・仮面ライダー』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画『シン仮面ライダー』の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|昔からの仮面ライダー好き以外は受け入れづらい作品

漫画版の仮面ライダーを知っている人が思わず興奮してしまうようなオマージュと尊敬が散りばめられていた映画『シン・仮面ライダー』。

仮面ライダーに対する庵野監督の愛情を存分に感じ取ることが出来ます。

崖の上で初の変身姿をお披露目する仮面ライダーや蜘蛛男と戦った小河内ダムで行われるクモオーグとの戦い、一文字隼人の「お見せしよう」というセリフなど、知っている人には堪らないシーンが至る所で登場します。

また、当時の設定を上手く現代に落とし込んでいるなと思える要素も多々あります。

例えばSHOCKERの目的が単純な世界征服から、人類の幸せを実現するための人類の支配というカルト集団的な思想になっているのですが、子ども騙しの目的から本当にありそうかもと思わせる目的に上手く昇華されています。

その落とし込みが原因で、「プラーナ」や「ハビタット計画」といった本家仮面ライダーでは聞き馴染みのない言葉も登場するのですが、その辺りは本編を見ていればきちんと理解できる内容になっています。

管理人

しかし、そういった庵野監督の工夫とは裏腹に世間の感想は賛否両論です。

改造人間にされてしまった本郷がその運命をあっさり受け入れることや、CGがチープであることなどが槍玉に挙げられています。

迫力満載の戦闘シーンがテンポよく繰り広げられ、要所要所でニヤけてしまうようなファンサービスもありました。

私は世間で言われている脚本の粗は特に気になりませんでした。

管理人

元々、仮面ライダーを好きな監督が仮面ライダーを好きな人のために作った映画だと思えば、これほどまでに仮面ライダーの苦悩とかっこよさを両立させた作品は他にないのではないでしょうか?

特に最後の最後で仮面ライダー第2号が新1号へとバージョンアップするシーンは圧巻です。

蝶オーグとの死闘でプラーナを使い果たし、その身を滅ぼしてしまった本郷はヘルメットの中にあるハビタット世界にルリ子とともに留まることになるのですが、一文字はそのヘルメットに残った本郷と共にSHOCKERと戦い続けることを決意します。

その時に政府の男に新調してもらったスーツがいわゆる新1号のデザインになるのですが、このシーンは漫画版で描かれた展開と同じでありながら、テレビ版のスーツデザインが変わった点を踏襲しており非常に清々しいような、嬉しような気持ちになりました。

シリーズとしてではなく、作品としての「仮面ライダー」が好きな人には興奮とワクワクと切なさが詰まった最高の作品に仕上がっていると思います。

管理人

まずは多くの人に自分の目で、この作品を視聴してもらいたいです。

『シン・仮面ライダー』のみんなの口コミ評判レビュー

『シン・仮面ライダー』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「アクションシーンに関しては昭和感もありつつ、 そこそこよいCG」「一般受けするかどうかは、ちょっと厳しいかなと感じさせられた」「仮面ライダーを知らない人でも全く問題なく観られる作品」「アクションシーンのクオリティーは残念としか言えない」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★☆☆星3

シンエヴァンゲリオン・シンゴジラ・シンウルトラマンに続くシンシリーズ第4作のシン・仮面ライダー。

自分は子供のころから仮面ライダーに親しみ昭和・平成の仮面ライダーは大体見ているので期待して見に行きましたが、私は好きな作品ですが、一般受けするかといわれると微妙な評価です。

漫画・特撮の初代仮面ライダー・及び石ノ森章太郎作品のオマージュと思われるシーンが多々あるので、そのオマージュ元を知っているとニヤリとするシーンが多くファンなら楽しめますが知らないと?となるシーンが多いかなと感じました。

アクションシーンも最初の怪人との戦闘シーンは素晴らしいものでしたが、その後の怪人との戦闘はアクションシーンが減っていき、終盤での暗所の戦闘シーン派手なのですがオマージュの演出だとは理解はしているのですが、単純に画面が暗く見づらいと感じました。

ドラマ面もヒロインとの交流、ライバルキャラクター戦いなどの見どころは多いのですが、どちらも尺不足でやや唐突感や消化不良感が残りました。

まとめると、監督をはじめとする製作者の仮面ライダーに対する愛は感じられ、悪くない映画だと思いますがもう少し要素の取得選択をすればもっといい映画になったのに・・というのが私の評価です。

仮面ライダーシリーズが好きな人より1作目の「仮面ライダー」漫画の「仮面ライダー」が好きな方ならば間違いなく楽しめる作品です。

自分は両方共の作品に慣れ親しんでいたので楽しめましたが、一般受けするかどうかは、ちょっと厳しいかなと感じさせられました。

30代男性

★★★☆☆星3

全体的に雰囲気が暗いというか、そもそも仮面ライダーそのものが別に明るく面白い、コミカルというわけではないのである程度は仕方がないと思うのですがやや暗さ、ダークさ加減というのが目立ったというのが気になる要素でした。

これは映画である以上、シリアスな面をやはり前に出さなければコミカルな部分に尺を持ってかれてしまうというのができなかったのかと思ってしまうくらいです。

アクションシーンに関しては昭和感もありつつ、 そこそこよいCGはありましたので、現代のアクションとしては十分に面白かったです。

賛否両論分かれる感じではあると思いますが仮面ライダーに何を求めていたのかがその評価に大きく影響するような感じの作風となってました。

30代男性

★★★★☆星4

仮面ライダーの予備知識まったくなしでは、ちょっと理解が難しい、平成・令和ライダーに馴染んでいる子供にも難しいストーリー展開だと思いました。

序盤でそう思い、最後まで見てもやっぱりちょっと分かりづらい部分が残ったままでした。

それでも難解というほどでもないので、楽しめる作品でした。

それでも『シンウルトラマン』より、対象年齢は上の作品だとは思いました。

映画『シン仮面ライダー』では「プラーナ」という魂だか、生命エネルギーみたいなものを常人の域を超えて利用することで超人的な力を発揮できるのだとおおよそ理解しましたが、それでもホントにちゃんと理解できているかと問われたら「?」となる部分が残ったままでした。

それにラスボスだった仮面ライダー0号のイチロー、最初ショッカーのボスは人工知能だったはずなのに、この人ってルリ子の兄妹じゃないの?と混乱したりもしました。ラストシーンで全く別物と分かりましたが、すぐには消化できないところでした。

ショッカーの親玉のAIが外界を認識するためのインターフェースとしての「K」を見た瞬間は、「ロボット刑事K」じゃないか!と素直に無邪気に嬉しかったです。

こういうのは、いい年した石ノ森作品ファンのおじさんじゃないと分からない喜びですね。

ラストは、一文字隼人が本郷猛の魂といっしょに、これからもショッカーとの戦い続けることを示唆する終わり方が気に入りました。

エンドロールが流れ始めた瞬間は「あれ、ショッカーとの決着は?ちょっと中途半端じゃない」と思いましたが、石ノ森章太郎先生の原作漫画のオマージュであることもすぐに分かって「これはこれでアリ」と10秒後には納得していました。

角島大橋を新サイクロンで駆け抜ける一文字、やっぱり庵野秀明監督が山口県宇部市の出身なので、ご近所、下関市のツーリングの名所で撮られたのかなと思いました。

それに今までの「シン」シリーズと違って、続編も考えているのかなと思わせる終わり方なので、続編にも期待が持てると思いました。

40代男性

★★★☆☆星3

仮面ライダーそのものをあんまり見たことがない、なんとなく初代の話を知っている程度の私の感想なんですがまず臨場感というか、アクションの切羽詰まった感を出そうとしているのか、ごちゃごちゃしているのが気になりました。

アクションシーンの残念さはあり、人によっては酔いそうだと感じました。

それと敵対する組織に対することで設定的にやや気になる要素がありました。

もうそこは素直に悪の組織ではいけなかったのか?悪いやつらはもう性根が悪いとかでよくない?と思わせてくるのは今どき向けともいえるでしょうし、いろんなところに配慮したんですがはっきりいって正義の味方仮面ライダー感というのが薄れたような気がして嫌な感じではありました。

ただし、キャストの演技はよかったですし、綺麗な感じはありましたからそこは素晴らしかったです。

30代男性

★★★★★星5

公開を今か今かと待ち侘びていたシン・仮面ライダーですが、公開日にIMAXで視聴し、その後も2回で計3回視聴しています。

感想を一言で言うならば、仮面ライダーファンならたまらないシーン満載の映画だった、です。

庵野監督作品に精通しているわけではないので、巷で言われている監督のクセは特に分からなかったですし、元祖にはなかったプラーナやオーグメント等のワードが飛び交っておりましたが、特に理解に苦しむこともなくすんなり受け入れられました。

むしろ元祖よりもより現実的なラインに落とし込まれていたので、これまでのシンシリーズのように「リアリティーの中にある特撮ヒーロー」を楽しむことが出来ました。

3回見ても盛り上がるシーンはいつも同じで、最初の戦闘シーン、最初の変身シーン、ダブルライダーのポーズは何度見ても心が躍ります。

まだ観に行きたい気持ちはあるので、4回目、5回目と観に行くことになるかと思います。

20代男性

★★★☆☆星3

映画『シン・仮面ライダー』、子供が歴代仮面ライダーが大好きなのと、去年の夏に美術館で庵野秀明展を見に行った際、シン仮面ライダーの予告なども、大々的にやっていたのもあって、プラス庵野秀明作品のエヴァンゲリオンにもドはまりしていたので、公開されたら絶対に見に行こうと思っていた作品でした。

鑑賞してみて、まず子供向けではありませんでした。庵野先生の独特な世界観なのか、元祖仮面ライダーに近い感じでした。

キャストも私が知らなすぎなのか、柄本佑くんしかわからず…。

ただ、昔の仮面ライダーに比べると、やはり現代な感じで、ただ少し期待していたぶん、わたしは少し入り込めませんでした

子供も平成仮面ライダーで育っているので、バトルシーンとか少し固まって見ていました。

リメイクはなかなか難しいんですかね。でも、子供と見に行けたことが思い出になって良かったです。

40代女性

★★★★☆星4

映画『シン・仮面ライダー』は、庵野監督の特撮映画として、非常に素晴らしい作品でした。

仮面ライダーの原典にリスペクトしつつ、新しいヒーロー像を描いたことが、この映画の魅力的な点の一つです。

また、庵野監督が特撮に対してのリスペクトを詰め込んだ作品として楽しめました。

ただ、一部の場面では仮面ライダーが仮面をしている時のセリフが聞き取りづらく、ストーリーについても一部分にやや不明瞭な部分があるように感じました。

それでも、特撮技術の進化や劇場での臨場感を存分に活かした演出は、庵野監督の真骨頂と言えるでしょう。

特に、戦闘シーンや仮面ライダーの必殺技など、見所は満載です。

『シン・仮面ライダー』は、原典をリスペクトしつつ、新たなヒーロー像を描き出した素晴らしい作品でした。

庵野監督の特撮映画として、ファンならずとも楽しめる一本です。

30代男性

★★★☆☆星3

アクションは、実際に見たものよりも迫力がありました。

ただ蜂オーグとの戦闘は特殊な効果効果に驚かされたものの、格好良くつながるものではなかったです。

また、戦闘シーンのCGのクオリティも低く残念でした。

仮面を被ったり脱いだり被ったりしているシーンが多く、最新の機器であるはずのヘルメットとスーツの質感が不釣り合いでした。

映えスポットでのカットにこだわったのか、景色は素晴らしかったのですが、砂浜、港、富士山、工業地帯と場所が飛び飛びで繋がりが見えないのが気になりました。

他の「シン」シリーズは全て好きだった上に、制作決定時のキービジュアルが魅力的であったため、期待外れな結果となってしまいました。

20代男性

*映画『』のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼今すぐ無料で観たい!『シン仮面ライダー』の配信チェックはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments