CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のあらすじネタバレと感想評価!原作や過去作との違いやキャストについても紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年6月12日、日本公開。

1868年に出版された小説『若草物語』を原作にした映画で、第92回アカデミー賞では作品賞にノミネートされました。また、主演を務めたシアーシャ・ローナンが主演女優賞、フローレンス・ピューが助演女優賞にノミネートするなどキャスト陣も注目を浴びています。この他にもエマ・ワトソンなども出演しています。

原作は作者のルイーザ・メイ・オルコットの自伝的な内容なので実話を元にしたものです。150年前の小説ですが、恋愛観や結婚観に関しては今も変わらずといったことが伺え、女性なら4人の姉妹の誰かに共感できるような映画作品となっています。

映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」のまとめ
  • ストーリーオブマイライフの原作本・小説との違いについて
  • リメイク作品だった?過去作若草物語との比較
  • キャスト一覧
  • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語あらすじネタバレ
  • 感想評価と口コミ評判レビュー
「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」のネタバレとあらすじ・感想評判の前に、まだ作品を一度も観てない方は、先に映画を観る、または原作を読むことを強くおすすめします!

▼無料で「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」関連作品を今すぐ観るならコチラ▼

ストーリーオブマイライフの原作本・小説と映画の違いについて

今作の『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、殆ど原作小説『若草物語』のあらすじを忠実に再現しています。しかし、今回の映画では現代に生きる若者がより感情移入できるような見事な演出を見せてきたように思います。

原作小説の『若草物語』はジョー達4人姉妹が年を重ねると一緒に物語も一緒に進んでいきます。つまり読者はこの4人姉妹の成長を見ていくという形になります。

しかし、現代版映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』では冒頭から4人姉妹は大人になっている為、現在と過去を織り交ぜながら物語を観ていく形になっていました。

これが、原作と現代版映画のまず大きな違いです。

しかし、現代版の映画は4人姉妹の過去と今を交互に見せてきたことで、彼女たちがどんなことを学んで経験していかに大人に成長していくのかを見事に表現していました。

原作ではより大人になった4人姉妹の物語は2冊目に書かれているため、映画では一冊目と二冊目以降を交互に織り交ぜて作られたものだと思います。

また、小説で深く書かれていなかった部分も映画ではありました。その中で特に印象的だったのは、ジョーの母親が実は短気だったというエピソードです。

ジョーの母親は「つい最近になって我慢をする事に強くなれた」とジョーに語っていました。夫が戦場から帰ってきた時も「ようやく愚痴を話せる」といった言葉から、子供たちにいかに弱みを見せないよう頑張ってきたかが分かるシーンでした。

また、ジョーが夢に破れたことがきっかけでローリーに恋文をしたためるシーンなども原作にはなかったようです。

現代版映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』では、もとから心が強いと思われたジョーや母親の心の葛藤など、リアルな感情を感じられる映画になっていると思います。

▼参考▼若草物語は原作も面白い!ebookjapanで無料お試し読みを利用して50%オフクーポンがもらえてお得に楽しみたいならこちら☆

ストーリーオブマイライフの原作若草物語

リメイク作品だった?過去作若草物語との比較

実はこの『若草物語』は原作小説が150年も前のものだけあって、今まで3度映画化されています。1933年、1949年、1994年と公開されて今作で4作目の『若草物語』の映画化となっているのです。

基本的にはどの映画版『若草物語』もストーリーは殆ど同じです。しかし、現代の映画よりも少しロマンスが強調されています。

1949年公開の『若草物語』ではジョー役はジューン・アリソンという女優が演じていますが、その彼女本人の性格が出ているのが少々特徴的な感じです。現在の映画と比べると、同じ話でも強調されるテーマが少々異なるように見えました。

現在では女性の自立を明らかに協調されている映画も多いので、そういった「自立」を中心とした葛藤や成長が描かれています。

また、1949年のものでは恋のロマンが協調されているものに見えました。同じストーリーでも、スポットが当てられるテーマが違うのでそれぞれで観ると面白いかもしれません。

▼過去3作の「若草物語」を全て無料で楽しむ▼

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のキャスト一覧

次女 ジョー 役-シアーシャ・ローナン

長女 メグ 役-エマ・ワトソン

三女 ベス 役-エリザ・スカンレン

四女 エイミー 役-フローレンス・ピュー

ローリー 役-ティモシー・シャラメ

四姉妹の母 役-ローラ・ダーン

マーチ伯母 役-メリル・ストリープ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語あらすじネタバレ|原作を超える映画

以下、映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のあらすじ|小説家志望のジョー

19世紀のニューヨーク、4姉妹の長女であるジョーは原稿を片手に出版社へと出向いていました。ジョーは出版社へ赴くと、友人の書いたものだと嘘をついて編集長に手渡します。

ジョーは緊張した面持ちで、編集長が乱雑に読み流していく原稿を見守ります。全ての原稿が雑に机に置かれると、編集長から大胆な筋書きの変更をするよう言われてしまいました。

心を頼りにしている友人のフレデリックからも原稿を披露したものの批判を受けてしまい、ジョーは自信を無くしていました。ジョーは怒りに耐えられず、フレデリックを振り払ってしまいます。

そんな時、妹のベスの病状が悪化したとの知らせを受けてジョーは故郷のマサチューセッツに帰る事になりました。

一方、4姉妹の末っ子のエイミーはマーチ伯母さんと共にパリに滞在していました。エイミーたちが馬車に乗っていると、幼馴染のローリーがのらりくらりと歩いているのを目にします。ローリーに会えたことを嬉しく思ったエイミーは、ローリーに今夜のパーティーに来ないかと誘います。

しかし、ローリーはパーティで悪態をつきすぎたため、エイミーとローリーは喧嘩します。ローリーは少々だらしなく、どうしようもない男でした。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のネタバレ|4人姉妹とローリーの出会い

2番目の姉であるメグは既に結婚して子供もいましたが、非常に貧しい家に住んでいました。

7年前にさかのぼり、マサチューセッツでは4姉妹のジョー、メグ、ベス、エミリーが仲良く母親と暮らしていました。父親は戦場へ出向いてしまったため、貧しくも身を寄せ合って暮らしていました。

ある時、ジョーとメグはパーティーに行くことになりますが社交的なメグとは反対のジョーはパーティになじめませんでした。そんなジョーは、同じく孤独で暇を持て余していたローリーとばったり出会います。

ローリーは祖父のローレンス氏に預けられた為、ヨーロッパから来たばかりでした。そして意気投合した二人は、家族ぐるみで仲良くなります。ローリーと4人姉妹の交流が深まったことがきっかけで、ローリーの家庭教師ジョンと長女のメグは恋に落ちます。

メグは元々女優を夢見ていましたが、ジョンとの交流を経て、幸せな結婚生活を望むようになったのでした。人一倍独立心が強いジョーは、メグに女優への道を行くべきだと勧めます。

しかし、メグは自らジョンと一緒に暮らすことを決めました。ただ、ジョンの稼ぎは少ないもので非常に貧しい家で暮らす事となったのでした。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のネタバレ|明るかった過去

時は現在に戻り、パリに滞在していたエイミーは裕福なフレッドからのプロポーズを待っていました。エイミーは元々、偉大な画家になる事を夢見てパリに修行しに来ましたが、エイミーは自分に才能がないことに自信を無くしていました。

マーチ伯母さんからも、裕福な人と結婚する方がエイミー自身の為になり、家族の為にもなると教えられていたのです。その為、エイミーはフレッドとの結婚を考えていました。

そんなエイミーに「自分がいるから結婚しないでほしい」とローリーは言い出します。しかしエイミーはかつて、ローリーがジョーを好きだったのを知っていました。

エイミーは、いつもジョーの2番手である事に怒りローリーを怒ります。しかし、もともとローリーに思いを寄せていたエイミーは、彼の言葉に揺さぶられ、フレッドからのプロポーズを断ってしまったのです。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のネタバレ|姉妹の三角関係

時は再び過去に戻り、ピアノが好きなベスはローレンス氏の娘の遺品であるピアノを弾かせてもらえることになりました。そしてベスは度々ローレンス家を訪れては、ピアノを弾くようになります。

ローレンス氏は、ベスのピアノを聴く度に亡くなった娘の事を思い出すのでした。そんなベスを娘のようにかわいがります。

一方、過去にジョーはローリーから告白を受けていました。

しかし、独立心が強く作家になるという夢を強く持っていたジョーはローリーからの告白を受け入れませんでした。このことで、ローリーはしばらく心に傷を負うことになります。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のネタバレ|それぞれの挫折と成長

時は現実に戻り、ジョーはニューヨークからマサチューセッツの故郷に帰りました。久々に家に帰ったジョーは、悲しい顔をしたメグと母親に迎えられます。

ベスはベッドで静かに横になっていました。弱っていくべスをジョーは励まします。ベスは自信を無くしているジョーの様子を見て、完成した小説を早く読みたいと頼みます。

ベスは過去にも危篤状態になりましたが、見事にそれから復活させたことがあるのです。それは家族の中でとても輝かしい思い出でした。しかし今回はその奇跡は起こらず、ベスは静かに息を引き取ってしまいます。

後日、ベスの訃報を聞いたエイミーもパリから帰国しようとします。そこで、ローリーはエイミーにプロポーズをしました。エイミーは素直に、ローリーの告白を受け入れます。

しかし一方で、様々な事で挫折を経験して疲れ果てたジョーは、ようやくローリーからの愛を受け入れようとします。次にローリーと会った時、告白しようとジョーは決めていました。

そして帰国してきたローリーは、エイミーとの結婚を発表します。心から幸せそうなエイミーとローリーをみたジョーは、本音を隠して二人を祝うのでした。

ジョーは過去にエイミーとは大切にしていた自分の小説を燃やされたりと喧嘩することが多くありました。ふと、ジョーは母親に「お母さんはいつも怒らないよね」と愚痴を漏らします。

母親は「怒りを抑えるのがうまくなっただけ」と伝えたのでした。母はいつも優しく、怒りを知らないと思っていたジョーは母の言葉を聞いて驚きます。ジョーは母親の普段見せない強さを思い知ったのでした。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語のネタバレ|ジョーの物語

全てに挫折を覚えたジョーは、もうどうでもよくなり、今まで書いた小説を次々に燃やしていきます。しかし、ある時ベスと完成させることを約束した小説の原稿が目に留まります。

ベスとの約束を思い出したジョーは悲しみを振り切り、今までの事すべての事を小説にぶつけだすようにペンを走らせました。それまでは壮大な戦いものを書いていましたが、今度は自分自身の人生を書き始めたのです。

徹夜をして、ジョーは小説を無我夢中で完成させます。そして再びニューヨークの編集長のもとへ、原稿をもって訪れました。

しかし、小説を読んだ編集長は最後は結婚にしなければ売れないと言い渡します。またもや変更を要求されたジョーは「じゃあこうする」と言います。

ある日の事、ジョーの故郷であるマサチューセッツに喧嘩別れした友人のフレッドが訪れます。ジョーは本音を言えず、フレッドに会えた嬉しさを隠します。

2人の様子を見かねた姉妹がジョーの背中を押します。背中を押されたジョーはすかさず、フレッドの後を追っていきます。そして、フレッドの心を射止める事に成功しました。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語の結末ラスト|夢の小説家へ

数年後、ジョーはフレッドたちと共にマーチ伯母さんの豪邸で学校を開いていました。エイミーやメグ、ローリーやその家族たちも皆幸せそうにその学校で働いていました。

後日、編集長の子供たちがジョーの書いた原稿をふと読み続きが読みたいとねだります。編集長のジョーの書いた本は売れないという見立ては間違っていたのでした。

後日、製本されていく赤い本をジョーは満足そうに眺めていました。初めて製本された最初の本をもらうとジョーは歩き出します。遠回りはしたものの、ジョーは作家デビューを果たすことができたのでした。

以上、「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語の感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|女性が必ずぶち当たる困難

アカデミー賞ノミネート作品だけあって総じて高評価な作品となっています。

ジョーは最後にフレデリックにアタックして結婚をして学校を開いたという事になりましたが、これが本当にジョーの人生で起きた出来事のようには感じませんでした。

どちらかと言えば、この部分はジョーが若草物語を編集長に見せた時、最後の結末を皮肉にも無理やり結婚に終わらせた本のフィクションだったと解釈しています。もしそうだとすれば、ジョーは作家デビューしたものの恐らくまだ独身でメグも貧しいままであると思います。

女性にとっての一番の幸せとはどんな形なのかと考えさせられると共に、女性の活躍のしづらさを思い知らされるような映画でした。

映画を観ているとそれぞれの姉妹に感情移入する為、幸せなんて人それぞれだとも思いますが、疲れる部分は同じようなところもあるんだなとも思い知らされます。

女性であれば、尚更共感できるところも多く、前に進む勇気をもらえる作品であると思います。

口コミ評判レビュー|星5以上で原作ファンも驚くと評判

★★★★★星5

監督2作目にしてバジェットがグッと上がったオールスター文芸映画をモノにするグレタ・ガーウィグ監督の手腕に驚きました。瑞々しく、エモーショナルで、自ら手掛けた大胆な脚色には原作ファンもあっと驚かされると思います。

やっぱり「もっともパーソナルな事がもっともクリエイティブ」なんだなと思わされました。

そして豪華なオールスターキャスト!近年、どの作品でもキレまくってるローラ・ダーンに「私は怒りをコントロールできるようになった」と言わせ、ブレイク作『シャープ・オブジェクツ』でも具合が悪くなっていたエリザ・スカンレンが3女ベスを演じたりと配役の“遊び”も楽しいです。

特に『ミッドサマー』が大ヒットした新鋭フローレンス・ピューはまた”燃やして”ます。

30代男性

★★★★★星5

私は映画が始まる前の予告でこの作品の予告映像を見て気になっていたので見に行きました。

この映画は昔の小説を映画化したものということでどのように表現するのだろうと思っていましたが、とても良い作品だったと思います。自分が見ていて思ったことは主人公のジョーはいつもタイミングが悪くて可哀いそうだと思いました。

自分の書いた小説が認められない時に、妹の病気が悪化したり、自分が一度振った人を好きになり結婚を申し込もうとした時に、自分の妹と結婚したりジョーばかり悪いことが起きて可哀いそうだと思いました。

しかし、ラストはジョーも幸せになっていたので良かった。この映画を見て思ったことは、自分の本当にやりたいこととやらなければいけないことの間での葛藤そしてどちらかに決めなければいけないということがとても難しいと感じました。

今、そのような状況にある人に見てほしい映画です。

10代女性

★★★★☆星4

マーチ家における個性豊かな四姉妹、メグ、ジョー、エリザベス、エイミーの日常が、次女ジョーの視点により、19世紀後半のアメリカを舞台として自然豊かに描かれています。物語については世界的に有名で、名作であることは云うまでもありませんが、この映画は、アットホームな空気に包まれながら淡々と緩やかに進行していく流れが、とても素朴で新鮮な印象を与えてくれます。

そんな中、お父さんやエリザベスが病気となってしまい、お父さんは無事回復しますが、家族の看病の甲斐無く、エリザベスが亡くなってしまいます。

エリザベスの死を受けて、家族の大切さを登場人物各々が感じとり、他の姉妹が次々と結婚していく中で、ジョーだけが一人取り残されてしまいます。家族のために自分の髪まで売って資金を作ったのに、あんまりです。

落ち込んだ末、作家としての夢とエリザベスへの愛を力の源として立ち直ったジョーですが、原稿は「ボツ」となってしまいます(編集長の独断で決まるのが腑に落ちませんが…)。

しかしその原稿がある切っ掛けで採用となり、また、エリザベスを可愛がっていた老人の援助、昔慕っていた先生との再会など様々な出来事が有り、それまでの不運が一転します。紆余曲折を経ながらも、ラストは無事ハッピーエンドとなり、ホッとしました。

40代女性

*映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼原作もある名作映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA