CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画『地獄の花園』のキャストを相関図で紹介!主題歌を歌っているのは誰?あらすじ感想評価やネタバレ含む口コミ評判レビュー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年5月21日公開の『じごくの花園』。

脚本を務めたのは、芸人のバカリズム。バカリズムは以前、『架空OL日記』にて向田邦子賞、ギャラクシー賞を受賞して評価を得ましたが、今作は、ヤンキーとOLを組み合わせた今までにないものとなっています。

OLということで女優陣が活躍していますが、遠藤憲一や松尾諭など男性俳優もOLの格好をして奮闘しているところもアクションコメディの他に見所でもあります。

また、映画『地獄の花園』の口コミ評判レビューには、

  • どのキャストも個性豊かで面白かった
  • お笑い要素もあり、バトル要素も充分あって良かった
  • 最初から最後までいい意味でずっとバカバカしくて面白い作品
  • 気軽に何も考えずに見るのには良いかなと感じた
  • 脚本を務めたバカリズム本人が出演しているのも面白かった
  • アクションのシーンは少し物足りなかった
  • 最初から最後まで大爆笑
  • 後半のアクションシーンは少し鬱陶しかった

という声が多数集まっています。

映画「地獄の花園」をこの順番で解説
  • 映画『地獄の花園』のキャスト相関図と登場人物一覧
  • 主題歌は誰?原作の漫画は?
  • 地獄の花園のあらすじ
  • 地獄の花園の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

 

もし、まだあなたが一度も「地獄の花園」主演の永野芽郁作品を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

例えば、今ならU-NEXTだと永野芽郁主演作品を初回付与ポイントを使って実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!永野芽郁主演作品を観るならコチラ▼

映画『地獄の花園』のキャスト相関図と登場人物一覧

『地獄の花園』のキャスト相関図

地獄の花園の相関図はこのようになっています。

地獄の花園のキャスト・登場人物

田中直子 役-永野芽郁

三冨士商事に勤めるごくごく普通のOL。ヤンキーOL達の抗争も横目で見つつも、同僚とランチに行ったり、恋の話をしてみたりと平和なOL生活を楽しんでいる。

北條蘭 役-広瀬アリス

ある日、三冨士商事に中途入社してくるカリスマヤンキーOL。とにかく喧嘩が強く仕事に対しても熱心で一生懸命な性格。

安藤朱里 役-菜々緒

開発部に所属。通称悪魔の朱里。呼び名だけでなく見た目もいかついが仕事はできる。三冨士商事の三大勢力の一派のトップ。

佐竹紫織 役-川栄李奈

営業部所属。通称狂犬の紫織。こちらも三大勢力の一派のトップだが、OLとしての規律や雑用に対しての熱量も半端なくきっちりとした一面も。

神田悦子 役-大島美幸

安藤、佐竹に続く三大勢力の一派の一人。刑務所帰りの製造部所属で通称大怪獣 悦子。タイマンは300戦無敗という大怪獣という名に相応しい記録を持っている。

冴木妙子 役-勝村政信

一部上場企業株式会社トムスンの三銃士の三番手にあたる。通称青い稲妻OL。ボクシングの技術が主な戦闘力でとてつもないパンチを食らわせる。

藤崎麻理 役-松尾諭

トムスン三銃士の二番手。通称下関の虎河豚OL。重量が売りの戦闘スタイル、、だと思うが実はあまり強くはない。

工藤早苗 役-丸山智己

トムスン三銃士の一番手で、通称七色の拳を持つ女。トレードマークは右手の黒の革手袋。そこから生み出される拳で数々のOL達を倒し、一番手の座を手に入れた。

赤城涼子 役-遠藤憲一

トムスンのお局OLで、総務部所属。三銃士を初めトムスン全体を取りまとめるトップ。通称魔王 赤城。タイマン時はイベントっぽく自ら盛り上げて楽しむ一面もある。

鬼丸麗奈 役-小池栄子

地上最強OLとして全国のOL達から伝説となり崇められている存在。喧嘩の強さは桁違いで自分とやり合えるOLを探し求めている。美意識高い。

地獄の花園|主題歌は誰か、原作の漫画について解説

主題歌はLiSAの『Another Great Day!!』

主題歌はLiSAが歌う『Another Great Day!!』です。LiSAといえば、鬼滅の刃でもお馴染みの歌詞と物語の意味をリンクさせ匠に表現される歌い方が印象のアニソン界で特に有名な歌手です。

LiSAは2021年4月20日にデビュー10周年を迎えられたそうですが、そのデビュー日に配信された楽曲です。更にはB’zの松本孝弘さんプロデュースということで大変話題になりました。

力強さも感じつつ、かつ抑揚やリズム感でどこか儚げな雰囲気もあり、ミュージックビデオでもその姿が映像としてしっかり表現されているように思います。

毎日色々なことが起こる中で平和でない日もある中で、それでも本気で頑張っている、前に進んでいる私は美しい。そして貴方も美しいと大きく背中を押してくれるような、一方で包み込む寛容な歌詞もあり前向きになれる楽曲です。

『地獄の花園』に原作漫画はない

映画『地獄の花園』に原作漫画はありません。脚本を務めたバカリズムのオリジナル作品です。

以前、バカリズムが脚本を務めた『架空OL日記』に関しては書籍がありますが、『地獄の花園』に関しては小説も漫画も現在は出されていません。

『架空OL日記』に関しても漫画はないので、『地獄の花園』の漫画版が出ることはないかと予想されます。

地獄の花園のあらすじ


以下、映画「地獄の花園」のあらすじです。

地獄の花園のあらすじ|カリスマヤンキーOL登場

ごくごく普通の一般人である、田中直子が勤める三冨士商事では、日々ヤンキーOL達の派閥争いが絶えませんでした。

そんな中、中途入社してきた北条蘭。

北条蘭は喧嘩負けなしのカリスマヤンキーで、大型新人が入ってきたことを聞きつけ各派閥のトップ達はタイマンを挑みますが、あっけなくやられてしまいます。

入社数日で蘭が三冨士商事のトップとなるのでした。この事実は、カタギの田中直子には知る由もない話でもありました。

地獄の花園のあらすじ| 直子が拉致?!トムスン三銃士との戦い

蘭と直子はランチや買い物に行ったりと仲の良い同僚となりましたが、ある日、直子が拉致されます。

蘭はすぐに助けに向かい拉致したトムスン三銃士とタイマンをし、順調に倒していきますが途中力尽きてしまいます。

そんなピンチの中、直子は1人で全員を倒してしまいました。

直子は実は、とにかく喧嘩が強かったのです。

地獄の花園のあらすじ|史上最強のOLとついに、、

蘭はトムスンとのタイマン以来姿を消していました。ある日、史上最強のOLと崇められていた鬼丸麗奈がトムスン一味と共に乗り込んできました。

蘭はいないと伝え居る面々で戦うも、太刀打ち出来ません。直子は途中来て欲しいとヤンキーOLに頼まれ悩みますが、応戦することにします。直子と鬼丸麗奈との闘いの行く末、そして居なくなった蘭は結局、、?

結末を知りたい方は実際に映画を見てみることをおすすめします。

以上、「地獄の花園」のあらすじでした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「永野芽郁主演作品」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

地獄の花園の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)


以下、映画「地獄の花園」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレ含む)|シュールさも楽しめるアクション映画

ラスト、直子は鬼丸麗奈とのタイマンの末に勝利します。三冨士商事のヤンキーOL達も驚きと喜びを隠すことなく直子に駆け寄ります。直子は実質、蘭に変わりトップになりました。

ひた隠しにしていた直子の喧嘩の強さは、思わぬ形で表に出ることになりましたが自分ではコンプレックスや出したくないと思っている部分でも思い切って出してみることで良い方向に状況が変わることもあると思います。強き者にも悩みや抱えるものもあるんだなと感じました。

そして、職場の空気も平和に穏やかに流れていた頃、特別な修行から帰ってきた蘭が突然現れ、直子にタイマンを挑みます。蘭の修行先は若かりし頃、OLという職業が世に出回り出した頃にまさに元祖という名の相応しい伝説のOLと呼ばれた女性のところでした。

実はその人は直子の祖母でありました。直子と蘭は本気でタイマンをし、結局、直子は勝利します。史上最強の名を塗り替えるも最後の最後にとてつもないダメージを受けます。負けた蘭に駆け寄ったのは社内で人気で直子も密かに憧れていた男性社員でした。

どうやら付き合っていたようで、慰め合う姿を背に、フラフラと立ち上がりその場を後にするのでした。真のトップの座を手に入れても本当に欲しかったものは既に他に渡ってしまっていたり、誰かが褒めてくれたり労ってくれるわけではなくただただ足を引きずり、去っていく直子の背には完全にスッキリとしたオチではない色んな思いやトップならではの孤独さだったりも感じられる、脚本を務めたバカリズムらしい結末でした。

バカリズム脚本のこの映画は他にもコメディ要素たっぷりで永野芽郁さんの「ブス!」というとてつもないパワーワードと豪華なキャスト、本格的なアクションで予告から最高に印象に残る映画でした。

スカッとするシーンも沢山ありますし、遠藤憲一さん等のベテラン俳優さんがガッツリとした女装姿で出演されているのもシュールかつオススメの面白ポイントです。

様々なドラマや映画でお見かけすることの多い俳優さん方の新しい一面を楽しむことができる、バカリズムならではの世界観全開の見応え抜群の映画です。

口コミ評判レビュー「個性豊かで面白かった」「ワクワクしました」

『地獄の花園』の口コミ評判レビューには、「キャストの皆さんも製作陣も楽しんで演じて作っているのが感じられて好印象」「ツッコミどころ満載のストーリーとともに何も考えずとも楽しめる作品」「要所要所に散りばめられた小ネタと笑いが多く良かった」「バカリズムワールドを、退屈する間もなく最後まで堪能できた」という評判が多い印象です。

★★★★★星5

個人的にヤンキーが好きな私は、映画PVを拝見して職場×ヤンキーという強い勢いとクスッとなってしまうようなキャスト勢に大変惹かれました。

主演の永野芽郁さんの演じる素朴なOL感、あと実際にいるようなカリスマヤンキー(広瀬アリスさん、菜々緒さん、森三中大島さん、等)感が堪らなくマッチしていてその人たちのスピンオフも見てみたいと思うほど個性豊かで面白かったです。

「え?そういう展開」と言うところもあり、ワクワクしました。また脚本がバカリズムさんということでお笑い要素もあり、バトル要素も充分あって大変納得できました。あとバカリズムさんも出演されていて、面白かったです。

あと、上映が楽しみすぎてネットに上がってるすべてのPV映像を見て望んだせいで即視感を産んでしまいました。見すぎは注意が必要です。

20代女性

★★★★☆星4

地獄の花園は、最初から最後までいい意味でずっとバカバカしくて面白い作品です。後半になるにつれてコミカルさの度合いが増していって、漫画のような展開に笑いが止まりませんでした。

作中の喧嘩シーンの描写は漫画的だったことで、登場人物たちが怪我をしようが出血をしようがあまりリアリティーが無かったので安心して見ることができ、喧嘩中に使われる脅し文句もOLっぽいセンスのあるものやオリジナリティ溢れるものが沢山あって非常に楽しめました。

ストーリーの捻りはそこまで凝ったもではありませんでしたが、要所要所に散りばめられた小ネタと笑いが多く、『あの俳優さんや女優さんにここまでさせてしまうのか』という見所もあるので充分楽しめました。見終わった後は、不思議と元気が出ます。

20代女性

★★★★☆星4

ものすごくノリノリでキャストの皆さんも製作陣も楽しんで演じて作っているのが感じられて好印象。予告編の寒さは本編では全くなく、ひたすらに熱くて一途なOLヤンキーたちの大真面目な闘いに観客も巻き込まれて行きます。

ギャグ要素担当は「男達」がほぼ一手に引き受けており、中でも遠藤憲一のお局様のなりきり振りは素晴らしく、彼なしでは本作品は成り立たなかったであろうと思われるほどの、真面目要素とお笑い要素という矛盾を、彼のその存在感といい感じの脱力感によって絶妙にうやむやにすることに成功しています。

OPタイトルがとてもカッコよく、ラストの締めも、まるでブルース・リーの映画もかくやの後味なので、馬鹿映画でしょ?と敬遠するのはもったいない作品です。

40代男性

★★★☆☆星3

注目のバカリズムの脚本、彼は女性を描くのが好き、得意のようです。今作もOLをテーマにしたコメディです。この世界観は日本人にしかなかなかわからない感覚かもしれません。ヴィジュアル的にも制服を着た女性の集団(笑)

永野芽郁と広瀬アリスという旬の女優を起用したことで新鮮な明るい作品となっています。特に永野芽郁は新入社員という役柄にピッタリ。気軽に何も考えずに見るのには良いかな、と感じました。

だだ、このOLの感じは令和の今は、ちょっと古い印象。バカリズムだけあって昭和の感覚なのかなと。タイトルの「地獄の〜」も大袈裟過ぎる、もしくはミスマッチかなと。もう少し柔らかいコメディだとわかる方が良かったのでは。

50代女性

★★★★★星5

ヒロイン田中直子(永野芽郁)が、憧れのOLになった時、会社の中でヤンキーの女性達がバトルするシーンが笑います。直子が捕まった時、目の前に赤城涼子(遠藤憲一)が現れたとき、直子の驚いた顔が、可愛かったです。

直子が北条蘭(広瀬アリス)と昼食を取っているとき、蘭の前に他のヤンキーの女性が現れて、蘭に喧嘩を売って来た時、蘭が席を立ち上がり女性をボコボコにし、その後、二人の昼食代を払う所が、面白かったです。

会社の外で、佐竹紫織(川栄李奈)と安藤朱里(菜々緒)が喧嘩をするシーンが迫力があって、凄かったです。後、LiSAさんが歌った「Another Great Day!!」もいい曲で元気が出る素晴らしいとても曲です。

10代女性

★★★★☆星4

それほど嫌いではない小池栄子との死闘の末にあるそのクライマックスのシーンであり、アクションのシーンは少し物足りず、ワイヤーやCGなどといった特殊効果を使ったことにより、もう少しエネルギッシュな映像を確保できたのではないかと思うのだがそれはなかなか難しい話であったのかもしれない。

あまり小池栄子の美貌とは対照的なバカリズムのうざさが際立ち、ゆるいキャラクター設定なのであるが少しうざったく感じられた。それは私自身の好き嫌いも影響しているのであまり参考にはできないかもしれないが、、、。

さてそういった私自身の思いはさておき、素手の殴り合いが多くある映画であるのだが男らしさが溢れていた。その上やはり小池栄子の可愛らしくも切れやかな美しさ、艶やかながらしなやかな女性らしさが光るそんな彼女の曲線美を堪能できた作品であった。

30代男性

★★★★☆星4

冒頭の普通のOLライフ的なスタートから怒涛のバカリズムワールドに突入し、退屈する間もなく最後まで堪能。

狂犬やら大怪獣やらがあっさりとやられたと思いきや、しっかりとそれぞれの個性を見せてくれるのは、バカリズムの観察眼と伏線のはりかたならでは。

主演の芽衣ちゃんの清涼感と、ありえないシチュエーションが見事に融合しつつも、これでもかと登場してくる伝説のヤンキーたちがそれぞれ魅力的で、こんな会社に勤めてみたいなと一瞬思ってしまった。最初から最後まで大爆笑。

後半のアクションシーンは少々長すぎたかも・・・・冒頭のようにするっと流した演出の方がよりよかった。少年ジャンプ好きにもおすすめの、ある意味ヒーロー映画です。

20代男性

★★★★☆星4

永野芽郁演じる主人公は、日々の業務を着々とこなし、同期とランチやお茶をし、会社帰りにはデパートで買い物をしたりする、いたって普通のOL。

だが、なぜだか彼女の勤める会社にはまるで一昔前の不良漫画に出てくるようなゴリゴリのヤンキーOLが社内外問わず紛争を繰り返しているという謎の世界観。

「なんで?」なんて突っ込もうものなら脚本を手掛けたバカリズムの思うツボ…とは思いつつ突っ込まずにはいられない。なんで?

そして昔のヤンキーものやスボコンものの王道設定がふんだんに盛り込まれ、美しきOLたちがボロボロになりながら戦ったり修行したりする様は圧巻です。

弱肉強食の世界で生き残るのは誰なのか?本当の意味での勝ちとは…?バラエティ豊かなOLたちが出てくるのでツッコミどころ満載のストーリーとともに何も考えずとも楽しめる作品です。

30代女性

*映画「地獄の花園」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「永野芽郁主演作品」を今すぐ観るならコチラ▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA