CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑のキャスト・登場人物!あらすじネタバレや感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Loading...

2021年6月25日、日本公開の映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』。

実写映画ピーターラビットの第2弾です。前作の映画『ピーターラビット』の興行収入が386億円を超える大ヒットとなり、続編となる今作が製作されました。

監督やキャストも引き続き続投し、日本語の吹き替え声優も同じとなっています。

ピーターラビット3があるかのような、続編があるようなラストやピーターのドタバタ騒ぎに注目です。

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』の口コミ評判レビューには、

  • ほのぼのした気持ちで見られる映画
  • 吹き替え声優の声がぴったりで良かった
  • 前作に比べるとピーターの暴走具合は少なくて残念
  • 意外にもアクションが多くてびっくりする作品
  • CGを駆使した姿は映像としても見ごたえがあり楽しめる
  • 絵本のような世界観にどんどん引き込まれていけた
  • 前作を超える素晴らしい内容
  • 原作からは想像できないようなハチャメチャな展開が良かった

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • ピーターラビット2/バーナバスの誘惑のキャスト
  • 登場人物・日本吹き替え声優
  • ピーターラビット2/バーナバスの誘惑のあらすじ
  • ピーターラビット2/バーナバスの誘惑の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

もし、まだあなたが一度も映画「ピーターラビット」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「ピーターラビット」を観るならコチラ▼

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑|キャストや登場人物、日本吹き替え声優を全まとめ!

ピーターラビット(日本語吹き替え声優-千葉雄大)

大自然の田舎で育った、いたずらが大好きな主人公うさぎ。本当は優しくピュアな心をもつが、遊び心でつい悪戯をしてしまいます。

トーマス・マグレガー|ドーナル・グリーソン(日本語吹き替え声優-浅沼晋太郎)

ロンドンの大都会での仕事を解雇になり、叔父の訃報と共に田舎に越してきた少しおっちょこちょいなビアの夫。気が強く厳しい性格を持ち、ピーターと田舎の仲間達のお父さん的な存在です。

ビア|ローズ・バーン(日本語吹き替え声優-渋谷はるか)

マグレガーの妻で絵本「ピーターラビット」の著者で画家。ピーターを始め、田舎の動物たちを愛するお母さん的な存在です。

バーナバス|(日本語吹き替え声優-哀川翔)

主人公ピーターの父の昔の友人だと名乗り、盗みが上手な謎のうさぎ。ピーターを上手く操り、田舎の仲間達を窮地へと立たせる当本人。

Loading...

ベンジャミン(日本語吹き替え声優-吉田ウーロン太)

ピーターのちょっとおデブな優しい従兄弟うさぎ。

フロプシー・モプシー・カトンテール

楽しいことが大好き、いつも一緒三つ子の姉妹うさぎ。

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑のあらすじ


以下、映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」のあらすじネタバレです。

ピーターラビット2バーナバスの誘惑のあらすじ|結婚式が台無しに!?

舞台はイギリスの湖水地方。主人公はうさぎの少年、ピーターです。

近くに住むマグレガー氏と因縁がありましたが、突然の死去で状況が一変。

屋敷を相続した彼の甥・トーマスがピーターたちと仲の良かった画家の女性・ビアと恋に落ちます。

ビアを巡ってバトルもありましたが、今は和解しています。そして、いよいよトーマスとビアの結婚式が行われることになります。

ピーターは結婚指輪を渡す役を任されていましたが、トーマスが「ピーターたちの父親になる」と牧師に宣言したのに腹を立てます

そして、その場でバトルを仕掛け結婚式が台無しになってしまいます。

Loading...

ピーターラビット2バーナバスの誘惑のあらすじ|ビアの本が大人気

しかし、結婚式が台無しになったのは夢で、現実では結婚式は滞りなく進み、二人は晴れて夫婦になります。

トーマスが開いたおもちゃ屋でビアがピーターたちをモデルにした絵本を販売し始めましたが、その本が人気を呼び、ロンドンの出版社に招かれます。

そんな中、社長のナイジェルはキャラ設定を変えるように助言しました。

ピーターラビット2バーナバスの誘惑のあらすじ|ワルになったピーター

一方、途中で拗ねたピーターは一人でロンドンの街へ。そこで父親の知り合いだという老うさぎ、バーナバスと出会います。

そそのかされたピーターはバーナバスの人間の食料を奪う計画に仲間入りし、いとこのベンジャミンや三つ子の妹たちも誘います。

ところがその計画には思わぬ事態が待っていたのでした。

以上、「ピーターラビット2バーナバスの誘惑」のあらすじネタバレでした。

ピーターたちの行方の続きが気になる方は、ぜひ実際に映画を見てみてくださいね!

U-NEXTなら、配信が開始したらすぐに映画を観ることができますよ♪

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ピーターラビット」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)


以下、映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレ含む)|みんな仲直りで続編もあり

前作はピーターの父親がミートパイになったエピソードもありました。

そこで、ピーターとマグレガー氏、そして亡くなった後は甥のトーマスとのバトルが中心に物語が進みましたよね。

そして、本作はピーター、トーマス、ビアと3人3様のストーリー展開がされていくので、新鮮さがあると思います。

なお前作の続きにはなっていますが、複雑な物語ではないので本作から観ても充分楽しめる作品でしょう。

キャラクターが可愛いくアクションもあるので子ども楽しめますが、散りばめられたジョークをすべて理解するには大人でないと無理かもとは思いました。

管理人

また、話の場が都会になるので賑やかさがあり、時間の流れも速いので作品を味わい切るには何度か観るのがオススメです。

ピーターがトーマスから受けた誤解とビアの絵本のキャラ変更が気に入らないため、ワルになっていくのも注目です。

他にも、ビアの描いた絵本が人気になりトーマスよりも目立つ存在になるので、トーマスが存在感を復活させられるのかも見どころです。

ずっと田舎暮らしをしていたビアと都会暮らしの経験があるトーマスの対比もされていて、それぞれの意外な一面も垣間見ることが出来ます。

そして今作はうさぎの悪役で登場するバーナバスにも注目でしょう。

副題でバーナバスの誘惑と付いているので、ピーターがバーナバスから受ける影響も大きいので見どころです。

バーナバスは人間と仲良く暮らしているトーマスにとっては一見異質の存在のようです。

しかし、感情面で苛立っているタイミングだけに、ピーターの中に潜む野生や負の感情をうまく引き出していくキャラクターでしょう。

また、ビアをロンドンに招いた出版社の社長・ナイジェルも、本で儲けるために色々提案して来ます。

ある意味、悪者ぶりを発揮してくれて作品を盛り上げていると思います。

管理人

ラストはビアが助言に耳を貸さないため、庭でトマト作りに精を出していたトーマスがバーナバスの計画の実行の日にピーターと鉢合わせする展開です。

なので、その伏線の回収には期待して欲しいところですね。

ナイジェルが本を売るためにビアに提案したハチャメチャなストーリー展開が、映画に反映されている皮肉さもうまい構成でしょう。

ただ、バーナバスに売られた仲間たちを、ピーターとトーマスが協力して救出していく場面も、前回ラストのような連帯感を感じて嬉しくなれると思います。

ラストは、トーマスとビアにめでたく赤ちゃんが生まれ、ピーターとベンジャミンの会話からも続編を匂わせる雰囲気があります。

初回作から見ているファンは、最後に期待感が高まること間違いなしです。

管理人

Loading...

口コミ評判レビュー「ぜひ家族で観てほしい映画」「CG技術が素晴らしい作品」

映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』の口コミ評判レビューは、このような評判が多い印象です。

「CGとは思えないくらい動きがリアルで、美しい自然や景色も楽しめる平和な映画」「前作に続いて、ピーター達のおもしく愉快な歌や躍り、人間と戦う時の連携プレーを思う存分楽しめる」「次回作があれば観たい映画のひとつ」「子供も大人も楽しめる映画」

では、詳しい口コミ評判レビューの内容を見て行きましょう!

★★★★☆星4

あまり見ないジャンルの映画だったのですが、前作を見た子供が凄くお気に入りで2も見たいというので見に行きました。

ストーリーは前回同様ハチャメチャなんですが何も考えず、ほのぼのした気持ちで見られる映画なので家族で一緒に見てもらいたいです。

大人の方も楽しめるようなストーリーで動物たちがとにかく可愛く、CGとは思えないくらい動きがリアルで美しい自然や景色も楽しめる平和な映画です。

吹き替え版で見たのですが、声優さんの声がぴったりでとても良かったです。

前作に比べるとピーターの暴走具合は少なくなっていてちょっと残念にも思いましたが、自分をなかなか理解してもらえず悩み、色々なことをしてしまうところが反抗期の子供ようにも見え、逆にマクレガーさんはお父さんみたいになっていて本当の親子のようで素敵だなと思いました。

映画を通して家族や友達の大切さ、悪い事をしてはいけないということなど多くのことを子供たちが学んでくれたら嬉しいなと思いました。

子供たちにとってなにか感じられる作品になっていると思います。

40代女性

★★☆☆☆星2

初めて見た時は意外にもアクションが多くてびっくりしました。観客を飽きさせない工夫は素晴らしいと思います。

マクレガー以外が我を失う描写が多かったですが、少し先が見えてしまいました。どうせ穏やかな生活が戻るのだろうと・・・。

作風上仕方がないですが、少し残念でした。最近はトムジェリやランペイジなど、動物と人間の絆を描く映画が多いですが、当たりが少ない気がします。

前作はピーターとの掛け合いが多く描かれていて人間との繋がりが見えたのですが、今作はピーター目線の描写ばかりで少し飽きてしまいました

スパイ映画ばりのアクションがなかったら途中で見るのをやめていたかもしれません。テコ入れもほどほどにしないと続編はやはり難しいですね。

20代男性

Loading...

★★★★☆星4

前作に続いて、ピーター達のおもしく愉快な歌や躍り、人間と戦う時の連携プレーを思う存分楽しむことができました。

映画でのオリジナルキャラクターも出てきて驚きましたが、原作とはまたちがっていて、新しい作品として原作と映画を比較しながらわくわくしながら見れます。

飽きることがありませんでした。それに誰もがかわいいと思う人気の動物であるウサギやネコが悪者というところもツボでした。

ピーターラビットとバーナバスがペットショップから買われる場面では、人間目線ではなく、動物からみた人間の姿が強調されています。

そう思われていたのかっていう感じでした。

動物達の連携プレーも人間の行動をよく見ていて、動物が立てた計画に面白いぐらいはまっていく人間の姿を見た時は痛快そのもので一番面白かったです。

20代女性

★★★★☆星4

なんといっても、ピーターをはじめとするうさぎ達の柔らかそうで思わず触れてみたくなる毛並みがリアルで、まるで人間のように表情豊かに目や口元を動かしたりピンと立てた耳をしょんぼりと下げたりと、CGを駆使した姿は映像としても見ごたえがあり楽しめます

背景の映像も美しく、ファンタジックな世界観にピーターをはじめとするうさぎ達が溶け込んで、絵本のような世界観にどんどん引き込まれていきます。

ストーリーも、ピーターの亡き父への想いなど心の葛藤が描かれていたり友情が描かれていたりしています。

ただ動物達が可愛くて癒されるだけではなく、クスッと笑えながらも意外と深い内容で大人も楽しめるようなストーリーの作品ですね。

30代女性

Loading...

★★★★☆星4

私は前作の『ピーターラビット』も映画館で鑑賞しましたが、その作品を超える素晴らしい内容だったと感じています。

私はもともとピーターラビットのファンで、これまでに絵本やグッズをたくさん集めていました。

そして、この映画を通してさらに主人公のピーターを好きになるいいきっかけになったと感じています。

前作の『ピーターラビット』でもピーターのいたずらさには思わず笑わされ、そして愛らしく感じました。

『ピーターラビット2』ではピーターのいたずら度はますます上がっており、映画の中でも何度も笑わせていただいたのを覚えています。

声優も前回と同様、千葉雄大さんが担当しており、ピーターに合った方だと感じています。

20代女性

★★★★★星5

原作の絵本のイメージを一新して、CGを用いてコミカルな描写もふんだんに取り入れた作品です。

登場人物(動物)の動きや表情が活き活きと表現されていて、すんなりと物語の世界に入っていけます。

それぞれの登場人物の個性も際立っており、シリーズ1から引き続き登場しているキャラクターもいい味を出しています。

田舎育ちのピーターラビットが都会で悪の一味の仲間になってしまう場面では「ピーター、早く目を醒まして!」と声をあげたくなってしまいました。

声優陣もお見事で、千葉雄大さんのピーター役はコミカルであり、お茶目でキュートではまり役でした。

一緒に観ていた子どもたちも声を上げて笑ったり、観たあとも面白いストーリーがこみ上げてきてみんなで笑い合ったり。

家族で観るには最適のピーターラビット2でした。

40代女性

Loading...

★★★★☆星4

CGによって表現されたウサギの毛並みがとてもリアルで、実際にそこにいるかと勘違いしてしまうほどでした。

前作ではピーターとマグレガーの争いが延々と描かれていました。

しかし、今作では少しその争いは落ち着き、ピーターの心情の動きについて焦点を当てられたシーンが多くなっていきます。

ピーターがバーナバスと出会ってからは、またイタズラざんまいのシーンが続きます。

この辺のピーターの悪ガキ感とイタズラのバリエーションが豊富なのがすごく良かったです。

バーナバスの生い立ちも複雑で、これがキャラクターに深みを持たせています。

元々は子ども向けの絵本が原作だとは思えない程ブラックジョークが満載で、大人も思わず笑ってしまうような場面もたくさんありました。

20代男性

★★★★☆星4

ピーターラビット2ですが、まず映像全体に人間と動物の共演を自然な形で表現している映画製作者たちの技術に高さに誰しも驚くはずです。

動物の動きや、動物が身に着けた衣服に違和感がまったくなく、風景との調和もいいです。

ピーターラビットが最初こそトーマスとの関係性に嫌気がさし、都会へと飛び出してバーナバスというワルに出会います。

そして、そこでピーターは思わぬ挫折をしてしまいます。しかし、トーマスからアドバイスをもらい立ち直り精神的な成長をしていくピーターの姿を描いた映画です。

バーナバスに利用されていただけと気が付いたピーターを励ます、トーマスの心に響くアドバイスが、おすすめシーンです。

人は挫折し、経験を積む事で賢くなる。若いときはいろんな思わぬ事もある。

経験を次のチャンスに活かしてほしいと伝えてようとするトーマスの助言にはなるほどと感じてしまいました。いい映画だと思います。

50代女性

*映画「ピーターラビット2」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ピーターラビット」シリーズを今すぐ観るならコチラ▼

▼ピーターラビット好きにおすすめな映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA