CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ヤクザと家族の原作小説を解説!あらすじネタバレ感想評価やキャスト相関図

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年1月29日公開の『ヤクザと家族』。

第43回日本アカデミー賞にて、『新聞記者』で最優秀作品賞を受賞した藤井道人監督の新たな作品。

主題歌はmillennium paradeの『FAMILIA』です。millennium paradeは『King Gnu』のメンバーである常田大希率いる音楽集団で、主題歌の『FAMILIA』のボーカルには、同じく『King Gnu』のボーカルを務める井口理が歌っています。

また、映画『ヤクザと家族 The Family』の口コミ評判レビューには、

  • 最後はもう号泣でしばらく動けませんでした
  • ラストの磯村勇人くんの表情の演技が秀逸
  • 今までの任侠ものとは一味も二味も違う作品
  • 3つの時代からなる3部構成になっていますが、とてもテンポが良かった
  • 映画を見終わった時の虚無感、悲哀感は半端なかった
  • 綾野剛演じる賢治の痛いほど真っ直ぐな生きざまには心を奪われた
  • 最後は悲しくて悲しくて号泣しました
  • 生き方を考えさせられる素晴らしい映画

という声が多数集まっています。

映画「ヤクザと家族」のまとめ
  • 原作について
  • ヤクザと家族 The Familyのあらすじネタバレ
  • ヤクザと家族 The Familyの感想評価と口コミ評判でのレビュー
  • ヤクザと家族 The Familyの時代別キャスト相関図

 

もし、まだあなたが一度も「ヤクザと家族」の小説版を観ていないなら、ネタバレとあらすじ・感想評判と併せてノベライズ小説も見ておくことをおすすめします。例えば、今ならU-NEXTだと「ヤクザと家族」小説を試し読みすることができますよ!

▼今すぐ「ヤクザと家族」を試し読みするならコチラ▼

ヤクザと家族|原作について

映画『ヤクザと家族 The Family』の原作本について、解説します。

映画『ヤクザと家族 The Family』の原作ですが、実は、原作はありません。映画『ヤクザと家族 The Family』の監督である藤井道人のオリジナル脚本です。

アカデミー賞を受賞した『新聞記者』の製作期間中には、すでに今作『ヤクザと家族 The Family』の企画が動き出していたそうです。

しかし、映画『ヤクザと家族 The Family』の原作本についてはないと書きましたが、ノベライズである小説版については、映画公開から2ヶ月後に発売されるかたちとなりました。

映画と同じストーリーですが、映画では描かれなかったエピソードなども書かれたりしています。内容的には映画より、詳しく書かれているなという感じです。

登場人物の関係性もより理解できると思いますし、映画でハマった人には満足できる1冊かと思います。

ヤクザと家族 The Familyのあらすじネタバレ

以下、映画「ヤクザと家族」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ヤクザと家族 The Familyのあらすじ|柴崎組との出会い

時代は1999年。19歳の山本賢治は葬式に似つかわしくない上下白色の格好をして参加します。賢治の父親は証券マンでしたが、バブル崩壊後に覚醒剤にハマってしまい自ら命を絶ったのでした。

母親もいない賢治でしたが、悪友である細野と大原とつるむ生活を送っていました。

そんなある日、賢治は覚醒剤を売買してるところを目撃します。父親とも親交があった密売人で、賢治は密売人から覚醒剤を奪います。そして、こんなのはゴミだと言って覚醒剤は海に投げ捨て、お金だけ奪うのでした。

その後、賢治は細野と大原と共に行きつけの食堂へとご飯を食べに行きます。食堂では、まだ赤ん坊である翼を抱えながら、シングルマザーである愛子が1人で切り盛りしていました。

そこに、柴崎組の組長である柴崎博がやって来ます。愛子の夫である木村は柴崎の弟分で組と組の抗争により命を落としていました。そんな中、柴崎の命を奪おうとヤクザが店に乗り込んできます。

ヤクザ同士の争いが始まる中、1人の男が柴崎に銃を向けます。そこに背後から賢治が殴り、お前らうるさいと言います。警察のサイレンが聞こえてきて、大原と細野に連れられて、その場を離れる賢治ですが、柴崎にとっては命を救われる結果となりました。

ヤクザと家族 The Familyのネタバレ|ヤクザの道へ

翌日、賢治のところに柴崎組の1人が訪れます。柴崎組のビルへと案内された賢治の前には柴崎をはじめ、柴崎組の幹部連中がいました。

身寄りもない賢治に、柴崎は組に入らないかと誘います。覚醒剤を売買してるようところには入りたくないと言う賢治ですが、柴崎組を覚醒剤などの売買は行っていませんでした。

賢治は柴崎の名刺だけ受け取り、町を歩いていると細野から逃げろとの電話が入ります。気付くと、すでにヤクザ連中が賢治のことを囲んでいました。走って逃げますが、捕まったしまい殴られて気を失ってしまいます。

目が覚めると、大原と細野は血だらけで倒れていて、賢治もボコボコにされて血だらけの状態でした。

賢治たちを捕まえたのは、麻薬密売人の大元である侠葉会の加藤と川山でした。覚醒剤を海に捨てられたことを知った加藤たちは賢治たちを港まで連れて行き、香港行きの船に乗せて臓器を売ろうととします。

しかし、賢治のポケットから柴崎の名刺が見つかると、加藤たちの態度が変わります。実は侠葉会と柴崎組は最近まで揉めていた件に手を打ったばかりでした。再度、揉めることを避けるために、賢治たちは開放されます。

そんな賢治に柴崎は行くところはあるのかと優しく声を掛けます。自暴自棄な自分を助けてくれた柴崎に、賢治は恩を感じます。そして、柴崎と親子の盃を交わして、柴崎組へと入るのでした。

ヤクザと家族 The Familyのネタバレ|由香との出会い

賢治が柴崎組へと入ってから、6年が経ち2005年となりました。25歳になった賢治は細野と大原に慕われながら柴崎組で男としての格を上げ、すっかりヤクザらしくなっていました。

ある日、柴崎組が管理しているホステスからケツモチとして呼び出されます。金額に文句を言っている客の様子を見に行くと、そこには侠葉会の川山がいました。賢治がケツモチとして来ることが分かっていての川山の行動でした。

そして、川山は町の北側から柴崎組は手を引くようにと言います。更に川山は6年前のようにボコボコにしてやろうかと挑発もします。怒りを抑えていた賢治ですが、去り際に柴崎のことを侮辱され、キレた賢治は川山の頭をガラス瓶で殴ります。

頭から血を流しながら、侠葉会と柴崎組の戦争だと川山は言ってきます。その後、店に務めるホステスの由香が賢治の手に刺さったガラスを優しく取り除いてくれます。その優しさに賢治は由香に好意を抱きます。

ヤクザと家族 The Familyのネタバレ|柴崎組と侠葉会の行く末

後日、賢治の川山に対してした行動が問題となります。自分で責任を取ると言い張る賢治ですが、侠葉会との話し合いには柴崎と若頭の中村が行く事となりました。

家で待機する賢治ですが、落ち着かない賢治は由香に電話します。ホステスで仕事中の由香でしたが、賢治は無理矢理に車に乗せてドライブをするのでした。

一方で柴崎組と侠葉会の話し合いでは、決裂となってしまいます。

後日、大原の運転で柴崎と賢治の3人で釣りに向かおうとしていました。そんな中、何者かに銃で撃たれる襲撃に合います。柴崎は賢治が庇うものの、大原が犠牲になってしまいました。

賢治も重症を負い、入院する事となります。賢治は自分でケジメを取ろうとしていましたが、見舞いに来た柴崎から、今回の事件のケツモチは警察に任せることになったと言われます。

実は大原の葬式に参加していた柴崎のもとに警察の大迫が訪れていました。大迫からは、これからのヤクザを裁くのは法や警察ではなく世の中全体であると言います。

ヤクザの時代は終わろうとしていて、従えないなら柴崎組の組員は路頭に迷うことになると脅されます。しかし、これは大迫とすでに繋がっていた加藤たちの策略でした。

話を聞いても納得の行かない賢治は、加藤たちの場所へと単身で乗り込みます。加藤は大迫と飲む中、川上は別の部屋で女と遊んでいました。そこに賢治は銃を向けて、引き金を引こうとします。しかし、そこに若頭の中村が現れて、川上を刺します。

大原の仇を打ちたいことや、組を守りたい気持ちは若頭の中村も賢治と一緒でした。しかし、これからの組を支えるのは若頭である中村である為、賢治は中村を逃して川上にトドメを刺して、自分が罪を被るのでした。

その後、賢治は由香の家に訪れます。2人はそこで結ばれ、ホステスで学費を稼いでると言っていた由香に300万を残して去っていきます。翌朝、賢治は川上殺害容疑で逮捕されるのでした。

ヤクザと家族 The Familyのネタバレ|時代の移り変わり

賢治は14年の刑務所生活を終え、出所する事となりました。時は2019年となっていました。出所した賢治のもとに、中村が迎えに来て、柴崎組のビルへと連れて行きます。

しかし、3年前からの暴対法の影響でヤクザに対する締め付けは酷くなっていました。その為、大勢いた組員も今や6人しかいませんでした。また、賢治は柴崎とも再会するも、柴崎は癌に犯され体調も良くない状態でした。

その後、賢治は悪友でもあった細野と愛子の店で食事をします。細野は柴崎組を抜け、廃棄処分工場で働き、結婚して妻子もいました。賢治は細野に、連絡の取れなくなった由香の行方を探してもらうようお願いします。

会計の際に、兄貴分であった賢治は奢ろうとしますが、無理矢理断ります。兄貴分である顔を立てようとしない細野に疑問を持つ賢治ですが、細野にとって賢治と関わることは反社と言われることで、ヤクザに戻った賢治とは深く関われないのでした。

また、賢治は愛子の息子である翼とも再会します。22歳となった翼は柴崎組のシノギの手伝いをしながら、以前の賢治のように夜の街のケツモチをやっていました。

腕っぷしもある翼ですが、侠葉会の加藤から目を付けられていました。加藤は翼を侠葉会に誘いますが、断ります。翼の態度に腹を立てた加藤は、親父と同じ目に合わないといいなと言います。

そこで翼は、自分の父でが柴崎組と侠葉会との抗争で命を落としたことを知り、父の命を奪った人物を探ろうとします。

一方で、時代が変わり、ヤクザの肩身に狭さを思い知った賢治は柴崎組の収入に疑問を持ちます。そして、中村を問いただすと、組の収入は覚醒剤の売買や密漁といったところからがほとんどでした。

ヤクザと家族 The Familyのネタバレ|娘の存在

そんな中、賢治は由香の行方を知り、会いに行きます。由香は市役所で働いており、14歳になる娘の彩がいました。由香には復縁を断られますが、彩が自分の娘であることを知ると、組を抜けて由香と彩と一緒に暮らすことを考え始めます。

賢治は柴崎に相談すると、お前ならまだやり直せると除籍を勧めます。そして、賢治は柴崎組を抜けて、一般人として生活を歩み始めます。

自分が本当の父親であることを話せないながらも、賢治は彩と徐々に仲良くなります。そして、細野からの紹介で廃棄処分工場で働く事となりました。

賢治は家庭を持ち、順調な暮らしを歩み始めたと思っていたところ、工場の同僚が賢治と細野の写メを元ヤクザだとSNSに投稿してしまいます。これが広がり、賢治と細野は仕事をクビになります。

また、由香のもとにも評判が広まり、仕事を辞めさせられ、社宅からも追い出されます。彩もヤクザの娘だと言われ、学校を転校せざるを得なくなりました。

賢治は由香に謝罪しますが、あんた来なければと泣き叫びます。絶縁された賢治は傷心のまま愛子と翼のもとへと向かいます。また、同じ頃、妻子から夜逃げされた細野も傷心しきっていました。

ヤクザと家族 The Familyの結末ラスト|家族

翼と会う賢治ですが、翼は父親の命を奪ったのは侠葉会の加藤だと確信していました。母親である愛子さんを大事にしろと言いますが、昔の賢治のように翼は復讐心を燃やしていました。

そんな中、柴崎が危篤状態との連絡を受けます。弱々しい柴崎に、賢治は優しく声を掛けます。柴崎は賢治に家族に大事にするように伝え、息を引き取りました。

一方で、翼は父親の復讐をすべく、加藤と大迫が食事している中華料理屋へと乗り込みます。しかし、翼が乗り込んだ時には、すでに加藤と大迫の命が何者かに奪われた後でした。

実は、賢治が翼が乗り込む前に、翼の手を汚さない為に加藤と大迫の命を奪っていました。血だらけとなった賢治は、海辺へと来ていました。そこに、背後から何者かに刺されます。

刺したのは細野で、あんたが戻って来なければと涙ながらに言います。賢治は、ごめんなと細野を抱きしめ、そのまま海へと落ちて行きます。

それからしばらくして、賢治が命を落とした場所に、翼を花を置きにきました。立ち去ろうとすると、そこに彩が現れます。彩は自分の父親がどんな人だったのか尋ねます。

翼は少し話そうかと言い、彩に賢治のことを語り始めるのでした。

以上、「ヤクザと家族」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼今すぐ見れる!「ヤクザと家族」小説を試し読みするならコチラ▼

ヤクザと家族 The Familyの感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「ヤクザと家族」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|近年の圧倒的ベスト作品

2021年の公開映画でこれを超える作品は早くもないと言っていいくらいで、アカデミー賞など賞レースに入るのは間違いないくらいの大傑作です。

社会の中におけるヤクザとはどういう存在であるのかを、昔かたぎの組長と、彼に救われた孤独な男が結んだ「親子」の絆を通じて、哀愁と慈愛と美しさと切なさで見事に描き出しています。

綾野剛がやんちゃ坊主から壮年期までの主人公山本の数十年を一人で通して演じ切ったのが凄い。組長の「愛」を山本と競り合う、真面目な一本気な兄貴分の中村を演じる北村有起哉も素晴らしいです。

そして、最も重要なのが、柴咲組組長を演じる舘ひろしです。舘ひろしの極道役がもう、愛に満ち、貫禄がありながらも怖いという、この役を演じるために彼のキャリアはあったのだと言い切りたくなるほどのベストキャストです。

彼らの想いを受け継ぐ半グレのリーダー翼を演じる磯村勇斗がラストで彩と会うシーンは感動的で、エンドロールでは泣いている方も多かったです。

来年のアカデミー賞が早くも楽しみですね。

口コミ評判でのレビュー「綾野剛さんの凄さを見せつけられました」「今までの任侠ものとは一味も二味も違う作品」

映画『ヤクザと家族 The Family』の口コミ評判レビューには、「ラストシーンは涙が止まりませんでした」「1週間ほどは思い出しては泣けてくると言う体験をしました」「見る前と後で、人としての生き方や、人に対する見方が大きく変わる、満足感の高い映画」「最後は本当に切なくて辛いものでしたが、millennium parade の「FAMILIA」が流れると胸がいっぱいになりました」という評判が多い印象です。

★★★★★星5

タイトルから、ヤクザものの映画は怖そうなので、最初はあまり興味のない作品でした。ですが、主題歌となったmillennium paradeのファンで、曲も絶賛されていたため、足を運びました。

綾野剛さんの渾身の作品だと感じました。暴力的なハードな場面が苦手なので、そこは目を瞑っていましたが、ストーリー全体の展開はとても面白く、心が揺さぶられました。1人の男性の20年間を、1人で演じ切った綾野剛さんの凄さを見せつけられました。

また、磯村勇斗さんの演技も素晴らしく、最後の表情が強く印象に残りました。今後も追いかけたい俳優さんになりました。見る前と後で、人としての生き方や、人に対する見方が大きく変わる、満足感の高い映画でした。

30代女性

★★★★★星5

昨年、「新聞記者」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人監督の、これまた現代社会に隠れている問題を鋭い視点で描いたオリジナル脚本の作品です。

前半の勢いと狂気あふれるヤクザたちが、時代の移り変わりによりことごとく社会から排他されていく、今までの任侠映画とは違う、リアルで優しくない現実を突きつけてきます。

孤独に生きてきた一人の男が、ヤクザの組長との出会いで家族の温かみを知る、愛情を知る、しかし知ったときにはもう普通に生きることさえ困難な現実が待っていた、男が欲しかったのは家族の愛情だけだったのに。主演の綾野剛の演技がより一層この映画に深みと哀しさをもたらしています。

ラストシーン、ずっと可愛がってきたヤクザの弟分に刺されるシーンは涙が止まりませんでした。過激な暴力シーンも少ない演出で、今までの任侠ものとは一味も二味も違う作品です。

20代女性

★★★★★星5

私自身はまじめな両親に育てられ、今まで不良やヤクザなどになる方の気持ちが理解できませんでした。そして私の勝手な偏見からやくざ映画が苦手だったのですが、夫に誘われて先日この映画を見に行きました。

銃声や罵声が迫力がありドキドキしましたが、なんといっても、綾野剛さんと尾野真千子さんの演技が素晴らしくて、すぐに映画に入り込んでしまいました。

ヤクザ映画をよく見ている夫曰く、普通のやくざ映画とはかなり違って人間ストーリーが主なので、私のようにヤクザ映画が苦手なタイプの人でも楽しめます。

ケン坊が殺されかけた後、血だらけになり、親父に【家族にならないか】と言われ涙したシーンがとても印象的。最後は悲しくて悲しくて号泣しました。そしてエンドロール。主題歌の歌詞が映画とリンクしていてさらに大号泣。

生き方を考えさせられる素晴らしい映画だったと思います。

30代女性

★★★★★星5

個人的に綾野剛の作品にはハズレはないと思っていて監督と他のキャストを確認して迷わず劇場へと足を運びました。

主人公賢治は実の親との愛は知らないけれど、少年期に出会ったヤクザの親分柴崎とその道上の「親子盃」を交わし文字通り親子となっていく。
彼を取り巻く人々もそれぞれ大切な人を守り抜くための「愛」が溢れ、始終心がヒリヒリと凍てつくような感覚でした。

綾野剛さんと尾野真千子さんは共演数も多くさすがの演技ですし仲間役の市原隼人さんも大事な家族を守るが故の心の機微をとてもよく表現していたと思います。

3つの移り変わる時代を描いていますがラストではさらに次の世代へと繋ぐストーリーとなっていて、このラストの磯村勇人くんの表情の演技が秀逸でした。そしてすべてを見終わった直後 頭に浮かんだのはズバリ「愛が溢れてる」でした。

今まであったようないわゆるヤクザ映画とまったく違う視点で作られた映画です。一般には知ることがないであろう部分に触れていてもう一度見に行きたいと思っています。

40代女性

*映画「ヤクザと家族」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

ヤクザと家族 The Familyの時代別キャスト相関図

それでは、映画『ヤクザと家族』の相関図についても見て行きます。

映画『ヤクザと家族』の相関図を1999年と2005年、2019年の3つに分けてまとめました。

ヤクザと家族 The Family|1999年の相関図

まずが、映画『ヤクザと家族』の1999年の相関図からです。1999年の相関図がこちらです。

ヤクザと家族 The Family|2005年の相関図

そして、次に映画『ヤクザと家族』の2005年の相関図です。2005円の相関図がこちらになります。

ヤクザと家族 The Family|2019年の相関図

映画『ヤクザと家族』の2019ねんお相関図がこちらです。

▼ヤクザと家族の小説はコチラで検索▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA