CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

マリッジストーリーのカップルの相関図まとめ|あらすじネタバレと感想&キャストについて

WRITER
 
マリッジストーリーのカップルの相関図まとめ|あらすじネタバレと感想&キャストについて
この記事を書いている人 - WRITER -

劇場では2019年11月29日公開され、12月6日よりNetflix限定で配信されています。

キャストは続三部作でのスターウォーズにも出演しているアダム・ドライバーにアベンジャーズでお馴染みのスカーレット・ヨハンセン。

更に「イカとクジラ」や「フランシス・ハ」のノア・バームバックが監督を務めています。ノア・バームバックは2005年の「イカとクジラ」でアカデミー脚本賞を受賞しています。

2020年(第92回)アカデミー賞ノミネート作品。夫婦が離婚していく過程をリアルに描き、全体を通して泥沼の離婚劇が繰り広げられていく作品となっています。

・マリッジストーリーのあらすじネタバレと結末

・マリッジストーリーの感想と評価

・マリッジストーリーの相関図とキャストや主題歌について

・ネトフリオリジナル作品を無料で視聴する方法

といった、マリッジストーリーのことをまとめています。

それでは、マリッジストーリーのあらすじと詳細ネタバレをまずは記して行きます。

▼今すぐネトフリオリジナル作品を無料で見るなら!▼

マリッジストーリーのカップルの相関図とキャスト&主題歌

マリッジストーリーで登場するカップルは、スカーレットヨハンソン演じるニコールと、アダムドライバーが演じるチャリーだけです。他にカップルは登場しませんが、浮気関係やワンナイトの関係になるキャストは存在します。

▼マリッジストーリーの相関図▼

マリッジストーリー相関図とカップル

メインはやはりニコールとチャリー夫婦(カップル)です。相関図も特に難しい関係はないですね!

 

映画の内容も然りですが、今回は楽曲が素晴らしい!というのも、『マリッジ・ストーリー』の楽曲を担当しているのは、ランディ・ニューマンです。『トイストーリー』や『カーズ』、『バグズ・ライフ』などピクサーに楽曲を提供していて、『モンスターズ・インク』のテーマ曲「君がいないと」でアカデミー歌曲賞を受賞しました。

予告でもいくつかの曲が合わさって使われています。また予告途中で流れるのが、ポール・マッカートニーの『Maybe I’m Amazed』です。主題歌はこの『Maybe I’m Amazed』かエンドロールで流れる『Ennd of Story』のどちらかでしょうか。

ポール・マッカートニーの『Maybe I’m Amazed』は劇中に流れるわけではないので『マリッジ・ストーリー』のサントラには入っていないようです。

他にも劇中で歌われる曲と言えば、アダム・ドライバーが劇団の仲間の前で歌うシーンがあります。それが1970年に初演されたミュージカル『カンパニー』の終盤で歌われる「ビーイング・アライブ」という曲です。

名シーンの1つですが、このシーンは12回も撮り直しをしたそうです。完成度はかなり凄いと思いましたし、ぜひ映画で観て聴いて欲しいシーンですね。

 

マリッジストーリーのあらすじ!泥沼化の離婚裁判

(以下:マリッジストーリーのあらすじネタバレを含みます。)

ささいなすれ違いから2人は離婚することに!円満離婚から2人の関係は泥沼化へ

女優のニコールと舞台監督を務めるチャーリーは、離婚調停員のアドバイスからお互いの長所を言い合おうと紙に書いて持ち寄ってきていました。

愛し合っていた2人だからこそ、お互いの長所を言い合うことで、心変わりするかもと思っての提案だったのですが、嫌気が指したニコールは長所を書いた紙を読み上げることなく、部屋から出て行ってしまいます。

劇団エクジット・ゴーストの監督であるチャーリーとエクジット・ゴーストの看板女優であるニコールが離婚することは、劇団員にもショックなことであった。

舞台終了後、バーでみんな盛り上がっている中、舞台主任であるマリー・アンがチャーリーに話しかけているのを見たニコールは、足早に家に帰ろうとします。それを見てチャーリーは追いかけるも、2人に会話はないまま家に帰宅します。

家に帰るとチャーリーから他の調停員を探そうかといった案もでるも、2人は話し合いで財産分与を決めることにして、穏やかに離婚手続きを進めることにします。

その後、劇団を退団したニコールは、実家のあるLAへと1人息子であるヘンリーを連れて引っ越します。ニコールはLAで連続ドラマの出演が決まっていたからでした。そんな中、ドラマの仕事現場のスタッフからノラという女性弁護士を紹介されます。

ニコールはお金もいらないし、争いたくもなく友達でいたい為に温和に離婚したい為、断ろうとするもスタッフの「ノラに救われた」という言葉を聞いて会ってみることに。

 

マリッジストーリーのネタバレと内容!出会いから離婚、そして…。

マリッジストーリーのネタバレと内容!出会いから離婚、そして…。

2人の出会いから離婚の経緯

ノラは強気な発言で、慰謝料をとることが出来ると言い、精神的に参っているニコールに親身に寄り添います。ニコールはノラにチャーリーとの出会いから離婚するまでに至った経緯を話し始めます。

チャーリーとの出会いは、ニコールが20歳くらいのときでした。当時のプロデューサーとチャーリーの劇を見に行ったニコールは、感激を受けました。

そして、舞台が終わった後、ニコールはチャーリーに話しかけられ、今まで生きていなかった部分が生き返った心地になります。ニコールはチャーリーと一緒にいると、自分が生きてると実感できる気がして、一緒に過ごすことを決めます。

ニコールには映画スターとしての道もありましたが、チャーリーの劇団であるエクジット・ゴーストで舞台女優としての道を歩みます。当初は映画女優として有名なニコールを見たくて観客が集まっていましたが、徐々にニコールの存在が薄れてきて、劇団が称賛されていきます。

ニコールは「昔映画に出てた人」といった感じになり、それに対して夫であるチャーリーは、注目の的になっていきます。ニコールは嬉しい反面、縮んだ気持ちになっていきます。

そして、ある日、ニコールは自分が夫の活力にエサを与えてるだけと気付いたのです。そんな時に妊娠が分かります。子供を授かったことで2人は幸せな気持ちになりますが、それは長くは続きませんでした。

チャーリーとのウマが合わなかったり、縮んだ気持ちがニコールの中にどんどん溜まっていきました。そんな中、ニコールにテレビ出演の話が舞い込みます。LAでの撮影だし出演料も良く、舞台女優として隠れてしまったニコールにとって、自分の場所を見つけたような希望を持ちました

しかし、チャーリーがハグをしてニコールの門出を応援する、と言ってくれると言うことは一切ありませんでした。これが離婚の引き金ともなります。

更に、チャーリーは出演料を劇団の資金に回せとも言い、自分の扱いに限界がきたニコールは、チャーリーの元を離れたのでした。そして、ニコールと疎遠になったことでチャーリーは、舞台主任のマリー・アンと浮気をしたのです。

 

弁護士を雇うことで円満離婚のはずが2人の思わぬ方向に

マリッジストーリー弁護士を雇うことで円満離婚のはずが2人の思わぬ方向に

離婚手続きを全て弁護士のノラに委ねることにしたニコールは、LAの実家で過ごしていました。この後、チャーリーが家に訪れて来ることになっていて、自分からは渡せないからと離婚書類を姉のキャシーにチャーリーに渡してほしいと頼みます。

ニコールの姉キャシーと母サンドラはチャーリーのことを気に入っていて、ニコールにストップをかけようとしますが、ニコールの意思は変わらずです。

そんな中、チャーリーが家に来ます。キャシーは離婚書類をなんとか渡そうとしますが、チャーリーは話ているうちに自分から封筒に気付きます。お互い弁護士は立てないと思っていた為、チャーリーはニコールが弁護士を立てたことに驚きます。ニコールからチャーリーも弁護士を立てる必要があると言われ、チャーリーは翌日弁護士事務所を訪れます。

弁護士のジェイは、ニコールが雇った弁護士がノラだと知ると厄介そうな反応をします。そして、住んでいたNYからニコールと子供のヘンリーがLAにいることで既に不利になっていると話されます。

そんな中、ジェイはニコールから扶養料をとる話やニコールの母サンドラに弁護料を負担させる話をしてきます。ニコールはもちろんのこと、サンドラからのお金なども望んでいないチャーリーは、いろいろな策で金を取ろうとする弁護士のジェイに腹を立てます。

弁護料も高いことからチャーリーは、ジェイに弁護を依頼することなく部屋を出て行ってしまいます。

 

弁護士が中々見つからず焦るチャーリー

NYに戻ったチャーリーは、劇団のみんなとブロードウェイの進出も決まり、稽古をしていました。そんな中、ノラから電話が掛かってきて、こちらの訴状に回答がないと回答書の催促をされます。

チャーリーは弁護士が見つからないと同時に、仕事の忙しさもあり、訴状を受け取ってからすでに30日以上経っていました。このままだと、ノラから住居や所有物、養育費は最高まで引き上げられ、親権も100%貰うと言われます。

親権を100%とるようなことはニコールはしないと言いいますが、ノラはニコールの意志を代弁していると強気の発言をします。ノラからはNYの弁護士ではなくLAの弁護士を立てて、即回答するようにと言われます。劇団もある中、親権を100%とられてしまうということに焦り、チャーリーは急いでLAに向かいます。

ニコールの家に行き、親権のことなど確認するとノラの言っていたことはニコールの意見ではないもの、ニコールは離婚協議について、全て弁護士のノラに任せたいと話されます。

そして、チャーリーは約束していたダン・コーヘンの弁護士事務所を訪れます。しかし、ダンはニコールがノラに弁護士を依頼する前に、弁護の件で面談をしていた為、その理由から法律上ダンは、チャーリーを弁護できないと言われてしまいます。

ニコールは他にもいろんなところに弁護の件で訪れていました。弁護士が見つからず、親権を失ってしまうことにチャーリーは焦ります。そんな中、サンドラに相談してみると、ニコールが会っていないバートという弁護士を親切心から秘密裏に紹介してもらえることになりました。

その後は、チャーリーとニコールは息子のヘンリーを交替交替で会う時間を作る中、また些細なことから喧嘩になってしまいます。そしてニコールはドラマの飲み会をする中でスタッフと浮気をするのでした。

 

裁判での激しい争い!2人は初めて向き合って話し合う

マリッジストーリー裁判での激しい争い!2人は初めて向き合って話し合う

離婚協議する為、ニコール、ノラ側とチャーリー、バート側の4人で協議します。しかし、ノラは手強くチャーリーは劣勢になります。親権が平等になるには、チャーリーもLAに住むことが条件であるものの、劇団がある為、チャーリーは「それは出来ない」と答えます。

この協議で解決しないとなると、裁判で争うことになってしまい、劇団が得た助成金を半分も持って行かれてしまいます。そうなると、劇団員が路頭に迷ってしまう事態に…。更に親権を完全に失ってしまう恐れがあるとバートから言われ、チャーリーはそれに納得できません。結局、LAに拠点を置けば、最大限の譲歩をしてくれるということで、その条件をチャーリーは飲むことになります。

後日になり、裁判所に集まっていたニコールとノラ。協議での話し合いによって、90%は双方合意していた為、まもなく正式に離婚できるとノラは言います。しかし、そこに現れたのはチャーリーと弁護士のジェイでした。

チャーリーは協議での話し合いに納得がいかず、ここにきて弁護士を変えてきたのでした。ノラとジェイは因縁がある相手でノラは今まで合意が全て無効になったと確信します。

というのも、ジェイは以前、チャーリーと話した際にも義母であるサンドラからも弁護費用を負担させようとしたりと、普通なら請求しない物にも踏み込んできます。

ノラも体裁を気にしない方が勝つと言い、前と違ってお互いの言い分を激しく言い合う、殴り合いの裁判になります。お互いの主張が尽きない為、専門の調査員の報告を元に判決を決めることになります。

その後、ヘンリーを見る番ということでニコールとチャーリーは度々会う中、ヘンリーを巻き込んだ裁判にまでなってしまい、2人は初めて向き合って話し合うことになります。

行き過ぎている現状にお金も掛かり、ニコールはサンドラにまで弁護料を負担させている事態になっていました。チャーリーはニコールの30%分を負担していましたが、自身の裁判は負けると思っていて、どのみち破産すると言います。

始めから弁護士なしで2人で話し合おうと言っていたチャーリーに対して、ニコールもこんな風にまでなってしまうことは予想外でした。そして、結婚生活のお互いの不満などで言い合いになってしまうも、お互い言いすぎてしまったことに涙を流します。2人はもう引き返せないところまで来てしまっていました。

 

愛が終わっても2人はお互いに想い続けていた

そして、調査員が来てヘンリーと一緒に過ごしている姿を見たり、友達や家族にも話を聞いてニコールとチャーリーがどんな親か査定するということになりました。

ニコールはノラから調査員が来た時の受け答えの練習をして面談する一方で、チャーリーはあまり良くない印象を調査員に与えてしまいます。

結局、チャーリーは裁判で争うことを辞めて、LAへと移住することになり、協議してたときの内容で合意します。ニコールの要望通り、チャーリーにお金を請求はしませんでした。

親権に関しては、チャーリーがLAにいる時でも割合は55対45とニコールの方が隔週で1日多くなりました。ニコールは平等を望んでいたものの、ノラの相手に50対50でと主張させたくない意地でした。

その後、ニコールには新しい旦那さんができます。

ある日、チャーリーはヘンリーの受け渡しの際に、ニコールの家を訪れたところ、離婚調停員から言われて書いたチャーリーの長所を書いてある紙を見つけます。

自分の良いところを書いてくれている文書を涙しながら読み上げ、その姿をニコールも涙しながら見ていました。その手紙の最後には矛盾するけど、ずっと愛するだろうとニコールの気持ちが書かれていました。

 

マリッジストーリーの感想評価とみんなの口コミ評判レビュー

マリッジストーリーの感想評価とみんなの口コミ評判レビュー

マリッジストーリーの感想評価!

アダム・ドライバーとスカーレット・ヨハンセンによる演技によって作り出される映画の雰囲気が素晴らしいです。序盤は話のテンポの速さに少しついていけないなと感じる場面もあったのですが、物語が進むに連れて後半は涙なしでは見れないような展開になっています。

切ない場面やリアルさが多く、父親役のアダム・ドライバーに対する子供が母親役のスカーレット・ヨハンセンと一緒にいたい対応が見事なリアルさを感じます。

また、チャーリーの部屋で言い合う喧嘩な場面も切ない雰囲気がヒシヒシと伝わってくる場面でもあります。お互いに合わない部分もありながら、どこかお互いに想う部分の演出が物凄く切なさを感じさせてくれます。

弁護士を雇う前にお互いが尊敬して話し合いをしていれば、望んだ通りの円満離婚。また別の道もあったと思います。

大事件が起こるわけでもなく、ただ離婚劇を淡々と描写しているので観る人にとっては退屈に感じるかも知れないです。
でも今一緒にいる人を大切にしたくなる作品で、男目線と女目線で違う感想を抱くのではないでしょうか。

主演の2人の演技が素晴らしいのはもちろんですが、互いの弁護士をローラ・ダーン、アラン・アルダなどの名優が務め、その魅力を存分に放っている点も見所です。

ほぼ同時期に公開されたNetflix作品の『アイリッシュマン』よりは良かった作品かなと感じます。

 

マリッジストーリーを観たみんなの口コミ評判レビューまとめ

★★★★☆4

女優のニコールと舞台演出家のチャーリーの結婚生活から離婚までを描いた夫婦のストーリー。
スカーレットヨハンソンは元々大好きなのですが、普段ミステリアスなセクシーな役柄が多いので、女優役とはいえ主婦で母親の役はあまり想像がつかなかったのですが、冒頭から早速普通の主婦感が出ていてさすがでした。アダムドライバーはスターウォーズではなんだか冴えない印象でしたが、今回の役にはぴったりで好きになりました。
結婚生活が上手くいかなくなるのは決定的な理由があるばかりではなく、なんとなく重ねた日々のどこかでズレていく様子が繊細に描かれていました。はたから見ればお互いに好きな気持ちがあるのに何故離婚するのだろう?と思うところもあり、円満な離婚を望んでいたのに弁護士をたててしまったことで、途中からは本人達の争いではなく弁護士同士の争いとなり不本意な泥沼離婚になってしまうという皮肉な展開で、きっとそうなる前に夫婦で話し合っていればこんなことにならなかったのだろうと切なくなりました。皆演技が上手くて話もリアルなので自分もそうならないよう気をつけようと少し気が引き締まりましたが、現代的な良い映画でした。

40代女性

★★★★★5

『スターォーズ』シリーズのアダム・ドライバーと『アベンジャーズ』シリーズのスカーレット・ヨハンソンによる、とある夫婦が離婚に至る過程のお話。フィクションなのですがドキュメンタリー映画のよう。とにかく主演2人が素晴らしい!!!!

お互い感謝の気持ち、相手の好きなところを手紙に綴るところから物語がはじまるので、なんでそこまで頑なに離婚したがるのか正直わからなかった。でも、物語がすすんでいくにつれて、お互いの嫌な面がどんどん炙り出されていく。

円満に離婚できるはずだったのに、お互いの弁護士がヒートアップ。そもそも弁護士選ぶところからすごい潰しあい。他人が言い合っているのをみると冷静になるのはよくわかる。冷静になったところでいい方向に転がるかな?と思いきやクライマックス、あの白い部屋での感情の大爆発。あの感情を受け止めきれなくて一緒に泣く人は多いと思う。(このシーンのアダム・ドライバーが本当に素晴らしい!)

言葉を伝えなくても駄目だし、言葉を伝えすぎても駄目。夫婦といえど他人。他人と暮らしていくのは難しいなぁ。夫婦になりきれなかった2人に振り回される格好になった子どもも可哀そうだけど、子ども特有の残酷さがまたリアル。ハロウィンのくだりは胸が痛くなる・・・。今まで一緒に楽しんでいた、と思っていたのにあっけなく手放される父親の哀愁・・・。個人的には夫婦で観て、お互いの感想を話し合って欲しい。笑

30代女性

★★★★☆4

「マリッジ・ストーリー」はノア・バームバック監督による作品です。バームバック作品としては「フランシス・ハ」が傑作だったので同じ監督の新作である「マリッジ・ストーリー」にも大きな期待を寄せていました。

出演はスカーレット・ヨハンセンとアダム・ドライバーで、二人が夫婦を演じています。作品は夫婦が互いのいい所、好きな所を述べていく場面 に始まり、幼い子供を含めたほのぼのとした家族の生活が映し出されます。その後の展開に対してもその様な雰囲気の家族の物語が予想されるのですが、実のところ、冒頭で互いの良い面を上げていったのは離婚協議に向けて円満に話し合いを進めていく上での宿題の様なものだったのです。

物語は夫婦二人がすでに離婚協議を始めているところから始まっており、全体を通して泥沼のような離婚劇が展開されます。予備知識を持たずに見ると少し戸惑う部分もあるかも知れません。一見したところ、「クレイマー、クレイマー」やウディ・アレン作品などを思い起こしたり、ノア・バームバックがなぜこの様な題材を選んだのか考えさせられたりするかも知れません。

夫婦は互いに演劇の世界で働いており、「フランシス・ハ」に続いて演劇に関わる人物の物語になっていることから、演出の雰囲気も含めて監督は映画より演劇をやりたいのではないかという思いすらしてきます。

作品の白眉は夫婦が互いへの不満を激昂しながらぶつけ合う場面です。始めは穏やかに冷静に話す二人が徐々に怒りを募らせていくうちに頭に血が登っていく様子が見ているだけで分かり、感情だけに任せて心にもないひどい言葉で互いに傷付け合う姿には、それだけで見ている側の心も傷付けられるかの様な痛みを感じます。

やがて、冒頭で離婚協議のために互いの良い面を上げていった場面が思い出され、あれほど互いに愛し合い尊敬し合っていたのに、その二人が今や互いを憎み傷付け合っていることを思うといたたまれない気持ちになります。
互いに距離が生まれた原因は尊敬の欠如だったのかも知れません。

業界で働き表現者として活躍する人でさえも家族の問題となるとどんな世界の人とも違わず同様に戸惑い、やがて傷付け合うのだと思わされます。

30代男性

▼今すぐ無料で映画を1本だけ観ませんか?▼

マリッジストーリー等をネトフリに登録せずに観る裏技!オフィシャルも認める方法で無料で動画をみよう!

ネットフリックスオリジナル作品の『マリッジストーリー』は是非ともオススメしたい作品です。

そこで、ネトフリ作品をフル動画を観るのにおすすめな、ユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため600ポイントを使って、無料ですぐに映画を1本観ることができます。1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で「アナイアレイション」などのネトフリオリジナル作品も観ることができるわけです。

何よりも、ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、好きな作品を観たら、継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA