CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

カイジ2~人生奪回ゲーム~のキャストは?ネタバレあらすじや主題歌を紹介!感想評価と口コミ評判レビュー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年11月5日公開「カイジ2~人生奪回ゲーム~」。

前作から2年後の話で、脚本には原作者である福本伸行が参加しています。今作のメインギャンブルゲームである「人喰い沼」など原作にもあるものを入れつつ、原作漫画にはない「姫と奴隷」といったギャンブルゲームを福本伸行が考案しています。

また、映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』の口コミ評判レビューには、

  • カイジたちの戦略に惹きつけられた
  • 沼の再現度が高かった
  • 豪華俳優陣でいい作品だった
  • 伊勢谷友介の敵役が似合ってた
  • 原作とは登場人物が違うが、これはこれで良かった
  • ギャンブルをやらない人でも理解できるルールなのが良い
  • 攻略本番を描いたシーンでは手に汗握る展開
  • 福本さんファンは楽しめる

という声が多数集まっています。

映画「カイジ2~人生奪回ゲーム~」のまとめ
  • カイジ2~人生奪回ゲーム~のキャスト一覧
  • カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレあらすじ
  • カイジ2~人生奪回ゲーム~の主題歌について
  • カイジ2~人生奪回ゲーム~の感想評価と口コミレビュー

もし、まだあなたが一度も「カイジ2~人生奪回ゲーム~」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。例えば、今ならU-NEXTだと「カイジ2~人生奪回ゲーム~」を実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!「カイジ2~人生奪回ゲーム~」を観るならコチラ▼

カイジ2~人生奪回ゲーム~のキャスト一覧

伊藤カイジ 役-藤原竜也

利根川幸雄 役-香川照之

石田裕美 役-吉高由里子

一条聖也 役-伊勢谷友介

坂崎孝太郎 役-生瀬勝久

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレあらすじ

以下、映画「カイジ2~人生奪回ゲーム~」のあらすじネタバレとラスト結末です。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のあらすじ|地上に出る開司

地上に出ていた開司でしたが、1年も経たないうちに借金を抱えて地下帝国での生活に逆戻りしていました。しかし、地下帝国で開司は地下労働者たちの希望の星になっていました。

開司は班長がいかさまをして労働者から巻き上げていたお金を奪い返します。そんな開司に労働者たちは全てを賭け、地上に行かせることを決意しました。14日分の自由と現金109万円を手にした開司はそれを2週間で25人分の借金にあたる2億円にすると黒服たちに宣言します。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|利根川との再会

地上に出た開司ですが、高確率で2億円の金を手にできる方法にアテがありません。食べ物と宿を確保すべく、浮浪者たちの集まりに参加すると、そこで利根川に出会います。

そして、利根川は開司に勝負を持ちかけます。開司が勝てば109万を2億円にする方法を教えてくれると言いいます。勝負に乗った開司は5万円を賭けました。

ですが、向かい合ったときに開司の宿泊所整理券の番号が呼ばれ、温かい寝床という誘惑に勝てなかった開司は一瞬席を外します。その隙に利根川は金を奪い逃げてしまいました。

怒る開司のもとに利根川から電話が入ります。利根川は帝愛グループのスペシャルカジノへの招待状を開司に残してくれていました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|沼の裏を見抜く開司

招待状に書かれた場所に到着すると、そこには裏カジノの世界が広がっていました。圧倒される開司に坂崎という男が声をかけてきます。坂崎は開司に沼という1000倍玉のパチンコマシーンを紹介します。

もし勝てば一気に10億以上稼ぐことができますが、沼にはまった輩たちは裏ATMのカードを使い、借金をしてまでお金をつぎ込んでしまうようでした。

裏ATMはその日のうちにお金を返せなければ地下帝国に送られてしまいます。しかし、開司はマシーンが店側に管理されていて100%当たりが出ないことを見抜きます。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|坂崎に協力する開司

コントロールの裏をつけば攻略できると坂崎に話すと、坂崎は開司を自分の工場に連れていきます。そこには坂崎の作った沼とそっくりなマシーンがありました。

大手ゼネコンの現場監督だった坂崎ですが、不況の影響でリストラされ、家族は家を出て行ってしまいました。お金があれば家族は戻ってくると信じている坂崎は開司に2000万円で協力を求めます。

開司が引き受ける返事をするとそこにもう1人の協力者が現れました。それはカジノの中で働いている石田の娘の裕美でした。裕美はカジノに潜り込んで、父の命を奪った帝愛グループに復讐するチャンスを窺っていたのです。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|裕美の裏切り

3人は早速、坂崎の作戦を実行します、沼には月に一度、釘の設定が違う日があります。その日に合わせて坂崎が台に座り、1000万円を賭けました。そして作戦がバレないよう、沢山のギャラリーを集めます。読みがあたり、第一関門を突破しました。

ここからは60分の1の確立の当たり穴に玉を入れなければいけません。そこで開司は裕美から受け取った、磁石を仕込んだビールを大勢の客に紛れて坂崎に渡します。しかし磁石を近づけても玉の軌道を動かすことはできませんでした。

もう一度チャレンジしますが同じように負け、2000万円を失った坂崎は倒れ込みました。そこに支配人の一条が現れ、坂崎のビールを手にします。ばれてしまったと焦る坂崎でしたが、玉はビールにくっつきませんでした。

一条は磁石に反応する鋼鉄と反応しない真鍮製をランダムに使い分けていると説明します。そこに裕美が現れます。裕美はお金のために坂崎を裏切って、坂崎が磁石を利用することを一条に教えていたのです。

一条は坂崎に残り僅かなお金を賭けて勝負をしないかと持ちかけます。勝てば3000万円と聞き、坂崎は話に飛び乗ります。開司が止めに入ると一条は裕美に、開司は落ちていった人たちを踏み台にして勝ち残ったと言い放ちました。

そしてまた今度も踏み台にすると、開司を睨みつけて去っていきました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|姫と奴隷

沼を支配しているのは一条であり、100%攻略不可能だと言われた開司ですが、ある方法を思いつきます。しかし、その為にはお金が必要でした。開司は一条が言っていた勝負に乗ることにします。

それは姫と奴隷というゲームでした。3つの扉があり、1つの扉には姫が待っていて、残り2つの扉にはライオンが待っています。開司の前に姫として現れたのは裕美でした。

姫は自分の扉の番号を把握しています。裕美は開司に3番の扉だと言います。迷う開司に扉の操作役をしていた利根川がヒントを出しました。利根川のヒントに従い開司は3番のボタンを押します。

すると、開いたのは姫の扉でした。礼を言う開司に裕美は一条からの指示だったと言って去っていきます。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|仲間に加わる利根川と裕美

「姫と奴隷」ゲームにより、3000万を手に入れ喜ぶ開司と坂崎の元に利根川がやってきます。利根川は開司を相棒にしてやるとやってきました。

利根川も沼に挑むつもりでした。利根川も地下帝国の人間で腕には焼き印があり、4000万円の借金がありました。優秀な人材であるため、地上でこき使われていたのです。そして裕美も帝愛から逃げ出し、開司たちの元にやってきました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|再び裏切る裕美

開司の地上生活のタイムリミットも最後の日になり、開司、利根川、坂崎の3人は沼に挑みに行きます。勝負を始めたのも束の間、一条がやってきて3人の不正を見抜きます。

そこに裕美も現れました。またしても裕美が裏切ったのです。父親のような人生はまっぴらだと笑う裕美でしたが、裕美が一条に流した情報は間違っていました。開司と利根川はガセの情報を流していたのです。

愕然とする裕美に開司は自分が裕美の借金を返すと宣言します。開司は石田との約束を果たそうとします。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|開司を信じる仲間たち

勝負を再開する開司たちですが、開司と利根川は沼が当たり穴に入らせないように傾斜した造りになっていることに気付いていました。そして機械だけでなく床も傾いていることも見抜いていました。

その傾斜を破ることが3連クルーン攻略の唯一の道であるため、開司たちはビルごと傾けるという作戦に出ていたのです。幸運なことにビルの地盤は緩く、開司たちは水の重さを利用するという方法を思いつきました。

そのことに気付き、一条は慌てて傾斜を調整します。玉はどんどん減っていき遂に最後の一玉も外れてしまいました。落胆する開司ですが、ある方法を閃きます。利根川と坂崎に話しますが、利根川は確実ではないと言って去っていきました。

開司は地下の仲間達から預かったお金を、坂崎は有り金を全て賭け、僅か300万円で再チャレンジします。打ち始めると外れ穴が玉で塞がれ始めました。一条が傾斜を調整したことにより、玉の流れが止まってしまったのです。

それでもあと一歩のところで当たり穴に入りません。開司は負け、絶望していると利根川がお金を持って現れました。利根川は裏ATMのカードを持っていたのです。

再びゲームを始め、遂に最後の当たり玉に入る瞬間がきました。しかし当たり穴からは風が吹き出し、玉は弾かれてしまいます。一条が最後の切り札を使ったのです。これで今後沼に挑戦する者がいなくなるのは明白でしたが、一条は勝つことを優先させました。

そしてまたしても玉はなくなり、開司たちは地下送りとして取り押さえられます。手を叩き、笑って喜ぶ一条の後ろに裕美が1000万円のカードを持って立っていました。裕美も裏ATMを使い、お金を引き出したのです。そして開司を信じ、開司にカードを渡しました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~のネタバレ|沼を攻略する開司

一条もかつては地下帝国の人間でした。ブレイムメンロードでは信頼していた仲間の裏切りを受け、それからは他人を利用して這い上がってきたのでした。その為、一条は仲間や信頼を大切にする開司が憎かったのです。

一条は開司に引き分けを持ちかけました。開司だけに3億円を渡す代わりに、周りの仲間を切れと言うのです。そんな一条に開司は地下の仲間や地上で助けてくれた仲間はどんな大金よりも価値があると誘いを跳ね除けました。

そして遂にたくさんの玉の圧力で当たり穴に玉は入っていきました。開司、利根川、坂崎、裕美は歓喜の叫び声をあげます。勝負に負けた事により、地下帝国に連れて行かれる一条に開司は戻ってこいと声をかけます。一条は次は必ず勝つと返事をして去って行きました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~の結末ラスト|利根川の罠

坂崎と裕美はそれぞれ借金分のお金を手にし、去っていきます。そんな中、利根川は最後に開司の借金分を引いた1億4000万円を賭けて勝負しようと持ちかけます。

しかし、車の中でEカードを始めると車が火を吹き始めます。お金は全て燃えてしまいました。落胆し、蕎麦をすする2人ですが、利根川はかつて開司から奪った5万円を返します。開司は礼を言い、開放された仲間たちとの打ち上げに向かいました。

ですが、これは利根川の罠でした。利根川は車の中のお金を偽札に入れ替えていたのです。開司の分もお金を手に入れた利根川はほほ笑みながら去っていくのでした。

以上、「カイジ2~人生奪回ゲーム~」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「カイジ」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

カイジ2~人生奪回ゲーム~の主題歌について

カイジ2では主題歌がありません。エンドロール中もBGMのみが流れるのみです。

前作での主題歌はYUIの『It’s all too much』です。この時、YUIは両A面シングルとして発売していて、もう1曲は『Never say die』という曲です。

YUIから届けられた2つの候補曲を佐藤東弥監督がどちらも気に入り、主題歌を『It’s all too much』、劇中歌として『Never say die』が使われる事になりました。

カイジ2でも佐藤東弥監督なのですが、主題歌がなかった理由は不明です。知名度も高い人気作ですし、歌手の歌う主題歌があっても良かったのではないかなと思うところです。

カイジ2~人生奪回ゲーム~の感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「カイジ2~人生奪回ゲーム~」の感想評価と口コミ評判です。

カイジ2~人生奪回ゲーム~の感想評価|両者の負けられない戦い

最後の最後までカイジの運命がどうなるのかわからない作品だったのでハラハラドキドキが止まりませんでした。前作で敵であった利根川が今回協力者として一緒に知恵を出し合い奮闘するカイジと2人の姿も新鮮でよかったです。

難攻不落のパチンコ台に対してありとあらゆる攻略法を仕掛けるカイジたちに対しそれを阻止する帝愛の幹部、両者の攻防は本当に見ごたえありました。

どちらも負けられない戦いという感じがヒシヒシと伝わってきて見ているこっちも手に汗握ってみてしまいました。

ハッピーエンドで終わると思いきや前作といっしょでカイジらしく騙されて終わる展開も緊張感の後の緩和で何だかすっきりしました。駆け引きの面白さを教えていただいた映画であると同時に自分にギャンブルは向いてないなと思わせてくれました。

カイジ2~人生奪回ゲーム~の口コミ評判レビュー

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』の口コミ評判レビューには、「藤原竜也の演技は今作においても引き続き継承されている」「利根川が今回は強力な味方となってくれたところがとても熱い展開」「前作であると比べると若干劣るかなと思う」「最後も前作同様の終わり方だったのが良かった」という評判が多い印象です。

★★★★★星5

カイジ2人生逆転ゲームは、前作のEカードに引き続き、本作では沼パチンコで一攫千金を狙うストーリーになっています。

前作の敵であったトネガワは、今回カイジの強い味方として帝愛グループとの勝負に挑みます。頭脳派トネガワの沼攻略は緻密な作戦に基づいており、その戦法はとても惹きつけられます。

攻略本番を描いたシーンでは手に汗握る展開になります。予想打にしなかった沼の仕掛けに、カイジ一行は負けそうになり、トネガワは裏切りに走るかと思いきや、まさかの大逆転へつながっていきます。

緻密な心理描写、マンガで描かれているカイジにぴったりとハマる藤原竜也の演技は今作においても引き続き継承されているので、作品ファンもとても楽しめると思います。

20代男性

★★★★☆星4

私は、原作は読んだことはないのですが、藤原竜也さん演ずるカイジの大げさまでのセリフとドキドキヒヤヒヤ感が好きで、1ですっかりファンになり、2も劇場で鑑賞しました。

1で、娘に渡して欲しいとカイジに託し、高所から静かに姿を消したおじさん。その娘、吉高由里子さんが今回はメインキャストに入り、そしてカイジの映画には居なくてはならない存在の香川照之さん。何しろ個性派俳優の集まりですので、見だしたら、ドキドキ感止まらず。

知恵の出し合いもなかなかなものですが、結局最後騙されて終わる藤原竜也カイジがお人好しでもないのに、笑えるというか気の毒というか…最後のおバカさ加減が1も2も楽しませてくれました。

ゲームもパワーを増していましたが、ゲーム自体は1の方が個人的にアナログ感があって好きです。また藤原竜也カイジが観たいな…と思います。

40代女性

★★★★☆星4

前作がとても面白くドはまりしてしまったので二作目がでると知った時は絶対に見なくては!という心境でした。実際に見てみるとやはり面白い‼内容も面白いんですが絶賛するのは藤原竜也さんの演技力がすごすぎてかなりの迫力を感じました。

一作目はギャンブル感がかなり高かったと思うのですが二作目はそこまで危険なギャンブルではなかったのでその点は残念な部分ではあります。この映画を見るとつくづくギャンブルは依存性が高く自分を破滅させるゲームだと感じました。

遊び程度でやめることが出来れば人生棒に振ることはないのでしょうが、多額の借金をしてまで行う人が表れてしまうくらい怖いものだと思います。

30代男性

★★★★☆星4

原作の漫画も大好きで映画館に見に行きましたが、非常にクオリティも高く面白かったです。第一弾の人生逆転ゲームのEカードのクオリティの高さにも感動しましたが、2弾の人生奪回ゲームの沼の再現度はさらにクオリティが高かったです。

また、伊藤カイジ役の藤原竜也も非常にはまり役ですし、利根川幸雄役の香川照之も非常にいいキャラをしております。原作とは登場人物が違いますが、これはこれで非常に良かったです。カイジの再起だけでなく、利根川の再起も今作のテーマかと思います。

沼攻略後の獲得金をかけての利根川との勝負も非常に熱くなって見てしまいました。とにかく、見所満載で、地下からの沼攻略などストーリーもほぼ原作通りで見て大満足でした!

40代男性

*映画「カイジ2~人生奪回ゲーム~」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA