CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

罪の声のキャスト相関図|原作の事件は実話?感想評価&口コミレビューとあらすじネタバレ【ロケ地・撮影場所は〇〇】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年10月30日公開の「罪の声」。

1984年、1985年に実際に起きた「グリコ・森永事件」を元に、手掛けた塩田武士のサスペンス小説を原作に映画化したものです。小栗旬と星野源のダブル主演で、アカデミー賞の前哨戦とも言われる報知映画賞では作品賞に選ばれました。

また、映画『罪の声』の口コミ評判レビューには、

  • キャストも良かったが、正直メインキャストは誰でも良かったかもしれないというぐらい話の内容に引き込まれた
  • 複雑な原作を丁寧にまとめられている
  • とても感情を揺さぶられた
  • 声の主は法律上の罪は負えないものだからこそ考えさせられた
  • 真犯人や黒幕だけでなく、事件に巻き込まれた「声」の人たちに焦点を当てたのが、映画最大のポイント
  • 最初から最後まで展開が読めないスリリングなストーリー
  • 平成生まれの私にとってこのモデルになった事件が実際に起きていたことがとても驚きでした
  • 平凡だった主人公が自分の「罪の声」を知って心が揺れ動いていく様が本当にリアルに描かれている

という声が多数集まっています。

映画「罪の声」のまとめ
  • キャスト相関図
  • 原作は実話の事件?映画を観る前なら漫画もおすすめ
  • 罪の声の感想評価と口コミ評判レビュー
  • 罪の声のあらすじネタバレ
  • 映画『罪の声』のロケ地と撮影場所

 

もし、まだあなたが一度も「罪の声」の原作小説を読んでいないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に原作の小説作品を読んでおくことをおすすめします。例えば、今ならU-NEXTだと「罪の声」の原作小説を初回ポイントを使って100円で観ることができますよ!

また、U-NEXTに登録しておくと、U-NEXTで映画が配信される時に、いの一番に「罪の声」を視聴することができます。

▼今なら無料!「罪の声」の原作小説を読むならコチラ▼

映画「罪の声」のキャスト相関図

映画「罪の声」の人物相関図は、この通りです。

映画「罪の声」は、塩田武士のベストセラーであるミステリー小説が原作となっています。ヒューマン・ミステリーで、主演は俳優の小栗旬と星野源です。

罪の声|原作は実話の事件?映画を観る前なら漫画もおすすめ

原作は実話の事件を元に考案されたオリジナルストーリー

映画『罪の声』の原作は1984年、1985年に実際に起きた「グリコ・森永事件」を着想に塩田武士が手掛けたサスペンス・ミステリー小説です。実話でもある事件を元にしていますが、ほとんどは塩田武士の考案したオリジナルの内容です。

まず、「グリコ・森永事件」は1984年に江崎グリコの社長が誘拐されたところから始まります。映画では「グリコ」を「ギンガ」という会社名で描かれていましたね。

この犯人グループは誘拐した江崎社長の身代金として、現金10億円と金塊100kgを要求します。しかし、事件の3日後に江崎社長は自力で逃げ出します。犯人はそのまま捕まらず、江崎グリコに対しての脅迫や放火事件が続けて起こります。

更には、犯人グループは「かい人21面相」とマスコミに名乗り、森永製菓やハウス食品など食品企業が次々と脅迫されます。映画では犯人グループの「かい人21面相」を「くら魔天狗」として描いています。

実際に、「かい人21面相」からの脅迫文通りにスーパーなどの店頭から青酸ソーダが混入されたお菓子が発見されています。「かい人21面相」と名乗る犯人グループは、金の引き渡し場所を指示するために、子供の声を録音した音声を使いました。

この音声の分析結果は、小学6年生から中学1年生までの少女と、小学校低学年の男児、就学前の男児という事が分かっています。この子供たちは見つかっておらず、映画で登場する曽根俊也や生島聡一郎などは実在する人物ではないことが分かります。

「かい人21面相」はマスコミや警察に対する挑戦状ともとれるような脅迫文をいくつも送り付けましたが、現金の引き渡しにおいては次々と指定場所を変え、犯人は一度も現金の引き渡し場所に現れませんでした。

犯人とおぼしき人物(映画でも出てきた「キツネ目の男」)が何度か目撃されますが取り逃し、結局犯人の正体はわからず2000年2月に未解決のまま時効を迎えています。

実話となった元ネタ事件と映画の相違点のまとめ

元ネタ:「江崎グリコ」社長誘拐事件

映画:「ギンガ」社長誘拐事件

※どちらもおまけ玩具付きの菓子を販売する製菓メーカーというのは共通

元ネタ:犯人グループ名は「かい人21面相」

映画:犯人グループ名は「くら魔天狗」

元ネタ:脅迫される企業名は江崎グリコ、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋

映画:脅迫される企業名はギンガ、ホープ食品、萬堂製菓、又市食品、鳩屋、摂津屋

※いずれも食品企業というのは共通

映画では、企業を脅迫し株価が下がったところで空売りをすることで金を得ようとしていた犯人グループだったが、仲間割れを起こし、手っ取り早く金を得ようとしたメンバーが身代金目当てで行動を起こすが失敗、犯人グループは姿を消したという結末でした。

しかし実話の事件である「グリコ・森永」事件は未解決事件です。犯人グループなどの描写は原作者である塩田武士の創作です。昭和最大の未解決事件の1つでもある実話の事件を元に、オリジナルの人間関係を入れて描いたのが原作本となっているのです。

原作は文庫本化も!映画を観る前なら漫画もおすすめ

原作小説がある「罪の声」ですが、映画の内容・事件の内容を深く理解する為には原作を読むことは必須かなと思います。映画では、原作の内容を省かれている部分も多く、青木やし乃の女将さんなどの関係は理解するのが少し難しいところです。

また、「罪の声」には漫画版もあります。全3巻で読みやすいものなので、映画を観る前に読んでおくと理解しやすいと思います。文庫本や漫画版もなる「罪の声」ですが、内容の良さに関しては映画が一番だと思います。

原作本を読んでから映画を観ましたが、テープに使われた子供の苦しみや聡一郎の母との再会の感動さなどは映画では凄く伝わるものがありました。難しい話なのに、良くここまで上手く仕上げたものだと思います。

原作本に関しては映画を観る前でも観た後でも、オススメできるものなので、ぜひ読んでみてください。

▼参考▼映画「罪の声」の原作小説や漫画を一気観したいあなたはコチラ▼

罪の声の感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「罪の声」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|原作小説よりも高いクオリティ

正直、予告では全く観る気になれかったものだったのですが、非常に見応えのある作品です。有名な未解決事件を独自の解釈で究明していく展開はとても納得感があり、実際にもこんな感じだったのでは?と思わせてくれます。

キャスティングも文句のつけようが無く、小栗旬と星野源のコンビの掛け合いが魅力的ですし、特に宇野祥平の被害者役の真に迫る演技が衝撃的で、思わず涙が流れてしまうほど。梶芽衣子や宇崎竜童の過去に囚われすぎてしまって、今更路線変更できない人間達の演技もリアル感があります。

テーマ的にも、全共闘運動に対するハッキリとした「断罪」を打ち出しているのが凄い。ラストの小栗旬の一連の台詞はフィクションの枠を超えて、現実世界に存在する「彼ら」に向けられていると感じました。

原作小説では感動さは感じなかったのですが、映画では感動さが伝わり、映画の出来栄えの良さが感じれるものでした。

口コミ評判レビュー「説明が丁寧で話においてかれない」「すごく引き込まれる」

映画『罪の声』の口コミ評判レビューには、「登場人物は多いですが、丁寧な説明があったので話においてかれることがありませんでした」「物語の内容も2転3転するので最後まで気が抜けることなく楽しる」「40歳くらい以上の人なら誰しも耳にしたことがグリコ森永事件で、声の苦しみをリアルに描いている」「少し重いテーマであり、盛り上がるシーンも無いですが、すごく引き込まれました」という評判が多い印象です

★★★★★星5

原作は、実際にあった未解決事件をモチーフにした塩田武士の小説です。当時私は小学生だったので、実際の事件の事は強烈に覚えています。

新聞社の文化部記者・阿久津とテーラーの経営者・俊也という出会うはずのない二人が、それぞれのきっかけから事件を追い始めるのですが、登場人物や固有名詞、また株式売買に関するものなど専門用語が多く複雑なあの原作を、こうもスピーディに、かつ丁寧にまとめられていたことに驚きます。

142分という長さも全く感じず、最後までのめりこんで楽しめました。脚本はドラマ「アンナチュラル」や「MIU404」の野木亜紀子さん。

図らずも加害者と関わることになってしまい、軟禁生活を送る生島の妻と子供たちの人生が描かれるシーンはとても辛い。特に中学生の望のシーンは一瞬目を背けてしまったし、俊也と阿久津の前で聡一郎が声を振り絞るように語るシーンは、その風貌からもどんなに辛い人生を送ってきたかが伺えます。

そしてその話を聞く俊也の表情もまた、ここまでのストーリーを二人の主人公とともに追ってきた観客の胸にグッとくるのです。それぞれの人生の扉が新しく開くようなエンディングは救われる思いでした。

作品の舞台は京都と大阪ということで、少々懸念していた俊也の京都弁と阿久津の大阪弁はとても自然で、しっかり分けて表現されていました。脇を固める俳優陣の顔ぶれも大変豪華で、そこを丁寧に観るのも面白いと思います。人気俳優二人の共演作としてだけではない傑作です。

40代女性

★★★★☆星4

映画のあらすじをCMなどで見て、映画を見に行きました。思っていた以上にストーリー全体が暗く、重い話でしたがとても面白く感じました。

元となった事件があると聞いて、それもさらに自分で調べていくのはとても面白かったです。犯人に脅迫文を読まされた3人の子供達の人生や、今の生き方、タイトル通り「罪の声」を残してしまった人たちの3通りの生き方に自分も悔しく思えてきたり、とても感情を揺さぶられました。

自分のなかでは、結局「きつね目の男」はどこで何をしているんだろう、と少し疑問が残りましたが、主犯格が判明したところはすっきりしました。個人的な好みかもしれませんが、記者役は小栗旬ではなく別の人がよかったかな。。と思いました。

20代女性

★★★★★星5

星野源さんと小栗旬さんが出ていたので、演技に期待して見に行きました。テーラーと新聞記者の役だったので、どのように2人が繋がるのかと思いながら見てましたが、個人的には、被害者の弟の役を演じた俳優さんの演技がリアルで衝撃を受けました。

日本を代表する俳優さんの演技はやはり見応えがあり、時間があっという間に過ぎていました。子どもの声を録音したのが身近な人だったり、知りなくない事実に向き合いながら話が進んでいて、胸が痛みました。

1984.1985年に実際にあった事件を参考に作ってるのではということでしたが、キツネ目の男の子の絵がそっくりで驚きました。映画の世界とは分かっていましたが、本物の犯人に見えてしまいました。現実にあのような次元があった事は忘れてはいけないと思います。

30代女性

★★★★★星5

登場人物は多いですが、丁寧な説明があったので話においてかれることがありませんでした。さらに、物語の内容も2転3転するので最後まで気が抜けることなく楽しめます。

真実を知っていた人は幸せになれずに苦しみ、真実を知らなかった人は幸せに暮らしていました。普通だったら真実を知ることや真実を伝えることは「正義」「義務」のような気がします。しかし、この映画は本当に真実を知ることが正義なのか、真実を伝えることが義務なのか考えさせられました。

そして、「罪」とは何を言うのかも考えさせられる映画です。映画の声の主は法律上の罪は負いません。ですが、自分がしてしまったことに苦しみます。法律で裁かれるものが罪かもしれませんが、だからと言って自分の声に罪の意識を感じないことはできない...言葉で説明できない感情が人間にはたくさんあると感じました。

印象に残ったシーンは、小栗さん(阿久津)が宇崎さん(曽根)に伝言を伝えたあとの顔のアップのシーンです。そのシーンは表情が分かりやすく動くわけではありませんが、映画を見た人たちに何か重たいものを感じさせます。

いつもの日常が日常ではなくなる瞬間は誰にでもあると感じました。

20代女性

*映画「罪の声」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

罪の声のあらすじネタバレ

以下、映画「罪の声」のあらすじネタバレとラスト結末です。

罪の声のあらすじ|未解決事件を追う・新聞記者の阿久津英士

大日新聞社文化部で演劇評などを担当している阿久津英士は、すでに時効となっている未解決事件「ギン萬事件」の真相を追う社会部の特別企画班の一員に選ばれました。

「ギン萬事件」とは35年前、食品会社の社長誘拐と身代金の要求に始まり、「ギンガ」「萬堂製菓」という大手食品メーカーをターゲットとした事件で、脅迫には子供の声の音声データが使われ、店頭に並ぶ菓子には毒物を混入するというものでした。

警察やマスコミを翻弄し世間の注目を集めましたが、ある日犯人グループは忽然と姿を消し、未解決のまま時効を迎えます。日本の犯罪史上類を見ないその顛末は、「劇場型犯罪」と表されました。

阿久津はこの特集に気乗りせず断るものの、上司と社会部デスクとの間で話がついており仕方なく取材に取り掛かることにします。そして、ギン萬事件と同じ頃にイギリスでオランダのビール会社社長の誘拐事件について調べていた男性がいたという情報を得てイギリスを訪れます。

情報主に会いに行くと、ロンドンで怪しい行動をとっていた中国人の情報を得ました。

当時ジャーナリストで現在は大学で教鞭をとる女性ソフィが、その中国人と付き合っていたと聞いて会いに行きますが「中国人の知り合いはいない」と一蹴されイギリスでの調査は空振りに終わってしまいます。

罪の声のあらすじ|未解決事件を追うテーラー経営者・曽根俊也

京都で父親から受け継いだテーラーを経営する曽根俊也は、妻と幼い娘、母親の4人で暮らしていました。

ある日、入院中の母から頼まれた探し物のため自宅の押し入れを探っていたところ、懐かしいおもちゃに混じって古い手帳と「1984」と書かれたカセットテープを発見します。

手帳には数ページにわたって英文が並んでおり、「ギンガ」「萬堂」という文字も見られました。何気なくカセットテープを再生してみると子供の歌声が流れてきました。

子供の頃の自分の声を、親が面白がって録音したのだなと懐かしく聞いていると、突然ブツッと音声が止まり、同じ子供がある文章を読み上げる音声に変わります。

そんな中、どこか遠い記憶で聞いたことのあるフレーズに、俊也の手は止まります。手帳に残された「ギンガ」「萬堂」の文字からギン萬事件を思い浮かべた俊也は、パソコンを操りインターネット上に残された事件の脅迫に使われた子供の声のデータを発見しました。

再生してみると、自分の手元にあるテープの音声と脅迫に使われた音声は全く同じでした。事件に使われた子供の声3人で、その内の1人が自分のものなのかと俊也は罪の意識を感じます。

罪の声のネタバレ|伯父のギンガへの恨み

手帳とテープについて調べたい思いに駆られた俊也ですが、妻や入院中の母に心配をかけるのはためらわれ、父の代から世話になっているスーツの仕立て職人である河村を訪ねます。

そこで俊也の父・光雄の兄で俊也の伯父にあたる曽根達雄の存在を知り、伯父は死んだと聞かされていた俊也は驚きます。河村の話によると、達雄の父で俊也の祖父にあたる人物は、過激派の内部抗争に巻き込まれ誤って命を落としてしまったのでした。。

当時、俊也の祖父は「ギンガ」に勤めていましたが、会社は祖父を過激派の一員だとみなし線香の一本もあげに来なかったことを当時の達雄はひどく怒り、「ギンガ」への恨みを募らせていたのでした。

俊也は、その後の達雄が「ギンガ」を含むいくつかの食品会社の株価について調べていたことや、堺にある小料理屋「し乃」の名を口にしていたことを聞き「し乃」に行ってみることにします。

罪の声のネタバレ|脅迫に使われた声の子供の今

「し乃」の板長は明るく感じの良い男でしたが、俊也が「ギン萬事件」に触れると歯切れが悪くなります。

しかし、俊也が子供の頃の自分がこの事件にかかわっていたかもしれないと食らいつくと、板長は意を決したように、「ギン萬事件」の真っただ中、「し乃」で犯人グループと思われる団体がよく集まっていた話を聞きます。

犯人グループの中に滋賀県警の暴力団担当の生島という刑事がいたこと、生島には中学生の娘・望と小学生の息子・聡一郎がいたことなどを語り始めました。

望が通っていた中学校を見つけた俊也は、当時の担任教師から生島一家が突然失踪したことを知らされます。望の担任教師からは後日、生島一家が失踪してからも望と連絡を取り合っていたという望の同級生だった女性を紹介されます。

望から聞いた話では、ある朝突然、父・生島秀樹の知人が家に現れ、父が青木という男に命を奪われた事、今すぐここから逃げないと母子3人の命も危ないという事を知らされたというのです。

その後3人はとある建設会社の寮で暮らしました。望は映画字幕の翻訳家になる夢の為に英語を勉強したい、早く元の暮らしに戻りたいと夢を語っていたと彼女は語ります。

電話で、望はギン萬事件の脅迫テープに自分の声が使われたことを知り、そのせいで人生がめちゃくちゃになったと嘆いていました。そんな望と一度大阪道頓堀の「ギンガ」の看板の下で会う約束をしましたが、約束の日に望は現れず、それ以来連絡が取れていないのでした。

望と同じように声を使われた俊也が元気で暮らしているのなら望もきっと生きていますよねと、望の同級生は涙を流しましたが、俊也は何も答えられませんでした。

罪の声のネタバレ|阿久津と俊也をつないだ小料理屋「し乃」

イギリス取材が空振りに終わった阿久津は、過去の資料からロンドンでギンガ株の外人買いが進んでいたという情報を発見します。

当時を知る元証券ディーラーの話から、ギン萬事件の犯人グループが口座を偽装し架空の取引をすることで利益を得る「仕手筋」によるものではないかと考えが芽生えました。

取材を続けるうちに犯人グループのメンバーと思われる人間を一人、また一人と阿久津は見つけていきます。

そんな中、犯人グループの1人とされている「キツネ目の男」が映る写真を手に入れ、メンバーの一人と親しい関係にあったという小料理屋「し乃」にたどり着きます。

「し乃」の女将にはあっさりと追い出され何も聞き出せなかった阿久津ですが、女将が不在の時を狙い板長への取材を試みます。

俊也と阿久津が立て続けに「ギン萬事件」の事を聞きに来たことで板長は思わず口を滑らせてしまい、阿久津は自分と同じように事件の事を調べている人物がいると察し、俊也の存在を知ることになるのでした。

罪の声のネタバレ|それぞれに事件を追っていた二人が出会い、共に事件を追う

板長の話から「テーラー曽根」を突き止め、阿久津が店を訪ねてきました。

阿久津は人懐こい表情を湛えて俊也に取材を申し込みますが、俊也は自分には守るべき家族があり、面白おかしく記事にされては困ると一阿久津を追い返します。

しかし、なぜ自分の声が事件に使われたのか、他の2人の子供と伯父・達雄はどうしているのかなど胸の内の澱みに決着をつけたいという思いから、阿久津と共に事件の真相を追うことを決意します。

阿久津は「ギン萬事件」の数年後に、生島母子が身を寄せていた建設会社で放火殺人事件があり、容疑者の男である津村と中学生の男の子が行方不明になっていることを知ります。

男の子はのちに津村と別れ、各地を転々としているうちに岡山で暮らしていたことがわかり、その男の子が生島の息子・聡一郎だと確信した阿久津は、俊也とともに岡山へ向かいます。

岡山で中華料理店を営む夫婦にたどり着いた2人は、客を装い食事をした後、夫婦に声をかけました。はじめは警戒していた夫婦でしたが、実の息子のように思って暮らしていた聡一郎が、ある日突然姿を消したことを話し始めました。

夫婦から聡一郎の電話番号を聞き、俊也が電話をかけると、薄暗く狭い部屋で一人ひっそりと暮らしていた聡一郎は何も語りたくないと告げますが、俊也は自分も声を使われた子供の一人だと打ち明け、聡一郎と会う約束を取り付けることに成功します。

待ち合わせは、かつて望が同級生と会う約束をした「ギンガ」の看板の下でした。聡一郎は失踪後の母子の暮らしや望の事、その後の逃亡生活について語り始めました。

罪の声のネタバレ|聡一郎の告白・あまりにも辛い過去に自分を責める俊也

聡一郎はある日突然、母と姉の望とともに逃げるように言われ、助けに来た男の恋人の家に身を寄せましたが、後を追ってきた青木組に阻止され、青木組の建設会社の寮で軟禁状態の暮らしをすることになりました。

母は建設会社で事務員として働き、ガラの悪い男たちにからかわれてもグッと耐えている姿を見るのは非常に辛いことでした。

ある日望は今の生活から逃れたいと荷物をまとめて寮を抜け出しますが、追ってきた組員につかまり、車道に突き飛ばされて車に撥ねられ命を落としてしまいます。

姉の死を目の前で目撃した聡一郎は、言う事を聞かないと母親の命も奪うと組員たちに脅され、そのまま青木組の使い走りとして生きるしかありませんでした。

その中でも聡一郎に気をかけてくれた男が、のちの放火事件の容疑者・津村でした。津村は組の金銭トラブルでリンチにあい監禁されます。そんな津村を助けた聡一郎は共に組事務所に火をつけ逃亡を図ることになるのです。

それから、聡一郎は母とも離れ離れになってしまっていました。その後、津村と別れた聡一郎は各地を転々として何とか暮らしていましたが、今は目も悪くなり仕事もできない状況でした。

保険証がない為、病院で目の診察を受けることもできない聡一郎は、曽根さんの人生はどうでしたかと俊也に尋ねます。自分と同じように苦しんできたのではないかと尋ねる聡一郎ですが、俊也は聡一郎と同じ「声を使われた子供」でありながら、両親の愛情を受け何不自由なく暮らしてきたことに心を痛めます。

阿久津は俊也が気を病むべきではない、多くを奪った犯人こそ非難されるべきだと声をかけます。そして真相を明らかにすべく、阿久津は再びロンドンに向かいます。

罪の声のネタバレ|母・真由美はついに音声テープの秘密を俊也に語る

俊也の母・真由美は病院から一時帰宅を許された際、こっそりと押し入れを開けて何かを探していました。俊也は手帳とカセットテープを見せて、自分の声を録音したのは誰なのかと母に尋ねました。

真由美は自分が俊也の声を録音したことを認め、夫・光雄と出会う前に学生運動に参加していたこと、その時に達雄に出会っていたことを話します。

光雄と結婚し俊也が生まれ、穏やかな日々を過ごしていた頃、真由美の前に達雄が現れたのです。真由美は光雄には学生運動の事を隠していた為、初対面を装いましたが、後日達雄から自分が「ギン萬事件」の犯人であると告げられ協力を求められます。

そして俊也が脅迫文を読み上げるのを録音したと告白するのです。

罪の声のネタバレ|阿久津は達雄を追い詰め、達雄は巻き込まれた子供たちの人生を知り愕然とする

阿久津は、ロンドンでソフィに再び会い「当時交際していた”日本人”を知らないか」と尋ねました。以前は”中国人”と尋ねた為に知らないと答えたソフィですが、今回は知っていると答えます。それが達雄でした。

曽根達雄はロンドンで書店を営んでいました。日本人の来店は珍しいと喜ぶも、阿久津が事件について話し始めると表情を変えます。しかし俊也の名前があがったことですべてを受け入れ、「ギン萬事件」の事を語り始めました。

学生運動に疲れ、ロンドンで静かに暮らしていた達雄のもとに、警察を辞めた生島が訪ねてきました。警察への仕返しをもくろんでいることを聞き、達雄の気持ちもまた奮い立ったのです。

日本企業の要人の誘拐はたやすいが身代金の受け渡しが難しいと考えた達雄は、株価操作で利益を生もうと計画します。生島は大阪でメンバーを集め、1984年に達雄は日本に帰国します。

犯人グループの活動が始まりましたが、急場の寄せ集めであったこともあり、大金を奪いたい青木とそれが目的ではない達雄側とは徐々に対立していきました。

方針を変更した生島が青木側に乗り込み、生島の死を目撃した達雄は生島一家を逃亡させます。青木たちはその後も独断で計画を進めていくものの現金の受け取りに失敗し、事件は未解決のまま突如終息したのです。

達雄は「ギン萬事件は“闘争”だった」と語りますが、阿久津は声を使われた生島の二人の子供の壮絶な人生を語り、「あなたの“闘争”は結果、何を生んだのか」と迫ります。

達雄は生島一家を逃したことで、生島一家は無事だと思い込んでいました。子供たちのその後を知らずにロンドンで暮らしていた達雄は事実を知りただ茫然と立ちすくむのでした。

罪の声の結末ラスト|未解決事件の真相が明らかに そしてそれぞれの人生が動き出す

阿久津は特集記事を書き上げ、その内容は瞬く間に日本中で話題となりました。聡一郎は俊也が仕上げたスーツを着て記者会見に臨み、その壮絶な人生も含めて未解決事件の真相を握る人物としてメディアを騒がせました。

記者会見をきっかけに、養護施設で暮らす母との再会を果たした聡一郎は、車いすの母を強く抱きしめます。母を残して逃げたことを詫び、母は聡一郎の苦しい人生をいたわり、ふたりは望の死に涙を流すのでした。

俊也の母・真由美はすべてを明らかにした後にこの世を去りました。阿久津は再び社会部に移り、今後も事件の真相を追い続けることを胸に、テーラー曽根でスーツを注文します。

同じ関西で過ごしてきた同い年の男同士、この事件がなければ出会うはずのなかった新聞記者とテーラー経営者はお互いを讃えあい、それぞれの道を進んで行くのでした。

以上、「罪の声」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼今すぐに観れる!映画「罪の声」の小説版と漫画版を一気観したいあなたはコチラ▼

映画『罪の声』のロケ地と撮影場所

映画『罪の声』のロケ地は、京都や大阪など主に関西で撮影されました。ロケ地については、多くの情報が出回っており、TwitterなどのSNSでは多くの方がロケ地巡りをしているようでした。

海外での撮影も行った今作ですが、映画のシーンと一緒にロケ地を紹介していきます。

ロケ地・撮影場所①テーラー曽根

映画でも度々登場する、星野源が演じる曽根俊也が経営する「テーラー曽根」。こちらは京都府京都市東山区辺りを流れる「祇園白川」という場所に撮影期間の間に「テーラー曽根」の撮影セットが建てられました。

祇園白川は京都の観光スポットになっており、いろんなテレビドラマでも撮影が行われています。

ロケ地・撮影場所② 小料理屋「し乃」

劇中では犯人グループ「くら魔天狗」の会合が行われた場所です。兵庫県神戸市にある料理屋で実際の店舗名は「割烹 大力」という場所です。

昭和20年から創業しているお店で、映画を観て足を運んだファンも数多くいるようです。

ロケ地・撮影場所③ 田土浦公園

星野源演じる曽根俊也と小栗旬演じる阿久津英士が事件解決へと向けて捜索する中で一服するシーンです。こちらは岡山県倉敷市にある田土浦公園にある瀬戸大橋がロケ地となっています。

ロケ地・撮影場所④相合橋

曽根俊也と同じテープの声に使われた子供である生島聡一郎との待ち合わせ場所です。大阪府大阪市中央区にある、道頓堀に架かる玉屋町筋の橋です。

ロケ地・撮影場所⑤ イギリス

小栗旬演じる阿久津英二は劇中では2度ほど、イギリスへと行くシーンがありますが、これは実際にイギリスまで行っての撮影です。イングランド北東部にあるノースヨークシャー州のヨークがロケ地となっています。

劇中でも出てきたヨーク大聖堂などはイギリスでも有名な観光スポットです。

ロケ地・撮影場所⑥ヨークのミュージアムガーデン

阿久津が曽根俊也の伯父である曽根達雄を見つけ出し、事件の真相などを聞くシーンです。映画の終盤に出てくるシーンで、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

ロケ地・撮影場所⑦ 大阪市中央公会堂

大阪では、いくつも撮影が行われましたが「大阪市中央公会堂」のところもロケ地となっています。また、この近くにある「水昌橋」でも劇中には登場していて、撮影時からSNSなどでは話題になっていました。

ロケ地・撮影場所⑧ 京都市動物園

曽根家族が劇中で訪れていた動物園は「京都市動物園」です。日本で2番目に古い動物園で、小さな遊園地も併設されている場所です。

▼連休に最適!面白すぎる「罪の声」小説版と漫画版を今すぐ観るならコチラ▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA