CinemaHitsTV-シネマヒッツ-おすすめの映画が考察や感想評価と口コミ評判レビューから丸わかり!

『サヨナラまでの30分』は本当に歌ってる?曲や主題歌についても【あらすじネタバレ感想評価】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年1月24日公開の『サヨナラまでの30分』。

「猫」が大ヒットし紅白歌合戦にも出場したダンスロックバンド・DISHのメンバー北村匠海と「ちはやふる」でアカデミー新人俳優賞を受賞した新田真剣佑が共演した青春映画です。

映画『サヨナラまでの30分』の口コミ評判レビューには、

  • バンドとしての曲の完成度も高く、いい曲だなと思った
  • 曲が良く、映画を観に行った帰りにサントラCDを買うほどハマった
  • 出演している俳優が目当てだったが、関係なく引き込まれた
  • 少しモヤモヤしたり落ち込んだ時に見ると元気を貰える映画
  • ストーリーの進み方も良くて、飽きることは無かった
  • 新田真剣佑と北村匠海の演技がナチュラルで見応えがあった
  • 映画全体の雰囲気がとにかく素晴らしい作品
  • 最後のライブの場面は非常に感動的で、見どころ

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『サヨナラまでの30分』では本当に歌ってる!歌ってる人は北村匠海、新田真剣佑本人たち
  • 『サヨナラまでの30分』の曲・主題歌についてのまとめ
  • 『サヨナラまでの30分』のあらすじ
  • 『サヨナラまでの30分』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も映画『サヨナラまでの30分』を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今すぐ無料で観れる!映画『サヨナラまでの30分』配信のU-NEXTはコチラ▼

『サヨナラまでの30分』本当に歌ってる!実は歌ってる人は北村匠海、新田真剣佑本人たち

映画『サヨナラまでの30分』は、若者たちの青春映画であると同時に誠実な音楽映画でもあります。

作中に出てくる曲はどれも素晴らしく、印象的ですよね。

劇中では颯太とアキ、つまり役を演じる北村匠海と新田真剣佑が歌う描写がされています。

この2人はすべての曲のボーカルとして本当に歌っています。

音楽映画が難しいのは、使用曲のクオリティーが作品自体のクオリティーに直結しているところだと思います。

管理人

もちろんストーリーや演出など、さまざまな要素が作品の出来に寄与するのは間違いありません。

しかし、m音楽映画に関しては、劇中で「素晴らしい曲」「聴く者を魅了するボーカル」などというセリフがあれば、それを観客に納得させられるレベルの楽曲を実際に作る必要があります。

いくらセリフで曲を褒めても、実際に演奏される曲が良くなければまったく説得力がなくなってしまうのです。

その点を、この『サヨナラまでの30分』はクリアしていると言ってもいいと感じます

プロデューサーを務めるandropの内澤崇仁をはじめ、雨のパレード、odol、Ghost like girlfriend、Michael Kaneko、mol-74など、新進気鋭の若手ミュージシャンが楽曲を提供しています。

そして何より、その曲にボーカルとして参加する北村匠海と新田真剣佑の実力が見事に発揮されているのです。

管理人

DISH//のボーカルとして実際にバンド活動をしている北村匠海はもちろん、それまでミュージシャンとしての活動をしていなかった新田真剣佑の歌も映画全体に強い説得力を持たせています。

また、2人が演じる颯太とアキという人物の性格やバックグラウンドなども取り入れて歌唱方法を調整しているとのことです。

例えば、アキは今後成長が見込まれる若手バンドのボーカルということで、あえて完成されてない歌い方にしたとのことです。

北村匠海は「誰もが魅了される声のボーカル」という高いハードルを、さすがの経験値でそれをクリアしています。

音楽映画で役者自身が本当に歌うというのは、非常に高いレベルを求められるものです。

しかし、この『サヨナラまでの30分』での北村匠海と新田真剣佑のパフォーマンスは完璧と言いきってしまっても問題ないものだったと感じます。

管理人

2人の素晴らしい熱演と歌唱力、ぜひ実際に映画を観て体感してみてください。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『サヨナラまでの30分』の曲・主題歌についてのまとめ

この作品の劇中歌は劇中バンドである「ECHOLL」が実際に演奏しています。

andropのボーカルとギターを担当している内澤崇仁さんが音楽プロデューサーを務め、5組のアーティストが楽曲提供しています。

まずリード曲である「もう二度と」は様々なジャンルの音楽を奏でるバンドの「雨のパレード」さんが楽曲提供しています。この曲はアキが想いを寄せるカナに向けて贈った曲です。

オープニングとエンドロールで流れるもう一つのリード曲である「瞬間」は3人組ロックバンドである「odol」さんが楽曲提供しています。新田真剣佑さんと北村匠海さんのハモりが心地よく、イントロも特徴的な曲です。

「stand by me」は岡林健勝さんのソロプロジェクトである「Ghost like girlfriend」が楽曲提供している曲です。エモーショナルなサビがかっこよく、落ち着いた曲になっています。

「真昼の星座」は世界で活躍するシンガーソングライターである「Michael Kaneko」さんが楽曲提供した曲です。作品のクライマックスシーンで流れ、感動的な盛り上がりを演出しています。

「目を覚ましてよ」は4人組バンドmol-74が楽曲提供した曲です。アコースティックギターとボーカル2人の甘い歌声が印象的な一曲となっています。

『サヨナラまでの30分』のあらすじ

以下、映画『サヨナラまでの30分』のあらすじです。

サヨナラまでの30分のあらすじ|入れ替わりとカセットテープ

颯太は人とコミュニケーションを取ることが苦手な大学生でした。面接も上手くいかず就職活動に苦戦しています。

そんな颯太は廃墟となっているプールで、趣味の作曲をしながらひとりの時間を過ごすのが好きでした。

ある夏、プールの近くでポータブルプレイヤーを拾います。カセットが入ったそのプレイヤーの再生ボタンを押すと、自分と同じ姿をした男が現れます。

颯太の見た目をした男は走り去っていき、後を追うと見知らぬ女性に話しかけている光景を目にします。そして次の瞬間、颯太は自分の体に戻ります。

再生ボタンを押したあと、颯太の体を操っていたのはアキという男性でした。アキは若手バンドのECHOLLのメンバーでしたが、交通事故で命を落としてしまいました。

そして生前は先ほどの見知らぬ女性、カナと付き合っていたのです。拾ったカセットを再生している間、颯太はアキと入れ替わることができるというものでした。

サヨナラまでの30分のあらすじ|ECHOLLとの出会い

事故で命を落としてしまったアキは、ECHOLLのこともカナのことも心残りとなっていました。アキは颯太の体で就職面接を受けることを提案します。その代わり、アキに体を貸すという条件です。

明るい性格のアキは颯太が苦戦していた面接を難なくこなします。そして、颯太の体を使ってECHOLLに接触します。最初は不審がっていたメンバーですが、徐々に颯太を受け入れていきます。

アキの死後止まってしまっていたECHOLLの活動は改めて軌道に乗り始め、アキが事故に遭わなければ出るはずだったRINGO FESへの出演も決定します。

サヨナラまでの30分のあらすじ|消え始めるアキの存在

アキが自分の体を借りる日々のなかで、颯太の感情にも変化が表れます。人付き合いを避けていた颯太は、ECHOLLのメンバー達やカナと過ごすことで仲間との交流の楽しさを感じるようになっていました。

そんななか、最初は30分だったアキとの入れ替わり時間が短くなっていることに気付きます。再生を繰り返すたび新しい思い出ができることで、カセットテープに保存されていたアキの思い出が上書きされていたのです。

アキの存在は、カセットテープのなかの過去の思い出とイコールでした。

入れ替われるのはおそらくあと一回。アキはRINGO FESに出るために入れ替わりを頼みます。しかし、アキのことも大切に思うようになっていた颯太は再生ボタンを押すことを拒否します。

果たして、1つの身体を共有する2人の行く末はどうなるのか?

結末を知りたい方は実際に映画を観てみることをおすすめします。

以上、映画『サヨナラまでの30分』のあらすじでした。

▼参考▼今なら無料ですぐ観れる!『サヨナラまでの30分』はU-NEXTで配信中▼

『サヨナラまでの30分』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画『サヨナラまでの30分』の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|日本の音楽映画が持つ可能性を感じる作品

北村匠海と新田真剣佑という、今勢いのある若手俳優ふたりをW主演に迎えたことで話題の今サヨナラまでの30分」。

監督は2017年の「東京喰種」で長編映画デビューした萩原健太郎監督です。

映画「勝手にふるえてろ」や、ドラマ「隣の家族は青く見える」を観て、かなり気になる存在となった北村匠海が主演ということで、気軽な気持ちで劇場に観に行きました。

管理人

結果、期待値を大幅に超える作品に出会うことになりました。

まず冒頭の数分間でいきなり心を奪われます。アキとカナの出会いからバンドのデビュー、そしてアキの身に起こる事故までの数年間を、疑似長回しとジャンプカットを駆使して疾走感たっぷりに描き切ります。

セリフもなく、映像のみで彼らの身に起こったことや時間経過を説明してしまう思い切った演出は圧巻でした。

また、映像の美しさも印象的で、特に影や色味の加減が絶妙でした。

夜のシーンの映え方も素晴らしかったと思います。

管理人

終盤、一度はバンドを辞めてしまった颯太ですが、最終的にはECHOLLが出演するRINGO FESの会場に向かいます。

アキと出会ったことで学んだ、ECHOLLのメンバーをはじめとした人間関係の大切さ、自分が本当に求めているものに気付いたのです。

フェスの会場に着くと、ECHOLLの出番直前でした。

最後にもう一度カセットテープの再生ボタンを押してアキと入れ替わります。

そしてステージに上がったアキは歌い始め、体から離脱した颯太はそれを観客として眺めます。

しかし、次第にアキの存在が消えていき、ついに颯太と入れ替わります。

アキが消えたあとも、颯太はECHOLLのボーカルとしてメンバーとともに演奏を続けるのでした。

後日談や感情などを冗長に語らず、観客の歓声と生き生きとしたメンバーの表情を映してエンドロールに入る幕切れの良さも非常に好印象でした。

主演である2人の演技や歌唱も素晴らしかったですし、何より劇中で流れる曲がどれも良いというのが映画全体の説得力を底上げしていたように思います。

演出や脚本のクオリティも高く、北村匠海目当てにふらっと観に行った自分としてはかなり食らってしまった作品となりました。

管理人

青春映画が好きな人、音楽映画が好きな人にオススメの一本です。

『サヨナラまでの30分』までのみんなの口コミ評判レビュー

映画『サヨナラまでの30分』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「音楽活動を通じて、仲間との友情や愛情を育む様子に颯太の成長を感じた」「淡いラブの部分もあり、性格の正反対の人間が入れ替わることによって少しずつ考えが動かされる描写が面白かった」「見終わってから、心が温まる映画だなと印象に残る作品」「北村匠海と新田真剣佑、どちらも歌が上手い俳優さんなので、配役としてはハマり役でした」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

バンドの音楽が軸になる映画になるので、当然劇中の音楽が重要になってくるのですが劇中のバンド“ECHOOL”の楽曲については、現役で活動する人気ロックバンド・andropのボーカルギター 内澤崇仁が制作しているのもあり、音楽通の方が観ても違和感なく作品に入り込むことが出来ます。

また、演奏シーンも役者陣の好演もあり、非常にかっこよく描かれています。特に颯太を演じた北村匠海の演技は素晴らしく、DISHとして沢山のライブを経験していることもあり、ステージでのシーンの説得力が凄く、彼の演技がこの映画をよりリアルなものに仕上げています。

カセットテープが再生される30分だけ入れ替わるという設定も、音楽が好きな人間としてはたまらないなと思います。

全編素敵な音楽に溢れ、ラストには爽やかな涙と生きる希望をくれる素晴らしい映画でした。

30代男性

★★★★☆星4

サヨナラまでの30分は、亡くなってしまったミュージシャンがカセットテープを通じて主人公の体を借りて、生前のバンドメンバーに会いに行くというちょっと不思議なストーリーです。

でも友情を通じて若者の心温まる交流を描くファンタジー映画でもあります。

奇想天外なミュージシャンのアキを新田真剣佑が演じて、ちょっと内気な颯太を演じるのは北村匠海。

どちらも歌が上手い俳優さんなので、配役としてはハマり役でした。

また約1ヶ月の間、長野県でオールロケを行なったということで、景色の描写等が自然が多くとてもキレイに映し出されていたのが印象的でした。

ピュアな若者のこころの模様とキレイな描写が組合わさって、甘酸っぱい青春映画の雰囲気を作り出していました。

40代男性

★★★★☆星4

新田真剣佑さんと北村匠海さんが主演の青春映画なのですが、凄くお二人の演技がナチュラルで見応えがありました。

バンドが解散して颯太という謎の青年が現れるところから物語が展開していくのですが、実は颯太の中身は解散したバンドの亡くなっているボーカルのアキであることが判明するので、その辺の人間模様が見どころの一つです。

颯太の中身が亡くなっているアキだと言っても俄には信じられない感じも、おもしろポイントの一つです。

あと颯太を演じている北村匠海さんの演技の振り幅がこんなにもあったなんて思いませんでした。

彼のことは君の膵臓をたべたいという作品から知っていたのでアキのようなキャラクターも演じられることを知ってより好感を抱きました。

颯太とアキの関係性もすごく好きなので映画全体の雰囲気がとにかく素晴らしい作品です。

20代男性

★★★★☆星4

この映画は、新田真剣佑さんと北村匠海さんのW主演で2020年に公開された作品です。

私自身が新田真剣佑さんのファンであり、CMで観た予告編で彼がミュージシャン役を演じると知り、気になって視聴しました。

1年前に事故死したミュージシャンであるアキ(演・新田真剣佑さん)が、人付き合いが苦手な大学生である颯太(演・北村匠海さん)と出会い、カセットテープが再生されている30分間だけアキは颯太に乗り移ることができるという斬新な設定で、恋愛要素も含んだ感動作となっています。

アキが所属していたバンドのメンバーと颯太の関係性や心境の変化には、微笑ましさと同時に「そこにアキの存在がない」という切なさも感じました。また、カセットテープという道具を物語のキーアイテムとして使った意味や最後のライブの場面は非常に感動的で、見どころです。

また、DISH//のボーカルとしても活動されている北村匠海さんはもちろんですが、新田真剣佑さんも歌が上手く、andropや雨のパレードによって提供された劇中歌も非常に魅力的でした。

音楽やストーリーを含め、非常に素晴らしい作品だったと思います。

20代女性

★★★★★星5

映画「サヨナラまでの30分」は、事故で亡くなってしまったアキと偶然カセットテープを拾ってしまった颯太を中心に物語が進んで行く、切ない物語でした。

颯太がカセットテープを回すと、アキと入れ替わり30分間の間だけ颯太の身体を借りてアキが存在する事が出来る。

ライブハウスで、アキや颯太が歌う曲に感動して鳥肌が立ちました。

正反対の性格のアキと颯太は、意見がぶつかり合ってしまう時もありもどかしさも感じますが、ラストのライブシーンではアキの気持ち、颯太のこれからへの覚悟が伝わり号泣してしまい、しばらく何とも言えない気持ちになってしまいましたが、とても感動的なストーリーで何度も見たくなる作品でした。

50代女性

★★★★★星5

この作品を見たきっかけは出演している俳優さんが目当てだったので、特にあらすじなどは知らずに「とりあえずイケメンが見られたら良いかな」と軽い気持ちで映画館へ行きました。

ですがいい意味で期待を裏切られました

最初から最後まで引き込まれるように目が離せない作品は久しぶりでした!

北村匠海さんの陰キャな「颯太」と陽キャな「アキ」の演じ分けが素晴らしかったですし、なんといっても曲がどれも素敵。

新田真剣佑さんの歌声は初めて聞きましたが、透明感のある素敵な歌声でした。

そこに合わさる北村匠海さんの甘い歌声が絶妙で、映画を観に行った帰りにサントラCDを買うほどハマりました。

そんな素敵な楽曲に乗せて繰り広げられる様々な“青春”が、見ていてほっこりしたりキュンとしたり温かい気持ちにさせてくれました。

少しモヤモヤしたり落ち込んだ時に見ると元気を貰えそうな、そんな前向きで素敵な作品でした。

30代女性

★★★★☆星4

小説から映画になった作品だと言うことを知らないで見ました。

序盤は音楽が流れたままでセリフはありませんでしたが、何があったのか、どういう流れなのかはとてもわかりやすく、置いてきぼりにはならずに済みました。

ストーリーの進み方のテンポもとても良くて、ダラダラせずに進み、飽きることは無かったです。

亡くなってしまっていて何も伝えられない孤独さや辛さ。残された彼女の気持ちが感情移入しやすく、切なくなります。主人公がどんどん巻き込まれていって、笑顔が多くなっていき、変わっていく過程は見ていてとても嬉しくなりました。

バンドのストーリーなので歌唱シーンもありましたが、うま過ぎず下手すぎずで夢がある若者感が出ていたと思っています。

見終わってから、心があたたまる映画だなと印象が残る映画でした。

40代女性

★★★★☆星4

良い意味で予想を裏切られた作品でした。

初めの10分は、なかなか物語に入り込めませんでした。

走馬灯のように物語が流れて行き、颯太が登場して非現実的な展開になり、ハズレかなと思いました。

しかし、颯太の内向的な性格とアキの破天荒な性格が面白いように絡み合って、テンポの良い2人の掛け合いが繰り返されるうちに、どんどん作品に引き込まれていきました

人間との関わりを避けて、一人で生きていくことが楽で良いと考えていた颯太が、アキと関わり、アキの昔のバンド仲間と関係を持つことで、少しずつ心を開いていき、音楽活動を通じて、仲間との友情や愛情を育む様子に颯太の成長を感じました。

最後は感動もでき、北村拓海の歌声も素晴らしかったです。

40代男性

*映画『サヨナラまでの30分』のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼無料で観れる!見放題作品の『サヨナラまでの30分』を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments