CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじネタバレと感想評価!蛇のバジリスクについても解説考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2002年11月23日、日本公開。

ハリーポッターシリーズの第2作目。ヴォルデモートの正体に迫り、学校内で起こる秘密の部屋に関する事件の1年間となっています。

劇中でハリーとロンが乗った空飛ぶ車のモデルは「フォード・アングリア」ですが、木に突っ込む為、撮影では14台ものフォード・アングリアが壊されることになりました。

また、「嘆きのマートル」役で出演したシャーリー・ヘンダーソンは撮影当時37歳で、最高齢のホグワーツ生となっています。

映画「ハリーポッターと秘密の部屋」のまとめ
  • ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじネタバレ
  • ハリーポッターと秘密の部屋感想評価と口コミ評判レビュー
  • 蛇のバジリスクの謎を解明!トムリドルとの関係性についても解説考察
  • ハリーポッターと秘密の部屋のテレビ放送・地上波の予定一覧!
  • ハリーポッターと秘密の部屋フルで無料視聴できる無料動画サイトも
それではハリーポッターと秘密の部屋のネタバレとあらすじ・感想評判の前に、ハリーポッターシリーズを見逃してしまったあなたは、U-NEXT等の公式サービスを使って一度観ることをおすすめします!

▼今なら無料!「ハリーポッターと秘密の部屋」を観るならコチラ▼

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじネタバレ|トビーとの出会い

以下、映画「ハリーポッターと秘密の部屋」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじ|突然現れるドビー

夏休み、ダーズリー家で暮らすハリーの元には誰からも連絡がありませんでした。

叔父さんの大事な商談の日にハリーは部屋で静かにしていろときつく命じられていました。そして、ハリーが部屋に戻るとそこに屋敷しもべ妖精のドビーが現れます。

ドビーは仕える家がありながらここに来てしまった自分にお仕置きをしながら、ハリーに今学期ホグワーツに戻ってはいけないと忠告します。恐ろしい罠が仕掛けられていると言うのです。友達からの手紙を止めていたのもドビーの仕業でした。

ドビーはハリーにホグワーツに戻らないと言わせるため、ケーキに魔法をかけ、叔父の商談相手の頭の上に落としました。それにより、叔父を怒らせてハリーは部屋に閉じ込められてしまいます。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|仲間との再会

その夜、鉄柵をつけられた窓を見ていると一台の車が空からやってきます。ロン、フレッド、ジョージが助けに来てくれたのです。ウィーズリー一家は温かくハリーを迎え入れてくれました。ロンの妹ジニーだけはハリーを見ると顔を真っ赤にし、部屋に逃げて行きました。

学校で必要な物を揃えるため、皆んなでダイアゴン横丁に向かいます。ハーマイオニーとも再会し、皆んなで本屋を訪れるとそこでマルフォイとマルフォイの父であるルシウスに遭遇します。

ルシウスはマグルの両親をもつハーマイオニーを馬鹿にし、ジニーの持つ擦り切れた教科書を手にとって嘲笑いました。そこにロンの父、アーサーが現れ、2人は睨み合います。そしてルシウスはジニーの鍋に本を戻して去っていきました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|空飛ぶ車でホグワーツに向かうハリーとロン

いよいよホグワーツに向かう日になり、ハリーは9と3/4番線に行こうと柱に向かって進みますが跳ね返されてしまいます。ハリーとロン以外の皆んなは既に柱を通っており、焦った2人は空飛ぶ車でホグワーツに向かうことを思いつきます。

なんとかホグワーツに到着することができましたが、着地間際に車が故障し、しかも運の悪いことに暴れ柳にぶつかってしまいます。ロンの杖は折れ、車はめちゃくちゃになり、2人を吐き出してどこかに走り去ってしまいました。

2人の車はマグルにも見られており、処罰を受けることになってしまいました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|開かれた秘密の部屋

クィデッチの練習が始まり、スリザリンは新しいシーカーにマルフォイを迎えていました。ルシウスがチーム全員に最新型の箒をプレゼントしていたのです。

ロンの家とは蓄えが違うと馬鹿にするマルフォイに、ハーマイオニーはグリフィンドールのチームはお金ではなく才能で選ばれていると言い返します。腹を立てたマルフォイはハーマイオニーを穢れた血だと侮辱しました。それはマグル生まれを差別する最低の言葉でした。

ある夜、3人が廊下を歩いているとハリーに何か声が聞こえます。しかし、ロンとハーマイオニーには声は聞こえません。どこから聞こえる声なのか、ハリーが彷徨っていると蜘蛛の大群がゾロゾロと壁を這っているのを見つけます。

不気味に感じ、ふと顔を上げると壁に「秘密の部屋は開かれたり、継承者の敵よ、心せよ」と血文字で書かれていました。そして横には石になったミセスノリスが吊られていました。

3人が固まっているとそこにマルフォイたちが現れ、次は穢れた血の番だと言い放ちました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|秘密の部屋の秘密

マクゴナガル先生の授業中、ハーマイオニーは秘密の部屋とは何なのか尋ねます。マクゴナガル先生は仕方なく秘密の部屋について語り始めました。グリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンと4人のホグワーツの創始者がいました。

あるときからスリザリンだけが他の3人とうまくやれなくなってしまいました。スリザリンは魔法教育は魔法族の家系のみに与えるべきだと考えたのです。

3人は反対し、スリザリンは学校を去ることになりました。その際、自分が作った秘密の部屋を封印しました。スリザリンの真の継承者だけがその封印を解き、その中の恐ろしい怪物を解き放ち、それを操ることでマグルを追放すると言われているのです。

その話を聞いて、ハリーたちはマルフォイがスリザリンの継承者ではないかと疑います。そして、ハーマイオニーはポリジュース薬でグラッブとゴイルに変身し、マルフォイから本当のことを聞き出す計画を思いつきます。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|ブラッジャーに狙われるハリー

いよいよクィディッチの試合が始まりました。試合中、明らかに細工されたブラッジャーがハリーを狙ってきます。ハリーはどうにか避けながらスナッチを手にしますが、腕の骨が折れてしまいました。

試合が終わり、駆け付けたロックハート先生がハリーの骨をなくしてしまうという誤った治療をしてしまい、ハリーは医務室で苦しむことになってしまいました。

その夜、医務室にドビーが現れます。ハリーが駅の入り口に入れなかったのも、ブラッジャーに追いかけられたのもドビーの仕業でした。なぜそんなことをするのか、ドビーは理由を話します。

ヴォルデモートが生きていた時代、屋敷しもべ妖精は害虫同前の扱いを受けていました。恐ろしい歴史が繰り返される前にハリーを守りたいと言うのです。

するとそこに新たな犠牲者が運ばれてきます。ハリーを慕うコリンクリービーでした。その横でダンブルドアが秘密の部屋が再び開かれたと静かに言いました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|決闘クラブ

ハリー、ロン、ハーマイオニーは女子トイレで薬を煎じていました。女子トイレにはメソメソ泣いてうるさい幽霊、嘆きのマートルが住み着いているので人が来ることはありません。

学校では物騒な事件が続くことに伴い、ロックハート先生による決闘クラブが始まりました。ハリーとマルフォイが見本になることになり、2人は決闘を始めます。マルフォイは杖から蛇を出し、ハリーを脅かします。

しかしハリーは蛇と会話をすることができました。ハリーを見つめる周りの目が怯えたように変わります。魔法界で蛇と話せるのは特殊なことで、スリザリンの創始者もその能力を持っていたのです。

それからハリーは生徒たちにスリザリンの継承者ではないかと疑われるようになってしまいました。そして間の悪いことに、また謎の声が聞こえ、彷徨っていたハリーは石になった生徒の第一発見者となってしまいました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|日記を拾うハリー

ついにポリジュース薬が完成し、ハリーとロンはマルフォイの取り巻きであるクラッブとゴイルに変身します。

変身してマルフォイに接触するもスリザリンの継承者が誰なのか分からないようでした。しかし、50年前に一度、秘密の部屋が開かれていること、そしてその者は学校を追われたことが分かりました。

ある日マートルのいるトイレが水浸しになっていました。何者かがマートルに本を投げつけたと言うのです。ハリーはその本を持ち帰ります。表紙にはトムリドルという名前が書かれており、日記のようでしたが、中には何も書かれていません。

ハリーが名前を書いてみると、なんとトムリドルから返事が返ってきました。ハリーは秘密の部屋について知っていることがあるかと問います。すると50年前を見せてあげようという返事が返ってきました。そしてハリーは日記に吸い込まれ、50年前のホグワーツにタイムスリップします。

そこには命を落とした生徒が運ばれるのを見つめている学生時代のトムリドルがいました。トムはある部屋に向かい、そこでは学生時代のハグリッドがアラゴクという蜘蛛を匿っていました。

アラゴクが生徒の命を奪ったと判断したトムはアラゴクに杖を向け、アラゴクは部屋から退散していきました。そしてそのまま杖をハグリッドに向け、退学処分だと言い放ちました。

現実世界に戻ったハリーは、ハグリッドが秘密の部屋を開けた人物だということを受け入れられないでいました。ロン、ハーマイオニーと相談していると、そこにネビルが慌てた様子でやってきます。ハリーたちの部屋が荒らされているというのです。

急いで戻ってみると、トムリドルの日記がなくなっていました。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|いなくなるハグリットとダンブルドア

そしてついにハーマイオニーが石になってしまいました。ハリーは意を決し、ハグリッドに会いに行き、秘密の部屋を開けたのかどうか尋ねます。

ハグリッドが答える前に、突然魔法大臣のファッジとダンブルドアがやってきます。ハリーたちは透明マントを被り、身を潜めます。ハグリッドは自分はやっていないと言い張り、ダンブルドアも庇いますが、ファッジはハグリッドをアズカバンへ連行するという判断を下しました。

そこへルシウスも現れ、ルシウスを含む学校の理事会がダンブルドアの退陣を決定したと知らせます。ハグリッドは2人に蜘蛛の後を追えというメッセージを残し、ダンブルドアと共に連れて行かれてしまいました。

ハグリットの言葉通りにハリーとロンは蜘蛛の後を追います。するとそこに現れたのは巨大蜘蛛のアラゴクでした。アラゴクの証言により、ハグリットは秘密の部屋を開けていないこと、そして怪物もアラゴクのことではないことが分かります。

しかしそれ以上のことが分からず途方に暮れていると、石になったハーマイオニーの手に握られていた紙を発見します。そこには怪物の正体がバジリスクという蛇であることが書かれていました。バジリスクはホグワーツのパイプを通って動いていたのです。

そしてそこに生徒が1人秘密の部屋に連れ去られたという知らせが入ります。その生徒とはジニーでした。

ハリーポッターと秘密の部屋のネタバレ|秘密の部屋を開くハリーとロン

2人は急いで女子トイレに向かいます。そしてマートルの証言により、女子トイレのパイプに秘密の部屋の入り口を見つけます。ハリーが蛇語で開けと呟くと、扉は開かれました。

進んでいくと雪崩が起き、ロンは行き止まりを食らってしまいました。ハリーは1人でジニーを探しに向かいます。再び奥の扉を開けるとそこにはジニーが横たわっていました。

そして50年間日記に残されていた記憶としてトムリドルが現れます。ジニーはどういうわけかトムの日記を手にし、トムに操られていたのです。一度怖くなって女子トイレに日記を捨てたとき、それをたまたま拾ったのがハリーでした。

ハリーにハグリットが退学になる経緯を見せたのもトムの罠で、50年前に部屋を開けたのはトムだったのです。そしてトムは自分が最も偉大な魔法使いであるヴォルデモートだと明かします。

最も偉大なのはダンブルドアだとハリーが言い返すと、そこにダンブルドアの飼っているフォークスがやってきて、ハリーに組み分け帽子を渡します。

トムはバジリスクを呼び出し、バジリスクはハリーに襲いかかります。ハリーは組分け帽子の中に剣が入っているのを見つけ、その剣でバジリスクの頭を突き刺しました。

しかし刺した際にバジリスクの牙がハリーの腕に刺さってしまいます。ハリーはフラフラになりながら、その牙でトムの日記を突き刺します。すると記憶のトムは滅びてしまいました。

ジニーは意識を取り戻すことができましたが、ハリーはバジリスクの毒が回り、動くことができません。そこに再びフォークスがやってきて、ハリーの絆に癒しの涙を流しました。

そしてフォークスにつかまり、ハリーたちは秘密の部屋を抜け出しました。

ハリーポッターと秘密の部屋の結末ラスト|帰ってきたハグリット

ダンブルドアはハリーとロンにホグワーツ特別功労賞を与えました。ダンブルドアはハリーに真のグリフィンドール生だけがこの剣を取り出すことができると教えました。

そこにルシウスとドビーがやってきます。ドビーはマルフォイ家の屋敷しもべ妖精だったのです。ダンブルドアが停職になったのはルシウスが理事を脅したせいでした。

ダンブルドアはヴォルデモートの手先が裏で手をひき、日記を生徒のところに送り込んで、このような事態になったと意味ありげにルシウスに伝えます。ダンブルドアは全てお見通しで、ルシウスは悔しそうにその場を去っていきました。

ハリーは本屋でジニーの鍋にルシウスが本を入れていたのを思い出し、日記を返しに追いかけます。ルシウスはしらばっくれて日記をドビーに渡しました。

日記を渡した際にハリーは日記に靴下を忍ばせていました。屋敷しもべの妖精が主人から衣服をもらうことは解雇されることを意味します。ドビーはハリーのおかげで自由を手に入れました。

石になった生徒たちも元通りになり、ハーマイオニーも笑顔で2人の元に戻ってきました。

そして最後の宴の最中、無罪が証明されたハグリットも戻ってきました。ハグリットとハリーはしっかりと抱き合い、皆んなは大歓声をあげハグリットを迎え入れました。

以上、「ハリーポッターと秘密の部屋」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ハリポタ」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

ハリーポッターと秘密の部屋の感想評価と口コミ評判レビュー|原作同様素晴らしい!

以下、映画「ハリーポッターと秘密の部屋」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|謎が謎が呼ぶストーリー

原作を元々読んでいて、原作ファンであり映画も見ました。結論から言うと、映画も原作同様素晴らしい作品です。

1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」で実写版ハリー・ポッターシリーズの世界観が構築されて、2作目もその魔法世界でハリーたちの冒険と青春が詰まっています。

今作の注目ポイントは、序盤のハリーが空飛ぶ車でダースリー家から抜け出す場面と、禁じられた森で大蜘蛛のアクロマンチュラと遭遇する場面だと思います。魔法の世界ならではの迫力を感じます。

また、今作で少しずつハリーとヴォルデモート卿の関係について知ることができ、この先のシリーズの展開に重要な物語になっています。全体的に暗い雰囲気がありますが、テンポが良く、ミステリー要素が解明されていく爽快感もある面白い映画だと思います。

口コミ評判レビュー|3作目以降のトビーを知っているからこそ…!

★★★★☆星4

今作の見所はなんといっても屋敷しもべ妖精のドビーです。設定上古びた服を身に纏ってはいますが、表情の豊かさや特徴的な話し方には愛嬌があり、見る者の心をつかみました。個人的には吹き替えの声優さんの、味のある声と演技が気に入っています。

映画の序盤、そんなドビーの登場には、原作ファンのみならず、誰もがその先のストーリーを食い入るように見つめたことと思います。

他にも今作では空飛ぶ車、ポリジュース薬(変身薬)など魔法界ならではのものがたくさん登場します。キャラクターも増え、自分大好きな新任教師『ギルデロイ・ロックハート』や、女子トイレに住みつくゴースト『嘆きのマートル』など、個性的な面々がハリーの学校生活を邪魔したり、助けたり、見所満載!

原作ファンとしても「イメージと違う」ということがほとんどなく、素直に楽しむことができました。

30代女性

★★★★★星5

後半、トムリドルという人物が現れ、ジニーがさらわれたところはドキドキのしっぱなしでした。

どうやって日記帳を倒すのか、怪物は一体なんなのか、と想像を巡らせる楽しさと、スリザリンの継承者だからきっと蛇なんだろうなという予想が当たった時は爽快でした。

ラストのダンブルドアの部屋にいた不死鳥のフォーカスが帽子を持ってきて、グリフィンドールの剣があらわれ、バジリスクを突き刺したところは圧巻です。まさか、バジリスクの牙が日記帳を消滅させる手段になるとは想像もつきませんでした。

最初のじんわりくる恐ろしさから最後までハラハラしながらヴォルデモートに打撃を与えるまで、気が抜けない手に汗握る映画です。

40代女性

★★★★☆星4

賢者の石と比べるとストーリーがより複雑となり、最後まで一体だれが秘密の部屋をあけたのか全く分かりませんでした。

しかし原作と比べてしまうと端折られている部分が気になってしまい、物足りなさを感じてしまいました。原作を読んでいない人たちはこのストーリーが府に落ちるのか気になりました。

ハリーたちがあまりにも簡単に謎を解いていくので、原作のもがき苦しむシーンをもっと強調して描いてほしかったです。

ですが巨大蜘蛛のアラゴクや、巨大ヘビのバジリスクなど、不気味な世界があまりにもリアルに再現されていて、その映像技術の高さに驚かされました。特に蜘蛛に追いかけられるシーンは見ていてゾッとしました。

最後のハグリットとハリーが抱き合うシーンは感動で胸が熱くなりました。皆んなからの拍手を浴び、涙を流すハグリットを見ていると幸せな気持ちになれました。

20代女性

★★★★☆星4

シリーズ2作目まではホグワーツ城など原作に忠実に描かれているので原作ファンにも楽しめると思います。3作目から監督が変わってしまうので違うなと思う所がところどころ出てきます…

屋敷しもべ妖精のドビーやロックハート先生など個性の強いキャラクターが出てくるので楽しく観れます。ストーリーは全体的に暗いのですがロックハート先生の惚けた感じで明るくなりました。

気になっていたスリザリン寮や秘密の部屋も再現されていて原作ファンには堪らないと思います。

映画の時間の関係で省略されてしまいましたが、個人的にはハロウィンの絶命日パーティーを観たかったです。(ほとんど首なしニックが亡くなった日の誕生日会のようなもの)

またハリーポッターシリーズの映画にポルターガイストのビーブスが出てきて居ないのが残念です。脇役ですが悪戯好きで憎めないキャラクターなので映画で観たかったです。

30代女性

*映画「ハリーポッターと秘密の部屋」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

蛇のバジリスクに謎を解明!トムリドルとの関係性についても解説考察

蛇のバジリスクの謎を解明!

バジリスクは怪物の中でも最も珍しく、最も破壊的な怪物だと言われています。バジリスクの毒牙は殺傷能力があり、噛まれてしまうと身体中に毒が回り、すぐ死に至ってしまいます。

また毒牙だけでなく、バジリスクにひと睨みされてしまうと、その目からの光線によって即死してしまいます。ハーマイオニーやコリンクリービーが死に至らなかったのは物体を通してバジリスクと目が合ったからです。

ハーマイオニーは鏡を、コリンはカメラをそれぞれ持っていました。

バジリスクは誰が操っていた?バジリスクとトムリドルとの関係性

バジリスクを操っていたのはトムリドルです。スリザリンの創始者であるサラザールスリザリンは秘密の部屋でバジリスクを飼い、学校を去るときに封印しました。

その秘密の部屋を再び開けたトムリドルはパーセルマウスである闇の魔法使いであったため、バジリスクを操ることができたのです。

ハリーポッターと秘密の部屋のテレビ放送・地上波の予定一覧!フルで無料視聴できる無料動画サイトも

『ハリーポッターと秘密の部屋』のテレビ放送一覧

2005年12月2日、地上波初放送してから続編が出るたびにテレビ放送されていたので1〜2年に1回近く放送されています。

2020年10月30日に金曜ロードショーでの放送は約4年ぶりのテレビ放送となります。

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』がフル動画で無料視聴できる公式サービス

ハリーポッターシリーズ第2作目となる『ハリーポッターと秘密の部屋』は是非ともオススメしたい作品です。

そこで、映画『ハリーポッターと秘密の部屋』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、『ハリーポッターと秘密の部屋』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『ハリーポッターと秘密の部屋』を観ることができるわけです。

ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『ハリーポッターと秘密の部屋』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

▼連休に最適!無料で「ハリポタシリーズ」を今すぐ観るならコチラ▼

▼絶対に観ておきたいSF/ファンタジー特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA