CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

猫の恩返しがジブリじゃないと言われる理由を解説!登場人物・キャラクターやあらすじ感想評価【ネタバレ含む口コミ評判レビュー】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2002年7月20日公開の『猫の恩返し』。

『ギブリーズ episode2』というスタジオジブリの短編アニメーションと同時公開されました。今作は同じジブリ作品の『耳をすませば』の主人公である月島雫書いた物語というスピンオフ作品でもあります。

余談ですが、映画時間が75分と比較的に短い長編映画で、テレビ放送される際はCM本数が多いことでも今作は有名です。また、主題歌の「風になる」は権利上の都合により、テレビ放送された際はエンディングがカットされるものとなっています。

映画『猫の恩返し』の口コミ評判レビューには、

  • いい意味でジブリらしくないジブリ作品
  • 子供はもちろん大人もほんわか安心して見れる映画
  • この作品の魅力は適度にユルく、分かりやすいキャラ設定
  • 楽曲もとても映画の雰囲気とマッチしていてとても素晴らしい
  • 思い切りファンタジーで、比較的短くテンポの良い作品
  • 簡単な伏線回収もあり飽きは来ない内容
  • バロンがかっこよかった!!
  • いつものジブリの絵と違い、新鮮さがあった

という声が多数集まっています。

映画「猫の恩返し」をこの順番にチェック
  • 『猫の恩返し』がジブリじゃないと言われる点について考察
  • 猫の恩返しの登場人物・キャラクター
  • 猫の恩返しのあらすじ
  • 猫の恩返しの感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

 

『猫の恩返し』がジブリじゃないと言われる点について考察

「猫の恩返し」はジブリ映画の中でも異例ずくめの作品です。そもそも、この作品は最初から長編映画として企画されたものではありません。事の始まりは、企業からのテーマパークのイメージキャクター作成依頼でした。

企業は猫のキャラクターを希望しており、「耳をすませば」のムタを気に入って、そのショートフィルムも作ることになりました。そこで宮崎駿氏は「耳をすませば」原作者の柊あおい氏にそのフィルムの原作を依頼します。

当初、宮崎駿氏が想定していたものは、バロンが探偵として、ムタがその相棒として活躍する「名探偵ホームズ」のような作品でしたが、柊あおいは猫の国の設定を盛り込んだ思いのほかボリュームのある物語を完成させました。

それが後に「猫の恩返し」の原作コミックとなる「バロン 猫の男爵」です。

しかし、予定と違う内容の長編になってしまったことと合わせて、その後テーマパークの企画自体が立ち消えになってしまったことで、ショートフィルムではなく長編映画化することになりました。

ただ、その時期のスタジオジブリは「千と千尋の神隠し」を制作中で多忙を極めていたため、監督は宮崎駿氏でなく若手の森田宏幸氏が抜擢されたのです。また、外部のアニメスタジオへ業務委託した部分も多かったようです。

このように「猫の恩返し」は、宮崎駿氏も高畑勲氏も関わらない初のジブリ作品となりました。

そのため、宮崎駿氏が監督でないものの脚本と絵コンテを担当した「耳をすませば」とも違い、いわゆる「ジブリ絵」ではありませんし、森田監督もこれまでのジブリ作品との差別化を図っています。

さらに、基本的に続編を作らないジブリにとって、「耳をすませば」のスピンオフ的作品となったこともかつてないことでした。そういった他のジブリ作品との違いが多いことから、「猫の恩返し」はジブリ作品ではないとの意見が出るのではないかと思います。

しかし、「猫の恩返し」はまぎれもなくスタジオジブリ制作の映画です。

雰囲気は確かに他作品と違うけれども、これまでになくほのぼのして見れる作風で、ジブリの世界に広がりをもたらした作品と言えるのではないでしょうか。

猫の恩返しの登場人物・キャラクター

吉岡ハル

ごく普通の日常生活を送る女子高生。遅刻癖があるようで、母親からは「目覚ましかけるだけ無駄」と言われる程です。

さらに、走っていて靴が脱げてしまったり、2回もコーンバーに足を引っかけて転んだり、タイトルバックでは飛んできたボールに当たったりとドジな描写が目立ちます。

しかし、トラックに轢かれそうなルーンをとっさに救う判断力や正義感の持ち主であり、幼い頃には、お腹を空かせたユキに持っていたクッキーを全て与えるなど、その優しさがうかがえます。

猫の言葉が分かる能力(本人は自覚していない)がありますが、基本的にはどこにでもいる普通の少女です。

その設定には森田宏幸監督の意向が大きく反映されており、これまでのジブリ作品の主人公と差別化が図られました。例えば、ジブリ作品に多い小さくて芯の強い少女に比べ、ハルは長身のスラッとした体型で、深く考えず流されやすいタイプです。

また、監督は主人公の飛躍的成長は不自然としており、ハルはラストで少しだけ成長を見せますが、極めて等身大の現代的な少女として描かれています。

バロン(男爵)

本名はフンベルト・フォン・ジッキンゲン。

もともとはジブリ作品「耳をすませば」に登場したキャラクターです。

本作は「耳をすませば」の主人公月島雫が後に書いた小説という設定であり、原作者も同じ柊あおいなので、バロンとムタが共通して登場しています。

30cmほどの人形ではありますが、製作者の想いが込められているために心が宿っています。

猫の事務所(本編に名前は出ていませんが実は「耳をすませば」の地球屋です)の所長にして、男爵と言うだけあって、紳士的な物腰と立ち居振る舞いが特徴です。

さらには剣術の腕も立ち、猫の国の兵士数人を瞬時に倒したり、一太刀で猫王の毛を刈り取ってしまいました。その言動に惚れこんだハルは別れ際に好意を告げ、その後もバロンを真似て特製ブレンドの紅茶を淹れる等の影響を受けています。

ムタ

本名はルナルド・ムーン。「耳をすませば」登場時もムーンやムタと呼ばれていました。

ハルがムタに案内されて猫の事務所に辿り着くのは、同作でのムタが月島雫を地球屋へ導いたシーンへのオマージュと思われます。その姿は、「耳をすませば」に比べると随分と巨体になりました。

口が悪く無愛想ですが、最終的にはハルに力を貸してくれる人の良さがあります。ムタもまた怪力で猫の国の兵士をものともしませんでしたが、それもそのはず、ムタはかつて猫の国の魚を全て食べ尽くして恐れられた伝説(壁画になるほど)の大犯罪者だったのです。

年齢についても通常では考えられないほど長生きしているようです。

ただ、甘いものには目がないようで、猫の国でふるまわれた巨大なマタタビゼリーの容器の中に入り込んで身動きがとれなくなったりもしています。

トト

バロン同様に心が宿ったカラスの石像で、夕暮れとともに動きだします。ムタとはケンカばかりしていても、ハルの危機には協力して救出に向かいました。

また、ムタに「鳥目」とバカにされているように夜目が利かず、事務所に猫たちの侵入を許してしまいます。

たくさんの仲間がおり、ハルたちが元の世界に戻って上空から落下するところを、カラスたちで地上への階段を作って救いました。

猫王

猫の国の王様なので、とにかく自己中心的です。

息子のルーン王子のことは溺愛しているらしく、良かれと思って暴走し、恩人のハルと勝手に婚姻させてしまおうとしました。ハルたちに逃げられそうになると最後の手段として塔を爆破してしまう等、目的のためなら手段を選ばない強引さがあります。

また、ルーンがユキと結婚することを知るや、ハルに自分の妃となるよう迫る節操の無さに、ハルからは「変態猫」と罵られました。剣の腕はそれほどでもなく、バロンに一騎打ちを挑むもボロ負けして醜態を晒し、最後は引退を決意します。

ルーン

父に似ず、真面目な常識人。

ユキにプロポーズするため、彼女の好きなクッキーを入手しに人間の世界を訪れたところ、トラックに轢かれそうになり、ハルに助けられました。そのため終盤では父である猫王に反抗し、命の恩人のハルに協力します。

容姿については、オッドアイ(左右の目の色が違う)は猫王と一緒ですが、親子でありながら、猫王の猫種がペルシャなのに対し、ルーンはロシアンブルーのような容貌です。

ユキ

かつて孤児となり空腹に苦しんでいたところを、ハルに大量のクッキーをもらって救われた白猫。

猫の国では城の給仕をしており、ハルたちの逃走を手助けします。ハルに猫の事務所を訪ねるよう導いた声の主もユキでした。

原作となるコミック「バロン ~猫の男爵~」では、もともとハルの飼い猫で、既に事故で死亡しているために、死後の世界である猫の国で再会を果たしています。

そのためなのか、ユキはどこか愁いを帯びた表情です。

猫の恩返しのあらすじ


以下、映画「猫の恩返し」のあらすじです。

猫の恩返しのあらすじ|猫の国への招待

ごく平凡な女子高生の吉岡ハルが、車に轢かれそうなところを救った一匹の猫、それは不思議な猫の国のルーン王子でした。

ハルは猫王によって、その王子と強引に結婚させられそうになります。困ったハルは謎の声に導かれ、太った猫ムタの案内で猫の事務所を訪ねます。

すると、そこで出会った猫の男爵バロンとカラスのトトが、ハルのために2人で猫の国へ直談判に行ってくれることになりました。しかし、猫王の使いが突然事務所に現れ、ハルは連れ去られてしまいます。ハルを助けるために、バロン、ムタ、トトたちも後を追って猫の国へ向かいます。

猫の恩返しのあらすじ|鮮やかな脱出劇

ハルの姿は猫の国に来たことで猫化してしまいます。城ではルーン王子が不在のまま、早くもハルとの結婚の祝宴が開かれました。

そこに変装したバロンが現れハルを連れ出し、給仕猫のユキの助けもあって2人は城の外へと脱出します。ムタも怪力でひと暴れすると2人に合流し、一同は元の世界へと通じる塔へと進んでいきました。

猫の恩返しのあらすじ|ルーン王子の発表

追手の兵士たちを軽々と倒すバロンとムタ。塔へと続く迷路の仕掛けも破り、ハルたちは順調に塔を登っていきます。ところが、業を煮やした猫王が奥の手として塔を爆破してしまいました。

窮地に陥ったハルたちですが、そこにユキの知らせを聞いたルーン王子が駆けつけ、ある重大な発表をします。その重大な発表とは、、?

結末を知りたい方は実際に映画を見てみることをおすすめします。

以上、「猫の恩返し」のあらすじでした。

猫の恩返しの感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)


以下、映画「猫の恩返し」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

猫の恩返しの感想評価(ネタバレ含む)|等身大の少女の小さな冒険

ルーン王子は給仕のユキとの結婚を宣言します。実はハルを妃に迎えたいというのは、猫王の独断によるものでした。さらにユキは、かつて幼いハルがクッキーを与えて救った猫だったのです。

ハルに猫の事務所へ行くよう呼びかけた謎の声の主もユキでした。そこでハルは気付くのです。お節介を焼いたせいで大変な目にあってしまった、と一時は思ったけれど、猫を救ったことは間違いではなかったと。

そして、今まで迷ったり苦しんだりしたことも大切な自分の時間だと理解したのです。

その後、ハルたちはルーン王子と近衛兵が加勢してくれたおかげで、塔の頂上から元の世界へと戻れましたが、この作品の肝はこのシーンにこそあると思います。

「自分の時間を生きる」ことは、劇中で何度も触れられているように、本作の重要なテーマであると考えられます。バロンはハルに、自分の時間をしっかりと生きられれば何も恐れることはない、自分を見失うな、と度々忠告していました。

ハルは最初こそ日常の悩みのせいで、猫になってのんびり暮らすのも良いのではないかと思っていましたが、猫の国での冒険を通じて、バロンの言葉の意味を理解することができました。

ただ、本作の面白いところは、ハルは飽くまで普通の女子高生で、猫の国でも決して英雄的活躍をするわけでなく、その不思議な体験によって少しだけ成長する点です。

元の世界に戻ったハルは劇的に変わったりはしませんが、バロンに会って真の男らしさを知ったことで片思いの男子について吹っ切れたり、バロンの真似をして紅茶を淹れてみたり、早起きできるようになったりしていました。

思えばハルは、ジブリ映画の主人公では異例の等身大の少女です。

その悩みも、朝起きるのが苦手とか、好きな男子には既に相手がいたなどの日常のささやかなもので、ファンタジーな物語ではありますがシリアスな展開はありません。

そこにリアリティが感じられ、見る側も親近感を抱き、自己を投影しやすくなっているのではないでしょうか。何となく流されて生きている者にとって、バロンの言葉は響くものがありました。

また、本作に流れる独特のゆるやかな空気も魅力です。深刻な物語ではないですし、悪役に相当する猫王や秘書にしても、少し暴走気味なだけで、間が抜けていて憎めなかったりします。

全体的にほのぼのしており、劇的な展開や大きな感動はありませんが、誰しも鑑賞後は爽やかな気分になっていることでしょう。

口コミ評判レビュー「最後のシーンに感動」「何百回も観ていますが、飽きません」

『猫の恩返し』の口コミ評判レビューには、「猫のキャラクターがたくさん登場するので、猫好きの方にもおすすめの作品」「エンディングに流れる、つじあやのさんの曲も作品の世界観になじんでいて良かった」「耳をすませばのバロンが活躍するのもジブリファンしては熱い展開」「ファンタジーらしい展開でエンターテイメントをしっかり楽しむことができる」という評判が多い印象です。

★★★★☆星4

宮崎駿作品ではない、ジブリ作品。人物の顔など、見慣れたジブリ作品とは少し異なりました。制服を着た高校生の女の子が主人公、というのも他ジブリ作品にはない設定ですよね!

内容をみていると「猫の恩返し」から7年前のジブリ作品、「耳をすませば」とつながっている…!というのが興奮ポイント。が、いまいちストーリーは心に残らず大ヒットとはいえなかったのではないでしょうか。

「猫の恩返し」といえば?と聞かれれば、間違いなく主題歌の「風になる」が思い浮かびます。つじあやのさんの歌声と、歌詞、そして映像がマッチして爽やかな女子高生の日常にぴったりの曲で大好きです。

声優さんはどこかで聞いたような…?という感じですが主人公は女優の池脇千鶴さんでした。

20代女性

★★★★★星5

良い作品です。自分自身、DVDを購入して今でも観たりします。本当に良い作品でキャラクター1人1人個性的で、魅力のあるキャラばかりです。

ストーリーも良いですし、ハルとムタとの出会いも見所の1つで、ハルとユキが猫の国で、再会するんですがハルが昔、ボロボロの猫にお魚のクッキーをあげていたんですが、その猫がユキだった。観ていて、全身が良い意味でゾワゾワとして、心がほっこりしました。

男爵とハルが出会うシーンも魅力的で、BGMとシーンが合わさる事によって、躍動感と迫力が画面越しから全身に伝わって来ました。一番好きなシーンは、ハルが猫の国に連れて行かれて、ハルをルーンと結婚させようとして、ハルにドレスを着させて、会場で様々な芸等やるんですが、ハルは、無関心で猫王が怒鳴ったら、そこに仮面を付けた猫が現れて、ハルと踊るシーンが好きですね。

男爵がカッコいいですし、ハルを助ける為来たというのがまた良い。最後のシーンも感動しますし、男爵の別れ方もカッコいいですが、ムタは、ムタで、面白いままでした。

主題歌もほのぼのする曲で、聴いていて、心が落ち着きます。見所満載で、自分は、何百回も観ていますが、飽きませんし、観ていて、楽しい気持ちになります。

20代女性

★★★★☆星4

映画『猫の恩返し』は、主人公である女の子ハルちゃんが、助けたネコのお礼に猫の国の王子ルーンのお妃にさせられてしまいそうになる物語です。

猫の国はハルちゃんをお妃として歓迎しようと色々なお祝いをする一方、ハルちゃんはまず猫の国自体に驚き、おどおどしている様子がとても可愛らしくて好きです。

ハルちゃんは、猫の国から早く逃げ出したい、猫の国のお妃になるなんてとんでもないと思っていながらも、いきなり拒否態度をとるわけでもなく、ただただ慌てふためく様子は、謙虚なところのある日本の女の子の文化をとてもよく反映していると思いました。

物語の終盤の方で、バロンが本当にハルにとっての王子かのごとく助けてくれるシーンがとても好きです。

また、自分の危機を救ってくれたのは過去に自分が助けた猫ユキちゃんであったという事実は、災いも、いいことも含めて全てこの世の事象は猫の恩返しのうちの一つに過ぎないのかなと、非常に感慨深い思いにもさせられました。

30代女性

★★★★☆星4

映画「猫の恩返し」は、ジブリ作品の中でもかなり賛否両論分かれる作品となっています。ホーホケキョ隣の山田くんと一緒にされていた作品です。

猫と人間を組み合わせるというジブリの世界観ではなかなかないファンタジー溢れる世界観となっています。

少女が助けた猫のお父様に気に入られることで、結婚を強いられますが、なかなか猫になる決意をできない少女とそれを助けるバロンという猫の物語です。

ジブリの世界観ではなかなか違うなとか、ジブリにこれは求めていないんだよなという感想も多かったと聞きました。個人的には、あの独特な世界観とジブリならではの挿絵がとても魅力的に感じました。

猫好きにはもってのほかの作品だと思います。

20代女性

★★★★★星5

これぞまさしく猫ちゃん好きのために作られた至高の猫ちゃん天国だなというのが率直な感想です。心から猫ちゃんを愛するものであれば夢のようなひとときを作品から与えられること請け合いであり、自分もまた何とも言えない至福を噛み締める思いでいました。

そして、何においてもバロン様のかっこよさに胸の高鳴りは最高潮にまで達し、それと同時に「愛くるしいはずの猫ちゃんに自分は甘美なる恋情を抱いているだなんて」と激しく動揺してしまいました。

ハルちゃんのピンチに駆けつけ、手を取って美しくダンスを踊っているシーンの気品溢れる趣には惚れ惚れせざるを得なかったです。正直、ハルちゃんに対して嫉妬心なるものを覚えたくらいであり、自分のバロン様への想いがより深くて大きいものに形を変えることとなりました。

30代女性

★★★★☆星4

ジブリの中ではあまり目立たない方の映画ではありますが、耳をすませばともつながった世界観の王道ファンタジーで、出てくる登場人物や動物もとっても可愛くて見ごたえたっぷりです。

猫を助けてから猫男爵バロンに誘われ、居心地の良い猫の世界にどっぷり浸る主人公のハル。もう猫になってしまってもいいかなと思うにつれて姿も猫化していく姿や、逆に人間のようにふるまう猫たちのしっかりした姿が可愛いです。

最終的に脱出しようと多くの仲間と模索しながら健闘する流れは、ファンタジーらしい展開でエンターテイメントをしっかり楽しむことができます。

耳をすませばのバロンが活躍するのもジブリファンしては熱い展開ですし、主題歌の奥はなこさんの声も癒やされます。

40代女性

★★★★★星5

この映画は私が小学3年生の時に母と映画館で観たジブリ作品です。猫好きの私、作品の名前とジブリ映画ということで惹かれました。

猫の男爵がイケメンで、小学生の私はこの男爵に恋をしたものです。はて、どこかで見たことがある…と思っていた所、同じくジブリ作品『耳をすませば』に出てきていた彼ではありませんか。この映画を見ると、『耳をすませば』も観たくなりますね。

猫の男爵もさながら、主人公ハルと彼を引き合わせた猫のムタさんも魅力的です。あのむっちりボディがたまりません。その他、主人公が猫の国へ導かれるきっかけとなった猫たち等、個性豊かなキャラクターがたくさん。

また、主人公のハルは女子高生で、小学生だった私は女子高生の主人公に憧れたものです。猫の国から人間の世界へ戻った後のシーンはなんともロマンチック。

小学生の夏の思い出です。ぜひ親子で観て頂きたい作品です。

20代女性

★★★★★星5

このアニメ映画は、過去作品の「耳をすませば」の主人公が小説家になり、書いた作品という設定なので、おなじみのキャラクターや懐かしい音楽があり、とても楽しめました。

現代の日本に暮らす女子高生の主人公が、猫を助けたことをキッカケにファンタジーの世界へ行き、成長する姿を描いたストーリーになっています。当時の若手スタッフを中心に作られたジブリ作品ということで、いつものジブリの絵とちがい、新鮮さがあります。

そして、タイトルにあるように猫のキャラクターがたくさん登場するので、猫好きの方にもおすすめの作品です。エンディングに流れる、つじあやのさんの曲も作品の世界観になじんでいるので、ぜひ最後まで見てもらいたいです!

30代女性

*映画「猫の恩返し」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼ジブリ映画作品の特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA