CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『キングダム2遥かなる大地へ』のキャスト相関図|原作漫画のどこまでが実写映画化?あらすじネタバレや感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2022年7月15日公開の『キングダム2遥かなる大地へ』。

2019年に公開された続編です。

原作は週間ヤングジャンプに掲載中の人気マンガで現在も進行中です。

撮影は日本以外でも中国で行われ、また注目されていた羌瘣役は清野奈名が努めました。

映画『キングダム2遥かなる大地へ』の口コミ評判レビューには、

  • 羌瘣のアクションシーンは特にカッコ良かった
  • 主要キャストのみなさんの演技はすばらしく、魅了された
  • 前作を上回る仕上がり
  • エンドロール後の演出で次回作も楽しみになった
  • 前回以上にアクションシーンの迫力を感じた
  • ハラハラドキドキする展開だった
  • 再現度の高いアクションが何よりも良かった
  • 期待以上、想像を超えるかっこよさと圧倒感

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『キングダム2遥かなる大地へ』のキャスト相関図
  • 『キングダム2遥かなる大地へ』では原作漫画のどこまでが映画化?続編についても考察
  • 『キングダム2遥かなる大地へ』のあらすじ
  • 『キングダム2遥かなる大地へ』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「キングダム2遥かなる大地へ」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「キングダム2遥かなる大地へ」を観るならコチラ▼

『キングダム2遥かなる大地へ』のキャスト相関図

『キングダム2遥かなる大地へ』のキャスト相関図はこのようになっています。

山崎賢人さんや吉沢亮さん、清野菜名さんや橋本環奈さんが出演されていますよ。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『キングダム2遥かなる大地へ』では原作漫画のどこまでが映画化?続編についても考察

今年実写版2作目が公開された『キングダム』ですが、果たして原作漫画のどこまでが映画化されたのでしょうか?

また、『キングダム2』のエンドロール後には続編の映像もあった為、続編となる『キングダム3』の原作のどこまでが映画化されるのかについても考察していきます。

まず1作目、2作目の実写版の内容と原作の関係と、原作漫画のどこまで映画化されたのかについてです。

管理人

『キングダム』実写版1作目は原作漫画の1巻から5巻の途中までの内容が扱われました。

内容としては秦王嬴政と下僕の子で後に秦の大将軍となる信が出会い、仲間たちと共に戦って嬴政の弟成蟜を倒し、王座を奪還するというものです。

続いて2作目は原作漫画の5巻の途中から10巻の途中までの内容が扱われました。

特に5巻の途中から7巻にかけて描かれた蛇甘平原の戦いを中心として描かれています。

また、時系列については一部原作漫画と実写映画とでは入れ替えられている部分がありました。

そして、次回作の実写版3作目については、原作漫画の10巻から16巻の内容から、馬陽の戦いをメインとして描かれるのではないのかと考えられます。

ここまで2作とも概ね原作漫画5巻分の内容が扱われているため、次回作である3作目についても同様なのではないかと考えられます。

そのため10巻途中から15巻前後までとなるのではないでしょうか

また、『キングダム3』で描かれるであろう馬陽の戦いの概要と結末についてです。

管理人

原作の11巻から描かれるのが「馬陽の戦い」です。

馬陽の戦いとは秦と趙との戦いであり、主人公の信にとって大きな転換点となる重要な戦いです。

信はこの戦いで初めて「飛信隊」という部隊を率いて戦い、功績を挙げます。

馬陽の戦いでは秦軍は王騎将軍を主将として戦いますが、最終的に王騎将軍は因縁の相手である龐煖に討たれます。

王騎将軍は最期に自らのトレードマークでもある矛を信に託します。

物語の始まりから圧倒的な存在感を放ち、天下の大将軍を目指す信の目標でもある王騎将軍の最後は『キングダム』の名場面の一つです。

この馬陽の戦いは16巻までかけて描かれます

2作目の最後は信が教えを乞うために王騎将軍のもとを訪ねるシーンで終わりました。

その2人の関係や王騎将軍の最期を3作目ではメインで扱うのではないでしょうか。

管理人

これまで説明したように過去2作を踏まえたボリュームや映画としての見どころを踏まえても3作目は原作漫画の10巻から16巻の内容から、馬陽の戦いをメインとして描かれる可能性が高いと考えられます。

『キングダム』については実写版が第4作まであるという噂もあります。

また、原作漫画はまだ完結しておらず、現時点で60巻以上発売されています。

今後どのように続いていくのか、どこまで描かれるのか気になりますね。

管理人

『キングダム2遥かなる大地へ』のあらすじ

以下、映画「キングダム2遥かなる大地へ」のあらすじです。

『キングダム2遥かなる大地へ』のあらすじ|初陣

ある夜、秦王嬴政のもとに朱凶が送り込まれて襲われますが、そこに信が現れ、朱凶を倒しました。

朱凶は命を落とす際に暗殺者「蚩尤​​」の名を言い遺します。

隠れ場所が見つかったことなどから嬴政たちは内通者がいると考えます。

その時、隣国の魏が国境を越えて侵攻して来たことをきっかけとし、戦へと突入していきます。

天下の大将軍を目指す信は歩兵として初陣を迎えることになります。

信は伍長の​澤圭、同郷の尾平​​と尾到、無口な羌瘣と共に寄せ集めの伍(歩兵の5人組)を組んで戦に臨みます。

『キングダム2遥かなる大地へ』のあらすじ|厳しい戦況

蛇甘平原での戦が始まります。

秦軍を率いるのは麃公将軍です。

将軍呉慶が率いる魏軍が占拠している丘の奪還のために、秦軍は魏軍に突撃していきます。

信は先陣を切って魏軍の中に飛び込み、他の歩兵も続きますが、圧倒的に不利な状況で次々に倒れていきました。

さらに魏軍は戦車隊を投入し、秦軍の歩兵は壊滅寸前となります。

そんな中、信の属する伍のメンバー他10数名は何とか生き残ります。

その後生き残った信たちは秦軍の助けを待ちますが、麃公は援軍を送りません。

信は仲間を逃がすために囮となって一人で魏軍に立ち向かおうとしますが、そこへ羌瘣も加わり、圧倒的な身体能力で次々に敵を倒します。

その後2人は崖から飛び降り、なんとか追ってから逃れます。

『キングダム2遥かなる大地へ』のあらすじ|意地の大逆転

逃げ延びた信は羌瘣から、自身の素性や今回の戦に加わった理由を聞きます。

羌瘣「蚩尤​​」となるために育てられ、その「蚩尤​​」になるためのテストの生き残りでした。

またそのテストの最中に実の姉のように慕っていた人を失い、その敵を討つために魏に行きたいと考えこの戦に加わったのでした。

その復讐を遂げたら死ぬ覚悟でいる羌瘣に対して信は「生きろ」と伝えます。

夜が明け、仲間たちと合流した信たちは標的である丘に攻め込むことを決めます。

そこへ信たちの歩兵の上長でもある縛虎申が騎馬隊を率いて合流し、信や縛虎申たちは魏軍の守備隊を突破し、丘の頂上を目指します。

信たちが頂上に辿りつくと、矢による攻撃を受け、その矢が縛虎申に刺さります。

さらに魏軍の副将である宮元に剣で貫かれ瀕死状態の縛虎申でしたが、最後の力を振り絞って宮元の首を取り、程なくして亡くなります。

以上、「キングダム2遥かなる大地へ」のあらすじでした。

魏軍から丘を奪還した信たちの行方は?

その後や、この戦の結末がどうなるのかを知りたい方は、実際に映画を見てみることをおすすめします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「キングダム」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

『キングダム2遥かなる大地へ』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「キングダム2遥かなる大地へ」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

キングダム2遥かなる大地への感想評価(※ネタバレ有)|アクション超大作

ラストでは、魏軍を率いる呉慶は丘をおり、残った魏軍を全員集め、全面戦争に備えました。

そこにかつての秦の大将軍であり信の目標となる存在でもある王騎が兵を率いて現れました。

魏軍が動揺している隙をついて麃公がついに動き出し、一気に魏軍に向かって攻め込みます。

麃公と呉慶の一騎打ちとなり、見事に麃公が呉慶を討ち、秦軍の勝利となりました。

信は仲間たちと別れて王都へ帰還し、たった一度の従軍にして百人将に任命されます。

また、嬴政の暗殺については呂不韋が黒幕であることもわかりました。

最後、信は修行のために王騎の城へと向かう場面で物語は終わります。

秦軍が勝つという結末は当然でありますが、それがわかっていても手に汗握る展開の連続で胸が熱くなる作品でした。

管理人

ラストでは前作より度々名前が出ていた呂不韋がついに姿を現すなど、次回作への期待も高まる終わり方でよかったです。

キングダムの長い物語の中で、本来は派手さがあまりないパートだと思われますが、それを全く感じず、一つの作品としてしっかりと成立していました。

前作以上の壮大なスケールで描かれるアクション大作でした

アクションのレベルの高さや迫力ある映像についてもさすが佐藤信介監督と感じられるものでもあります。

また、前作以上に今回は仲間と共に戦うことが中心となっています。

初めての戦場で何度も厳しい状況に陥りながらも、何とか自分や仲間を奮い立たせて立ち向かう信の強さや、戦場での経験を通じて成長する姿を見ることができます。

常に死と隣り合わせの戦場において、必死に「生きる」姿が描かれており、見る人に力を与えてくれます。

特に印象的だったシーンは、2つあります。

管理人

1つは敵に囲まれて劣勢状態の中、諦めかけた尾平を羌瘣が鼓舞するシーンです

大切な人の死を乗り越え、信に影響されながら自分だけでなく周囲の人と共に生き抜こうとする羌瘣の姿に思わず涙がこぼれました。

もう1つは縛虎申が宮元を討つシーンです

初登場時は口答えする兵士を斬るなど、「嫌なやつ」とも感じられるような雰囲気でした。

しかし、歩兵である信を騎馬隊として引き上げる柔軟性や強いリーダーシップを持ち、最後は瀕死の状態の中、自ら敵の首を取るという強さを見せつけてくれました。

演じた渋川清彦さんの必死の表情がとても印象的でした。

映画『キングダム2遥かなる大地へ』は厳しい戦場の中でそれぞれのキャラクターが必死に戦い、生き抜く姿を描いた作品です。

前作以上にキャラクターの魅力や迫力のあるアクションを楽しむことができる作品でもあります。

迫力あるアクションや、熱い人間ドラマ、キャスト・登場人物の魅力を楽しみたい人におすすめの映画です。

管理人

前作以上に成長した信や新たに登場したキャラクターたちが、今後どのような戦いを繰り広げていくのかが非常に楽しみです。

『キングダム2遥かなる大地へ』のみんなの口コミ評判レビュー

『キングダム2遥かなる大地へ』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「全体的にキャストもすばらしく、最後に出て来た呂不韋陣営は納得のいくものだった」「ストーリーもほぼ原作通りに行っていて不満もなかった」「映画でここまで原作漫画を再現するとができるのかと驚いた」「主題歌であるMr.Childrenの『生きろ』が、この映画に完全にマッチしていた」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

元々わたしは原作の漫画キングダムの大ファンでありました。

漫画の実写化というと、とてもよかった!と思える作品がある反面、実写化しない方がよかったよ、と思ってしまうがっかりな作品もありますが、「キングダム2遥かなる大地へ」は一言でいうと、とても良かったです。

キングダムの壮大さが見事にそのまま描かれていてとても見応えがありました

実際はCGを駆使して、その戦闘の舞台の壮大さや何千何百もの兵士の様子を描いていたようですが、全くCGには見えず実際のものかのようで見入ってしまいました。

また、演者の方々が忠実にそれぞれのキャラクターを演じていらっしゃってそのキャラクターそのものではないかと思うくらいでした。

主役の「信」役の山崎賢人さんは信そのもののようでした。

馬に乗りながらの剣術シーンのアクションは圧巻でした。

そして今回のキングダム2では「きょうかい」が登場してきました。きょうかいは清野菜名さんが演じていらっしゃいました。

きょうかいは独特な剣術で圧倒的な強さを持つ、かつ、最初は人になかなか心を開くのができず塞ぎ込んでいる女性なため、表現力がないと演じきれない役だと思いますが、アクションからそのきょうかいが少しずつ仲間たちに心を開いていく様子を見事に演じていらっしゃいました。

漫画に劣らない実写化映画でした。

続編も決まっているためとっても楽しみです。

20代女性

★★★★★星5

1作目程の満足感は無かったけど迫力があって面白かった作品でした。今年見た映画の中では一番いいと思います。

観賞後に感じたのは、本編は3作目の序章といった印象、3作目が早くも気になります。

本作のキャスト陣が皆さん適役でスクリーンに釘付け

山﨑賢人さん。吉沢亮さんをはじめ、新たに加わった豊川悦二さんや清野菜名さんも適役だった感じです。清野菜名さんは予告編では綾瀬はるかさんだと思い込んでました。

戦闘シーンがたくさんあったのも良かったです。

それぞれの戦いに戦術があって見所満載で、力業に加え頭脳が揃わないと戦いに勝つ事が出来ない展開に引き込まれました。

特に丘を攻める戦いのシーンには見所でした。

信(山﨑賢人さん)と羌瘣(清野菜名さん)の二人が大切な人を失った思いが2人とも異なっていたのも印象的で本作はこの二人の思いが軸となっていた感じでした。

30代男性

★★★★★星5

前作が予想以上に面白かったので、待ちに待った続編、パート2です。

日頃コミックを読まないので、本作の原作も未読ですが、十分に楽しむことができました。

まずは、本作のスケール感、日本映画にしては大きな舞台、広大な大地に向かい合う両軍が対峙するだけでゾクゾクしました。

正直、詳しい部分はファンでないのでわからないところとありましたが、肉体と肉体、大軍と個人、それから、土地の高低さを活かした作戦など、絵で見せる映画の原点を私たちに味合わせてくれました。

登場人物の中では、清野菜々の動きが光っていました。

彼女の小さな身体が躍動して相手を倒していく姿は爽快そのものでした

また、「まだ生きてるから助かる!」という心からの叫びも印象に残りました。

40代女性

★★★★★星5

原泰久さんの漫画、キングダムの実写版映画です。

前作の実写版映画を見て、キングダムにハマってしまいました。

今回の映画の舞台は、舵甘平原の戦いが舞台となっていました。

信が初めて戦へ行く話で、アニメで見るよりも実写版の戦いシーンは白熱していて、世界観に浸ってしまい、あたかも自分が戦場にいるかのような気持ちになって見ていました。

魏国の戦車をやっつけたり、歩兵のはずなのに、信がバッコシンと一緒に攻めていくシーンが特に好きでした。

前作の映画から、数年後の信と政の成長や関係の変化も見どころだと思うのですが、今回の映画で、キョウカイが出てきたので、今後が楽しみです。

映画の最後に来年公開のキングダム3の告知があったので、今から楽しみでなりません

40代女性

★★★★★星5

キングダムの漫画全巻持っていて、大ファンです。

映画は前作からスケールが壮大であり、今作も期待しておりましたが…期待以上の大傑作だと思います。

ただ一点、今作は王騎の伝説の回と思って観ていたら前作直後からのストーリーで王騎の回は3作目なのかと期待してた分、少しだけ残念でした。

ですが今作も楽しめました。

良い点としまして、キャストが全体的に合ってて監督のセンスを感じます。

山崎賢人はもちろん、吉沢亮も今回初の清野菜名も抜群に合っていました。

大沢たかお演じる王騎ですが、前作で見た時は違和感がありすぎて笑いそうになりましたが、だんだん風格も似てきて恐らく次回作は感動の予感しかしません。

今作の個人的に一番好きなシーンは、敵軍が攻めてきた時の馬車のシーンでYouTubeで舞台裏も見ましたがCGでここまでのクオリティを引き出せるのかと大変感動しました

30代男性

★★★★★星5

今作は前作よりも更に戦闘シーンが多くあり、とても大迫力の映像が満載でした。

主人公中心の展開だったので、漂や河了貂といった前回登場したキャラクターの登場は少なめでしたが、信がこれから大将軍を目指していく第一歩が迫力ある映像で描かれていて、戦闘シーンが好きな人にとっては満足できる内容だと思います。

羌瘣という新しいキャラクターが登場し、この人の悲しい背景も描かれていて今後の続編においても重要な役割を果たすのだと期待できます。

戦闘シーンは戦車に乗りながら戦うシーンが特に迫力満点で、見ている人を飽きさせない手に汗握るシーンの連続でした。

もう少しストーリーを楽しみたかった人は物足りなく感じたかもしれませんが、最後に続編の内容をとても期待させる展開になっており、次回作もとても楽しみです。

40代男性

★★★★★星5

キングダムは私の中でかなりの名作です。

キングダムを観た時点で2があるのではないかと勝手に期待しており、2の公開を知ってからから絶対に公開初日に観に行こうと首を長くして待っておりました。

『キングダム2遥なる大地へ』の感想をひと言で言うと期待通り最高でした。

出てくるキャストも有名俳優を揃えており見応えがありました。

ストーリーは前作を観ていなくても入っていきやすい内容で羌かいの過去、信と羌かいの友情、一緒に戦う者同士の仲間の友情が見所で面白かったです。

また、沢山の群衆の中で暴れ回る信にも圧巻です。

終盤の方に王騎が退場するのですがそのシーンでは鳥肌が立ちました。

まだ次回作があるとの事で首を長くして待っています。

30代女性

★★★★★星5

映画『キングダム2遥かな大地へ』は、3年ぶりの続編でした。

結論、2019年に公開されたキングダムよりかなりクオリティが上がっていたと感じました。

1番感動したのは、羌瘣のアクションシーンです。想像以上にスムーズで、『トーンタンタン』もしっかりと表現されていて良かったです。

また、山の頂上目指すシーンで信に敵を倒すように頼まれ、必死に一人で戦っている姿もかっこよかったです。

その際に発言したセリフも残っています。怪我をして戦うことを諦め『俺を捨てて行け』と発言した仲間に対して『お前はまだ生きてるじゃないか!』と泣きながら伝え必死に敵から仲間を護り、一緒に山の頂上を目指す姿に感動しました。

漫画を映画化すると賛否両論が多いと感じますが、今回のキングダム2は1に比べて良い感想が多かったと感じました。

20代女性

*映画「キングダム2」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「キングダム2」を今すぐ観るならコチラ▼

▼漫画原作の映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments