CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

君は月夜に光り輝く(映画)のネタバレあらすじと感想評価!名言も多く記憶に残る映画になること間違いなし!

WRITER
 
君は月夜に
この記事を書いている人 - WRITER -

映画『君は月夜に光り輝く』のあらすじと詳細なネタバレ、そして感想や評価をまとめました。

映画『君は月夜に光り輝く』は2019年3月15日に公開されました。映画『君の膵臓が食べたい』のスタッフが贈る「生と死」を描く儚く美しい青春純愛物語です。

不治の病を患ったヒロイン・まみずは、朝ドラ『半分、青い』で演技力を高評価された永野芽郁さんが務めています。同級生の卓也役は『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞した北村匠海さんが務めています。

監督・脚本は月川翔さん、主なキャストは永野芽郁さん、北村匠海さん、甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、生田智子さん、長谷川京子さん、及川光博さんです。原作小説は佐野徹夜先生のデビュー作『君は月夜に光り輝く』です。原作小説は第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で選考委員から圧倒的な支持を受け《大賞》を受賞しています。佐野徹夜先生デビュー作ながら異例のヒットを飛ばし、2018年12月時点で累計発行部数30万部を突破しています。

▼参考▼今だけ無料試し読みできる!ebookjapanで映画「君は月夜に光り輝く」の原作小説を読むならコチラ▼

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-あらすじで不治の病が明かされる-

君は月夜に

映画『君は月夜に光り輝く』のあらすじ-ヒロインのまみずは発光病を患っている-

高校2年生となった新学期。

クラスでは病気で入院している渡良瀬まみず(永野芽郁)に対して、励ましとなる色紙を書いていました。渡良瀬まみずはほとんど入院している為、クラスのほとんどの人はまみずの顔も知りません。色紙を最後に書くことになった岡田卓也(北村匠海)は、まみずに色紙を持っていくことになり病院まで足を運びます。

まみずは発光病という今だ解明されていない不治の病を患っていました。亡くなる時が近づくにつれ体が発光するという病気です。発光病にかかると大人になるまで生存できません。患者は今後の為に臨床実験台とされます。

まみずは滅多に来てくれることのないお見舞いに嬉しくなり、卓也に1つ頼みごとをすることにします。頼みごとは「外に出掛けられないのでグミを買ってきてほしい」でした。そして、卓也に「また会いに来てほしい」と伝えます。


病院から出歩けないまみずの為に、卓也はグミを買って後日訪れます。しかし、病院に訪れるも病室を覗くと誰もいません。そこで、その場で待つことにします。

まみずが父から貰ったという大切なプレゼントのスノードームを眺めていると、後ろから急にまみずが来て声を掛けられます。びっくりした卓也はスノードームを落として壊してしまいます。まみずは「気にしなくていいよ」と言うも、卓也は何か代わりに償いをしたいと申し出ます。

まみずは、自分が病院から出られない為、自分の叶えられない願いがいくつもありました。そこで、自分のやりたいことリストを卓也に代わりにやってもらうことにします。そして、代行体験をしたことでの感想を自分に伝えてもらうのです。

 

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-卓也が代行を始める-

まず、最初に代行を頼まれたことは『ジェットコースターに乗る』ことでした。卓也は恥ずかしそうにしながらも、うさ耳を付け1人でジェットコースターに乗ります。2つ目のお願いも遊園地で済ませることにします。代行内容は『お腹いっぱいになるまでパフェを食べる』ことでした。1人で巨大なパフェを注文する姿に周りからの注目も集まり、卓也はこれまた恥ずかしそうにします。1つ目と2つ目の代行したときの写真を見て、まみずはニヤニヤします。

そして、どんどん代行依頼も続きます。3つ目のお願いは『徹夜の行列に並ぶ』ことでした。卓也は最新のスマートフォンを買う為に深夜からできている行列に並ぶことにします。そんな中、卓也が家から出ようとすると、母から「どこへ行くの?」と声を掛けられます。

「ちょっと出掛けてくる」と返事をしますが「そう言って鳴子(めいこ)も帰って来なかった」と母は言い、卓弥が出掛けてしまうことを心配します。卓也の姉である鳴子は交通事故で亡くなっていて、卓也は「あれは事故だったよ」と母に主張しますが、卓也の母親は「自ら選んだのではないか?」と疑っていました。

母親の心配をよそに、卓也は出掛けて行き最新のスマートフォンを買いに行きます。最新のスマートフォンを買うこともでき、まみずは喜びます。そして、この時から携帯でも連絡を取り合うようになります。


次のお願いは『お父さんに会ってほしい』というものでした。まみずの両親は2年前に離婚していて、「父親に会って理由を聞いてきてほしい」と言うのです。そこで、卓也はまみずの父親に会いに行来ます。

話を聞くと、離婚の理由は表向きでは妻に愛想を尽かされたということでしたが、本当はまみずの治療費のためでした。まみずの父親の会社が潰れ自己破産したため、離婚することで母子援助を国からもらい治療費に充てていました。つまり、お金のために離婚したいわゆる偽装離婚でした。バレてはいけないことなので、父はそれ以来まみずにも会えていないのでした。まみずは自分が病気になったせいで離婚したと思っていたので、本当の理由を聞き、感動して涙を流しました。

 

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-ヤキモチを妬くまみず-

卓也は代行をするために、買い物をしに行ったりバッティングセンターに行ったりカラオケに行ってみたりと、行動を重ねていました。テレビ電話しつつ、代行依頼を次々とこなしていました。

そして、次のお願いは『メイド服を着てみたい』でした。そこで卓也はメイド喫茶に行きバイトの面接を受けます。しかし、男だということでメイドの仕事はできずメイドの喫茶のキッチンで働くことになります。

メイド喫茶でキッチンとしてバイトすることになった卓也は、メイドとして働いていた平林リコ(今田美桜)と仲良くなります。メイド服で働けなかった卓也は仕方なくリコの写真を撮りそれをまみずに見せます。しかし、その写真を見たまみずはヤキモチを妬きます。そして、卓也に次の代行依頼としてバンジージャンプを挙げます。

しかし、ここまで沢山の代行依頼をしてくれたので、まみずは卓也にご褒美もあげると言います。そこで、卓也は上手いこと質問して行き、まみずの読んでいた雑誌の折り目にあった靴をプレゼントとして後日購入します。そして、再びまみずに会いに行きます。

 

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-プレゼントを渡し一緒に出掛ける約束をする-

君は月夜に

病院に着くと、まみずの母親に出くわします。卓也がしょっちゅういるのでまみずの母親も卓也のことを知っていてました。

そして、まみずのお母さんは「もうまみずに関わらないでほしい」と言います。「まみずにとっては嬉しいことも悲しいこともストレスになる」と話し、「長生きすることによって治療法が見つかるかもしれないから」と卓也に説明します。しかし、卓也はそれを振り切り、まみずに会いに病室へ向かいます。まみずは靴をプレゼントされ驚きますが、喜んで嬉しそうに靴を履きます。そして、靴を履きながら今度検査結果が良かったら一緒に海へ出掛けることを約束します。

その後、バイト先のメイド喫茶の休憩室で卓也は海の載っている旅行雑誌を見ていました。そこでリコが「一緒に行こう」と誘って来ますが、卓也は「もう行く相手がいるから」と断りました。

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-海の代わりに一緒にスーパームーンを見る-

海に行く約束をしていた二人でしたが、まみず検査結果はダメでした。しかし、落ち込んで家に帰るとテレビで「スーパームーンが見える」とやっていました。卓也はスーパームーンをまみずに見せたいと思い友達の香山彰に望遠鏡を借ります。

彰の兄も発光病で亡くなっていて、彰の兄と付き合っていたのが卓也の姉の鳴子でした。その事を少し話してから、卓也は望遠鏡を担いで深夜の病院に行きます。そして、病院の屋上で卓也とまみずは一緒にスーパームーンを見ます。ここで、卓也はまみずの事が好きだと気持ちを伝えますが、まみずにはぐらかされてしまいます。

時間も遅く卓也は望遠鏡を担いで帰ろうとしますが、まみずに声を掛けられ振り向くとまみずの全身が発光していました。そのまま、まみずは倒れて意識を失ってしまいます。まみずはそのまま急いで治療室に運ばれますが、容態は安定しました。

しかし、まみずの母親は病室の屋上でに連れ出したことを卓也に怒ります。卓也は謝罪しますが、目を覚ましたまみずが卓也を庇います。それから、まみずと卓也は2人っきりになります。そこで、まみずは卓也に「もう来ないでほしい」と伝えます。「これが最後のお願いだよ」と付け加えます。その言葉を聞き、卓也は涙して病院から出て行きます。

 

映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレ-文化祭-

学校では文化祭の準備が進められていて、卓也のクラスは『ロミオとジュリエット』の劇をやることになっていました。

役決めの際に卓也は女性役のジュリエットに立候補しました。(それを見た彰はロミオ役に立候補します。)実はジュリエットを演じることはまみずのやりたい事リストに入っていました。最近卓也がまみずによく会いに行ってることを聞いていた彰は「お見舞いに行こう」と卓也を誘います。

しかし、一応病院へは行ってみたもののまみずの「もう会いに来ないで」という言葉を思い出した卓也は引き返して帰ってしまいます。その為、彰は1人でまみずのお見舞いに行きます。病室で、まみずは彰から卓也がジュリエット役になったことを聞きます。


 

本番当日、ジュリエット役の為に女装の格好をした卓也に電話が掛かってきます。まみずからの電話で、ジュリエット役をやることのお願いを覚えててくれたことに感謝されます。そのままテレビ電話をして、まみずは病院から劇を観ることになります。

しかし、まみずの容態が急変し、劇を途中までしか見れなくなっていました。卓也は急いで病院に向かうも会えず、病室には面会謝絶の札が貼られていました。途方に暮れていた卓也でしたが、病院から電話が来て、看護師さんからまみずが会いたがっていることが伝えられます。卓也は病院へ行き、病室から出てきた看護師さんからまみずについて「今は大丈夫だけど、もう何度も会える容態じゃない」と教えられます。

そして、病室で、卓也はまみずからやりたい事リストを作った理由を教えられます。病院に閉じ込められてただしぬのを待つだけなら、生きる理由をなくすためにリストを作りそれを実行して早くしにたいと思っていたようです。しかし、卓也と会ったせいで「今は生きたいと思うようになった」と話します。また、両思いであることを卓也に打ち明けました。

その日の夜、まみずから「会いたい」と連絡が来きます。そして、2人は月が見える病院の屋上で話すことにします。そこで、たくやはまみずから最後の代行を言われます。それは、まみずが亡くなった後に、卓也の生きる世界を、卓也の中に生きるまみずに伝えてほしいということでした。

2人がキスをしていると、まみずは月夜の中で発光していました。まみずがそのまま2週間輝いたのち、その光は消えたのでした。

 

映画『君は月夜に光り輝く』のラスト結末で明かされるまみず最後のお願い

君は月夜に

亡くなったまみずからのボイスメッセージが、卓也に届いていました。本当に最後のお願いが2つあり、1つ目は葬式にちゃんと出て欲しい・2つ目は自分が彼女だったことを皆に言ってほしいという内容でした。

卓也はまみずの葬式にきちんと出ます。そして、友達から「仲良かったの?」と聞かれたところで、周りに聞こえるようにまみずが自分の彼女だったことと打ち明けました。卓也はまみずと出会えたことで医師の道を選択肢、医学生になったのでした。

-ここで、映画『君は月夜に光り輝く』のあらすじとラスト結末までの詳細ネタバレは終わりです-

▼参考▼映画の続き「君は月夜に光り輝く +Fragments」を無料で試し読みするならeBookJapan▼

映画『君は月夜に光り輝く』の感想は見て良かった!評価は最高!

君は月夜に

映画『君は月夜に光り輝く』は予告にもある通り、不治の病になったヒロインの渡良瀬まみずはラスト結末には亡くなってしまいます。永野芽郁演じる渡良瀬まみずが亡くなるまでの北村匠海演じる岡田卓也との恋愛映画となっているのですが、それまでの過程は素晴らしくとても見入ってしまう仕上がりです。結末は分かっているものの、やはりラスト結末までじっくり感情移入して観られる映画でした。恋愛映画や感動映画が好きな方にはぜひ観てほしい作品です。

それでは、映画『君は月夜に光り輝く』の良かった部分について感想を一つ一つまとめて行きます。

 

映画『君は月夜に光り輝く』の感想その1:今後期待の若手俳優陣が素晴らしかった

映画『君は月夜に光り輝く』での感想でまず挙げたいのは、出演俳優陣の素晴らしさです。可愛い綺麗かっこいいというのはもちろんですが、演技力が高く、映画を観ていると見入ってしまってストーリーに没頭することができました。

2018年ブレイク女優ランキング1位にもなった永野芽郁さんは朝ドラ『半分、青い』で知名度を一気に上げ、最近ではドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』にも出演して話題になりました。また、岡田卓也役を演じた北村匠海さんは『君の膵臓をたべたい』で一気にブレイクし、映画『君は月夜に光り輝く』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。そして、香山彰役を演じた甲斐翔真さんは『仮面ライダーエグゼイド』でパラド役を好演し注目を浴び、以降、映画やテレビドラマで活躍しているイケメン俳優です。岡田鳴子役を演じた松本穂香さんはNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で主人公の同僚・澄子役で知った方も多いのではないでしょうか。平林リコ役を演じた今田美桜さんは“福岡で1番かわいい女の子”として話題になったあの子です!

若手俳優の方には棒演技が気になることも多いのですが、映画『君は月夜に光り輝く』では誰一人棒演技の俳優がおらず、本当に良作だという感想を持ちました。

内容の詰まった感動する恋愛映画なので、現実に戻ってきてしまう棒演技の方がいないのはありがたかったです。皆さんも、同じ感想を持つと思います。

 

映画『君は月夜に光り輝く』の感想その2:王道だが見入ってしまうシーンが数々ある

映画『君は月夜に光り輝く』は、ラスト結末で主人公の恋人であるヒロインが亡くなってしまう今やありきたりな純愛映画だと思う方もいると思います。それで「見なくていいや」となっていませんか?

しかし、映画『君は月夜に光り輝く』は、実際のところをラスト結末までの間に「亡くなるなんてそんな事はどうでもいいんだ」と思えしまう心動かされるシーンが数々あります。まみずというキャラクターの強さの中に隠れている弱さや脆さが見え隠れするシーンや、靴のサイズをさりげなく聞く卓也の胸きゅんシーンなどなどです!

しかも、まみずと卓也の妄想シーンはほとんどアドリブだったらしく、自然な演技が光っていたな、という感想を持ちました。映画『君は月夜に光り輝く』を見たら、自分の高校生時代の青春を思い出すこと間違いなしです。そして、「この映画を見て永野芽郁ちゃんと青春できた気分になった」という感想も持てるはず!更に、アドリブ演技なので素の永野芽郁さんと北村匠海さんが見れるから、より映画を楽しめるはずです。

映画『君は月夜に光り輝く』の感想その3:レアすぎるコスプレがイイ!

北村匠海が作中の劇で『ロミオとジュリエット』のジュリエット役を演じる為に女装をしている格好があります。かなり本格的に女装をしている為、いろいろ突っ込みたくなるようなシーンでもあります(笑)。北村匠海さんが女装しているなんて、他では見れないんじゃないでしょうか?

それと、もう1人コスプレしているのがメイド喫茶で働いてる平林リコ役を演じている今田美桜さんです。今田美桜のメイド服姿なんかは、もの凄い似合っていて可愛いです!「これだけで見る価値あった!」という感想も持ちました。

今田美桜さんのメイド服が『君は月夜に光り輝く』の公式Twitterで公開された際には「無理、かわいすぎて鼻血でる」「成仏しました」「みおちゃんツインテール安定に可愛い!!」などの反響あり、ニュースにもなっていました!

 

映画『君は月夜に光り輝く』の感想その4:素晴らしい名言の数々

君は月夜に

映画『君は月夜に光り輝く』の魅力の1つでもあるのが名言です。特に、自分が近いうちに亡くなることが分かっているまみずは印象に残る言葉を多く発していました。そレラの名言は心に響くものがありました。その中でも、今回私が印象に残った、という感想を持った名言を挙げて行きます。

「あなたのせいで、私はもう、生きたくてしょうがないの。」

こちらのセリフは予告でもありましたが、もの凄い印象に残っています。卓也に出会うまでは亡くなるのを待つだけ、生きる希望は持っていなかったのに、卓也と出会い生きる楽しみを見つけました。卓也にまみずの感情を真っ直ぐに伝えた言葉がこちらの名言です。

そして、その後でもう一つ印象に残る名言が出てきます。自分はもうすぐ亡くなってしまうから最後の代行として伝えた言葉です。

「あなたの中生き続ける私、生きる意味を教え続けてください。」

そもそもここのシーンはもう全部名言と言える名セリフなのですが、ここのシーンは、鳴子が亡くなった影響から生きることなくなることについて興味を持つようになった卓也が『これからも生きるよ』って強く思うところです。

映画を見た後にも思いますが、こういう名言を聞くと「生きよう」と思える作品です。他にも名言は数多くあるので、ぜひ映画『君は月夜に光り輝く』や原作小説をみて心に響く名言を探してみてください!

▼参考▼映画『君は月夜に光り輝く』を今すぐ無料で見ちゃおう!UーNEXT公式サイトはコチラ♪

映画『君は月夜に光り輝く』の原作との違いは鳴子や彰についての詳細

君は月夜に

映画『君は月夜に光り輝く』の映画と原作小説との違いはほとんどありません。結末ラストの部分も全て一緒です。

しかし、映画では卓弥の姉の鳴子のことや卓弥の友達の香山彰についての良いシーンがカットされていました。ということで、原作との違いと合わせてこれらの詳細を解説して行きます。ラスト結末までの流れは全く一緒ですが、映画では明かされなかった細かな設定が原作小説にはあります。

まず、出番の少なかった鳴子についてです。原作の終盤で「!?」となる部分があるのですが、卓也は鳴子のことが好きだったという部分があるんです。この好きが異性として好きのように書かれているんです。そして、映画では描かれなかったのですが、卓也がまみずに興味を持った理由は好きだった姉の鳴子に雰囲気が似ているから、というように原作小説では書かれています。

これに関しては、映画だけ見ていて原作小説を読んだら「エッ!?」となる方も多いでしょう。そこで原作に対しての評価が下がりそうな気もしますが…。もし映画の素晴らしい思い出で十分だと感想を持った方は原作小説は読まずに終えてくださいね。ただ、私は違いはありますが原作小説がおすすめです。

次に、これまた深掘りされなかった香山彰についてです。原作小説では、香山は卓也にとって友達というよりは恩人的な人です。卓也は中学生時代にいじめられていて、それを助けてくれたのが香山でした。

で、この香山ですが、映画では描かれなかったですが凄いチャラ男キャラです。まみずを気になったのも入学試験の時に体調が悪かった香山に対して声を掛け気気遣ってくれたからでした。彰には何人も女がいたのですが、まみずに告白する為にどんどん女性関係を切って行きます。その女性の中には卓也の担任の先生もいたりします。

映画ではこの描写がなかったので、彰が良い人キャラのまま終わっていたと思います。原作小説を比べると、かなり違いますよね。

そして、原作小説での一番良いところは、病院の屋上で飛び降りてしんだらどうなるのかを、卓也がまみずに教えるところです。残念ながら映画では原作小説のこのシーンはな買ったですが、「この部分に関しては入れて欲しかった」という原作ファンの感想はけっこう見かけました。

他にも卓也の良いシーンがあって、スノードームをまみずの父から貰った本を見て直したり、亀を飼って持っていったりというところが原作小説では書かれていました。映画で描かれなかった原作の良いところもいっぱいあるんですよ!

映画も感動できますが、私はそれ以上に原作小説が良いと思いました。映画を見た後でも見る前でも勧めたい本なので、ぜひ読んで欲しいです。小説では、『その後』を描いた『君は月夜に光り輝く+Fragments』も出ています。興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

▼参考▼今だけ無料試し読みできる!ebookjapanで映画「君は月夜に光り輝く」の続きである「+Fragments」を読むならコチラ▼

映画『君は月夜に光り輝く』を今すぐ観るなら!

君は月夜に

映画『君は月夜に光り輝く』は好きな人が不治の病というベタな映画とは思わず、とりあえず見てほしい作品です。予想できる展開でも最後まで見入ってしまう映画です。特に卓也のプレゼントをあげるシーンなんて、あんなの絶対惚れる!っていうシーンですね。主題歌もSEKAI NO OWARIの新曲の「蜜の月 –for the film-」でダブルで泣けるんじゃないかなと思います。出演キャストの方々は日本映画で羽ばたいていくことが期待できます。

そして、映画『君は月夜に光り輝く』のネタバレを見てたら、実際に映画を鑑賞してみたくなりますよね!

そこで、好きな映画のフル動画を鑑賞するのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、映画『君は月夜に光り輝く』600ポイントを使って無料ですぐに鑑賞することができます。1ヶ月以内に解約すれば、無料で映画を鑑賞することができるわけです。

ですが、ユーネクストは作品数が他と比べて圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番おすすめの動画配信サービスです。huluの約3倍の140,000作品程を配信しています。私は継続使いしてユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVD借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、映画『君は月夜に光り輝く』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

▼週末に最高の時間を!無料で映画「君の名は。」を今すぐ観るならコチラ▼

▼原作が面白い!映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA