CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画『母性』のキャスト相関図!解説考察やあらすじネタバレ感想評価

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2022年11月23日公開の映画『母性』。

『告白』や『白ゆき姫殺人事件』など、数々の作品が映画化されてきた湊かなえの原作小説を映画化した作品です。

主演の母親役に戸田恵梨香、娘役には永野芽郁で、それぞれの違う視点から描かれるミステリー作品となっています。

映画『母性』の口コミ評判レビューには、

  • 永遠に娘でいたい母が気持ち悪かった
  • 何が真実なのか分からなかった
  • 母として観るか、娘として観るかで印象がずいぶん変わる
  • THE湊かなえ作品!だと感じた
  • 単調な物語が好きでない人には退屈な映画
  • 自分がどの立場で観るかによって、感じ方が全く違くなる
  • それぞれに見えている真実は真逆で衝撃を受けた
  • 「母性」とは…と考えさせられた

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 映画『母性』のキャスト相関図
  • 映画『母性』の解説考察|どちらが真実なのか?母と娘で食い違う視点について
  • 映画『母性』のあらすじ
  • 映画『母性』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も映画『母性』を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「母性」を観るならコチラ▼

映画『母性』のキャスト相関図

まずは、映画『母性』のキャスト相関図からまとめてみました。

映画『母性』のキャスト相関図は、このようになっています。

 

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2023年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

映画『母性』の解説考察|どちらが真実なのか?母と娘で食い違う視点について

映画『母性』では、母であるルミ子と娘である清佳のそれぞれの視点で描かれており、ところどころ両者の視点が食い違っています。

いったいどちらが真実なのかということについて解説考察します。

管理人

「母性」はさまざまな母と娘の関係、その間にある愛情について描いた物語です

母と娘のそれぞれの視点で描かれた物語は、それぞれの視点によって異なる内容となっていました。

果たして、一体どちらに視点で描かれたものが真実なのか?ということについては、実際に起こった事実は何かは不明ではあります。

しかし、それぞれにとっては「どちらも真実」だったのではないかと思います

ちなみに、原作でもどちらの視点が真実なのかは明らかになっていません。

管理人

その理由は「映画の構成と表現」、「2人の愛情のすれ違いと精神状態」の2点です

「映画の構成と表現」ですが、映画では”母の真実”、”娘の真実”、”母と娘の真実”という3部に分けて描かれています。

どちらも「真実」と表現もされているので、それぞれにとっては真実だったのではないでしょうか。

次に「2人の愛情のすれ違いと精神状態」についてです。

メインの母と娘であるルミ子と清佳についてはお互いに愛情のすれ違いがありました。

ルミ子は自らの母を深く愛しており、娘については愛さなければならない、愛していると思っていながらも上手く愛せていない様子でした。

清佳については母の愛情を求めていながらも、その愛を十分に受けることが出来ませんでした。

その結果時に過剰に見えるほどの正義感を振りかざしたり、自分のすばらしい行いを誇張して母に報告するなど、人格形成にも影響があるように見受けられました。

すれ違いや精神状態などから、それぞれ自分の都合の良いようにとらえ、記憶している可能性もあると考えられます。

2人の視点を通してでは、実際に起こったことを正確に知ることは難しいのではないでしょうか。

管理人

以上のように、映画としての描かれ方や、2人の想いや精神状態を踏まえると、どちらの視点にもそれぞれの思い込みや願望などが含まれており、実際に起こったことや言動が何であったのかを知ることは困難であると考えられます。

そして、それぞれにとってそれぞれの「真実」があったのでしょう。

『母性』のあらすじ

以下、映画「母性」のあらすじです。

『母性』のあらすじ|母と娘の関係

ある日、女子高生が自ら命を絶ったニュースが流れていました。

教師の清佳はそれを見て自分の過去を思い出します。

一方、清佳の母のルミ子は教会で自分の過去や娘への愛について語っていました。

ルミ子は母の深い愛情受けて育ちました。

絵画教室で夫となる哲史と出会い、結婚することとなりますが、哲史の母の態度は厳しく、大人に好かれてきたルミ子は苦戦しました。

森の中の一軒家で結婚生活が始まりました。

夫は料理をしても褒めてくれませんが、教えてくれ、褒めてくれる母のためにルミ子は頑張ります。

その後ルミ子は妊娠しました。

自分のお腹に生命が宿っていて、これから出てくることをおぞましく感じましが、母が喜んでくれるため、出産します。

『母性』のあらすじ|母と娘の転換点

ルミ子は娘の清佳を礼儀正しい子に育てようとします。

これまで厳しかった義母にも清佳のことを褒められるほどでした。

しかし、ルミ子の実母に失礼だとルミ子が感じるような言動をすると陰で厳しくりつけるような一面もありました。

ある日、火事で清佳を助けようとしたルミ子の母が死亡します。

ルミ子は最後まで娘ではなく母を助けようとしました。

そしてルミ子たちは夫の哲史の実家で暮らすことになります。

『母性』のあらすじ|それぞれの母と娘

実母を失ったルミ子は義母にとっての良い娘でいようとするも、これまで受けたことのないような扱いを受け、娘や夫との関係も一層悪くなっていきます。

そんな中、夫の妹の律子が怪しい男との結婚を考えるようになります。

心配した家族は律子を自室に閉じ込め、清佳に見張らせました。

しかし清佳が協力し、律子は逃げ出します。

ルミ子の義母は狂い、そのことがきっかけでルミ子と清佳はケンカをし、清佳は家を飛び出してしまいます。

そして清佳は、父の不倫現場を目撃します。

その時、祖母が自分のせいで死んだと聞かされ、家に帰って母ルミ子にそのことを話します。

母ルミ子は清佳を抱きしめました。

以上、「母性」のあらすじでした。

果たして、清佳とルミ子がどうなるのか?

冒頭の事件と清佳とはどんな繋がりがあるのか?

続きを知りたい方は、実際に映画を見てみることをおすすめします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「母性」を今すぐ観たいあなたはコチラ▼

『母性』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「母性」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|母娘の愛を描いた人間ドラマ

『母性』は現在は教師をしている清佳と、娘を愛してきたという母ルミ子との母娘の関係性を描いた物語です。

母の深い愛情を受けて育ってきたルミ子は常に自分の母を優先し、母に褒められるような行動をとってきました。

娘の清佳のことも礼儀正しい子に育てようと努めました。

しかしルミ子の母が亡くなったことで生活は大きく変わり、義母の家で肩身の狭い思いをしながら過ごし、母と娘の関係も思わしくなくなっていきました。

また、娘の清佳と母のルミ子では、それぞれ自分たちの関係性やルミ子から清佳への愛情について、感じ方が異なっています

同じ場面をそれぞれの視点で描き、その違いを示すなど、人の感情や見え方について考えさせられる物語です。

管理人

祖母の死の真相についての話をした時、母ルミ子は清佳を抱きしめたと、ルミ子の視点では描かれていました。

しかし、実際にはルミ子は清佳の首を絞めていたのです。

その後の清佳は自宅の庭で自ら命を絶とうとするも失敗して、家族に発見されました。

冒頭の女子高生のように、清佳はかつて自ら命を絶とうとしたことがあったのです。

管理人

場面は現代に戻り、冒頭の女子高生の自ら命を絶った事件について清佳は同僚と語っていました。

その内容は、女には、娘か母親かの2種類いるということと、母性についてです

その帰り道、清佳は自らが妊娠したことを電話で母ルミ子に伝えます。

時を経て献身的に義母の介護をするルミ子が、清佳の妊娠の話を聞いて嬉しそうに微笑む場面でで物語は終わります。

映画『母性』は、母と娘の愛情、母性について描いた作品であり、母と娘のそれぞれの視点で描かれています。

管理人

映画『母性』で特に魅力的だと感じた点は「それぞれの母娘の関係性の違い」と「異なる視点から物語が描かれているところ」です。

それぞれの母娘の関係性の違い

まずは1点目の「それぞれの母娘の関係性の違い」についてです

映画『母性』には、ルミ子と清佳、ルミ子と実母、ルミ子と義母をはじめとする母娘がでてきます。

このそれぞれの関係が異なっておもしろく感じました。

管理人

ルミ子と清佳は、ルミ子は娘を愛さなければ、清佳は母に愛されたいという思いがあるもののなかなかうまくいかない母娘でした。

次の点でも触れる、2人それぞれの視点から描かれていることにもそのすれ違いや見え方の違いが表れています。

しかし、物語の最後では、関係性が改善されている様子もうかがうことが出来ました。

ルミ子と実母については、最も良好に見える母と娘でした。

特に、ルミ子の結婚前までは実母はルミ子を愛情たっぷりに育て、ルミ子も母の自慢の娘であろうとふるまい、非常に仲も良かったです。

管理人

しかし、清佳が生まれてからは、ルミ子の実母は孫である清佳にもたっぷりと愛情を注ぎました。

一方でルミ子は娘としての気持ちが強いままで、実母に褒められることや実母の存在を第一に考えている様子が見えました。

火事で清佳とルミ子の実母が家具の下敷きになってしまった時のやりとりにも、2人の考え方や見え方の違いが表れていました。

清佳を助けようとするルミ子の実母と、実母を助けることに必死なルミ子の対比は印象的でした。

管理人

ルミ子と義母については物語の大半は険悪な関係でした。

ルミ子はあくまでも良い娘でいようと接していましたが、義母はルミ子を受け入れず、辛く当たることが多かったです。

しかし物語の最後、病んでしまった義母と献身的に世話をするルミ子が描かれています。

義母が大事にしていた実の娘とルミ子を間違えているということもあるかと思いますが、長い時を経てゆっくりと母娘になっていった様子も伺えました。

管理人

このように様々な形の母娘関係性があるということと、母性とは何かということや、その母性を持った女性と、いつまでも娘でいたい女性の存在といった様々なことを考えることができました。

異なる視点から物語が描かれているところ

次に2点目の「異なる視点から物語が描かれているところ」についてです

映画『母性』はルミ子と清佳の関係性をそれぞれの視点から描いた物語が中心となっています。

同じ場面でもそれぞれの見え方、感じ方が異なるということが非常に興味深かったです。

当然と言えば当然ですが、ルミ子と清佳の場合はお互いが母の愛情を追い求めていたことなどからすれ違いが起こっており、余計にはっきりと違う見え方になっていることが多くなっているようでした。

特に象徴的なのは終盤の、ルミ子は「娘を抱きしめた」と記憶しているが、清佳は「首を絞められた」と記憶しているという場面です。

娘を愛していると思い込もうとしているルミ子と、ルミ子の愛情を欲してきたもののやはり愛されていないのだと感じた清佳だからこそ生まれた認識の違いなのでしょう。

本当にそれぞれがどう思って、事実がどうだったのかは定かではないですが、観た人が考えられる余地があったのも良い点だと思います。

管理人

以上のように『母性』はさまざまな母と娘の関係、その間にある愛情について描いた物語です。

たしかにルミ子は極端ではありますが、親を大事に思い、褒められたいというのは誰しもあることでしょう。

また他の登場人物や、それぞれの母と娘の形にどこか共感できるところもあると思います。

改めて家族、特に親子の愛情について考えることのできる作品です。

映画『母性』のみんなの口コミ評判レビュー

映画『母性』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「湊かなえ作品なので、もっと後味の悪い終わり方を期待していましたが、期待はずれ」「自分の母性について、親子のあり方について考えさせられる映画」「原作の面白みに、映像のシャープさが加わって、良い具合の化学反応」「真逆の行動でも結局、どちらの行動もそれぞれにとっては真実なのだと思った」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

ベストセラー作家の湊かなえ先生の「母性」を読んで、映画の方も気になったので見ました。

一番印象に残ったのは、戸田恵梨香さん演じる母親です。 理由はスーパーがつくほどのマザコンだからです。 普通のマザコンのはるか上を行くスーパーマザコンの母親がすごかったです。

自分の娘が、母親(母親の母)と仲良くしている様子を見て、ホラー映画に出れるくらいの怖い顔でにらんでいるので、スーパーマザコンのすごさが分かりました。 ストーリーは母と娘の視点が変わりながら、人生のイベントが起こっていくというものです。 怖いと思ったのは、母と娘でとらえ方が違うことです。

同じ出来事でも母は「だきしめた」と言い、娘は「首をしめられた」という感じで食い違っているのが怖かったです。 原作を読んだ上で見ましたが同じストーリーにも関わらず楽しめました。

口コミ協力:けんとの映画ブログ

男性

★★★☆☆星3

湊かなえさんの小説を映画化したミステリー映画です。

湊かなえミステリーの多くは、家族というミニマムな関係からのほころびや矛盾を描くことが多いですが、映画『母性』もまさにそうです。

タイトル通り、「母性」の認識や捉え方の違いから大きな悲劇が起きてきます。

女子高生の謎の死、そこから見えてくるものは何か、同じ出来事でも、娘が語る物語と母親が思っている物語では全く異なってきます。

ここらへんのアプローチは、黒澤明の世界的名作「羅生門」を想起させます

女優さんを見るのもこの映画の見どころです。永野芽郁さん、戸田恵梨香さんの悲壮感に満ちた表情も気になります。

その他、高畑淳子さんや大地真央さんの怪演もゾッとして、楽しいです。

50代女性

★★★★★星5

見終わってまず”THE湊かなえ作品”!だと感じました。

母親だから当たり前に「こうなる」だろう、という枠を吹き飛ばしてしまうほどのルミ子(戸田恵梨香)のキャラクター構築が凄くて、その表情や一挙手一投足が衝撃的でした。

「愛する」よりも、「愛されたい」欲がめちゃめちゃ強くて、いつまでたっても「娘でありたい」と思うことが全てだった、というルミ子。

でも、自分が生んだ(産んでしまった)清佳は厳然として目の前におり、彼女は一つの人格を持って成長しているわけで、二人の間にある”愛情”の齟齬が悲劇的なすれ違いを見せてしまっているのです。

原作の面白みに、映像のシャープさが加わって、良い具合の化学反応が起こっています。

解釈は人それぞれですが、母として観るか、娘として観るか、で印象がずいぶん変わるのではと感じました。

50代女性

★★★☆☆星3

湊かなえ小説の映像化6作目となる映画『母性』。誤解を恐れずに言うなら、“気持ちが悪い”というのがひと言での感想です。

母娘それぞれの視点から本人たちの目に映る世界が描かれるのですが、この母が永遠に「娘」でいたい女性なのです。

我が子を我が子だから大事にするのではなく、自分が誰かに褒めてもらうためのツールとして扱っています。

本人はいたって真剣に娘を愛しているつもりなのですが、そのズレが猛烈に気持ち悪いです。

娘はそんな母からの愛情をなんとか自分に向けようと奔走するのですが、すべてがすれ違ってしまいます。

本当に気持ち悪い母親だな…と思いつつ、果たしてこれは完全にフィクションなのか考えてとハッとします。

どんな母親も元々は誰かの「娘」だった。

子供を産めば母親になるのか?育てていくうちに母親にになるのか?

子供と一緒に親も成長するというが、どこから私たちは母親になるのか。それともこの母親のように最後までなれないのか。

まさしくタイトルそのまま『母性』とは…と考えさせられました。

映画『母性』の娘は、母親になれない女性もいるのだと最終的には自分の母との関係にも納得します。

確かにそうかもしれないなと思う一方で「父は?父のサポートがあればもっと違ったのでは!?」と、心の奥底で少しツッコミたくなりました。

20代女性

★★★★★星5

戸田恵梨香さんの狂気を感じる母親が恐ろしかったです。

危機的な状況で娘よりも大好きな実母を優先する、というルミ子の行動は異常としか思えませんでしたが、彼女にとっては母親ではなくずっと娘でいたかったのでしょう。

家事も育児も完璧なルミ子でしたが、その笑顔の下にある本性にぞっとしました。

そんな母親に対して愛されたいと思う娘の行動も切なくて仕方ありません。

2人のすれ違う愛情が見ていてつらかったです。

娘の名前が前半ではほとんど登場しなかったことに違和感がありましたが、それだけルミ子が娘の名前を呼ばずに接してきたことを表しており苦しくなりました。

自分も母親という立場になったので、この映画に登場する母親たちの行動に疑問を持ったり、共感をしたり感情が揺さぶられる思いとなりました。

いろんな親娘という関係があり、女性同士ということから特に難しいんだな、といろいろ考えさせられる映画でした。

30代女性

★★★☆☆星3

『母性』という作品は、上映の1ヶ月以上前から楽しみにしていた映画でした。

『告白』や『白ゆき姫殺人事件』など数多くのヒット作品を生み出している湊かなえ原作の新作映画でとても期待値が上がっており、親子をテーマとした映画という点も楽しみにしていた要因の1つです。

前半の戸田恵梨香が結婚・出産をし、母である檀れいといっしょに子育する幸せの絶頂のような日々から、実母が亡くなったあとの後半、義母である高畑淳子を新たな母として戸田恵梨香が生活していく様が、まさに娘としてしか生きていけない女性を描いていると感じました。

ただ、戸田恵梨香目線の描写と永野芽郁目線の描写の違いをもっとたくさん盛り込んでほしかったなと感じました。

湊かなえ作品なので、もっと後味の悪い終わり方を期待していましたが、期待はずれ感がありました。

30代女性

★★★★★星5

私は映画『母性』を鑑賞する前に小説は読んでいませんでした。鑑賞直後は率直に「何が真実か分からない…」と思いました。

一番印象的だったシーンは予告でも使われていた、ルミ子が清佳を抱きしめる・首を絞めるシーンです。

それぞれに見えている真実は真逆で衝撃を受けました。

最初はルミ子が抱きしめるシーンだったので、もしかしたら母性があったのかと思いましたが、その次に首を絞めるシーンがありどちらが事実なのか分からなくなりました。

その他のシーンで義母にひどい扱いをされていたにも関わらず、一切責めることなく献身的だったことから、根本的に娘でいたかったように見えました。

認知症になってからの介護をしている姿で確信しました。ルミ子には母性は無く、娘でいたかったと考えます。

真逆の行動でも結局、どちらの行動もそれぞれにとっては真実なのだと思います。

小説を読んだ上でもう一度鑑賞したいです。

20代女性

★★★★☆星4

自分がどの立場で映画を観るかによって、感じ方が全く違うと思います。

母の立場、娘の立場、嫁の立場、旦那の立場など様々あります。

同じ場面をルミ子側、清佳側のどちらかの主観が入った2パターンで描かれるのですが、ほとんど同じセリフなのに言い方や表情、目線など役者陣の演技力が高すぎて違うシーンに見えるくらいです。

私はこの映画で4回騙されました。中でも、ルミ子の母が関わってくるシーンが1番衝撃的でした。

ルミ子の母に対する思い、娘に対する思いに感情移入をすることが多く、胸が苦しくなりました

受け取り手によって見方が変わり、作品を見終わった後の感想も違うと思います。

自分の母性について、親子のあり方について考えさせられる映画でした。

20代女性

*映画「母性」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「母性」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

Copyright© CinemaHitsTV-シネマヒッツ- , 2023 All Rights Reserved.