CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ワイルドスピード/ジェットブレイク9の主題歌・エンディング曲まとめ!日本人キャストの出演者やあらすじネタバレ感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Loading...

2021年8月6日、日本公開の『ワイルドスピード/ジェットブレイク9』。

ワイルドスピードシリーズの第9作目で、『ワイルドスピード/EURO MISSION(2016)』以来となるジャスティン・リンが監督を務めました。

ワイルドスピードシリーズ自体は11作目で完結することになっているので残り2作。

続編となるワイルドスピード10は2023年に公開予定となっています。完結へと向けて、ぜひ観ておきたい作品です。

『ワイルドスピード/ジェットブレイク』の口コミ評判レビューには、

  • 今回もまた桁外れなシーンに心を躍られながら見ました
  • また、次回作品に期待したい
  • ドミニク・トレットの家族愛に、また感動させられた
  • ハンの復活は衝撃だった
  • 日本人メンバーであるエルの登場は興奮した
  • 吹き替えにはみちょぱも出演してて驚きだった
  • 過去の作品を見ていないと少し理解できい部分もある
  • エンジン音、戦闘シーンは流石に圧巻

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • ワイルドスピード/ジェットブレイク9の主題歌・エンディング曲
  • ブライアンの登場やイメチェンしたラムジー
  • 日本人のキャスト(出演者)について
  • ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじ
  • ワイルドスピード/ジェットブレイクの感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

 

もし、まだあなたが一度も「ワイルドスピード」シリーズを観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「ワイルドスピード」シリーズを観るならコチラ▼

ワイルドスピード/ジェットブレイク9の主題歌・エンディング曲

主題歌はDon Toliver,Lil Durk & Lattoの『Fast Lane』

今作のワイルドスピードの主題歌は『Fast Lane』、歌手はDon Toliver,Lil Durk&Lattoです。

ワイルドスピードの主題歌といえば毎作品カッコよく、イケイケな曲で有名ですが今回も同様でした。

特に今回の作品は、Don Toliver筆頭に、人気ラッパーであるLil DurkとLattoを率いての作品で す。

エンディング曲はJP THE WAVYの『Busido』

今作のエンディング曲は、『Busido』、歌手はJP THE WAVYです。 ワイルドスピードシリーズには基本的にヒップホップ系の楽曲が組み入れられています。

その中で、日本人 の歌手の曲が組み込まれるのは「ワイルドスピードシリーズ3―東京ドリフト―」以来のこと です。

名だたる名曲の中に日本人歌手の楽曲が抜擢されることは、非常に素晴らしいことですね。

実際の楽曲もエンディングに相応しい、落ち着きがありながらもノリの良い楽曲だと感じることが できました。

Loading...

ワイルドスピード/ジェットブレイク9|ブライアンの登場や、イメチェンしたラムジーや日本人の出演シーン【キャスト・出演者】

ラストシーンでブライアンを匂わせる演出

『ワイルドスピード/ジェットブレイク』のラストシーンで、過去作に登場したキャラクターたち全員でドムの家で一緒に食事をするシーンがあります。

そこで、家の前に1台のR34 GT-Rが止まります。R34 GT-Rに乗るファミリーはポール・ウォーカー演じたブライアンしかいないわけです。

粋な演出をしただけなのか、今後代役なりでブライアンを登場させるのかは分かりませんが、この演出はかなり嬉しいものとなりました。

また、アイスブレイク編から作中に出演してる、 ドムとエレナとの間に産まれたブライアンも今作は登場しています。

「ジェットブレイク編」では、ドムとエレナの間に生まれた息子のブライアンは3、4歳くらいの少年に成長していました。

管理人

そして、実際にエンドロールのシーンで、ドムの思い出の地に、ドムと2人で登場するシーンもあり ました。

おそらく今後もシリーズが進むにつれてドムの息子であるブライアンも成長し、実際のストーリーにもガッ ツリ食い込んでくるのでは無いかとも予想されます。

ラムジーの新しい髪型に注目

ラムジーは、今まではアフロヘアーがトレードマークでしたが、一気に髪型を変えて印象が変わりました。

ラムジーはもともとシリーズ作品である「スカイミッション編」で初登場した、天才ハッカーです。

管理人

初登場の際には、作品の目玉となるハッキングのプログラムを開発し、その争奪戦に巻き 込まれます。

作品中に敵に誘拐されているところをドムたちのチームによって助け出され たことをきっかけに、ハッキングの力を活用して味方として活躍してます。

その後の作品「アイスブレイク編」含め3作品目の出演となっています。

「ジェットブレイク編」では、ハッキングだけでなく、カーアクションにも参加し今後の作品でも、チームの一員として出演される可能性が高いと思います。

Loading...

日本人キャスト/エル役の澤井杏奈

 

View this post on Instagram

 

Anna Sawai(@annasawai)がシェアした投稿

10作目の『ジェットブレイク』から、ワイスピファミリーとして初の日本人キャストが選ばれました。1992年生まれ、ニュージーランド出身の29歳の女優さんです。

ラストでは、ドミニクたちファミリーと一緒にバーベキューしたりするシーンもあり、今後もファミリーの一員として登場することを期待したいです。

ただ、主要メンバーの人数も多いですし、映画の内容的には今作だけの出演というのもあり得るところです。

今作がかなり大きなハリウッド作品の出演となったので、今後の活躍に期待したいですね。

管理人

ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじ

以下、映画「ワイルドスピード9/ジェットブレイク」のあらすじネタバレです。

ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじ|ジェイコブの狙いとは

ドムには弟のジェイコブがいました。

ドムとジェイコブは、青年時代のいざこざが原因で長年顔すら合わせていない仲でした。

しかし、世界中のコンピューターを掌握できる『アリエス』を奪い合うという目的で、再び顔を合わせることになりました。

ジェイコブは、ドムに劣らないドライブテクニックと戦闘力を備えており、ドムのファミリーと『アリエス』の獲得のために激しく争います。

Loading...

ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじ|ジェイコブの真の正体

ジェイコブは単に『アリエス』を欲していたのではありませんでした。

父親の後ろ盾によってとてつもない資産で、施設軍隊を持つオットーの秘密工作員として動いていたのです。

昔からの因縁やドムに対する嫉妬心からドムの全てを否定し、自分を正当化するためにも激しく対立し合います。

ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじ|直接対決

「アリエス」をジェイコブに奪われたドムは、輸送中の車から奪還する計画を実行します。

強力なマグネット装置を車に積み込み、オットーが「アリエス」の乗り込む装甲車をひっくり返す作戦を決行します。

以上、「ワイルドスピード9/ジェットブレイク」のあらすじネタバレでした。

ジェイコブを止めてアリエスの起動を止めることができるのか?

続きが気になる方は、ワイスピ9の配信が始まったら即U-NEXTでチェックしましょう!

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ワイスピ」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

ワイルドスピード/ジェットブレイクの感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)


以下、映画「ワイルドスピード/ジェットブレイク9」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレ含む)|大迫力のアクションシーンは圧倒的

ワイルドスピードシリーズの圧倒的な見どころは、激しすぎるほどのカーアクションと迫力のあるアクションシーンです。

特に今作では初めてドムの弟であるジェイコブが登場し、避けられない因縁の兄弟対決を繰り広げるとこが1番の魅力です。

ファミリーを何があっても大切にするドムの人間性に嫉妬する中で、互いの感情や力をぶつけあい最後には和解するシーン感動の一言です。

ワイルドスピードシリーズの魅力でもある、ファミリーの絆を今作の最後でも強く感じることができました

そして今作でもやはり圧倒されたのは「カーアクション」です。

映画の冒頭では、地雷原エリアを爆走する中で、敵からの爆撃を避けながら走り抜けるシーンが繰り広げられます。

ハイレベルなドライブテクニックに加えて、大迫力の爆撃シーンは手に汗握る映像になっていました。

管理人

映画のラストでは、ヨーロッパの街中を舞台に、敵であるオットーとジェイコブを相手に強力なマグネット装置を搭載した車でカーアクションを繰り広げます。

予想できないくらいド派手な戦いも大きな魅力の一つですね。

そして、オットーに裏切られたジェイコブとドムが協力するシーンは、最強のタッグを見せつけられる感じがあり、非常に見応えがありました

また、今作品にはシリーズ作品中で命を落としたと思われていたハンが生きていて、キーパーソンとなるところも非常に面白く見所でした。

なぜ、命を落としたフリをしていて、ドムのファミリー達と連絡を取らなかったのか。

今作品 の中心となる『アリエス』に必要な情報を持ち協力するところはも凄く面白かったです。

管理人

エンドロールでは、前作で中心人物として登場したデッカード・ショウが登場します。それも作中で因縁の関係であるハンが尋ねていくシーンです。

どのような形で話が進むのかはまだわかりませんが、この2人が次の作品の中心となるのは間違い無いでしょう。

またの続編に期待したいですね!

管理人

Loading...

口コミ評判レビュー「ブライアンを匂わせるところは感動」「今回も派手なカーアクション」

映画『ワイルドスピード/ジェットブレイク』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「今回もぶっ飛んでて宇宙へ行くなんて思っても見なかった」「最後の最後、映画館の電気が点くまで席は立たずに見てほしい1作」「ラストはブライアンが戻ってくるのかと期待してしまった」「続編も予想外の展開をしてくるのではないかという期待できる作品だった」

では、詳しい口コミ評判レビューの内容も見て行きましょう!

★★★★★星5

映画館観に行きました!毎作大好きで、今回もとっても楽しみに行きました!

フライヤーを見たときから「この端っこに写っているのはハン…??いや、まさか、、違う人??」と疑問に思いながらわくわく!

いざ見てみると、そーゆーことだったのかと感動しました!

今回もワイスピらしく家族愛があたたかく、リトルブライアンの成長も見れてすごく嬉しかったです!やっぱりドムたちは最高だなーと思いました。

個人的にはまた東京がでてきたのが嬉しいポイントでした。やっぱりワイスピ最高!見てない人にはぜひ見てほしい作品です!

20代女性

★★★★☆星4

ワイルドスピードシリーズは全て見ているので公開されてすぐに見に行きました。

今回からも、さまざまな車が登場し、さらにはまさか車が宇宙まで行くことになるとは全く予想外でした。

ドムの弟が出てくるのはなかなか無茶な設定だなと思いましたがワイルドスピードらしいといえばらしいので全体的には楽しく見ることができました。

ハンの他にも懐かしい3人トリオが出てきた時にはみんな歳をとったなと思いながらも笑ってしまいました。

ヴィンディーゼルとドウェインジョンソンの共演がないのは残念でしたが、全体的には面白く見ることができたと思います。

あと少しでシリーズが完結してしまいますが、どこまで予想外の展開をしてくのか期待しています。

30代男性

Loading...

★★★★★星5

今回の映画『ワイルドスピード/ジェットブレイク』は8年振りの 監督 ジャスティン・リンによる制作でした。

最新の撮影技術を用いており、今までのワイルドスピードを超えてくる大作になっています。

人によっては 今までのストーリー性のほうが良いという意見もあると思います。

しかし、なにより、 Sky missionでラストになってしまったブライアン・オコナー役の ポール・ウォーカーの存在が 垣間見えるシーンがありました

そこに感動するファンも少なくないと思います。

私はそのシーンがとても印象に残っており、ファミリーが揃ったと思いました。

そして、なにより Tokyo driftで事故にあい亡くなったとされていた ハンの復活や、Tokyo driftに出てきたショーンの登場。

ファンにとっては 堪らない場面でもあると思います!!

1度だけでなく何度でも劇場に足を運んで見たいと思える作品でした。

最後のシーンで 次の映画への掛橋があったのですが、そこに関しては気になる!と楽しみになるような作り方でした。

今から次のワイルドスピードの作品が待ち遠しくなってます。車の楽しさもすごく感じられる映画でした。

20代女性

★★★☆☆星3

作品の大ファンで、DVDも持っていて何度も見返しているシリーズです。上映が延期になったこともあり続編はかなり期待をしていました。

率直な感想は、スケールが大きくなりすぎて、そもそもどういう映画だったのかわからなくなりました。カーアクション通り越しすぎていて。

今回は弟が敵としてでてきたが、正直途中で味方になるのがわかってしまいやっぱりか!という思いでした。

もしかしたらサイファーも味方になるのかな?と思ったのですが、最後まで悪だったのでそこは良かったです。

次のシリーズでもおそらく出てくるだろうと思うのですが、今回宇宙にまでいってしまったので、次はまだ話があるのか不安でもあります。

嬉しい部分は、ハンが生きていたこと!

じゃあデッカードは誰を始末したのか?謎な部分もあったけどそこは生きていたことが嬉しくて問題視しないことにしました。

最後に、ブライアンと思わせる演出がありましたが。そろそろ離してもいいのではないかとも思います。

いつまで、いない人をいるものとして描くのかと疑問に思いました。何作かは嬉しくて寂しくて好きな演出だったのですが、そろそろ忘れさせてほしいです。

ストーリーが少し読めてしまったところと、スケールが大きくなりすぎてしまったのと、まだブライアンをひっぱっているところ。

それらを思うと、今回はのシリーズが1番見終わった後にワクワクしなかったです。次のストーリーに期待します!

30代女性

Loading...

★★★★☆星4

ワイルドスピードシリーズは大好きで全シリーズみており、特に好きなシリーズは2回以上リピートして観ています!

今回のジェットブレイクシリーズは、ドムの過去についてのシーンが印象的でした。

ワイスピシリーズで初めて観たときから、冷静沈着で器の大きい男性の印象のドムでしたよね。

しかし、今回の過去の回想シーンでは、今のドムのような人間を作った出来事が明らかにされていました。

父親との別れや、弟との確執のシーンは思わず涙がこぼれました…。

また、東京ドリフトで亡くなったと思われていたハンが生きていたことは想定外でびっくりしました。

そしてワイスピファミリーが挑戦するミッションは今回も迫力満点で見応えがありました!

毎回期待を上回るハンドルテクニックで楽しませてくれるワイスピですが、回を追うごとに派手になっており、また次が楽しみです!

最後のファミリーで食事をするシーンでは、ブライアンの存在も演出されていて、とても嬉しかったです

30代女性

★★★★★星5

最近のワイルドスピードシリーズはストリートレースの話から逸れていてあまり好きではなかったので、MAXまでしか見ていませんでした。

ですが、今作ジェットブレイクは過去作を上手くまとめた集大成という感じで最高でした。

過去のシリーズに登場したキャラクターが沢山登場していて、特に驚いたのがワイルドスピードTOKYO DRIFTのショーンとその仲間が登場したことです。

ハンと仲が良かったという繋がりで、ショーンたちがローマン、テズと一緒に協力するシーンは見ていてとてもワクワクしました。

レースシーンが少なかったのが残念でしたが、カーアクションが多く登場人物が全員凄腕のドライバーということで発想がぶっ飛んでいて面白かったです。

20代男性

Loading...

★★★★★星5

ワイルドスピードジェットブレイクは主人と鑑賞しました。

ワイルドスピードはじまった頃からファンでその影響でマニュアル免許を取得しcivicを逆輸入し乗っていました。

今は出てくる車も昔とは違うし、時代の変化を感じれるのと迫力が増してきています。

今回の作品もすごい迫力!そしてなんといっても亡くなったはずのハンが‼︎ハン様のファンすぎてCM観た時は泣きました。

1番好きなハン様が戻ってきてのファミリーは、絆もより深くなりストーリーに感動しやっぱり泣きました。

初めての方でも楽しめる作品ストーリーになっていて、ストーリーテンポもドキドキしながら観やすいです!

はじめてこの作品をワイルドスピードシリーズで観てから1から観直すとよりストーリーを深く感じれると思います。

みんなの成長と出てくる車の素敵さとファミリーの絆に注目です!

40代女性

★★★★★星5

ドムの青年時代の話からスタートし、ドムの家族に関する隠されていた事実が明らかになるといういきなり衝撃的な展開がありそこでぐっと心を掴まれました。

仲間達から再びミッションに誘われますが、平和な暮らしを望んでいるドムは一度断ります。

このときのドムの葛藤や家族に対する思いが巡っていくシーンは、これまでのドムとは全く違う心境になっているというのが一発で分かる名シーンだと思います。

このように人間ドラマパートが秀逸な上に、今回はアクションシーンで車が空を飛ぶ展開が何度も出てきます。

正直やりすぎだろと思わずツッコミを入れたくなるレベルですが、これこそがワイルドスピードの魅力とも言えます。

今回初登場となるジョン・シナもバキバキの筋肉と険しい表情が良かったです。

20代男性

*映画「ワイルドスピード/ジェットブレイク9」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ワイスピ」シリーズを今すぐ観るならコチラ▼

▼ワイスピ好きにおすすめの映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA