CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『ドクター・ストレンジ』の能力や強さ、師匠であるエンシェント・ワンについて解説【あらすじネタバレや感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年1月27日、日本公開の『ドクター・ストレンジ』。

アベンジャーズのメンバーの中でも欠かせないキャラクターとなったドクターストレンジの初の単体作品です。

MCU作品としては14番目に辺り、続編となる『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の公開も決定されています。

映画『ドクターストレンジ』の口コミ評判レビューには、

  • テンポが早くてあっという間に終わった
  • 他のマーベル作品を見ていなくても楽しめる
  • CGの映像効果がすごい映画
  • 建物がぐにゃぐにゃする感じも斬新で面白かった
  • 映像技術が魔術を美しく表現できてる
  • 次回作の為にエンドロールまで見るのは必須
  • 敵の魔術師と戦うシーンが圧巻だった
  • 今後に繋がるシーンも多くマーベルファンなら必見の作品

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • ドクター・ストレンジの師匠であるエンシェント・ワンについて解説
  • ドクターストレンジの強さ・能力について解説考察
  • ドクター・ストレンジのあらすじ
  • ドクター・ストレンジの感想評価
  • みんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「ドクター・ストレンジ」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「ドクター・ストレンジ」を観るならコチラ▼

ドクター・ストレンジの師匠であるエンシェント・ワンについて解説

ドクター・ストレンジに魔術を教え、彼の師となるエンシェント・ワン。エンシェント・ワンはストレンジに長年守ってきたタイムストーンを継承し、息を引き取ります。最強の至高の術師の死はドクター・ストレンジに大きな影響をあたえました。

映画版では原作と異なり白人の女性であるティルダ・スウィントンが演じたことでも話題となりました。

そんなエンシェント・ワンについて解説していきます。

管理人

エンシェント・ワンは、ネパールのカトマンズというところにある魔術師が技を磨く「カーマ・タージ」の主であり、最高の魔術師です。

原作では高齢の男性でしたが、MCU版では、髪の毛を沿った女性の姿となっています。

ドクター・ストレンジは出会った当初、エンシェント・ワンの出で立ちや、魔術にも懐疑的であったことから高圧的に彼女に接します。

しかし、エンシェント・ワンによってアストラル体になる体験や、魔術の存在を明らかにされたことで、彼女のもとで魔術を習うことを志願します。

年齢は推定700歳を超えており、人格者でもある彼女は弟子たちから慕われ、尊敬を集めていました。ですが、彼女には隠された秘密がありました。

それは、敵対する悪のヴィランも使う闇の魔術ダーク・ディメンションの力を、エンシェント・ワンも得ていたということです。エンシェント・ワンは、ダーク・ディメンションを弟子たちが使うことを禁じていました。

管理人

なぜ、エンシェント・ワンはその力を弟子たちにも秘密にしながら使っていたのか。

彼女は、ドクター・ストレンジにその力を得ていた理由を聞かれた際「より大きな目的のため」と言いました。

多くは語らなかった彼女ですが、魔術の均等を守るためには、闇の魔術に手を出さざる負えなかった、と推測しました。

しかし、彼女はストレンジ以外にも弟子のモルドにダーク・ディメンションを使用している場面を見られ失望されてしまいます。

結局、エンシェント・ワンはカエシリウスに敗れ致命傷を負い命を落としました。ダーク・ディメンションの力を持ってしても致命傷を負えば命を落としてしまいます。

エンシェント・ワンの死はストレンジに大きな衝撃を与え、彼が魔術の世界で生きていくという決意をもたらしました。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドクターストレンジの強さ・能力について解説考察

ドクター・ストレンジは魔術を駆使するスーパーヒーローです。

魔法を呪文で操る彼は、他のMCU作品の体術や能力を特化して戦うスーパーヒーローとは異なる戦闘をします。

それでは、ドクター・ストレンジの強さはMCU作品内ではどの程度にあたるのか考察してきます。

管理人

まず、魔術師としてのドクター・ストレンジですが、魔術師の総本山「カーマ・タージ」に来た当初は、他の人間と変わりませんでした。

魔術を全く使用できない何もない状態から修業が始まり、その後持ち前の努力家な一面と、呑み込みの早さで書庫に通いありとあらゆる魔術の呪文を学びました。

エンシェント・ワンからの荒療治であるエベレストへ取り残された際も、無事に空間移動する移転魔法を使用して脱出に成功し、魔術師として才能を開花させていきます。

その後エンシェント・ワンから“アガモットの眼”を継承します。

タイムストーンの力を得たことから、時間を自由自在に操ることが出来、未来予知の能力が使えるようになりました。

また、魔術師としても至高の魔術師(ソー・サラー・スプリーム)としての称号を得ているため、文字通り人類史上最強の魔術師となっています。

他にも、魔法のマントを身に着けており空を飛べる能力もあります。

そして敵の目を欺く分身の術や、指で円を描きエネルギー・シールドを作ることで、敵からの攻撃から身を守る防御の術も使用できます。

攻撃、防御、さらに医者でもあったことから、知性も備わっているドクター・ストレンジの強さは、アベンジャーズ内でも最強の強さと言えるのではないでしょうか。

管理人

『ドクター・ストレンジ』のあらすじ

以下、映画「ドクター・ストレンジ」のあらすじです。

『ドクター・ストレンジ』のあらすじ| 天才医師が魔術と出会う

外科医のスティーブン・ストレンジは車で走行中、よそ見をした際に事故を起こしてしまい崖から転落してしまいます。

次にスティーブンが目を覚ますと、自分の両手が大量の治療用のピンで固定されていました。

絶望するスティーブンに、同僚であり元恋人のパーマーは両手の神経が損傷していると告げます。

外科医として致命的な状態となったスティーブン。そんな時、頚髄を損傷し麻痺がある状態から奇跡的に回復した男がいることを知ります。

彼に会いに行くと、「カマータージ」という場所の話をされました。

『ドクター・ストレンジ』のあらすじ| エンシェント・ワンとの出会い

カマータージという場所を目指し、スティーブンは少ない情報を頼りに場所を探し回ります。

さまようスティーブンは強盗に襲われ、唯一の財産の腕時計を壊されます。

倒されたスティーブンは、モルドという修行僧に助けられました。モルドはスティーブンをカマータージに連れていきます。

そこで、エンシェント・ワンと名乗る女性に出会います。スティーブンは彼女に両手の治療を頼みますが、断られてしまいます。

『ドクター・ストレンジ』のあらすじ| 魔術師として奮闘するスティーブン

スティーブンは彼女の手によって、現実的には考えられない不思議な体験をします。

スティーブンはその場でエンシェント・ワンに弟子入りを懇願しました。エンシェント・ワンは悩みますが紆余曲折を経て彼の弟子入りを認めます。

ですが、その後闇の魔術師の存在や戦いが起き始めていることをスティーブンは知ります。

以上、「ドクター・ストレンジ」のあらすじでした。

彼は魔術師として成長できるのか?

闇の魔術との闘いとは?

この先の展開が知りたい方は、ぜひ実際に映画を見ることをおすすめします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ドクター・ストレンジ」を今すぐ観たいあなたはコチラ▼

『ドクター・ストレンジ』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「ドクター・ストレンジ」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|ドクターストレンジと闇の魔術との戦い

怪我から自暴自棄になり、再起を願いエンシェント・ワンのもとで魔術師を志した後は、ひたすら熱心に努力し、魔術と向き合う実直な姿がありました。

そのどんなに苦しい状況でもへこたれず諦めないひたむきな姿に、ヒーローとしての魅力を感じずにはいられませんでした。

ただ、初めは医師として優秀であるという自負と傲慢な性格でした。

また、スティーブンは日々努力し書を読みふけってはいましたが、知識は増えても実際に魔術を思うように出すことが出来ないでいました。

そんなスティーブンをエンシェント・ワンはヒマラヤの山頂に置き去りにします。

焦ったスティーブンはなんとか術を使い元居た場所に戻れるように試みますが、失敗します。戻ってこないスティーブンを次第に心配し始めるエンシェント・ワン。

ですが、空間に光の輪が弱弱しく表れたかと思えば、その輪をくぐりスティーブンが現れました。自力で空間転移の術の習得に成功したのです。

管理人

それから更に、スティーブンは持ち前の呑み込みの良さを発揮し、熱心に書庫に通いあらゆる魔術に関する書籍を読み込んでいきました。

ある時、スティーブンはエンシェント・ワンの蔵書の一つである「カリオストロの書」を見つけます。好奇心に駆られ書を手に取るスティーブン。

書庫を管理するウォンによってその書は危険な魔術書であり、かつてのエンシェント・ワンの弟子カエシリウスによって、一部が持ち出されていることを知ります。

その後、スティーブンはどんどん魔術師として鍛錬し技術を身につけていきました。


同じMCU作品内でもタイプが似ている「アイアンマン」のトニー・スターク以上にナルシストでとっつきにくさを感じたスティーブン。

本作はスティーブンがドクターストレンジとして、スーパーヒーローとなる成長の物語でもありますが、華麗なCGのアクション映画が続いていた今までのMCU作品とは違い、華麗な魔術のぶつかりあいを堪能できる新たな映像世界を味わえるスーパーヒーロー映画でもありました。

VFXを駆使した視覚的にも異次元を感じられる魔術と魔術のぶつかる世界。

特にはじまりのエンシェント・ワンがスティーブンに見せる魂と身体が分離する術からの万華鏡のように広がる宇宙や建物がぐにゃりと曲がる世界。

スクリーンでみると圧倒されるような奇妙であり不思議な映像体験は、映画館でみてよかった!と感動を覚えるほどでした。

管理人

現実では考えられないような体験を視覚で楽しめる、とても映画向きの作品でした。

キャラクターも一癖も二癖もあり、二転三転する物語と相まって最後までワクワクする高揚感を感じながら見ることが出来ました。

ラストは、魔術師として修業を積みエンシェント・ワンからも認められるようになったスティーブンが闇の魔術師として堕ちたカエシリウスと対峙することになります。

カエシリウスとそして、エンシェント・ワンの力の秘密を知り絶望したモルドと戦うスティーブン。

苛烈な戦いを経てからくもスティーブンはカエシリウスを暗黒次元に落とし、勝利します。けれど、モルドとは袂を分かつことになりました。

ドクター・ストレンジは、一人の男性の挫折そして新たな道を模索し、再生する新たなスーパーヒーローが誕生する物語です。

管理人

続編の公開も決定していて、「ドクターストレンジ」の続編は、新たなMCU作品の世界観を広げるうえで重要な役割を経ていることが明かされています。

どのような物語であり、どのような熱狂が待っているのか公開を心待ちにしたいと思います。

『ドクター・ストレンジ』のみんなの口コミ評判レビュー

『ドクター・ストレンジ』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「知名度が世界的に高まったあたりの時期のカンバーバッチ出演作としては異例なジャンル」「今後の展開も含めて見ると非常に楽しめる映画」「続編に繋がる結末でしたので、次回作観るには要必見」「幅広い世代に受ける作品だと思う」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★☆星4

天才的な外科の腕を持つストレンジが、両手の大怪我という事故によって一気にどん底に落とされて行きます。

あの傲慢だった彼がこれからどうなってしまうのか!と一気に引き込まれて行きました。

その今までの名声を諦めきれずもがき苦しむ様子は、彼を照らす栄光の光が今までとても強かった事が読み取れます。

それと共にその問題の解決へと必死に突き進むストレンジに、最初の傲慢な嫌な感じから徐々に応援する気持ちで観ていけました。

そしてネパールでの修行は、魔術師のワンの登場で、どんどん不思議な世界観となっていくのはとても興味深く観られ良かったです。

その中で、敵の魔術師と戦うシーンが圧巻でしたし、ニューヨーク・カトマンズ・香港などと場所も移動していくのが面白かったです。

50代女性

★★★★★星5

MARVEL好きとして欠かさず観てきた中で、ドクター・ストレンジはかなり上位に入る面白さでした。

ドクターであることに誇りを持っている人物。頭が良いはずなのに、どこかおっちょこちょいで天然なキャラクターが魅力的です。着けている時計がすごくかっこいいです。

本作でさらにストーンの存在が際立ってきました。これを観ないと今後の作品に影響します!

カエシリウスとの闘いの映像も今までを周到しているほどの出来です。世界観が他のmarvelとは違うので、新鮮な気持ちで観れるかと思います。

最後の闘いのドルマムウの倒し方は、さすが天才だなと思わせる闘いでした。他のヒーローだと相性悪くて負け確定ですね。

モルドが闇落ちする結末でしたので、次回作観るには要必見です。

30代男性

★★★★★星5

MARVEL作品は大好きで全て見ています。

ドクターストレンジはお医者さんが主人公ではありますが、あまり医者の要素はなくて全く別物のヒーローとしてみる方が良いです。

他のヒーローのように先天的にパワーがあったりするのでは無く、自らの努力でパワーを身につけて行く過程が面白くて努力すれば報われるんだなというのを実感しました。

ストーリーも難しい訳では無いですが、悪者なのかいい人なのか少しぼんやりするような人は正直居ました。

途中の戦闘シーンで建物が大きく動いたり、縦が横に、横が縦に、と激しく映像が動くところがあります。

あまりにも移動が激しすぎて、乗り物酔いしたような感じになったので、あのシーンだけはもう見たくないかもです。

今後のMARVELにもたくさん出演して欠かせないキャラクターなので、ぜひ細かいところまで見て欲しいです。

30代女性

★★★★☆星4

マーベル作品はアベンジャーズ1から過去作品も含めて追いかけていたので、ドクターストレンジを見るのも自然な流れでした。

マーベルシリーズの中でも、戦うや乗り物などのアクションだけでは無く錯覚をさせられる様な仕掛けも多くあるので見応えは充分にあり楽しむ事が出来ます。

また映画中には今後に繋がるシーンも多く、この時なこれはこれだったのか、などもう一度見返したくなる様な場面も多々あります。

シリーズを通して見た後でもまだ見れる、考えられて作られている良い映画なんだなと感じました。

クライマックスから終わりにかけて、ボスの倒し方はぜひ見てもらいたい部分です。そんなやり方が…と思わされました。

人と人とのストーリーや、シリーズとしての話し、今後の展開も含めて見ると非常に楽しめる映画かなと思っています。

30代男性

★★★★★星5

マーベルヒーローシリーズが大好きで色々観てきましたが、そのシリーズの中でもとにかく映像が衝撃的で映画館で観て本当に良かったと思えた作品でした。

映画館で観ていた時若干酔ってしまったほどです。

ストーリーとしては、名医だったドクターストレンジの大きな挫折と苦悩から始まりそこから成長していくというよくある内容です。

しかし、それ以上に戦い方や映像が予想を超えるクオリティだったことと、マーベルヒーローなのにカンバーバッジ…という新しいキャラ的な感じ。

それらによって、とても新鮮な気持ちで観ることができワクワクしました。

最後強敵と戦うまでは、とてもしっかり構成されている感じがして笑いもありとてもおもしろかったのです。

しかし、なんだか最後が尻つぼみというか、ボスキャラの印象が弱かったように思います。

観てしばらく月日がたって思い出そうとしたころ「あれ?最後どんな感じでおわったっけ?」という感じになりました。

30代女性

★★★★★星5

ドクター・ストレンジは医者でありながら、魔術を使う異色のヒーローです。杖をふって呪文を唱えるやつじゃなく、魔法陣を描いて力を放つやつです。

魔術を駆使したシーンは迫力があり、とてもカッコよく夢中になって見てました。

また、想像以上にコミカルでクスッと笑えるところも多くあります。同じマーベル映画の中だと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ぐらいコメディ色が強めです。

ドクター・ストレンジを演じるのは“ベネディクト・カンバーバッチ”です。

クールですでに人気の高い俳優ですが、今作のストレンジ役もぴったり合っており、カッコよくファンになりました。

子どもにも観せやすいと思います。幅広い世代に受ける作品だと思います。

20代女性

★★★★☆星4

時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。アクションの表現が細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。

ロケ地もさまざまなところで行われており、世界のいろいろな場所が登場しますので、旅行が好きな方は元ネタがわかるのでそういった見方もできると思います。

マーベル作品は全部見ないといけないような先入観がありますが、この作品単体で見てもストーリーが構成されています。

より具体的なマーベルの世界を知りたいと思わされるようなつくりになっているなと思います。そこはうまく誘導ができていると思いました。

主演はベネディクトカンバーバッチさんで、もともと味のある俳優さんだと思っていました。

ドクター・ストレンジの役柄を演じる中ですごいと思ったのは、テンションの上がったり下がったりの表現の仕方でした。

あまりテンションが変わらない気質を演じている部分はあります。

しかし、その中でもテンションが上がっているときオペをしているときや戦闘など自分が能動的に興味を持ってやっているときはなんだかテンションが高いのです。

冷静な中での表現なのでそこは大変だったかと思いますが、そういう部分も面白かったです。

40代女性

★★★★☆星4

正直『ドクターストレンジ』の映画には興味はありませんでした。

主人公の俳優が違う映画で難しい役柄をしていたことから、難しい考えないと行けない映画に出演する俳優なんだと勝手に思っていた為です。

しかし、たまたまマーベル作品を観る上の流で、観ておかないと登場人物の意味が分からなくなると聞きその流れから観ることになりました。

結論から言うと予想に反した結果となりました。マーベル作品には無くてはならない登場人物ですし、見入ってしまいました。

カタブツな医者で、自分の病気を治す為に訪れた中国武術の集団の棲家と思われる屋敷。

断られても屋敷の前で粘る姿、理解した中国武術のリーダから様々なことを教わるものの、どこかで秘密を知りたいと探りを入れたり目が離せないストーリーでした。

おかげでマーベル作品の繋がるキャラクターの映画全てを網羅できました。続編の公開も楽しみです。

50代女性

*映画「ドクター・ストレンジ」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ドクター・ストレンジ」を今すぐ観るならコチラ▼

▼マーベル関連映画作品の特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments