CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』の口コミ評判レビュー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』の皆んなの口コミ評判レビュー

老若男女問わず、どの世代にも、どの立ち位置でも刺さる「ゆとりですがなにかインターナショナル」。

大河ドラマ「いだてん」の撮影の時に松坂桃李さんがクドカンに「ゆとり、でハングオーバーみたいなのを撮りましょうよ」といった一言がきっかけで生まれた映画です。

ハングオーバーの主役はやはり主役の「まーちん」でした。 まーちん目線で見る「翌朝」の断片的な場面の、「わけのわからなさ」に大笑いし、最後にその断片が繋がった時の「なるほど!」とスッキリわかったときにさすがクドカン!と感嘆しました。

この日、試写会会場に集結したのは1,600人!会場は終始笑い声に包まれていて、この場にいる人たちと楽しさを共有できていい時間を過ごせたなと思います。

最後に、岡田将生さんの素の「だめかわいい」感じが存分に発揮されているこの「ゆとりですがなにか」がまた連ドラで帰ってくることを期待しています!

引用:ちょうさぶ

チロル部長

★★★★★星5

ドラマ版からファンで、映画化されると知った時からかなり期待していました。

岡田将生、松坂桃李、柳楽弥弥の演技力の高さはさすがでした。

それぞれ表情が良かったですし、言葉にも重みがあって、ゆとり世代は考えさせられることが多くあるはずです。

私も1991年生まれのゆとり世代なので、彼らの考えていることに共感する部分がたくさんありました。

令和で生じている問題を取り上げていることも良かったです。

ドラマの世界の話だけでは説得力があまりないので、リアルで起きている問題も絡めてくれると非常に観やすいです。

ドラマの時の雰囲気のまま映画になっており、ドラマを観ていた人ならかなり楽しめると思います。

もちろん、ドラマを観ていない人でも問題ないです。

30代男性

★★★★☆星4

ゆとりですがなにかのドラマにすごくハマっていたので、とても楽しみにしていた映画でした。

終始笑える最高の映画でした。

私もゆとり世代なので、共感できる部分がたくさんありました。

ゆとり世代と言われバカにされることもありましたが、もう会社では中堅の立場で責任をおうこともあったりストレスも多く毎日色々大変ですが、明日からも頑張ろうと前向きになれました。

また、多文化多様性の現代社会をうまく描かれていてとても良かったです。

ストーリー展開が良かったので、最後まで楽しく見ることができました。

そして俳優さんたちの演技力の高さも改めて感じました。

いつもはかっこいい役の俳優さんも一瞬でゆとりの世界に戻りますね。

30代女性

★★★★★星5

2016年の放送の頃、私はこの作品を見ていませんでした。

何故か、ドラマを見た時に何となくくだらなく感じたからです。

それなのに映画まで行くきっかけとなったのは連ドラと連ドラのシーズン交代の時期に見るドラマもなく配信サービスで見始めたのがきっかけでした。

見ていなかったことが不思議なくらい、連ドラもSPも楽しくて次から次へと続けて見ていたところへ映画化のお知らせ。

タイミングがよく、映画館へと足を運ぶことになりました。

脚本はクドカン、つまらないわけないですよね。

ゆとり世代の3人、茜ちゃんも変わらずスクリーンにいました。正和と茜ちゃんの子供たち2人、きっと正和似だね、というオープニング。

動画撮影をしてきたのでYouTubeがストーリーに関わってくるのかと予想していたら大当たりでした。

柳楽優弥さん演じるマリブ、まさか坂間家を隠し撮りしていたとは思いませんでした。

坂間家を大家族的に撮影して動画配信するとはさすがマリブでした。再生回数が伸びないわけがありません。

そして山路も回りの先生も転勤はないのか?というツッコミどころが満載でした。

動画配信、不倫、LGBT、今時のテーマがてんこ盛りで楽しく鑑賞しました。

物語はまだまだ続きそうな雰囲気でしたが山路の今後や坂間家も目が離せません。

50代女性

★★★★☆星4

ドラマ放送時期から楽しく観ていた作品がドラマ化という事で上映前から楽しみにしていました。

映画を観た感想としては自分もゆとり世代なので色々共感できる部分もあり、宮藤官九郎さんらしいお笑い要素に加えて家族の在り方を考えさせられる作品になっていました。

舞台テーマは酒巻家の日常を中国版のYouTubeに配信や働き方改革など今時の内容でしたが非常に楽しく観れました。

ただドラマが放送されていた時期から少し経っていたので設定など記憶が曖昧なところが多かったので、もう一、二年早く上映されていたらもっと楽しめたと思います。

脚本 キャスト含めて非常に大好きな作品なので次回作も期待しています。

30代男性

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

Copyright© CinemaHitsTV-シネマヒッツ- , 2023 All Rights Reserved.