CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ハリーポッターとアズカバンの囚人のあらすじネタバレ感想評価!逆転時計の矛盾などを伏線を解説考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2004年6月26日、日本公開。

ハリーポッターシリーズの第3作目で、主人公ハリーの両親の死の真相について明らかになっていきます。

1作目、2作目で監督を務めていたクリス・コロンバスが降板して、メキシコ人のアルフォンス・キュアロンが今作では監督を務めています。また、ホグワーツの校長・ダブルドア役を務めていたリチャード・ハリスが亡くなったことにより、アルバス・ダンブルドア役はマイケル・ガンボンが演じています。

映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のまとめ
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人のあらすネタバレ
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人の感想評価と口コミ評判レビュー
  • 逆転時計の矛盾や忍びの地図について解説
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人のテレビ放送・地上波の予定一覧!
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人フルで無料視聴できる無料動画サイトも

もし、まだあなたが一度も「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。例えば、今ならU-NEXTだと「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を観るならコチラ▼

ハリーポッターとアズカバンの囚人のあらすネタバレ|大人になるハリー

以下、映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のあらすじ|ダーズリー家を飛び出すハリー

夏季休暇中、ダーズリー一家のもとにマージおばさんが訪ねてきました。ハリーの両親のことを悪く言うマージに腹を立てたハリーは意図せずにマージを風船のように膨らませてしまいます。そして、そのままハリーはトランクを持ってダーズリー家を飛び出しました。

ハリーが道に座り込んでいると、そこに不気味な犬が近づいてきます。身を守ろうと杖を取り出したそのとき、大きなバスがどこからともなく現れました。それは迷子の魔法使いの緊急お助けバスでした。

ハリーはバスの中でシリウスブラックという男が一面に写った新聞を目にします。シリウスは初めてアズカバンを脱獄することに成功した殺人犯で、ヴォルデモートの手下だと言われていました。

漏れ鍋に到着したハリーを待っていたのは魔法大臣のファッジでした。なぜかファッジはハリーに異様に優しく、外を出歩かないようにと注意しました。ハリーが漏れ鍋で過ごしていると、ヴィーズリー一家とハーマイオニーがやってきました。

アーサーはハリーを呼び出し、シリウスがハリーを探して命を奪おうとしていることを伝えます。決してシリウスを探したりしないようにとハリーは忠告を受けました。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|吸魂鬼を前に気を失うハリー

ハリーたちは、いよいよホグワーツ特急に乗り込みます。しかし走っている途中、いきなり汽車が止まってしまいます。真っ暗になり、窓は凍りつきます。

そしてハリーたちのコパーメントにアズカバンの看守である吸魂鬼が入ってきました。その瞬間ハリーの頭には女性の叫び声が鳴り響き、ハリーは気を失ってしまいました。

ですが居合わせたルーピン先生が吸魂鬼を追い払ってくれました。吸魂鬼が現れたのはシリウスが捕まるまで学校の警護にあたることになっていたためでした。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|ハグリットの最初の授業

授業が始まり、3年生になって新しい科目も増えました。ハーマイオニーはたくさんの教科を選択しており、どうやって授業をこなしているのか不思議になるほどでした。

ハグリットは魔法生物飼育学の教員に就任し、初めての授業で皆んなにヒッポグリフを見せました。ハリーはどうにかヒッポグリフを手懐け、背中に乗って空を飛ぶことに成功します。

それを見ていたマルフォイがヒッポグリフに近づき、罵声を浴びせます。その馬鹿にした態度を理解したヒッポグリフはマルフォイに襲いかかりました。大した傷ではないのに、マルフォイは大騒ぎしてハグリットの最初の授業は悲惨な結果に終わってしまいました。

それに比べ、ルーピンの授業はとても面白いものでした。ルーピンが用意したボガートは前にした人物が一番恐ろしいと思っているものに変身し、襲いかかってきます。生徒たちは杖を向け、それを笑いに変えていきました。

ハリーの順番になるとルーピンはハリーの前に立ち、ボガートとの対決を避けさせました。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|シリウスの侵入

3年生になると週末にホグズミートに行くことが許可されます。しかし叔父からサインをもらうことができなかったハリーは行くことができませんでした。

留守番となったハリーはルーピンの元を訪ねました。ルーピンがハリーとボガートの対決を止めたのはボガートがヴォルデモートになることを恐れたためでした。

しかし、ハリーが思い浮かべていたのは吸魂鬼でした。ルーピンはリリーとジェームスの学生時代の友人であり、2人がどんなに素晴らしい人物であったかハリーに教えてくれました。

グリフィンドールの寮に戻っていると、入り口の肖像画の前に人だかりができていました。絵は大きな傷がつけられています。絵の中にいた太ったレディーはシリウスブラックの仕業だと叫びました。

その後、先生たちが隈なく探しましたがシリウスは見つかりませんでした。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|初めての敗戦

いよいよクィディッチの試合が始まります。ハリーがスニッチに手を伸ばしかけたとき、吸魂鬼がハリーに襲いかかります。見張りの吸魂鬼が校内に入ってきてしまったのです。

ハリーは箒から転落し、敗戦してしまいます。その上、箒は暴れ柳にぶつかり、真っ二つに折れてしまいました。ハリーだけにこんなに吸魂鬼の影響があるのは、ハリーの過去に誰も持たない恐怖があるからだとルーピンは言います。

ハリーは吸魂鬼から身を守る方法をルーピンから教わることになりました。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|ハリーの名付け親

2回目のホグズミート行きの日、ハリーはフレッドとジョージから忍びの地図をもらいます。その地図はホグワーツ内で誰が何をしているのか分かるようになっており、ありとあらゆる抜け道も記されていました。

ハリーはその抜け道の1つからホグズミートに行くことに成功します。マントを被り透明になったハリーはマクゴナガルがハリーの話をしているところに潜入します。

そこでハリーはシリウスがハリーの両親の居場所をヴォルデモートに教えたことを知ります。それだけでなくブラックは両親の友人であるペティグリューの命を奪いました。

ペティグリューはハリーの両親に危険を警告しに行くところでシリウスと出会してしまったのです。ペティグリューは粉々にされ、残ったのは指1本だけでした。更にシリウスがハリーの名付け親という事実も知るのでした。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|忍びの地図に現れたのは…

ルーピンとの最初の個人授業が始まります。ルーピンが教えてくれるのは守護霊を作りだす呪文でした。幸せな思い出がなかなか浮かばず、苦労するハリーでしたが、母親と父親のことを思い浮かべどうにか守護霊を出すことに成功しました。

ハグリットはマルフォイが怪我をしていたことで聴聞会にかけられていました。ルシウスの発言により、ヒッポグリフは死刑されることになってしまいます。

その夜、忍びの地図を眺めていると、地図上にペティグリューの名前が浮かび上がります。亡くなったはずの人間の名前がなぜあるのか、不思議に思ったハリーは寮を抜け出しペティグリューを探します。

地図上では近づいたものの、ペティグリューの姿はどこにもありませんでした。するとそこへスネイプがやってきます。スネイプはハリーの地図を没収してしまいます。

しかし運のいいことにそこにルーピンが通りかかり、地図はルーピンが預かることになりました。ハリーは地図上にペティグリューの名前があったことを伝え、ルーピンは信じられないと顔をしかめました。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|スキャバーズの正体

いよいよヒッポグリフの命が奪われる日となりました。ハグリットの様子が気になった3人はハグリットの小屋を訪ねます。そこでハグリットはスキャバーズをロンに差し出します。

ハーマイオニーの猫のクルックシャンクスがスキャパーズを食べてしまったものだと思っていたロンは大喜びでスキャバーズを抱きしめます。するとそこに死刑執行人たちがやってきました。

3人は裏口から抜け出し、ヒッポグリフの死刑を見届けて涙するハーマイオニーに寄り添っていました。その時、スキャバーズがロンの指にかみつき逃げ出してしまいます。ロンは追いかけ、なんとか捕まえることができましたが暴れ柳の下まで行ってしまいました。

そこにハリーが以前見かけた犬がやってきて、ロンを引っ張り、暴れ柳の穴の中へ引きずり込んでしまいます。2人はロンの後を追いかけると、そこはホグズミートの叫びの屋敷に繋がっていました。

黒い犬の正体はシリウスブラックでした。ハリーはシリウスに飛びかかり、杖を向けます。するとそこにルーピンが現れ、ハリーの杖をはじき、シリウスを助けおこして2人は抱き合いました。

ルーピンに裏切られたと3人はショックを受け、ハーマイオニーはルーピンは人狼だと暴露します。ルーピンは訳を話そうとしますが、シリウスは一刻も早くペティグリューの命を奪うと喚き始めます。

シリウスの狙いはハリーではなかったのです。シリウスが杖を構えたところに今度はスネイプが現れ、シリウスの杖を弾き飛ばします。シリウスは追い詰められてしまいますが、真実が知りたかったハリーは杖をこっそり構え、スネイプを攻撃しました。

ルーピンとシリウスはロンのスキャバーズがペティグリューだと言います。スキャバーズはペティグリューと同じように指が一本欠けていました。指を一本残すことで命を落としたと見せかけていたのです。

そして衝撃を受けるロンをよそに、スキャバーズはペティグリューに変身しました。ヴォルデモートにハリーの両親の居場所を教えたのもペティグリューだったのです。

怒りに震えたシリウスとルーピンはペティグリューの命を奪おうとしますが、ハリーは2人を止め、吸魂鬼に引き渡そうと促します。父親の2人の親友を殺人者にするのが嫌だったのです。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のネタバレ|変身するルーピン

一行は叫びの屋敷から抜け出し、城に向かいます。シリウスはハリーに一緒に暮らさないかともちかけました。別の家族ができるなんて、ハリーには夢のような話でした。

するとそこに満月が顔を出します。その日薬を飲んでいなかったルーピンは狼に変身してしまいました。その隙にペティグリューはネズミに変身し、逃げ出してしまいます。

狼はハリーたちに襲いかかろうとしましたが、シリウスが犬に変身して狼に飛びかかり、ハリーたちを庇ってくれました。しかし、深い傷を負ったシリウスは湖のほとりに倒れてしまいます。

ハリーがシリウスに寄り添っていると、そこに吸魂鬼の大群が現れてハリーたちに襲いかかってきました。ハリーは守護霊の魔法を使いますが、大群相手にはかないません。

シリウスの魂が奪われそうになったその時、ジェームズのような人物が現れ光輝く牡鹿を出し、吸魂鬼たちを撃退してくれました。ハリーはそのまま気を失ってしまいます。

ハリーポッターとアズカバンの囚人の結末ラスト|時間を遡るハリーとハーマイオニー

ハリーが目を覚ますとそこは医務室でした。側にはハーマイオニーがおり、シリウスがもうすぐ吸魂鬼のキスを受けることを告げます。そこにダンブルドアがやってきて、ハーマイオニーに逆転時計を使うことを促します。

それは授業を一度に受けられるようにハーマイオニーが特別に学校から授けられた時を戻す時計でした。2人はヒッポグリフが処刑される前まで時を戻しました。罪なき命を救えるというダンブルドアの助言通り、2人はヒッポグリフを逃すことに成功します。

その後、過去の自分たちの行動を見守っているとハリーとシリウスを襲った吸魂鬼の大群か現れました。ジェームズが見られると期待していたハリーでしたが、誰も現れる気配はありません。

焦ったハリーは自分で守護霊を作り出し、2人を助けました。あのときジェームズだと思っていたのは自分自身だったのです。そしてハリーとハーマイオニーはヒッポグリフに乗り、牢屋に閉じ込められているシリウスを助け出しました。

シリウスはハリーに愛する人はずっと側にいるという言葉を残し、ヒッポグリフに乗って行ってしまいました。後日ハリーのもとにファイアボルトが届きます。それはシリウスからの贈り物で、ハリーは笑顔でその世界最速の箒に飛び乗りました。

以上、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を観たいあなたはコチラ▼

ハリーポッターとアズカバンの囚人の感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|前2作と比べてファンタジーから大人の作品に

前作では活躍機会が少なかったハーマイオニーが大活躍します。最初は謎なシーンが多かったですが、中盤から後半にかけて徐々に明らかになる伏線回収が良かったです。

また、今作品ではハリーポッターシリーズの中でも重要なシリウスブラックが登場します。最初はハリーの命を狙っている、との描写が多かったのですが、そこからシリウスの本当の目的が明らかになるとともに盛り上がりを見せてくれました。

まさか、という殆ど表に出てこなかった人物がキーになっているので、予想を裏切られた人も多いと思います。

最後はスッキリとした後味で終わらない描写になっている為、あんまりという感想の人もいるかもしれませんが、全体のストーリーはよく出来ており、予想外の展開の連続で私は好きな作品の一つです。

ハリーポッターシリーズの中でも重要な真実が明らかになる作品で、欠かせない作品だと思います。

口コミ評判レビュー|☆5多数の高評価映画

★★★★★星5

ハリーポッターシリーズ3作目となるアズカバンの囚人は、ハリーの両親について深く触れる場面が初めて出てきたように思えます。

キーマンとしてヴォルデモート卿やシリウス・ブラックがいますが、そういった人物が少しずつ明るみになるストーリーで、それを受け入れてまた少し成長したハリーを感じられます。

ハリー自身の暗い感情の描写もここから描かれ始めてるように思えます。両親を亡くしてる心の闇も、死へのダイレクトな恐怖も、すごくリアリティです。

その反面でパトローナムが上達した時には両親へのあたたかい感情や、名付け親のシリウス・ブラックが無実の投獄だった事への喜びなど、心があたたまる場面も多く盛り込まれていました。

ハリーポッターシリーズ恒例のハーマイオニーの閃きも光ります。終盤では勤勉な彼女の頭脳のおかげで、ヒッポグリフやシリウス・ブラックを逃がす事に成功できました。

まるでどんでん返しのような展開に観ていてドキドキしました。

20代女性

★★★★★星5

個人的にハリーポッターシリーズの中で1番好きです。賢者の石や秘密の部屋も楽しく見ていましたが、アズカバンの囚人で一気にストーリーが壮大になってきて、続きが見たいと思っていくような内容になっています。

ハリーポッターのキャラクターたちは、本当にみんな個性があって、愛すべきキャラクターが多いですが、そこにシリアスブラックが加わることにより、ハリーポッターのキャラクターたちにもっと愛着が湧きました。

ハリーに家族のような存在が増えることは、賢者の石から見守ってきた読者にとって、みんな嬉しく心温まることだと思います。

またダンブルドアのハリーやハーマイオニーへの信頼もとても嬉しくなりました。一気に面白くワクワクする物語へと誘ってくれます。

20代女性

★★★★★星5

個人的にはハリーポッターシリーズで一番好きな作品です。亡くなってしまったハリーの両親とその友人達の友情、そこから繋がるハリーやロン達の友情の物語とも言えると思います。出てくるキャラクターも非常に個性的で、さすが魔法界とでも言わんばかりの狼男なども出てきて、とても面白いです。

また、1作目から通して見ていると、作中でのハリーたちはもちろんのこと、演者の皆さんの成長ぶりも見ることが出来るので、親目線でその成長を楽しむことができるのがこの作品の一つの楽しみ方だと思います。

そして個人的には、シリウス・ブラックを演じている、ゲイリー・オールドマンさんがイケオジという感じでとても大好きです(笑)

30代女性

★★★★★星5

このストーリーでは、吸血鬼という存在と守護霊の魔法、名付け親のシリウスの存在、など、この後のシリーズでも重要になる要素がたくさん詰まっています。

中でも名付け親のシリウスは、親を亡くして頼る人がいないハリーにとって肉親のように信頼できる存在としてこの後もハリーを支え続けます。2人で両親について話し合っているシーンはとても感動しました。

また、逆転時計や透明マント、忍びの地図など面白いアイテムがたくさん出てくるのもこの章の注目ポイントです。それぞれを巧みに使ってハラハラする展開が繰り広げられるので非常に楽しめます。

逆転時計による同一時間の彼らの行動、守護霊の魔法、名付け親との再会など、見どころ満載の大好きな作品です。

30代女性

*映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

逆転時計の矛盾や忍びの地図について解説

逆転時計の矛盾について

逆転時計を使って、ハリーとハーマイオニーは捕まったシリウスを救うことができています。過去に戻った際、シリウスを救う前に暴れ柳を出てから吸魂鬼に襲われてしまった自分自身とシリウスを守護霊を作り出すことによって守っています。

しかし、ここで矛盾が生じています。逆転時計を使っていなければ、ハリーは吸魂鬼に襲われ、魂が抜き取られている状態になっているはずです。そうすればハリーが意識を取り戻したり、シリウスが捕われるという未来はないはずです。

逆転時計を使う前に、守護霊を作り出していなければ、ハリーが逆転時計を使う未来はないということになります。

忍びの地図は誰が作った?

忍びの地図を作ったのはムーニー、ワームテール、パットフッド、プロングスであると地図上にでてきます。

これは学生時代のジェームス、シリウス、ルーピン、ペティグリューの愛称であり、仲良し4人はルーピンが狼に変身する際に誰にも見られないようにこの地図を使って叫びの屋敷まで行っていたのです。

ハリーポッターとアズカバンの囚人のテレビ放送・地上波の予定一覧!フルで無料視聴できる無料動画サイトも

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』のテレビ放送一覧

2007年3月31日にテレビ初放送。以降は約2年に1回のペースで地上波でテレビ放送されています。

2020年11月6日に、金曜ロードショーにてテレビ放送

映画『ハリーポッターとアズカバンの囚人』がフル動画で無料視聴できる公式サービス

三谷幸喜監督の『ハリーポッターとアズカバンの囚人』は是非ともオススメしたい作品です。

そこで、映画『ハリーポッターとアズカバンの囚人』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を観ることができるわけです。

ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

▼連休に最適!無料で「ハリポタシリーズ」を今すぐ観るならコチラ▼

▼絶対見るべき洋画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA