CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ザ・ファブルの映画が原作ファンからひどいとの声!続編はいつ公開するのか解説!あらすじネタバレ感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年6月21日公開の『ザ・ファブル』。

2014年から週刊ヤングマガジンで連載中の人気漫画を実写映画化。発行部数は800万部を超え、第2部となる『ザ・ファブル The second contact』が2021年7月17日から始まります。

主演は岡田准一で、アクションシーンはスタントマンを使わずに自身で演じました。2021年6月18日に続編となる『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が公開予定となっています。

実写映画『ザ・ファブル』の口コミ評判レビューには、

  • 主人公の設定がカッコいい
  • 続編が楽しみな作品
  • 原作ファンからすると、2時間では物足りない内容
  • 途中少し飽きる部分もあった
  • メッセージ性はあまりないが、ハラハラするストーリー
  • キャストも豪華で、皆んな個性が光っていて見応えがあった
  • 映画としての完成度も高いと思うが漫画の方が楽しめた
  • アクションコメディを見たい人にとてもオススメ

という声が多数集まっています。

映画「ザ・ファブル」のまとめ
  • 映画ザ・ファブルがひどいとの評判は原作ファンから
  • 映画ザ・ファブルの続編の公開日について
  •  映画ザ・ファブルのあらすじネタバレ
  • 映画ザ・ファブルの感想評価と口コミ評判レビュー

 

もし、まだあなたが一度も「ザ・ファブル」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

例えば、今ならU-NEXTだと「ザ・ファブル」を実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!「ザ・ファブル」を観るならコチラ▼

映画『ザ・ファブル』|「ひどい」との評判は原作ファンから!「期待はずれ」との声も

2014年から連載している人気漫画『ザ・ファブル』を実写映画化した今作ですが、ひどいと言った評価が見受けられました。キャストがひどいのかアクションシーンがひどいのか、ストーリーがひどいのか、どこがひどいと言われている部分なのか調べてみました。

ザ・ファブル|映画2時間に詰め込むのに無理があった

まず、大手口コミサイトなどを見てみましたが、至って普通の評価なのかなと印象を受けました。高くも低くもせずといったかんじで、全体的にはひどいと言った評価ではありません。

では、どこがひどいのか口コミを見てみると、原作ファンからひどいと言った評価が見受けられました。私自身も原作漫画を読んでいて、もう何周読んだか分からないくらい大好きな漫画です。

地味な伏線回収も、後から読むとどんどんわかり、何度読んでも最高に面白い作品ですが、映画という2時間に詰め込むのは、正直少し無理があったのではないかなと思いました。

それ故に盛り上がり部分の脚本は大部分がオリジナルになっており、原作ファンからすると期待外れでした。

ザ・ファブル|「こんなのファブルじゃない!」設定がおかしいと感じる場面も。

ひどいと言われてもおかしくないのは「ファブル」の設定です。原作漫画では「ファブル」は危なっかしいシーンが無い事が無敵の象徴として描かれていましたが、映画では少し危ういシーンなどがあり、「こんなのファブルじゃない!」と思う場面が何度かありました。

起承転結をはっきりとつけなければならない「映画」ならではの脚本で、致し方無い部分もあるかとは思いますが、ファブルの無敵ぶりだけは残して欲しかったです。

ただ、原作漫画を知らないで映画を観る分には楽しめたという感想も多かったです。岡田さんのアクションシーンは当初から話題になっていましたが、やはりそちらは見応えがありました。

キャストやアクションなどは、特にひどいと言った声は少なかったので、やはり映画『ザ・ファブル』がひどいと言われているのは原作ファンから見た意見なように感じます。

映画『ザ・ファブル』|続編がいつ公開なのかを詳しく解説!

『ザ・ファブル』の続編である『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が2021年6月18日から公開されます。『ザ・ファブル』公開時でも、続編に期待と言う声が約96%もあり、シリーズ化され続編が公開される事となりました。

続編となる『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』では、新たなキャストとして堤真一や平手友梨奈らが加わっています。

また、シリーズ化ということなので、評価や興行収入次第では更なる続編となる第3部も製作されるのではないでしょうか。原作漫画も第2部が7月17日から連載するので、そちらも期待したいところです。

映画『ザ・ファブル』のあらすじネタバレ


以下、映画「ザ・ファブル」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ザ・ファブルのあらすじ|普通の生活を命じられるアキラ

ある日、殺し屋のアキラはボスから一年間普通に生きるということを学んでこいと言い渡されます。そうすれば、アキラはもっと殺し屋のプロになれるというものでした。

ボスは、もし休業中に殺しをしたら自分がアキラの命を奪うと釘を刺します。そして、アキラの妹という設定のヨウコと共に、アキラは大阪に向かいます。

アキラたちはファブルの契約先である真黒カンパニーに住むところを用意してもらうことになっていました。アキラがファブルだと知っているのは真黒カンパニーの会長と社長の海老原だけです。

新居に着いた夜、アキラたちはお酒を飲んだ帰りに不良に絡まれます。普通の生活を送ると誓ったアキラはプロ並みのやられたふりを演じました。

そこに心配し、通りすがったミサキが駆け寄ってきます。ハンカチを差し出してくれましたが、アキラはぶっきらぼうに断ります。実は、不良はアキラの様子を探るための海老原の差金でした。

ザ・ファブルのネタバレ|アキラをけしかける海老原

ある日、アキラは海老原にサシで腹を割って話そうと誘われます。車に乗り込んで着いた先には、プロレスラーの借金男がいました。海老原はアキラにその男の命を奪えと命じます。

この町で1年暮らすための踏み台と言われ、アキラはおでこを軽く叩きスイッチを切り替えます。そして、黒のマスクを被りました。ファブルはどんな相手でも6秒以内に命を奪うと聞いていた海老原はカウントを始めます。

そして、アキラは3秒で相手を動けない状態にしました。後は好きにしろと言うアキラですが、命までを奪わないアキラに海老原と海老原の部下のクロが銃を突きつけます。

アキラはこの町で1年普通に過ごさせてほしいと頭を下げました。そんなアキラに、海老原はアキラにとって命とは何かと問います。アキラはボスにもらったインコを大切に育てたいと思っていると答えました。

海老原はアキラに向けていた銃をプロレスラーに向かって発砲し、アキラを鉄板焼き屋に連れていきました。

ザ・ファブルのネタバレ|出所する小島

海老原には浮気した妻の命を奪い、刑務所に8年入っていた小島という弟分がいました。小島の世話もあるため、アキラを早く追い詰めておきたかったのです。2人が帰っているとミサキが通りかかります。海老原は訳あってミサキのことを知っていました。

ミサキは病気の母親のために昼も夜も働いてお金を貯め、店を開くことを目標としていました。自分たちのようなものが1番近づいてはいけない相手だと海老原は忠告します。

その頃、小島は出所早々に過去に金を貸した風間の命を奪い、満面の笑みを浮かべていました。

ザ・ファブルのネタバレ|仕事が決まるアキラ

普通は皆んな働いていると海老原から言われ、アキラは仕事を探し始めます。正直に受け答えするアキラの面接はうまくいくはずもなく、履歴書を持って歩いていると、偶然ミサキに再会します。

ミサキは自分の職場にアキラを連れて行き、社長の田高田に紹介します。田高田は時給800円でボーナスなしという悪条件でも受け入れるアキラを即採用にしてくれました。

一方で、真黒カンパニーでは海老原と小島が再会を果たしていました。会長は出所祝いにと小島に500万円を渡します。小島がオフィスに顔を出すと、会社を乗っ取ろうとしている砂川が小島の前に現れ、2人の睨み合いが始まりました。

ザ・ファブルのネタバレ|倒れる海老原

ある夜、アキラの元にミサキから鍵を無くしたから泊めてほしいと連絡が入ります。ミサキはアキラが妹のヨウコと暮らしていることを聞いていました。

ミサキと関わりを持つことで、アキラは忠告に背いてしまったことに詫びを入れようと、海老原の家を訪ねます。しかし、出てきたのは小島で、アキラはナイフを突きつけられますが全く動じません。

そんなアキラの姿に小島はナイフをしまい、海老原を呼び出します。しかし、いくら呼んでも返事がありません。慌てて浴室に行くと海老原は苦しそうに倒れていました。

病院に運ばれ、海老原は不整脈で心筋梗塞の疑いがあると診断を受けました。入院することになり、海老原は小島の仕事を心配します。そして、退院するのを待っていろと小島に釘を刺します。

その場では承諾する小島ですが次の日、ミサキにAVの仕事をしないかと脅迫を始めます。海老原はクロに情報を集めさせ、小島が女を使った商売を始めようとしていること、そして砂川が会社を転覆させるために人を集めていることを耳にします。

ザ・ファブルのネタバレ|拉致される小島とミサキ

砂川はファブル探しをしているフードとコードに声をかけていました。会社側には凄腕の殺し屋がいると砂川から聞き、2人は目を光らせます。一方で、ミサキは小島の話を拒否していましたが、小島が母親に近づいているのを知り、やらざるを得ない状況に立たされていました。

次の日、ミサキはアキラを飲みに誘い、楽しいひと時を過ごしました。アキラに似顔絵を描いてもらう約束をし、笑顔で別れました。そして、ミサキは小島の所に向かいます。小島がにやつきながら契約書を出したところで誰かが訪ねてきます。

その頃、海老原は嫌な予感がし、アキラに助けを求めていました。拒否するアキラに小島は大事な車を差し出します。普通の男なら受け取るという言葉でアキラは海老原の願いを聞き入れ、小島のマンションに向かいます。

マンションには誰もおらず、数々の血痕の痕やミサキのグラビア写真が残されていました。アキラは拉致されたと検討をつけ、海老原に連絡をします。

小島を襲ったのはフードとコードで、ミサキも一緒に砂川の所に連れていかれていました。海老原を社長から引きずり下ろしたい砂川は、風間の命を奪ったのは海老原の指示だと言わせるために、小島を追い詰めていきます。

しかし、小島は勝ち気な態度で、海老原には殺し屋が付いていると豪語しました。

ザ・ファブルのネタバレ|戦う準備をするアキラ

アキラは戦う決意を固めていました。ミサキには助けられたので、助けるのが普通だと思ったのです。武器は全て置いてきていたので、身近にあるものを知恵と工夫で生かそうと準備を始めます。

ボスの命令に背くことに反対していたヨウコも、揺るぐ様子のないアキラを見て手伝いに入りました。そんな中、海老原の元にはボスが来ていました。

アキラを巻き込んだことは約束違反だと海老原にナイフを突きつけます。ボスは1年間アキラに普通の生活を送らせ、殺しのスキルが落ち、一般社会に馴染めるようであればそうさせてあげたかったのです。

そして、馴染めないようであれば、育てた者の責任としてアキラの命を奪おうと思っていました。アキラの命を奪ったら、次は海老原の命を奪うと告げ、ボスは消えてしまいました。

ザ・ファブルのネタバレ|ミサキを助けるアキラ

砂川が管理するゴミ処理場にアキラとヨウコは到着します。まず、アキラは襲われそうになっていたミサキを助けます。ミサキを隠し、次は小島の元に向かいます。

小島の周りにはアキラを狙う砂川の部下たちが銃をかまえ息を潜めていました。ファブルを倒し、自分が都市伝説となりたいフードは殺し合いをしようと雄叫びをあげます。

アキラは一気に攻め込み、部下たちを次々に倒し、フードと撃ち合いをします。銃の衝撃で小島はゴミ処理機の中に落ちそうになりますが、なんとか救出し逃げることができました。

アキラたちは身を潜めて行動していましたが、小島が物音をたてたせいで居所がバレてしまいます。それでも次々と敵を倒し、勝手に動いたことでコードに追われるミサキを助けに向かいます。

遂に砂川も現れ、小島と殴り合いを始めました。2人が共倒れした様子を見届けた後、ミサキの所に向かうアキラの前に再びフードが現れました。一方でコードに追い詰められたミサキをヨウコが助けに行きます。

コードを一発で倒すヨウコですが、逃げようと飛び降りたミサキに手が届きません。フードとの撃ち合いを制したアキラが落ちる寸前のミサキをなんとかキャッチしました。

ザ・ファブルの結末ラスト|アキラの普通の生活が再開

目を覚ましたミサキはアキラとヨウコの家に向かいます。そこには何事もなかったかのようにお酒を飲んでいる2人がいました。アキラはミサキに約束の似顔絵を渡します。ミサキは涙を流し、喜びました。

そして、アキラはなんとか小島を生きたまま海老原の所に連れていきます。海老原に謝る小島でしたが、けじめとして海老原は自らの手で小島を撃ちます。

また、ゴミ処理場ではアキラが急所を外していたのでフードもコートも生きていました。しかし、ファブルの誰の命を奪うなと言う命令を守った後始末として、ボスやって来て2人を撃ちます。

時給も少しずつ上がりつつ、アキラの普通の生活が再開されていくのでした。

以上、「ザ・ファブル」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ザ・ファブル」シリーズをすぐに観たいあなたはコチラ▼

映画『ザ・ファブル』の感想評価と口コミ評判レビュー


以下、映画「ザ・ファブル」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|アクション映画としては十分な出来栄え

原作が大好きだったので、あの世界観をどんな風に表現されているかとても楽しみでした。

まずなんと言っても出演俳優陣が豪華で、その時点で期待値が上がりました。なかでも、主演の岡田准一のキャラクター性が素晴らしく、楽しみにしていたアクションも驚くほどのキレ味があるのですっかり魅せられてしまいました。

また、柳楽優弥の恐怖さえ覚えるようなサイコパスの演技からの面白いキャラクターへの変貌ぶりもまさに怪演、見ごたえがあります。

もちろん、ザ・ファブルのもうひとつの魅力であるコメディ要素もばっちりです。所々でシュールな笑いの爆弾が少しずつ積み重ねられていき、最後にそれが大爆発するようなイメージでした。

無敵であるファブルが傷を負うなどの残念な設定部分もありましたが、アクション映画としてはとても楽しめました。

口コミ評判レビュー「ストーリーは王道でとても見やすい」「見ごたえのある作品」

実写映画『ザ・ファブル』の口コミ評判レビューには、「ファブルという人間の魅力、その圧倒的な強さが際立つアクションにより見応えのある作品」「内容は面白いが、設定にやや無理なところがあるのが気になった」「スタントマンを使っていないアクションシーンは見所」「一つの映画でアクション、コミカル、恋愛の要素が詰まっていてとても面白い映画」という評判が多い印象です。

★★★★★星5

伝説の殺し屋が普通の生活を求めて新天地で奮闘するが、とある抗争に巻き込まれてしまうというストーリー設定から、見ていてハラハラしそうだなとかなり興味をそそられました。

スタントマンを使わず、主人公演じる岡田准一が壁まで登ってシーンを作っていたり、とにかく彼のアクションシーンが印象的でした。そして、それらがあまりにもリアルでクオリティーが高いということに、最初から最後まで圧倒させられ続けました。

柳楽優弥に関しては、文句の付け所がないほどのチンピラ加減を完璧に演じていて、適役すぎました。また、レディー・ガガの歌うこの映画の主題歌が、ストーリー全体や作品の雰囲気にとてもマッチしていて作品全体をより良いものにしているように感じたので最高でした。

20代女性

★★★★☆星4

漫画を原作とする映画となっていて、「絶対に殺してはいけない殺し屋」というのがサブタイトルとなっています。コメディというには、アクションシーンや流血シーンが多すぎるような気がした。しかしストーリーは王道でとても見やすかった。

岡田准一演じるファブルは原作を見た感じ、静かに人を倒すから凄腕なんだと思う。そのため、原作を見てしまった人は、ただのアクション映画と思ってしまうかもしれない。しかし原作を知らない人にとっては、流血シーンやアクションシーンもそこまで気負わずに見ることが出来るし
ちょうどいいくらいの量のコメディ要素が各所にちりばめられているので、非常に面白いと感じると思います。

20代男性

★★★★☆星4

原作とは似ても似つかないそんな仕上がりになってるのは私が原作に対して愛情をもった鑑賞をしていたからではないかと思う。

漫画にしては躍動感あふれる描写の数々とリアルな脚本との交差でスピード感をもってして読み進められる漫画は、今後に対する期待感とヤクザを題材にしたバイオレンスの延長線上のような漫画であるのだが、ユーモラスなところなども含めてただのヤクザ漫画と思えないような漫画であったのだ。

読み進めるスピード感と同様に主人公がすごい卓越した体術速度により好きになったのかと思う。そのようなスピード感を映画にはあまり出せていなかったところは残念であった。

原作は終了しているのだが、映画ではその序盤のところと最後だけを切り取っていた。膨大な情報料を全て2時間に増殖するのは難しかったのではないかと思った。

40代男性

★★★★☆星4

『ザ・ファブル』は、原作の漫画で読んでいたため実写化にあたり誰がキャストを務めるのか気になっていたところ、まさかの岡田准一。最初は以外でしたが、見ていくうちに役柄がはまりその世界観に引き込まれました。

特に見どころは、やはりアクションシーンです。映画冒頭のやくざを殲滅シーンの強さは圧倒されますし、終盤のごみ処理場の岡田の体裁きは見事です。蛇足ですが、映画の諸所に出てくる宮川大輔のちょい役も面白いです。

全体的に、殺伐とした世界観であるものの、ファブルという人間の魅力、その圧倒的な強さが際立つアクションにより見ごたえのある作品でした。

30代女性

*映画「ザ・ファブル」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ザ・ファブル」を今すぐ観るならコチラ▼

▼漫画原作の映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA