CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ペットセメタリー(2019リメイク)のネタバレと感想評価!残された謎→ケイジのその後や死者の正体

WRITER
 
ペットセメタリー(2019リメイク)のネタバレと感想評価!残された謎→ケイジのその後や死者の正体
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年1月17日公開のペットセメタリーのリメイク作品。

『IT/イット”それ”が見えたら終わり』や『ドクター・スリープ』など近年、続々と原作が映画公開されているスティーヴン・キングの小説が原作となっている『ペット・セメタリー』。

原作自体は1983年に出版されていて、1989年に『ペット・セメタリー1』が公開されて、その3年後の1992年には『ペット・セメタリー2』が映画公開されています。今作は『ペット・セメタリー1』のリメイク作品となっています。

今作では原作や前作とも少し違う内容になっているのですが、全米で公開されるとスティーヴン・キング映画の最高の1つとも評され恐怖度で言えば過去作1番だとか。

ちなみに『ペット・セメタリー』の原作小説が1983年に出版された際には前例のない700,000部が出版され32週連続でニューヨーク・タイムズのベストセラー・リストに掲載されたほどです。

・ペットセメタリーのあらすじネタバレと結末

・ペットセメタリーの感想と評価

・ペットセメタリーの残された謎

・ペットセメタリーの曲や人気の原作について

といった、ペットセメタリーのことをまとめています。

それでは、ペットセメタリーのあらすじと詳細ネタバレをまずは記して行きます。

▼今すぐスティーヴンキング作品を無料で見るなら!▼

 

ペットセメタリー(2019リメイク)あらすじ解説とネタバレ!

(以下:ペットセメタリーのあらすじ解説とネタバレ)

ラウロウに田舎に引っ越してきたのが全ての災いの始まり

4人家族のクリード一家とペットの猫のチャーチは、都会のボストンから田舎のラドロウに引っ越してきました。森に囲まれた家で見渡す限りがクリード一家の敷地でした。

父、ルイスは医者でした。ルイスが仕事に行った後、母、レイチェルと娘のエリーは荷物の整理を。荷解きをしていると犬の死体を森に運んでいく子供だちの姿を見ます。子供たちは不気味なお面をかぶり、太鼓を鳴らしながら歩いていました。エリーは一度は家に戻るも、先ほどのお面を被った子供たちがが気になり、レイチェルの隙をついて森に向かいます。

エリーは森の奥へ進んでいくと、「ペットセメタリー」と看板が建てられているところに到着します。そこは墓地で、墓地の奥には倒木が山積みにされていました。山積みにされている倒木を登ろうとするエリーですが「危ないからやめろ」と言う声が聞こえます。エリーは倒木から落ちて怪我をしてしまいますが、エリーに声を掛けたおじいさんが怪我の手当てをしてくれます。

おじいさんは近所に住む人でジャドと名乗ります。ジャドから、ここは動物たちの墓地で、看板の名前がセメタリーになっていることを聞いていると、姿が見えなくて探しに来たレイチェルが現れます。

ジャドに「1人でこの森を歩かないように」と注意を受け、レイチェルと一緒に家に戻っていきます。

 

ビクターからの忠告

ルイスは病院で仕事をしていると、トラックに轢かれたと大学生であるビクターが急患で運ばれてきます。怪我が酷く頭の傷も深く、脳が見えている状態でした。ルイスは助けようとするも治療のかいなく帰らぬ人に。助けられなかったことに悔しむルイスですが、急に部屋の電気が消えたり付いたりし始めます。そして、帰らぬ人となってしまったはずのビクターがいきなり起きて「障壁は絶対に超えるな」と言います。

これに驚くルイスですが、看護師さん来て、一瞬目を離した間にビクターは先ほどと同じように、倒れたままの状態に戻ってしまいました。

次の日、近所に住むジャドを家に招きます。そして昼間はジャドと一緒に、ルイスたち家族皆んなで食事をするのでした。

夜、寝ているとルイスは名前を呼ばれて目覚めます。そして、部屋のドアからビクターがこっちだと呼びかけてきます。部屋の先が急に森になっていて、ルイスに助けてくれようとしたから今度は僕が助けると言い、ビクターはペットセメタリーに消えていきます。ルイスはペットセメタリーの奥の倒木が積んであるところに登ろうとするも、ビクターに「土地が腐っているから」と止められて目覚めます。

夢だと思って起き上がろうとするルイスですが、足は森を歩いたかのように泥だらけだったのです。

 

引っ越してきた理由

ペットセメタリー引っ越してきた理由

その日はハロウィンでした。皆んな仮装している中、ジャドがエリーには気づかれないようにルイスを呼びます。ジャドについて行くとそこにはペットの猫であるチャーチの死体が。チャーチはトラックに轢かれたようでした。

引っ越してきた早々にチャーチが事故にあってしまったことを、ルイスはレイチェルに報告します。

今回、引っ越してきたのはレイチェルの精神状態を良くする為でもありました。レイチェルにはゼルダという姉がいましたが、若いときに亡くなってしまいました。ゼルダは体がねじれていく病気で起き上がることができない状態でした。

生前のゼルダは健康であるレイチェルを恨んでいました。当時のレイチェルはゼルダと直接会うことに躊躇いもあり、レイチェルはある日、食事を直接ではなく昇格機を使って2階にいるゼルダに運ぶことに。昇格機の調子悪いことを知りながらも、昇格機を使用して、最初は食事が上手く届けられたと思ったのですが、昇格機がゴトゴトし始めます。

そして、食事が戻ってきたと思ったら、体のねじ曲がったゼルダが昇格機から落ちてきて亡くなってしまうのでした。姉は自分のせいで死んだとレイチェルは言います。夜になるとレイチェルを呼ぶ声や動く音がしたりと、姉は自分のせいで亡くなったと2階に直接食事を運ばなかったことを後悔しているのでした。

 

帰ってきたチャーチは、、

エリーが悲しんでしまうため、チャーチが轢かれてしまったことは伝えることができません。そのためエリーには逃げたと説明しようと決まります。そして、ジャドと一緒にチャーチを埋めにいくことになります。

ペットセメタリーまで行き、墓地に埋めようとするもエリーがチャーチのことをとても大事にしていたこと聞きます。するとジャドは、チャーチが入った袋をもってルイスについて来るように言います。

そして、倒木が積んでいるところを乗り越えて進んで行きます。そして沼を超えた先に階段を見つけました。階段を登りきったところで、チャーチを埋めるようにルイスは言われます。

不思議に思うルイスですが、チャーチを埋めて周りと同じように石で塚を築きます。

翌日、ルイスとレイチェルは、エリーにチャーチが逃げたことを話します。しかし、エリーは窓にチャーチがいたと言うのです。ルイスは窓を確かめると足跡があり、それはクローゼットに続いていました。そして、クローゼットを開けると、そこには昨夜埋めたはずのチャーチの姿があります。

しかし、帰ってきたチャーチは臭いも酷くなったり、性格も攻撃的でまるで別の猫のようでした。そんな中、ルイスは夜にまたヴィクターに呼ばれます。ヴィクターはルイスとルイスの家族に破滅が迫っていると言い、レイチェルもゼルダの事件の幻覚を見るようになるのでした。

 

生き返る神の沼

ルイスはジャドにチャーチが生き返ってきたことや、埋めた場所のことを聞きます。

あの場所には「ウェンディゴという魔物がいる」と住んでいた先住民に伝わる伝説がありました。そして、先住民はあの土地に恐ろしい力を感じ、森が何者かに支配されていることを知ったので離れることにしたそうです。先住民は去る前に誰も近づかないように倒木を積み重ね、障壁を築いたのでした。

ジャドも昔飼ってた犬で同じことがありました。しかし、前と同じ犬ではなく、母を襲ったため処理したのだと聞きます。ジャドの犬は、元々気性が荒かったのですが、チャーチは穏やかだったから大丈夫だと思って、エリーの為もあり、あの場所をルイスに教えたのでした。

しかし、今朝は小さい息子のゲイジも襲おうとしていたため、チャーチを処理することにします。しかし、チャーチを見て可哀想になってしまったルイスは、チャーチを車で離れた場所まで連れて行き、そこに置いていくことにしたのでした。

そんな中、エリーが9歳の誕生日を迎えます。皆んなでお祝いをしますが、チャーチがいなくなってしまったことでエリーは元気がありません。元気がないエリーでしたが、プレゼントを貰うことで元気を取り戻し、誕生日パーティーをする中、鬼ごっこしたり楽しんでいると、道路でチャーチが帰ってくるのを見つけます。

喜んでエリーはチャーチの方に向かって走ります。しかし、その後ろからトラックが猛スピードで向かってきます。ゲイジも道路にエリーを呼ぶ為に飛び出していて、ルイスはゲイジを助けるも、エリーはトラックの犠牲となってしまいます。

 

エリーが生き返ってくるも、、

エリーを失ったことにルイスとレイチェルは悲しみます。そして、ゲイジとレイチェルは1度ボストンの実家に帰ることになります。

1人家に残ったルイスは、外で酒を飲んでいるジャドのもとに訪れます。ジャドはルイスがエリーをあの土地に埋めるのではないかと危惧をします。そんなことを察知したルイスは、睡眠薬をジャドの酒に忍ばせて眠らせるのでした。

レイチェルとジャドがいない状況を作り出したルイスは1人、エリーが眠る墓を掘り返します。そして、エリーを神の沼に運んでいきます。

土地に連れていくルイスにビクターは、今死なせてあげれば救えるからやめるように言うも、ビクターの言葉をルイスは聞こうとはしません。そんなルイスを見たビクターは、ボストンにいるゲイジの元に現れます。そして、ゲイジに「家へ戻るように」と伝えます。しかし、誰もいないところに向かって話すゲイジにレイチェルは何もいないと言い聞かせるのでした。

そして、ルイスはあの土地にエリーを埋めて戻ってきます。ルイスは家で寝ていると物音がしたの起きます。下に降りるとチャーチの姿が。玄関のドアが開いていて確かめに行くも誰もいません。しかし、泥のついた足跡が家に向かっているのを見つけます。その足跡は地下室に続いていました。

ルイスが地下室の奥まで行くも、誰もいません。しかし、後ろから「お父さん」と声がして振り向くと、青ざめた顔で大きく腫れているエリーの姿が現れます。生き返ったエリーをルイスは抱きしめます。

エリーは誕生日のことを覚えていました。トラックが向かってきて、そして、目の前が真っ暗になったこと。自分はもうこの世にいないと言うも、ルイスはそんな事はないと。「パパ大好きだよ」と言うエリーの言葉に涙しながら、その日は一緒に寝るのでした。

翌朝、目覚めたルイスは、リビングに行くと生前と同じようにダンスをしているエリーの姿を見つけます。しかし、物を荒らしながら踊るエリーにルイスに怒ります。怒られるエリーの顔は怒りに満ちていました。

 

ペットセメタリーのラスト!結末はまさかの…。

ペットセメタリーのラスト!結末はまさかの…。

異変に気付いた時にはもう遅かった

レイチェルはルイスに何度も電話をしますが、全然電話に出る気配がありません。ルイスはエリーのことを説明できない為、電話を出ることを避けていました。

レイチェルは自分が見る幻覚やゲイジがビクターを見たことを気にしていて、ルイスが電話に出ないこともあり、心配になったレイチェルは、ゲイジと一緒にラドロウの家に戻ろうとします。

睡眠薬から目覚めたジャドは、家に戻るとレイチェルから電話を受け、ルイスが電話に出ないことを聞きます。心配になったジャドは、ルイスの元に訪れます。「何も心配はない」と言うルイスですが、どこか隠し事をしているような姿と指に血がついていたことで、ジャドは全てを察します。

ジャドが家に戻る途中に振り返ると、2階の窓からこっちを見るエリーの姿を見つけます。ジャドは急いで家に戻り、銃を取り出します。そんな中、2階から物音がします。向かってみるも正体は、猫のチャーチでした。しかし、安堵した瞬間、エリーに足をナイフで刺されて、ジャドは階段から転げ落ちます。

エリーは「ジャドが昔飼っていた犬のノーマは生き返ってきたのに、再度命を奪ったことで地獄で苦しんでいる」と言います。そして、足を刺されて動けないジャドに「地獄に連れていく」と言い、馬乗りになって刺します。

一方、ルイスはエリーがいないことに気付き、探しに行こうとするもレイチェルとゲイジが家に帰ってきてしまいます。レイチェルはルイスを抱きしめますが、ルイスの泥のついた靴や血のついた手を見て疑心暗鬼になり、質問します。

「エリーは自分のせいで亡くなったから生き返らせた」と答えるルイスですが、そこにエリーが戻ってきます。そして、抱きついてくるエリーにレイチェルは恐怖を感じ、ゲイジを連れて2階に逃げます。

ルイスはレイチェルに「やり直せる」と説明するも、チャーチが別の猫になっていたことや墓を掘り返したことに恐怖を感じて、眠ってしまいます。話しているうちにエリーが再度姿を消してしまった為、ルイスは探しに行きます。

レイチェルは自分が姉ゼルダのようにねじれていく病気になる悪夢を見ます。目覚めたレイチェルですが、包丁を持ったエリーが現れます。エリーから「お前は役ただずだ」と言われ、お腹を刺されるもゲイジを連れて別室に逃げ込みます。

エリーを探しに行ったルイスは、ジャドの家に行っていて異変に気付きます。家にはチャーチの姿と血塗れのジャドが横たわっていました。

 

全員、別人になってしまう

バリケードを作ってドアを塞いで逃げていたレイチェルですが、エリーにだんだんドアを開けられていきます。そんな中、窓からルイスが来るのが見え、2階からゲイジをルイスに託します。しかし、その瞬間レイチェルは背後からエリーに刺されます。

もう、ほとんど動けないような状態なレイチェルにエリーは「娘である私を見殺しにした」と更に包丁を突き立てます。「娘じゃない」と言うレイチェルに「お前も娘のところに行け」と、エリーは包丁を奥深くに差し込みます。ゲイジを車の中に置いてレイチェルの元に駆けつけるルイス。レイチェルは「私をあの土地には埋めないで」とルイスに言いますが、ルイスは後ろからエリーに椅子で殴られ意識を失います。

レイチェルはエリーに引きづられて森をどんどん進んでいきます。目覚めたルイスも後を追いますが、ペットセメタリーの場所で霧がある中、エリーに刺されてしまいます。

しかし、力の差ではルイスの方が上で形勢は逆転し、ルイスは落ちていたシャベルでエリーにトドメを刺そうとします。その瞬間、背後からレイチェルに刺され、命を奪われてしまいます。

レイチェルの姿も、もう別人になっていて、倒れたルイスはレイチェルとエリーに引きづられていきます。

車の中で1人、取り残されていたゲイジ。そこにルイス、エリー、レイチェル、チャーチの姿が森から戻ってきます。そして車のドアが開けられて…。

-ここでペットセメタリーのあらすじとラスト結末のネタバレは終わりです-

▼今だけ!スティーヴンキング作品を無料で見るならU-NEXTをチェック!▼

 

ペットセメタリーの感想評価!ホラーの怖さは抜群

最近のスティーヴン・キングの作品は、ホラーの怖さがあまりない映画が続いていたのですが、久しぶりに怖いと思える映画でしたね。

引っ越したことによりの悲劇が続く。そうさせているのも全てがあの土地の呪いということで救いようがない状態。ただルイスの子供を生き返らせて、またやり直せるという気持ちは子供を持つ親なら共感できるのではないでしょうか。

前作ではゲイジが生き返った者でしたが、今作ではエリーが。まだ幼いゲイジでは出来ないようなことをエリーにした為できる可能性が増えた点では、エリーを生き返った役にしたのはハマっていたと思います。ゲイジが生き返った者である過去作を見るなら、ユーネクストがおすすめだったりしますね。

また、リメイク前の作品では『ペット・セメタリー2』が出ています。内容は前作を引き継がれてはいなかったのですが、今回のラストの続きからリメイク版のペット・セメタリー2という続編は作ってほしいと思える作品でした。ストーリー的には興味あるものなので、テレビでやっていたら観てしまうような作品だと思いますし、興行収入さえ良ければ、続編も製作されると思うので期待したいところです。

また続編では残された謎や、主に生き返ってきた者は何者だったのか?などに焦点をあてていって謎の部分をスッキリさせてほしいですね。

 

残された謎:生き返った者の正体とゲイジのその後

考察1:ゲイジはどうなった?

ラストのシーンでゲイジは生き返ってきたルイス、レイチェル、エリー、チャーチに囲まれて車のドアが開けられて、映画は終わっています。恐らく、ゲイジも命を奪われてから、あの土地に埋められてから生き返ったものになっていると思います。

というのも一番始めのシーンで、すでにラストのシーンが描かれているんですよね。ジャドの家が燃やされていて、血のついた車や家が映されています。このシーンで車のドアが開けられていることから、恐らくゲイジも命を奪われていることは間違いないでしょう。

ルイスたち家族はあの後、どんな生活を送っているのかはかなり気になる点です。

 

考察2:生き返ってきた者は別人?正体は?

チャーチやエリーも生き返ってきた者は、まるで別人のような性格で、そして攻撃的な性格となっています。エリーは生前の時のようにダンスをしているところもあり、トラックに轢かれた時のことも覚えていることから、そのまま生き返ったようにも思えますが、生前の記憶を持った別人だと考えられます。

と言うのも、エリーがレイチェルを刺している時の会話で、レイチェルに向かって「お前も早くあの娘のところに行け」と言っているシーンがあります。これはエリー本人でしたら、絶対に言わない言葉です。

では、正体は何なのか?と言うところですが、ジャドの話していたウェディンゴという魔物で間違いないと思います。

先住民の伝説ということですが、森を支配されていることが分かって離れたことからウェディンゴは、実在していて死者を神の沼の上の山に埋めることによって生前の記憶を持ちつつ、死者を操れるのでしょう。

また生き返ってきたエリーの「これでやっと家族になれる」という言葉や、ジャドが一度あの土地に埋められて生き返ることを知ったら、再度また試したくなるという言葉から死者をあの土地で埋めるように不思議な力で誘導して、仲間を増やしているのではないでしょうか。

 

キャストやラモーンズの曲も話題!原作小説の売り上げもアップ

ペットセメタリーのキャスト一覧

ルイス・クリード役-ジェイソン・クラーク

レイチェル・クリード役-エイミー・サイメッツ

エリー・クリード役-ジェテ・ローレンス

ジャド・クランドール役-ジョン・リスゴー

 

1989作品の主題歌はラモーンズ・最新作はスタークローラー

1989年に公開された映画『ペット・セメタリー(1989)』では、ラモーンズ というパンク・ロックバンドが主題歌を担当しました。ラモーンズは2002年にはロックの殿堂入りし、ローリング誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」の第26位にも選ばれ、パンク・ムーブメントに大きな影響を与えたグループです。

ラモーンズが主題歌を担当したのは、原作小説を書いたスティーヴン・キングの希望のもとで、ベース担当のディー・ディー・ラモーン(本名:ダグラス・コルヴィン)がスティーヴン・キングの家の地下室で原作小説を読み同じタイトルの曲を作りました。

そして今作のリメイク版である『ペット・セメタリー2019』ではスタークローラーというロサンゼルス出身の10代で4人組のパンクバンドがラモーンズの「Pet Semetary」をカバーして主題歌を担当しています。

スタークローラーは2018年に初のジャパンツアーを行い、全5公演ソールドアウトし2019年12月にも2回目のジャパンツアーが行われました。瀕死の状態とも言われるロックンロールにスタークローラーは「ロックンロールの救世主」や「ロックンロールの再生の起爆剤」とも言われる国境を超えた注目バンドです。

今後の活動にも注目して行きたいところですね。

▼今だけ!ゲイジが死者になる1989版を無料で見るならU-NEXTをチェック!▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA