CinemaHitsTV-シネマヒッツ-おすすめの映画が考察や感想評価と口コミ評判レビューから丸わかり!

映画『#マンホール』はグロい?汚い?あらすじネタバレや感想評価もまとめてみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2023年2月10日公開の映画『#マンホール』。

第73回ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門正式招待作品です。

結婚式前夜にマンホールに落ちてしまった主人公が脱出しようとするシチュエーションスリラー。

登場人物は少ない中、そこから起こっていく予想外な展開や結末に最後まで見逃せない映画となっています。

映画『#マンホール』の口コミ評判レビューには、

  • 予想外の展開でオチも楽しめた
  • スリリングで飽きさせない作り
  • 中島裕翔の演技力の高さを感じた
  • グロ要素もあり、苦手な方は覚悟が必要
  • 素直に面白かった
  • 終始ハラハラドキドキ
  • 中途半端なラスト
  • SNSの怖さも感じることができる良作

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『#マンホール』の「グロい」「汚い」との声について解説
  • 『#マンホール』のあらすじ
  • 『#マンホール』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も映画『#マンホール』を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料かも!映画『#マンホール』の配信チェックはコチラ▼

#マンホールに向けられた「グロい」「汚い」との声について解説

結婚式を目前に控えて同僚たちからサプライズパーティーを行ってもらい、幸せの絶頂にいた男が一転、マンホールに落ちてしまい生きるか死ぬかの脱出劇を繰り広げる熊切和嘉監督作の『#マンホール』。

第73回ベルリン国際映画祭にて正式招待され、国内外で高い評価を受けました。

管理人

暗闇のマンホール内でほぼ一人芝居という難しい役柄を見事に演じ切ったHey!Say!Jumpのメンバーである中島裕翔さんの、鬼気迫る表現豊かな演技力や先の見えないミステリアスな展開やどんでん返しのストーリーなどが高く評価される一方で、「グロい」「汚い」という声も多数あがっておいます。

なぜ、そのような声があがってしまうのか考察して行きます。

グロいとの声について

まず「グロい」という声があがってしまう理由です。

マンホールを落ちてしまった際に足に大きな傷を負った川村が、ホッチキスを使って傷を塞いでいくシーン、そして、川村が映画の終盤で自らが以前に殺害した男の腐敗している死体を見つけるシーンの2つの衝撃シーンに原因があると考察出来ます。

看護師である元カノの舞の指示のもと、川村がホッチキスを何度も身体に打って傷を塞ぐシーンは、傷自体が非常にリアルに描かれているため思わず目を覆いたくなってしまうような痛々しいシーンに仕上がっています。

また、川村が見つける腐敗した死体も虫が這っているようなリアルな死体となっています。

そういった点から、「グロい」という声につながったと考察出来ます。

管理人

元々、映画『#マンホール』の監督である熊切和嘉監督はデビュー作の『鬼畜大宴会』が過激なスプラッター描写で話題になるなど、過激な描写に定評がある監督です。

映画『#マンホール』のグロテスクな描写も、熊切和嘉監督らしいと感じる映画ファンも多かったと思います。

しかし、熊切和嘉監督の作品を鑑賞したことがない方々やホラー描写に耐性が無い方々には少々刺激が強かったのかもしれません。

汚いとの声について

次に、「汚い」という声があがってしまう理由についてです。

主人公の川村俊介が落ちてしまったマンホールの中の描写に原因があります。

マンホールは非常に湿っぽく不衛生に描かれており、壁には得体のしれない虫がたくさん這い、ガスが蔓延し、どこからともなく流れ出る波の花と言われる泡が川村の全身を覆うなどのショッキングな描写が多数展開されていきます。

これらのマンホール内の映像を見て「汚い」という声につながったと考察できます。

管理人

Hey!Say!Jumpのメンバーとして普段はステージで華やかに歌って踊る中島さんの姿を見ているファンには、ショックが大きかったかもしれません。

ただ、マンホールに落ちてしまった男の脱出劇を描いた映画なので、マンホール内が快適に描かれてしまうと、全くリアリティがない映画になってしまったとも思います。

マンホール内を不衛生に描くことは作品の完成度を上げる上で仕方がなかったと言えるでしょう。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2024年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『#マンホール』のあらすじ

以下、映画『#マンホール』のあらすじです。

『#マンホール』のあらすじ|目覚めるとマンホールに落ちていた主人公

結婚式を前日に控えた大手不動産会社の営業マンである主人公の川村は同僚たちからサプライズで結婚を祝ってもらった帰り道に意識を失い、目覚めると暗いマンホールの底にいました。

足を負傷し、梯子も壊れているため地上に出れない川村は婚約者や同僚たちに連絡をしますが、一向に繋がりません。

唯一連絡がとれた元カノの工藤舞に位置情報を送り、助けを求めますがGPSが示している場所付近に川村が落ちたであろうマンホールはありませんでした。

警察にも助けを求めましたが、マンホールを見つけることはできませんでした。

このままでは埒が開かないと思った川村はSNSでマンホール女というアカウントを作り、川村の妹と偽って情報提供を求めることにしました。

『#マンホール』のあらすじ|SNSを利用して助けを求めるも…

マンホール女のSNSは大変な話題を呼び、ネット民たちは今回の事件について事故で穴に落ちたわけではなく川村について恨みを持つ人間による拉致事件に巻き込まれたのではないかと考え、川村についての沢山のタレコミから同僚の加瀬が犯人ではないかと推理します。

そして、歪んだ正義感を持った「深淵のプリンス」という人物が加瀬を襲撃し危害を加えるという事態に発展します。

この事態に川村は罪悪感を抱きながらも、マンホール内はガスや波の花と呼ばれる泡がどんどんと溢れ出る危険な状態であったため、やむを得ず情報提供を引き続き求めます。

その中で「仮面の男」という人物が川村がスマホを頭上高くに上げて撮影した写真に映っていたマンホールの模様から現在地を特定し、近くにいた動画配信者が助けに向かうことになり、いよいよ解決かと思われましたが、これは「仮面の男」の嘘で動画配信者が川村を見つけることは出来ませんでした。

『#マンホール』のあらすじ|明かされる主人公の衝撃の過去

更なる情報提供を待つ川村でしたが、マンホール内に腐乱した死体が埋まっているのを見て自分がマンホールに落とされた理由が分かりました。

実はこの死体の正体こそが本物の川村で、マンホールに落とされた主人公は数年前に川村を殺害し、整形した上で川村になりすましていた吉田という男だったのです。

川村は本物の川村の彼女だった折原奈津美が犯人であると推測し、SNS上で情報を発信します。

その頃、SNSで話題になったことにより警察が重い腰を上げて川村の捜索を開始し、これから救助に向かうとの連絡がありました。

川村は警察が来てしまうと、殺人がバレてしまうと危惧し、やりとりをしていた工藤舞に早く助けに来てほしいと伝えます。

以上、映画『#マンホール』のあらすじでした。

果たして、川村は警察に捕まることなく、マンホールから脱出することができるのでしょうか?

結末が気になる方は実際に映画を観ることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画『#マンホール』の配信チェックはコチラ▼

『#マンホール』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画『#マンホール』の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|先の見えない衝撃のストーリー展開と鬼気迫る映像に驚かされる脱出ミステリー映画

映画『#マンホール』は、謎のマンホールに落ちてしまった男の脱出劇を描いた作品です。

監督作『私の男』がモスクワ国際映画祭の最優秀作品賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受ける熊切和嘉さんがメガホンを取りました。

主人公を演じたのはアイドルグループHey!Say!JUMPのメンバーで俳優としても主演作の『ピンクとグレー』が高い評価を受けた中島裕翔さんです。

映画『#マンホール』でも幸せの絶頂から一転、謎のマンホールに落ちてしまう悲劇に見舞われる主人公・川村を感情豊かに演じています。

物語は結婚式を前日に控えて同僚たちから結婚を祝うサプライズパーティーを開いてもらってまさに順風満帆の主人公・川村が帰り道に気を失ってしまい、目覚めるとマンホールの底に落ちてしまったことから大きく展開していきます。

管理人

同僚たちに連絡をしますが全く通話出来ず、警察に位置情報を伝えるもGPSの情報が誤っており、相手にしてもらえません。

そこで川村が考えたのが、SNSを利用して助けを求める方法です。

女性の方が話題になりやすいだろうと考えて、川村の妹という設定でマンホール女というユーザー名で助けを求める投稿を行った結果、大変な話題を集めますが、川村をマンホールに落とした容疑をかけられた同僚がネット民によって襲撃されたり、タレコミによって川村を妬む人物や悪評が浮き彫りになっていったりと、SNSが主流である現代社会の問題を表現したシーンが展開されていきます。

その後も川村はSNSによって助けを求めますが、マンホールの中に腐乱した死体を見つけたシーンで、この主人公が元々は吉田という人物で本物の川村を殺害し整形を行った上でなりすまして生活していたことが明らかになります。

今回の事件は本物の川村の恋人であった折原の復讐だったわけですが、SNSを利用してネット民に折原を殺害させようと仕向けるなど元々は爽やかなキャラクターだと思われていた主人公が実はとんでもないクズだったというギャップは衝撃的でした。

管理人

ラストでは殺害に来た折原に対して、命乞いをし、折原が同情して立ち去ろうとしたところを襲撃し殺害しようとする、とことんまでクズな主人公の姿が描かれますが、逆にネット民によって襲撃を受け再びマンホールに落ちてしまうという絶望感に満ちたシーンで映画は終わりを迎えます。

元々熊切和嘉監督はホラー映画を得意とする監督ということで、その持ち味を活かしたマンホール内のシーン、生々しい怪我の描写、そして、グロテスクな死体の描写など映画全体のじめっとした雰囲気はさすがの一言でした。

また、単なる脱出映画に終わらない大ドン返しのストーリーも素晴らしく、観客を飽きさせない展開が非常に魅力的でした。

管理人

鬼気迫る映像、役者陣の熱演、そして、驚きに満ちたストーリー展開とバランスのとれた作品です。

映画を観てハラハラドキドキしたいという方にぜひオススメです。

『#マンホール』のみんなの口コミ評判レビュー

『#マンホール』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「どんでん返し的な結末も含めていい意味で期待を裏切る作品」「ツッコミどころがあったりはしたが、ハラハラドキドキして楽しめた」「次第に狂っていく演技はとても引き込まれた」「マンホールの中での虫や死骸、排水溝の汚れなどがすごくリアルで気持ち悪かった」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

良くも悪くも「予告編に騙された」と強く感じた作品でした。

結婚式前夜という、幸福の絶頂にいた川村俊一(中島裕翔)は誰もが認めるハイスペックリーマンで陥ったのは、文字通りの”穴”マンホールの底でした。

手元にあるスマホを駆使して助けを呼んでも誰も来ない、そして頼みのGPSも誤作動を起こして、その場所が何処なのかすらわからず、川村はケガの激痛に苦しみます。

彼はSNSに偽アカウント”マンホール女”を作って救助を求めましたが、そこから怒涛の大混乱が始まるのです。

しかし、これは単なる川村の脱出劇ではありませんでした。

物語が進むにつれて、じわじわと、彼がこれまでにしでかしてきた悪行が詳らかにされていくのです。

いわば、「電車男」の逆バージョン…ネット上にいるいわゆる”ネット民”たちは操られて暴走していきました。

予告編からすると一見ホラー映画のようですが、最終的には「生きてる人間が、一番怖い』」という物語。

私的にはシークレットキャストが演じていた川村の元カノ・奈津美のキャラクター造形が素晴らしいと思いました。まさにダークヒロイン。

ばらしてしまうと勿体ないのでそれが『誰』とはここでは言いませんが。

酷いことをすると、全ては自分に最悪の形で返ってくる…そんなおとぎ話のような現代の寓話です。

50代女性

★★★★☆星4

中島裕翔主演のサスペンス映画で、エリートサラリーマンが泥酔した際にマンホールに落下してしまい、SNS等を駆使して脱出を計ろうとするも事態が悪化していく過程が描かれます。

劇中はほぼ中島氏の一人芝居の印象もある画面ですが、それでもスリリングで飽きさせない作りになっていて、改めて中島氏の演技力の高さを感じさせます。

また、ストーリー的にもスマホやSNSと便利なツールが発達している昨今への警鐘を鳴らす構成になっていて、マンホールに落ちることも日常的にはあり得るのでリアルさを感じさせますね。

グロ要素もあり、苦手な方は覚悟が必要になりますが、どんでん返し的な結末も含めていい意味で期待を裏切る作品になっていました。

30代男性

★★★★☆星4

映画マンホールは予告動画が上がってから気になる作品でした。

まずオリジナル作品で原作がない為ネタバレもないので完全に新しいものとしてみれるのが良かったです。

マンホールに落ちたことから主人公の人間性や周りの環境が明らかになっていますが、予告を見た段階や途中までは主人公は周りから実は敬遠されており、誰も助けてくれないみたいな流れかと思いきや、最後のシーンにいくにつれ、予想もしなかったことが起きてきて真相が明らかになった瞬間鳥肌が止まりませんでした

マンホールの中での虫や死骸、排水溝の汚れなどがすごくリアルで気持ち悪かったです。

この映画はテレビや携帯サイズで見るのは大変もったいなく、マンホールの世界観は映画館でしか味わえないと思います。

20代女性

★★★★☆星4

映画「マンホール」はすごく新鮮な映画だと感じました。

映画の予告版ではわくわくドキドキ感溢れる映画のように感じましたが、実際にはホラー映画のように感じました。

雰囲気が暗くとても怖いため、主人公に何か困難なことが起こった時に、とてもハラハラします。

脱出や物語の鍵がSNSだというところが現代っぽくてとても面白く、同時にSNSの怖さも感じることができる良作でした。

ただ一つ難点があるとすれば終わり方や謎が解明した時が悪い意味で衝撃だったと感じました。

物語の設定や世界観が面白かっただけに中途半端なラストで終わってしまったのが残念に感じました。

したがって、基本的にはとても素晴らしいがラストが情けないというのがこの映画に対する私の感想でした。

20代男性

★★★★☆星4

邦画でワンシチュエーションものって珍しいなと思って興味を持ったのですが、なかなか楽しめました。

酔った勢いでマンホールに落ちた男があの手この手でマンホールからの脱出を図るのですが、映画開始から落ちるまでわずか3分くらい?あとは終わるまでほぼ主演の中島裕翔が一人で引っ張ります。

色々とアクシデントが起き、安堵するも次のアクシデントが!ってパターンが豊富でテンポも良くてどんどん惹き込まれます。

何より中島裕翔の演技力は凄いと思いました。本当にほぼ一人で画面引っ張るのですが、それって中々出来ないことだと思います。

そして、この映画はオチも楽しめました。

どうやって脱出するかなって思ってたら、一気に後半話が加速していって、間違いなくこの話の流れを予想できた人は0。

こう来るかー!ってちょっと興奮しました

正直脚本や流れに粗さはあるし、整合性を考えると色々と突っ込まれると思いますが、そんなの気にせずスリラーものとして楽しみたい人はぜひ!

何より、邦画で感動路線とかに無駄に持ってかないで、99分と短めの尺に収めてくれた心意気が良かったです。

30代男性

★★★★☆星4

素直に面白かったです。

確かに説明不足だったりツッコミどころがあったりはしましたが、主人公を襲うさまざまな恐怖にハラハラドキドキして楽しめました

中島さんも観ている者を飽きさせない演技でしたし、他の方達の演技も良かったです。

出演者も少なくほぼマンホールの中ですが、まるで自分もマンホールに落ちたかのような音響を感じ終始ハラハラドキドキでした。

映画館で観ると自分も中島君と同じ落ちたところにいるようで更に楽しめると思います。中島君はカッコよかったです。

ストーリーや舞台設定ではイマイチな所はありましたが、主演の中島君の演技を見るだけでも見る価値はあると思います。

悪くはないのですが、他の人に薦めるかといえば薦めないと思います。

20代男性

★★★★★星5

私はこの映画を初めて知ったのはInstagramの広告で見て知りました。最初見た時からこの映画面白そう!って思えました。

ホラー映画は幽霊系やゾンビ系やアクション系のホラーよりサスペンスホラーやサバイバル、脱出ものがとても好きで、とくにSNS時代特有の人間の醜さをこれでもかと言うくらいに表現されていて良かったです。

また、マンホールの中に閉じ込められて、ガスが充満したり、有害物質が流れ込んだりして、その上ハシゴは折れ脚を怪我した状態で主人公に襲い掛かる脅威は観ていてものすごくハラハラドキドキできてとても楽しかったです。

他にも、ハイスペイケメンの主人公が恐怖と焦りで次第に狂っていく演技はとても引き込まれました

20代女性

★★★★☆星4

前途洋々の若者が一転絶望の底へと奈落する。

これは人生の転落という比喩ではなく、マンホールという奈落に物理的に落ちる様子を描いているから面白いです。

まずシチュエーションがシンプルで巧みで、そして主演の中島裕翔には素直に驚きました。

ジャニーズはそれぞれの特性を生かした得意な居場所でしか残れないという噂を聞いたことがありますが、中島裕翔は若きホープという枠組みを超えた息の長いアクターになるのではないかと感じさせる映画でした。

シチュエーションが限定された場所での演技は難しいです。

自らの力量で物語に変化や抑揚を加えなければならないし、少ない役者陣の中での関係性は、ワンシーンごとの濃度や密度が求められるからです。

素晴らしい映画作品は力量や経験値に優れた役者の助けがあってこそ、主役が輝く算段になっていますが、『マンホール』は中島裕翔のワンマンアクトといっても過言ではないです。

あらためて演じきった彼と意欲的な制作陣に喝采を送りたいです。

30代女性

*映画『#マンホール』のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼無料で観たい!『#マンホール』の配信チェックならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA