CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

楽園(映画)のあらすじとネタバレ評価をラスト結末まで詳細に!原作との違い・ロケ地を解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画『楽園』のあらすじと詳細ネタバレ、ラストの結末、原作やロケ地などをまとめました。

映画『楽園』の原作は、『怒り』『悪人』などのベストセラー小説を生み出して来た小説家・吉田修一先生の小説です。5つの短編小説である『犯罪小説集』の中から、2つの短編小説を『罪』『罰』『人』の3章で構成したものが、映画『楽園』です。

映画『楽園』は、苦しみや痛みなどで追い詰められていくうちに、一線を越えて犯罪を犯してしまう様子をリアルに描いた作品です。観賞した後は、心をえぐられるような気持ちになりました。綾野剛さん、杉咲花さん、佐藤浩市さんの3人が主に出演していて、主題歌は人気ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎さんが書き下ろした楽曲です。女優の上白石萌音さんが歌っています。

それでは、映画『楽園』のあらすじネタバレ、ラスト結末を詳細に記して行きます。

▼好きな映画を無料で見るならコチラ▼

映画『楽園』あらすじ&詳細ネタバレ<ラスト結末含む>

あらすじ-主人公・中村豪士が仕事の紹介される日に事件は起きた-

祭りの主催者に、中村豪士(綾野剛)は助けを求めに行きます。母の洋子が偽ブランド品を屋台で売っているところ、ヤクザの男に絡まれ殴られていたためです。

祭りの主催グループのリーダーである藤木五郎は仲裁に入りヤクザを宥めます。そして、洋子が売っていた偽ブランド品をいくつか貰うことで、納得し帰っていくのでした。そこで話をした中村家と藤木家は、現在、母親の仕事を手伝う豪士に後日仕事を紹介することになりました。

それから、五郎の妻・朝子は娘から電話がかかって来ます。五郎や朝子の孫にあたる愛華が学校が終わってから帰ってこないとの連絡を受けます。夕方過ぎても愛華が家に帰って来なかったので、警察含めて町の皆で捜索することになります。

最後に愛華を見たのは愛華と仲の良い湯川紡(杉咲花)でした。紡は、愛華といつも通りY字路で別れました。それが最後でした。五郎は紡に別れた際の詳細を聞くも「進んで行った道の方に白か青の車があった」との情報しかありませんでした。

仕事を紹介してもらう為に五郎の家に訪れていた豪士も、愛華の捜索を手伝うことになります。豪士は紡の父親と一緒にY字路周辺にある用水路を捜索します。そこで水草に足を取られそうになり、2人は腕を絡めて行動することにします。そして、町の皆や警察で捜索するも、最終的に見つかったのは愛華の背負っていたランドセルだけでした。

 

楽園ネタバレ-愛華が行方不明になってから12年-

紡は町のお祭り行事で笛を吹く稽古をしていました。稽古も終わり自転車で家に帰ろうとしていると自転車がパンクしていることに気付きます。それを見た幼なじみの野上広呂は紡を車で送っていこうかと声を掛けます。しかし、紡は広呂を無視するように断り足早に帰ろうとします。しかし、紡がパンクした自転車で進んでいると後ろから白い車がだんだん近づいて来ます。

愛華のいなくなったY字路の記憶が蘇り、紡は慌てて漕ぐも転んでしまいます。しかし、後ろから近づい来た車の運転手は豪士でした。豪士は転んだ紡に駆け寄ります。そして、足を怪我してしまった紡を家まで送ることにします。家までの移動中に、紡は小さい頃に買った小銭入れを今でも使っている話をします。家の付近まで着くと紡を降ろします。

そこで、転んだ際に祭りで使う笛が壊れてしまっていたことに気付きます。祭りは明日なので、2人は次の日の朝早くから笛を買いに行くことにします。豪士は車で送って行き代金も出しました。町まで戻ると紡は豪士に「祭りに来てくれる?」と聞きます。豪士は「夕方頃には仕事が終わるから」と話し、仕事終わりに行くことを約束して紡と別れます。

 

楽園ネタバレ-12年前と同じことが起こる-

祭りも始まっている中、夜に五郎のもとに連絡が入ります。1人の小学生がまだ帰宅しておらず青年団が集まって捜索していることを聞きます。状況が12年前と同じことから、数多くの人が集まり「誘拐事件ではないか?」と口々に言い出します。

そして、各自怪しげな人などを言い合う中、紡の父があることを思い出します。紡の父は盲腸で入院し今朝退院していたのですが、入院中に、同じ病室の洋子とその再婚相手の菅原の口論を聞いていました。入院していた菅原と見舞っていた洋子が口論をしていて、その時に菅原は「豪士は人ゴロシで俺が警察にチクれば洋子と豪士は終わりだな」と洋子に言っていました。

そこで、紡の父は皆の前で「心当たりのある人物がいる」と話し始めます。そして、12年前に豪士と一緒に愛華を探した際に落ちていたランドセルを見つけさせないよう腕を引っ張られたことも話します。その場にいた全員が「豪士が誘拐犯の犯人なのでは?」と思い、全員で豪士の家に向かうことにします。

 

楽園ネタバレ-パニックになり逃げる豪士-

祭りも始まっていて、紡は笛を吹きながら祭りに訪れている人たちに視線を次々と変え豪士が来てないか探していました。豪士は仕事が終わり、家に着こうとしているところでした。青年団や五郎など町の人たちは豪士の家に着いていて、家のドアを蹴破って侵入し部屋の中や家の周りを皆で嗅ぎまわるように探していました。

豪士は家の近くまで着くと、その異様な光景が目に入り、その場を離れようとします。しかし住民に見られてしまい、離れようとした豪士を一斉に追いかけます。大勢の人に一斉に追いかけられた豪士はパニックになり走って逃げ、近くのそば屋に逃げ込みます。

「助けてください!」と駆け込むも、テーブルにいた2人の女の人はキョトンとしています。厨房では店員が迷惑そうに豪志を見ます。そこで豪士は「出ていけ!」と暴れ始めます。女の人や店員が慌てて外へ出ると、そば屋の周りに住民がどんどん集まってきます。豪士は「入ってくるな!」と店にあった灯油をばら撒き、自分にも灯油をかけます。

騒ぎを聞きつけた豪士の母・洋子もそば屋に走って来て「豪士は何もやっていない」と五郎らに訴えます。ですが「じゃあ、どうして逃げるんだ」と口論になります。そこで、豪士は灯油に火を点ける、自害したのでした。

 

楽園ネタバレ-それから時は過ぎ-

行方不明事件があった際、捜索も手伝った善次郎。妻を亡くし犬のレオと共にY字路を進んだ先の集落で暮らしていました。蜜蜂の養生を仕事としています。

善次郎は村の寄り合いで飲んでいる時に「養蜂で村興しをしないか?」と提案します。そして、ハチミツで美味しいケーキを作り、都会から人を集めようと持ちかけます。そんな中、村のまとめ役の娘である黒塚久子から「祭りに一緒に行かないか?」と誘われます。

 

楽園ネタバレ-紡は事件の詳細を善次郎に聞く-

紡は社会人になり東京で仕事をしていました。村の祭りの時期が近くなる頃、親から笛を吹く人数が足りないから帰宅し手伝うよう言われます。そのため紡は地元に帰り練習に参加することにします。そこには幼馴染の広呂の姿もありました。

祭りの当日、紡は広呂から呼び出されキスされそうになります。しかし、避けます。そこに犬のレオを散歩させていた善次郎が通りかかります。レオが吠えたことにより気まずくなった広呂は、紡ぎから離れて行きました。

そこで、紡は豪士の亡くなった事件の一部始終を見ていた善次郎から事件の詳細を聞きます。これまで、ずっと豪士が本当に誘拐犯だったのか気になっていたからです。(※紡が事件を知ったのは祭りの最中で、話を聞いてそば屋に駆けつけるもすでにそば屋は消化作業も終わった後でした)

ですが、事件の詳細を聞いても愛華の行方不明事件の犯人は分からず仕舞いでした。

<過去の事件後の出来事>

紡は現場にいた人たちに豪士の行方を聞く。救急車に運ばれたとの情報だけ得る。五郎は一生懸命な紡の姿を見て紡に「豪士が誘拐犯だったのか?」と聞く。もちろん紡は何も知らないので「何も知らない」と答える。すると五郎は溜まっていた12年間の怒りの矛先を紡に向けて「どうして孫の愛華だけがシんでお前は生きているんだ」と怒鳴った。そして、火事の余韻が残る中、行方不明になった小学生が見つかりその小学生を連れ去った犯人も捕まった。

村の祭り中、紡を見つけた五郎は紡に「大きくなったな」と声を掛けます。また怒鳴られると思った紡ですが、自分がこれまで思っていたことを五郎に伝えます。愛華と別れたY字路を通る度に自分だけが幸せになっていいのか?と思い傷ついていることを話し、足早に去りました。

 

楽園ネタバレ-東京に戻ると-

紡は東京に戻り、またいつも通り働いていました。すると、幼馴染の広呂が同じ職場に来ます。そして、仕事終わりに紡は広呂から無理やりデート誘われます。それから紡は広呂と東京で頻繁に飲むようになります。

そんな中、善次郎は集落で除け者にされようとしていました。理由は善次郎が1人で役所に行き、予算を付けてくれという直談判を行なったからです。村のまとめ役である伊作は、役所に持っていくのはまとめ役である自分だと思っていました。そこで善次郎が1人で行ったので、腹を立てていました。しかし、善次郎に悪気はなく、村で若い自分が苦労を買って出ようと思っての行動でした。

善次郎は伊作に詫びを入れるも聞いてもらえず、村から除け者にされます。更に集落の人間が共同して行方不明となった愛華の誘拐犯を善次郎に仕立てあげようとします。そして、善次郎は警察に事情聴取されるハメにもなりました。更に善次郎のもとを訪れた人をレオが咬んでしまい、レオの出歩きが禁止となってしまいます。

村八分にされどんどん壊れていくような善次郎に久子は寄り添います。しかし、上手くいかず善次郎は更に孤立して行きます。

 

楽園ネタバレ-再び村で事件が起きる-

紡は病院にいました。広呂が入院したと職場の人から聞いたからでした。病室に行くと、広呂は薬のせいか髪も眉も抜け落ちていて真っ青な顔をしていた。そんな状態の広呂の姿を見て、紡は今まで広呂に対して避けがちだったものの、心配になり「どこにも行かないで」と広呂を抱きしめます。

紡が家に帰るとポストに昔の自分の財布が届いていました。紡が以前豪士の車に乗った際に落とした財布でした。豪士の母親から送られたもので、紡は洋子に会いに行きます。

そんな中、事件が起きます。

村に警察や救急車、多数のテレビ局が来ていました。善次郎が村の中心人物などを含め6人をコロしたのです。善次郎は集落の6人をコロした後に、山奥に逃げていました。善次郎は自分の腹も切りますが警察に見つかり救急車で運ばれます。

紡も、豪士の母親の洋子が働いている老人ホームのテレビで事件を見ていました。紡は洋子に会い豪士が本当に誘拐の犯人だったのかを問いただします。すると、事件当時に豪士と一緒にいたと警察に話したことは嘘だったと知ります。(洋子は豪士を庇うために豪士のアリバイを作った)

しかし、豪士が犯人だったのかというところまでは洋子も分からずじまいでした。また、紡が受け取った財布の中には「紡ちゃんは悪くない」と豪士が書いた手紙が入っていました。

 

楽園ネタバレ-Y字路にて-

紡は集落に続くY字路に来ました。紡は愛華の行方不明事件の時からある不審者注意の看板を外して道路脇に捨てます。そんな姿を愛華のおじいちゃんである五郎が見ていて、声を掛けて来ます。

村の住民が追い詰めて豪士が亡くなってしまったことを紡は悔しく思っていました。一方、五郎も12年の間ずっと愛華を奪われた悔しさを誰にもぶつけることができずにいました。また、住民も似たような想いがありました。

何か事件があると「誰かが罪人になれば収まる」と考えれば不安が解消される、と村の皆が思ってしまいました。そのせいで豪士が犯人されて、追い詰められて、結果的に豪士はパニックで自害してしまいました。

 

楽園ネタバレのラスト結末-12年前の真実?紡視点で描かれた回想シーン-

紡は愛華と最後に別れた際のことを思い出していました。

愛華が行方不明となった日、紡は愛華と一緒に下校していました。そして、Y字路で愛華で別れる際に愛華に「家に遊びに来ない?」と誘われていました。しかし、機嫌の悪かった紡は愛華の誘いを断りました。紡はこの選択を後悔していました。

1人で帰宅することになった愛華は、Y字路の先で白いバンのトランクで泣いている豪士の姿を見つけます。そんな豪士に愛華は優しく声を掛け、持っていた花の冠を豪士に被せて去って行きます。そして、気にかけてくれた愛華の後を追う豪士の姿がそこにはありました。

-ここで、映画『楽園』のあらすじと詳細ネタバレは終わりです-

▼参考▼好きなものを今すぐ無料で見ちゃおう!UーNEXT公式サイトはコチラ♪

映画『楽園』の評価は良い!けれど、感想はエグすぎる…

映画『楽園』は紹介文に心をえぐられるサスペンス大作とあるのですが、まさに映画見終わった後は心がえぐられた気持ちになりました。

というのも、最近見た『ジョーカー』よりも更に胸糞悪いような映画なんですよね。人の感情が複雑に絡んできて、人間の「怒り」や「悲しみ」を描いたような作品で終始重いです。村社会、というか集団にとっての「正義」と孤立する人の苦悩がエグく描かれています。そして、事件が解決されないまま過ごすモヤモヤ感っていうのが行動に現れていて、そこがまたリアルだという感想を持ちました。

そして、映画タイトルの『楽園』の意味は何なんだろうと思いますよね。映画ラストで広呂が紡に「楽園を作ってくれよ」と言うシーンがありますが、集団社会から除け者にされていく豪士と善次郎・罪悪感から心に傷を負う紡・五郎などの、不安なく幸せに暮したいという望みが叶う場所を“楽園”と表現しているのだと思います。

しかし、映画『楽園』の人物には、楽園はどこにも無く、どこへ行っても生きづらい日々です。そんな生活に耐えられなかったのが豪士と善次郎です。そして、過去からはどうしたって逃げられないけれど生きていかなくてはいけない、と決めたのが紡です。

このようにメッセージ性があったので、楽園というタイトルからは深い意味を見て取れ、それに関してはとても良かったと評価できます。映画『楽園』では考察することはかなり多いです。事件は未解決なままで、真実も突き止めないまま終わりますしね。スッキリしない話なので、評価では好き嫌いが分かれそうです。

 

映画『楽園』を実際に観たみんなの評判と感想もチェック!

それでは、映画『楽園』を実際に観たみんなの評判や感想も、一部ですがチェックして行きましょう!

やっぱり自分で観た後やネタバレでちょっと話の流れが分かった後は「じゃあ、みんなは実際に観てどういう評価・感想を持ったのだろう!?」ということが気になりますよね!スッキリしたい方、みんながどう思ったのか気になる方は、色々と評価と感想を観察して行こうではないですか。

みんなの評価や感想は、全体的にこのような意見が多かったです。

みんなの評価・感想を見てみると「重くて考えさせられるような映画だ」と考えている方が多かったですが、憂鬱な気分になるけれど見て良かったという評価感想を持っていたの方もその分すごく多かったです。トイレで一人で泣いたという方もツイッターにはいらっしゃいましたが、実は多くの方が映画鑑賞後にトイレでちょっと泣いていた…なんてこともありそうですね。

そして、映画『楽園』はその他の吉田修一先生原作の『怒り』や『悪人』と比べると評価があまり高くないです。それはきっと、ラストの結末まではっきりとした答えを明示せず終わるからでしょう。また、説明が少ないから理解しづらいし、全体が見えないので「なんかよくわからない・つまらない」という評価を持つ方も多いため、評価が低いということも考えられそうです。

 

映画『楽園』ラスト結末の原作とほぼ同じ!だけど違う箇所も!

映画『楽園』は、『犯罪小説集』という小説の中にある「青田Y字路」と「万屋善次郎」という2つの短編小説を組み合わせたものです。これら2つの短編小説は、原作小説の中では全く接点はありません。しかし、映画『楽園』ではそこを上手く組み合わせて物語を構成しています。

そして、ラストの結末は原作と同じなのか?違いがあるのか?ということなのですが、ラスト結末の終わり方は原作小説とほとんど同じです。短編小説の「青田Y字路」のラスト結末でも、結局愛華が行方不明となった原因やそもそも事故なのか誘拐なのか?ということも分かりません。

ただ、映画のラスト結末では愛華の後を追ったのが豪士と描かれていますが、小説では「男」としか書かれていません。つまり、原作小説では最後の男が誰なのかまでは明確に分かりません。そこが違いですね。

また、原作小説「万屋善次郎」でのラスト結末ですが、こちらは映画とほぼ違いがないです。ちょっとした違いを上げると、紡は映画ではかなりメインですが、原作小説ではほとんど出番がないキャラクターです。そして、原作小説では紡と広呂は高校生の時に付き合っている設定です。

関連のない2つの原作の短編小説を組み合わしている分オリジナル性はあります。映画で脇役となったキャラクターの原作小説バージョンを観たいという場合や他の視点で描かれる部分を知りたいという場合は、ぜひ原作小説を読んでみてください!違いを見つけてみてくださいね。

原作の小説では、豪士の母・洋子の愛人になる経緯だったり、善次郎にコロされた集落のリーダー・伊作のことだったりが映画より詳細に書かれています。映画を観て理解できなかった部分も原作小説を読めば理解しやすいです。全員の登場人物の詳細が分かるので!

 

映画『楽園』のロケ地は長野!主題歌「一縷(いちる)」の撮影地もココ

映画『楽園』のロケ地は長野県です。長野各所でのエキストラ募集がTwitterで拡散されていました。

ロケ地は映画撮影中は隠されていることが多いですが、このようにエキストラを募集しないといけないので、結果的に場所がバレて人がロケ地まで押し寄せてきそうです。映画をロケ地で撮るって大変ですね。「杉咲花ちゃんに会いたいからロケ地行ってみよう!」と弾丸で出かける方も多そうです。

そして、映画『楽園』に出てくるメインのY字路がこちらです。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!4v1572696296596!6m8!1m7!1sZT0AcTXGJ2Vbc5xwyg1n7Q!2m2!1d35.72451101533619!2d137.9499279142494!3f180!4f0!5f0.7820865974627469&w=600&h=450]

地元では特に何も言われも無いY地路でしょうが、こうやって映画で話題になると何か曰く付きの…みたいになりそうで嫌ですよね、地元の方はきっと。しかし、ロケ地になると観光客が増えて経済が回るので良いのでしょうか…!?ロケ地バブル!?笑

また、紡や広呂が渋谷でデートしたりする以外の撮影は、ほとんど長野県で行われたようです。更に、映画『楽園』の主題歌で上白石萌音さんが歌う「一縷(いちる)」のMVも、ロケ地と同じ場所で撮影されています。MVを見ると映画で映っていたシーンが度々出てくるので、余韻に浸りたい方はご覧ください!

映画『楽園』のキャスト一覧-主演した綾野剛の演技が凄いと評判-

それでは、映画『楽園』のキャストの方を見てみましょう。

  • 綾野 剛:中村 豪士
  • 杉咲 花:湯川 紡
  • 佐藤 浩市:田中 善次郎
  • 柄本 明:藤木 五郎
  • 村上 虹郎:野上 広呂
  • 片岡 礼子:黒塚 久子
  • 黒沢 あすか:中村 洋子
  • 根岸 季衣:藤木 朝子
  • 石橋 静河:田中 紀子

主演した綾野剛さんの演技が凄いと、映画の評価感想では口々に言われていました。杉咲花さんは可愛くて綺麗だし、佐藤浩一さんは大御所だし、全ての布石をしっかり組んだキャストです。柄本明さんはいつも通り安定な演技で、村上虹郎さんはやっぱりかっこ良かったです。

楽園はエグい憂鬱な映画ですが、キャストの方の演技が光る映画でした。もしまだ観ていないという方は、ぜひ一度観賞してみてくださいね。

 

好きな映画を今すぐ見たいならユーネクスト!

映画のネタバレを見てたら、実際に映画を鑑賞してみたくなりますよね!

そこで、好きな映画のフル動画を鑑賞するのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。そのため、好きな映画600ポイントを使って無料ですぐに鑑賞することができます。1ヶ月以内に解約すれば、無料で映画を鑑賞することができるわけです。

ですが、ユーネクストは作品数が他と比べて圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番おすすめの動画配信サービスです。huluの約3倍の140,000作品程を配信しています。私は継続使いしてユーネクストを毎日愛用しています。月々税込2,189円なので、DVD借りるよりもコスパが良いです。

ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。

「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、好きな映画を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。ちなみに月々ポイントも付与されます。ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA