CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『劇場版・呪術廻戦 0』の爆死説はデマ!?アニメを見ていなくても大丈夫なのか解説【あらすじネタバレや感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

『劇場版 呪術廻戦 0』が公開しましたね。

呪術廻戦は、2018年から少年ジャンプにて連載されている人気漫画です。

『劇場版・呪術廻戦 0』は、スピンオフ漫画として2018年12月4日に発売された『東京都立呪術高等専門学校』を題材として映画化されたものです。

時系列的にはアニメ版の前の話で、作品の中で何度も名前と姿だけ登場していた、乙骨憂太を主人公した作品です。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』の口コミ評判レビューには、

  • 戦闘シーンはとてもスピード感があって面白かった
  • 呪術廻戦のことを知らない小学生でも楽しんで見てた
  • ラストで全て終わった五条と夏油の会話に感動した
  • 今後漫画でも活躍が期待される乙骨憂太の始まりのストーリーを見て損はない
  • 作画はMAPPAが担当していて、とてもキレイだった
  • アニメ版や漫画などを少しでも見ている人にとっては素晴らしい出来の傑作
  • アニメ好き!アクション好き!な人はおすすめ
  • もう1度劇場で見たいと思える作品

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 爆死説は全くのデマ!興行収入は100億円超え
  • 映画『劇場版 呪術廻戦 0』はアニメを見ていなくても大丈夫なのかについて。
  • 『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ
  • 『劇場版 呪術廻戦 0』の感想評価
  • みんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「劇場版 呪術廻戦 0」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「劇場版 呪術廻戦 0」を観るならコチラ▼

劇場版 呪術廻戦 0|爆死説は全くのデマ!興行収入は100億円超え

映画『劇場版 呪術廻戦 0』の興行収入は116億円突破し(2022年2月21日現在)、世間で大流行している状態です。

ですが、『劇場版 呪術廻戦 0』の公開前は爆死説が噂されていました。今回は爆死説が噂された理由や興行収入についての見解で述べていきたいと思います。

爆死説が噂された大きな理由として、『鬼滅の刃』の影響が大きいかと思われます。

管理人

鬼滅の刃は2019年4月からアニメシリーズがスタートし大ヒット。

その続編である『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』では興行収入は400億を超え、歴代トップを記録しています。

映画は2020年10月から2021年5月まで公開されており社会現象となっておりました。

この背景があり、ネット上でポスト鬼滅の刃とも言われていた映画『呪術廻戦』のハードルはかなり高く設定されていたかと思います。

また、鬼滅の刃の大ムーブメントの最中では、盛り上がっていた呪術廻戦の影もどうしても薄くなってしまいます。

そんな理由があって爆死説が浮上したのではないでしょうか?

管理人

しかし、冒頭でも記載しましたが、『劇場版 呪術廻戦 0』は116億円を突破し大ヒットを記録しています。

公開中の現在で既に歴代興行収入ランキングは26位まで位置づけており、まだまだ上を目指せると思います。

『鬼滅の刃』でも行われていたことですが、来場者特典も更に出されています。来場者特典目当てにもう一度観ようと思う方もいるでしょう。

興行収入は1つの目安ですが人気の証でもありますので、記録的な面も楽しみとなっています。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』はアニメを見ていなくても大丈夫なのかについて。

現在大ヒットを記録している映画『劇場版 呪術廻戦 0』。

見てみたいけどアニメを見ていなかったり、原作漫画は知らないからついていけるかどうか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこでアニメや漫画を見てなくても今作も見ても大丈夫なのかどうかを説明していきたいと思います。

管理人

まず、結論から申し上げますと、アニメを見ていなくても楽しめます

もちろん、原作を知っていた方が設定や背景を分かっているのでより楽しめると思います。ただ、今作は原作の1年前の話です。

そのため、今作を見てから漫画の1巻を見るというのは全然不思議な流れではありません。

ですが、今作だけではどうしても呪術廻戦の世界観の説明をじっくりできないため、少し混乱する部分もあるかと思います。

しかし、映画だけを楽しむという観点でみれば、あまり大きな問題にはならないかと思います。

気になるのであれば、その後アニメや漫画を見始めれば、より深く理解する事ができますしね。

管理人

今作の主人公である乙骨憂太は、漫画やアニメでは主人公ではなくなっている上になかなか登場しません。

原作を見始めると、そこでまた混乱するかもしれませんが、再登場してきた時の興奮をより味わえるので、それもまた楽しみ方の一つになるかと思います。

『劇場版 呪術廻戦 0』ストーリーは非常に分かりやすく、迫力あるバトルシーンや純愛模様を十分に味わえると思います。

アニメを見ていなかったり、原作漫画を読まなくてもオススメな作品となっています。

『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ

以下、映画「劇場版 呪術廻戦 0」のあらすじです。

『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ|呪いの子・乙骨憂太

乙骨憂太には、幼少期に結婚を誓った祈本里香という幼馴染がいました。

ある日、里香は乙骨の目の前で交通事故により亡くなり、呪霊と化し彼に取り憑いてします。

里香は乙骨への大きすぎる愛情故に、乙骨に危害を加えるものを容赦無く傷つけていきます。それにより乙骨は呪術界から死刑を宣告され、彼自身もそれを受け入れます。

そんな時に呪術師の五条悟が現れ、乙骨を救うために呪術高専へ転校させるのでした。

『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ|呪術高専での日々

呪術高専で乙骨は、狗巻棘・禪院真希・パンダと共に日々を過ごし、絆を深めながら呪霊を祓う任務をこなしていきます。

ある任務中に乙骨は禪院真希と共に絶体絶命のピンチに陥りますが、里香の強大な力を使い切り抜けます。

そんな里香の強大な力に目をつけ、奪おうと夏油傑が乙骨の前に現れます。

夏油は百鬼夜行と称し新宿と京都に大量の呪霊を放ち虐殺を行う事を宣言します。そして夏油はその混乱に乗じて里香の力を乙骨から奪おうとするのでした。

『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ|百鬼夜行決行

12月24日、夏油の宣言通り百鬼夜行は決行されます。

その間、乙骨と真希は高専に待機となっていました。それを把握していた夏油は里香を奪うため、単身で高専に乗り込みます。

このピンチに一早く気づいた五条は高専に棘とパンダを送りますが夏油に返り討ちにされてしまいます。

また、同時に応戦した真希も深手を追います。仲間を傷つけられた乙骨は怒り、夏油と戦います。

以上、「劇場版 呪術廻戦 0」のあらすじでした。

果たして夏油と乙骨の一騎打ちの結末はどうなったのか?

続きを知りたい方は、実際に映画を見てみることをおすすめします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「劇場版 呪術廻戦 0」を今すぐ観したいあなたはコチラ▼

『劇場版 呪術廻戦 0』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「劇場版 呪術廻戦 0」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|誰よりも一途な純愛劇

今作は呪術廻戦シリーズ初の劇場版であり、かなり期待に胸を膨らませながら映画館に足を運びました。

まず、総合評価としましては、5点満点中4点でかなり満足できた作品でした。

何より作画が素晴らしかったです。アニメ版でさえかなりの作画クオリティを発揮しており、ネット上での評価も高かったです。

管理人

その劇場版ともなれば、増して大スクリーンで見るともなれば当然のクオリティって感じでした。

特にラストの夏油と乙骨の一騎打ちは瞬き厳禁とも言えるほど、スクリーンにくぎ付けになりました。

ラストで乙骨が、里香ちゃんに今までの感謝と愛を伝えながら力を得るシーンは涙なしでは見られない感動のシーンです。

あの名場面は劇場でしか味わえない感動があると思います。

また、五条悟の戦闘シーンも描かれており、ファンからしたら非常にありがたいシーンだと思います。

漫画で読んだ内容の他で追加されている部分もあったので飽きずに見ることもできました。

管理人

百鬼夜行での五条VSミゲルは、五条相手に瞬殺されないどころか、応戦できるミゲル強さを持っていました。

そんな戦いを繰り広げた五条とミゲルですが、エンドロール後には行動を共にする様子が意味深に描かれていました。

ミゲルは今後の展開にも繋がってきそうな人物なので、要チェックしていきたいところです。

これだけ大絶賛しているんだから総合評価も5点でもいいだろと思う方もいらっしゃると思いまが、1点減点した理由を述べていきます。

管理人

それはネット上でも結構言われていたかと思いますが、乙骨の声優が緒方恵美さんだったことです。

緒方さん自体は素晴らしい声優さんであり、今作での演技も素晴らしかったと思います。

ただ、ネット上での評価でも言われているように、どうしても乙骨がエヴァンゲリオンのシンジ君の被ってしまって、最後まで気になって仕方がありませんでした

乙骨もシンジ君も自信の無い性格っていうのも相まって尚更でした。

これに関しては私の私的な意見でしかないので、エヴァンゲリオンを見ていない方や気にしない方にとっては問題ないと思います。

むしろその前情報がなければ最適役だったと思うので、エヴァンゲリオン好きな方はいったんシンジ君フィルターを外して見ることをオススメします。

管理人

『劇場版 呪術廻戦 0』のみんなの口コミ評判レビュー

映画『劇場版 呪術廻戦 0』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「呪術廻戦のアニメを見たことなかったが、面白くて呪術廻戦のこ映画を見た後にテレビアニメと漫画を一気に見てしまった」「King Gnuが担当している主題歌は、映画とマッチしていてエンドロールではしんみりと聞き入った」「里香ちゃんの最後のセリフがとても響くいい作品」「特に予備知識が無い状態で観たのですが、見ごたえがあって楽しめた」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

今大人気の呪術廻戦の0巻を映画化した、「劇場版呪術廻戦0」。

本作品は幼馴染の理香に呪われた少年、乙骨憂太が呪術高専という学校で仲間や師と出会い、成長していく映画です。

漫画原作ファンからしてみればワクワクでたまらなかったです。まず、今作品の主人公乙骨憂太を演じる緒方恵美さんの声が私的にぴったりすぎて。

ネタバレになってしまうのですが、憂太が渋谷事変をおこす夏油と対峙した際の、「僕の未来も心も身体も全部理香にあげる、これからはずっと一緒だよ」と特級呪物の理香に言うシーンがたまらなくカッコ良かったです!!!

始まってから終わるまでずっと終始展開を知っていても楽しめる映画です。グラフィックも綺麗で戦闘シーンの五条悟に目がハートになりました!

原作漫画やをアニメを見てなくても楽しめますが漫画呪術廻戦に繋がるのでぜひ原作も読んでほしいです!

20代女性

★★★★★星5

公開初日、劇中で百鬼夜行があった12月24日に観に行きました!原作も読みアニメも全話観たので楽しみにしていました。

原作の尺では映画にするには短いと言っていただけあってバトルシーンを膨らませたり、本編のキャラクター達が登場するサービスシーンなどオリジナルシーンでも楽しませてくれました。

私は五条先生や真希推しなので本編以上に出番があって嬉しかったです。

呪いはうまく使えば強力な武器になる反面、うまくコントロールできなければ自分や仲間を傷つけてしまうという面をこの作品でも感じました。

公開初日に観たのでエンドロールに流れたエンディングの「逆夢」のサプライズには驚き、「この曲知らない、初めて聴く!」と思いました。

この「逆夢」が主題歌の「一途」よりも本編のイメージに合っていると思いました。

30代女性

★★★★☆星4

呪術廻戦は原作を読んだこともあり、アニメも見ており、好きな作品です。だから劇場版 呪術廻戦 0が公開されると決まった時から必ず見に行こうと思っていました。

0巻も読んだことがあったので話の内容は知っていましたが、それでも十分楽しめる内容でした。

特に乙骨、リカと夏油の戦闘シーンは、漫画では味わえない臨場感たっぷりでした。

さらに、私の好きなキャラクターである七海を、少しだけですが劇場版で見ることが出来たのは嬉しかったです。

そして主題歌のKing Gnuの音楽と物語がぴったり合っており、エンディングで曲が流れた時に、もう一度呪術廻戦の世界観に浸れました。

乙骨とリカ、五条と夏油、それぞれの関係性を表したかのような歌詞にぐっときました

20代女性

★★★★★星5

呪術廻戦0は原作を読んだことがなく、初めて映画館で観ました。テレビアニメ版より前の話だと思いますが、ストーリーはとても面白かったです。

映画を観た人の感想は両極端に分かれているようですが、私は映画館で観て正解だと思いました。

テレビアニメ版とは違うストーリーだが、どこか伏線になるようなシーンもあり、どちらを先に観ても話が分かる様になっていると思います。

特に印象的だったのは、物語の重要な要である乙骨と里香の関係性で、終始2人の関係性を中心に話が展開していく所と話が進むにつれ2人の距離感や立場に微妙な変化が現れる所がこの映画の全てを物語っているようでした。

乙骨と真希やパンダや狗巻との友情もシーンが続くにつれ、より深くなっているのが分かるし、五条先生は相変わらずカッコイイままで登場するし後半のバトルシーンは映画ならではの迫力とスケールがありました。

ラストの里香の心が昇華していくような感じは、観ていてとてもいい終わり方だなと思い、私はあれで良かったと思いました。

40代男性

★★★★★星5

とにかく面白かったです。なによりもコミックの0巻を忠実に映画化されていた大変良かったです。

前半は乙骨憂太の悲しい過去なども描かれて居て辛いところもありその後、呪術高専での学校生活や乙骨憂太の成長が見ることができます。

また、外道の怖さやなぜそうなったのか五条悟の強さや過去等も見ることができます。

後半の戦いでは迫力もすごいが五条悟の強さが際立ちます。そして最も良かった、外道と乙骨憂太の最後戦うシーンは鳥肌モノでした。

とにかく『純愛だよ』と言うシーンがとにかく鳥肌が立ちました。

最後の五条悟と外道のシーンどこか辛いものもあり最初から最後までとてもいい映画だなと思える劇場版でした。

また見たいです。早くTV版の続きが見たくなりました。

30代男性

★★★★★星5

とにかく満足だったのは端折ってるところがあるとはいえ、しっかりと原作に順応したストーリーだったところです。

人気が出ているからといって変に原作改変をいれないところは成功だったのだと思います。

また、ストーリーの絵の重々しさやキャラクターの動き(作画)が原作で読んだ以上に感動しました。

リカちゃんに取り憑かれ、重々しい状況のまま進むのかと思いきや、マキさんとのもしかして?という恋愛模様や、高校生ならではの空気感や生活感が出ていて、物語が見ている人に飽きさせないようにうまく進んでいるなと思いました。

また、主題歌の「一途」「逆夢」がとてもリカちゃんと乙骨くんのことを表していて、アニメファンの事をわかってるなという印象でした。

10代女性

★★★★★星5

とても良い映画でした。漫画も読んでいたのですが、映画で観た方がより面白かったです。

特に友情を育む流れがとても良かったです。まきさんや狗巻棘先輩、パンダくんとどんどん仲良くなっていく描写が良かったです。

また最後の乙骨先輩へのりかちゃんの一途な思いにとても感動しました。最後のりかちゃんがとても可愛かったです。

乙骨先輩とエヴァンゲリオンのシンジくんが重なって見えてしまうシーンが所々あり、エヴァンゲリオンのシンジくんが好きな方も楽しめる映画だと思いました。

とてもテンポの良い映画なのであっという間に時間が経ってしまいました。

まだ漫画を読んでいない方やアニメを見ていない方でも楽しめる内容だと思います。

30代女性

★★★★★星5

私は本編も漫画で読んでいるので、呪術師とは何か?術式とは何か?を知っています。なので、映画を観ても理解できることは想像できます。

しかし、この映画が初めての呪術廻戦デビューの方達には理解できるのだろうか?と疑問に思っていましたが、それは単なる杞憂に過ぎませんでした。

小学校2年の息子のリクエストもあっての映画鑑賞でしたが、呪術廻戦のことなどほとんど知らない息子でも十分楽しんでいました。

本映画の主役である乙骨(+里香)の魅力はもちろん、それを取り巻く五条悟をはじめとする、禪院、狗巻、パンダ等の呪術高専メンバーも強烈な存在感を示してくれます。

チーム呪術高専と呪術師の世界をを目論見、「百鬼夜行」を実行する夏油一派との闘いは、観る人を一気に呪術廻戦の世界に引きずり込みます。

細かい設定など知らなくても全く問題ありません。もちろん、内容を知っている人だって楽しめることは間違いないです。

ラストで全て終わった五条と夏油の会話に、つい涙してしまったことは息子には内緒にしています。

40代女性

*映画「劇場版 呪術廻戦 0」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「劇場版 呪術廻戦 0」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments