CinemaHitsTV-シネマヒッツ-おすすめの映画が考察や感想評価と口コミ評判レビューから丸わかり!

『前科者』のラブシーンが過激?キャスト相関図解説!あらすじネタバレや感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2022年1月28日公開の映画『前科者』。

2021年11月20日から放送された全6回のテレビドラマから2年後のストーリーです。

テレビドラマ版では有村架純演じる阿川の新人保護司時代が描かれており、こちらは原作に沿った内容となっていましたが、今作の映画版は完全なオリジナルストーリーとなっています。

『前科者』の口コミ評判レビューには、

  • 若い世代の方にも観て何かを感じてほしいと思った作品
  • 自分が平凡で、いかに幸せかを感じた
  • 色々なことを考えさせられた
  • 気の毒な人が多く涙が止まらなかった
  • メッセージ性や社会的意義に溢れた映画
  • 内容も俳優陣の演技も素晴らしかった
  • 改めて社会に役立つ仕事は何なのか考えさせられた
  • 辛い、厳しい映画

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 映画『前科者』ラブシーンが過激?
  • 映画『前科者』のキャスト相関図
  • 映画『前科者』のあらすじ
  • 映画『前科者』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「」を観るならコチラ▼

映画『前科者』ラブシーンが過激と言われるシーン

映画『前科者』では、ラブシーンが過激だと言われています。

確かに予告編を見る限りでは社会派映画と言った印象が強く、ラブシーンは何もなさそうな印象があると思います。

しかし実際には、ラブシーンが始まりそうになる展開が物語の中盤に一度だけ出てきただけです

このラブシーンがニュースでも過激などでは取り上げられていました。

管理人

そのラブシーンが有村架純演じる阿川の自宅に刑事である磯村勇斗演じる滝本が訪ねて来るシーンです。

昼間アルバイト先のコンビニで倒れた際に、阿川は手首に怪我をします。

その傷に気付いた滝本が、阿川の自宅にあった救急箱で手当をしてあげている最中にそのような雰囲気になります。

実は2人は学生時代恋仲でしたが、過去の事件がきっかけで疎遠となっていた経緯があるので、とても自然なラブシーンへの導入でした。

管理人

キスをしながら阿川を床に押し倒し、スーツのジャケットを脱いだところで、滝本の頭の中に強烈なフラッシュバックが起こります。

それは、二人が疎遠となった過去の事件に関するものでした。

その映像を見てしまった滝本はすぐに身体を起こしてしまい、シリアスな展開に入ります。

そこでラブシーンは終了となります。

阿川も滝本もお互い肌の露出はほとんどありません。

強いて言えば、阿川のロングスカートを滝本が少しだけ捲り上げているので、太ももがほんの少し見えるくらいです。

滝本のシリアスな過去のフラッシュバック映像も合間に入るので、あっという間の印象です。

とは言え、最初は割と生々しい絡みから入ります。

なので、「もしかして長いラブシーンがこれから始まるのでは?」と思って身構えてしまうかも知れません。

しかし、トータルで3分ほどしかない上に、ほとんど何も始まらないうちに終わってしまいますよ。

家族で見ていてずっと気まずくなるようなラブシーンではないです。

管理人

このように、ガッツリと気まずくなるシーンやラブシーンはほぼほぼありません。

ラブシーンは苦手という人でも観やすい作品だと思います。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

映画『前科者』のキャスト相関図

映画『前科者』のキャスト相関図はこのようになっています。

主演は有村架純さんです。

とても綺麗な女優さんですが、演技も上手いので見ていて映画に没入しやすいのが良いですよね。

 

『前科者』のあらすじ

以下、映画「前科者」のあらすじです。

『前科者』のあらすじ|「前科者」工藤との出会い

阿川佳代は「前科者」の更生を手助けする保護司として働いています。

無報酬の仕事のためコンビニのアルバイトとの二足の草鞋を履きつつも、罪を犯した人に寄り添うこの仕事にやり甲斐を見出していました。

ある日、職場のいじめにより同僚を殺害した工藤誠の担当になります。

模範的だった工藤は、仮釈放期間中に就職先が決まり、社会復帰も間近でした。

時を同じくして、交番の巡査部長が拳銃を奪われ負傷し、その後、区役所の職員が射殺される事件が起きます。

『前科者』のあらすじ|連続殺人事件と弟

久しぶりに弟の実と再会した工藤は、実が人を殺す姿を目撃してしまいます。

被害者はかつて自分たち兄弟に暴力を振るっていた児童養護施設の職員でした。

自首を勧める工藤に実は、自分たちが幼い頃に義父のDVで母親を亡くしたのは、巡査部長のもみ消しや、職員の不手際のせいだったと知り、当時の関係者に復讐していると言います。

実と共に行動することにした工藤は、保護観察期間終了目前になって突然行方をくらましてしまいます。

『前科者』のあらすじ|阿川の過去と次のターゲット

現場に工藤のDNAがあったことから、刑事の滝本が阿川を訪ねて来ます。

二人は学生のとき恋仲でしたが、滝本の父親が暴漢から阿川を庇って亡くなって以来、疎遠となっていました。

人殺しは人間ではないという滝本と、寄り添いたいという阿川の考えは平行線を辿ります。

次の被害者は工藤の義父の遠山だと当たりを付けた警察は、周囲の張り込みを始めました。

以上、「前科者」のあらすじでした。

果たして、読み通り工藤は遠山を殺しに現れるのか?

結末を知りたい方は、実際に映画を見てみることをおすすめします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「前科者」を今すぐ観たいあなたはコチラ▼

『前科者』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「前科者」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|鑑賞後、心が穏やかになる本格社会派ドラマ

今作は有村架純演じる保護司の阿川が「前科者」の更生や社会復帰の手助けをするため、彼ら一人一人と真摯に向き合う姿を描いた映画です。

保護司と言う職業があることをこの作品を通して初めて知りましたし、どのような仕事なのか映画から垣間見ることができて、非常に興味深かったです。

また、プライベートが犠牲になるほど大変な仕事にも関わらず、無報酬であることに衝撃を受けました。

管理人

警察が遠山の家を張り込む中、阿川もかつて遠山の弁護士だった宮口を通して遠山の家を訪れます。

そして読み通り現場に工藤兄弟が現れたため、警察は二人の確保に動きます。

工藤は肩を撃たれ、一度捕えられた実は隙を見て銃を奪い自殺してしまいます。

病院に運ばれた工藤は、弁護士の宮口との面会を希望し、弟の代わりに最後の復讐を果たそうとします。

なんとか二人の面会時間前に病室に駆けつけた阿川は、ハサミを持って待ち構えていた工藤を引っ叩くと、優しく抱きしめました。

そして辛い時は自分を頼るよう言うと工藤は涙を流して頷きました。

今までは恋愛ものの明るいヒロインのイメージが強かった有村架純さんの、母性全開の慈愛に満ちた演技はこの映画の見どころの一つです。

管理人

前述の通り保護司は国家公務員ながら無報酬のため、待遇の改善や職員の高齢化が問題となっているそうです。

なんと、40代でも若手と言われてしまっている現実があります。阿川は28歳なので、若手の中でもダントツに若いポジションにいます。

過去に事件の被害者となりトラウマを持っている彼女が、ふとしたきっかけで保護司と出会い、感化されて同じ仕事に就いたことをポツポツと語るシーンがあるのですが、有村架純さんの大人しいながらもどこか肝っ玉の座ったような佇まいも合間って、物凄く説得力のあるものに感じました。

6年振りに映画出演をした森田剛さんの「前科者」としての佇まいもとても雰囲気があり、まるでドキュメンタリーを観ているかのような錯覚に陥りそうになりました。

管理人

映画のラストで阿川は母校の図書室に行き、一冊の本をこっそりと返却します。

それは、父親を殺された直後の滝本が犯人に対する怒りの感情を書き殴った本でした。

その本を持ち帰り長年自宅に保管していた阿川でしたが、落書きを消して再び本棚に戻しに来たのです

過去に囚われて生きてきた阿川も滝本も、ようやく一歩前に進めるような終わり方になっていて、観ていてとても心が穏やかになりました。

『前科者』のみんなの口コミ評判レビュー

『前科者』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「清純派のイメージがあった有村架純の泥臭く一生懸命もがく姿が素晴らしかった」「深いことを考えさせられる映画だと感じた」「有村架純さんのほんわかとした人柄がこの映画に光を当ててくれていた」「一度失敗した人たちも社会にもう一度戻って、生きていってほしいと思える、素晴らしい映画」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

前科を犯した人間の社会復帰をサポートする「保護司」という職業の存在を知らない状態でわたしは視聴した。

現実はもっと過酷で壁が多く、コミュニケーションも円滑に機能しないかも知れない。血の繋がりと関係なく、自分に寄り添ってくれる他者がいることの有り難みや不安、ガラスの壁にも似た前科者と社会の壁や軋轢など、この映画が浮き彫りにする問題は大きいです。

法を犯した人間とそうでない人間には言語化できない隔たりがある事を知る一方、人間だけが持つ温もりや優しさが強烈に心をうつ、忘れ得ぬ映画でした。

有村架純さんは改めて「うまい俳優になった」と唸るきっかけを与えてくれる映画です。

メッセージ性や社会的意義に溢れた映画を作る意欲的な制作陣と、素晴らしい俳優さんが、邦画界の中心にいることの素晴らしさをこの作品は教えてくれます。

30代男性

★★★☆☆星3

有村架純演じる阿川佳代が保護司としてさまざまな前科者と触れ合う姿を描いた2022年公開の映画です。

有村架純の転換期と言える映画だと思います。

これまではどちらかというと恋愛系のドラマや映画への出演が多く、この映画のような社会的な問題へ言及する内容への出演は少なかっと記憶しています。

内容も俳優陣の演技も素晴らしかったと思います。

ただ、内容がとても深くそして重く、今見える現実だけにとどまらないもっと多くの社会的問題を抱えていると感じるため、有村架純が素晴らしい演技を見せてくれても、どこか他人事のような、気持ちが入り込めない感が否めませんでした。

映画の尺の短さもありますが、その中で観客を前のめりに引き込ませるような緊迫感のようなものが欲しかったというのが率直な意見です。

悲壮感も、一生懸命さもすごく出ていましたが、心の底にある葛藤や答えのない問いにたいしてどのように対処していくのか、すごみのようなものを来しました。

ストーリーとしてもとても良いお話でしたし、映画としても楽しめました。

40代女性

★★★★★星5

題名的に観る予定はありませんでしたが、主演の有村さんのイメージと合致して作品を観てみることにしました。

結論はとてもよかったです。

感想は良いというか、考えさせられる、深いことを考えさせられる映画だと感じました。

社会から切り離された前科者。

さまざまな葛藤をかかえながら社会復帰をするわけですが、そこに有村さんのお仕事はとても支えになる職業だと感じました。

正直このようなお仕事があることや理解することもありませんでしたが、改めて社会に役立つ仕事は何なのか考えさせられました

自分に置き換えて、収入なしのボランティアでここまでのことができるのか。

生半可な気持ちではできないと、ただただ感心してしまいます。

30代女性

★★★★☆星4

ドラマをまず観てとても感動し、考えさせられる事も多く、内容としてもとても良かったので映画も期待して観ました。

保護司という仕事がある事は何となく把握していましたが、あまり詳しく仕事内容は知らなかったので、今回の映画で、その仕事内容や大変さ、素晴らしさを感じました。

そして、実際犯罪を犯した人のそれぞれの理由や社会復帰後の生活など観ていてとても考えさせられる事が多く、今回の映画も観ている間、とても複雑に感情が入れ替わりました。

私達は日々ほぼ犯罪などに関わらない生活をしていますが、すぐ近くに犯罪や、犯罪者、犯罪被害者、そしてそれを裁く人や支える人、いろいろな人達が一生懸命毎日いろいろな感情を持ち生活しているのだと考えさせられる作品でした。

50代女性

★★★★☆星4

辛い、厳しい映画でした。

タイトル通り「前科者」がもがき、闘い、そして、それを人生を賭けて支える人の魂の物語です。

この映画を語る上で、主役の2人のことを置いては考えられません。

まずは、前科者を助ける保護司佳代を演じた有村架純。保護司は、無償のボランティア。

だから、アルバイトで生計を立てて、この難しい仕事をしているのです。有村架純さんのほんわかとした人柄がこの映画に光を当ててくれます。

もう1人は前科者を演じた森田剛。抑えた演技で、彼が生きていた苦しみの歴史を押し殺しているように感じます。

見ながら、彼を助けたいと心から応援したくなります。

一度失敗した人たちも社会にもう一度戻って、生きていってほしいと思える、素晴らしい映画でした。

40代男性

★★★★☆星4

正直、保護司という立場の方はお年を召した方がなされていると思っていた為有村架純さんが保護司という役柄は「若すぎるのでは?」と疑問に思いながら映画を観ていましたが実際、罪を償った若者の保護司には歳の近い方が寄り添っていくという状況に自分の考えを改めさせられました。

保護司になろうと決意した経緯についてや、磯村勇斗さんとのやり取りはとても共感が持てお二人の演技力に引き込まれました。

誠と実のやり取りが壮絶な幼少期であることが強く伝わり、2人の心を想像しただけで自然と涙が零れていました。

幼少期の事件後、せめて安心して、信頼が出来る大人のそばで過ごせていたら2人の人生は違ったものになったのではないか?と考えると胸が痛みます。

幼少期の辛い記憶は一生忘れられない傷となりその傷を背負いながら生きていくこがどれだけ苦しい事か考えさせられました。

是非に若い世代の方にも観て何かを感じてほしいと思った作品でした。

30代女性

★★★★★星5

保護司という仕事についてはあまり詳しく知ることはありませんでした。

ましてや、28歳の若い女性がなぜ?という疑問がありました。それより驚いたのは、無報酬ということ。

コンビニで働きながらのこの仕事は大変だろうと思いました。

映画を観ていくうち、自分にはほど遠いと思うそれぞれの環境。自分が平凡で、いかに幸せか、という感情が湧いてきました。

子供の頃から、辛い、悲しい経験をし、それが犯罪につながる。生活環境も粗雑で、こういう生活もあるんだと思いました。

阿川佳代という女性の過去も悲しいもので、本に書かれた「なぜ、お前は生きている」この言葉は、彼女への言葉であって欲しくなかったです。

犯罪を犯した人間の家族、殺された人の家族、それぞれの不幸を考えさせられました。

かわいそう、ではいけないんだろうけど、皆のことが気の毒で、涙が止まりませんでした

最後の彼女の行いで、ほっとしました。色々なことを考えさせられました。

50代女性

★★★★☆星4

自分にとって有村架純ちゃんは清純派のイメージがありましたがそのイメージが覆されるくらい今回の映画では泥臭く一生懸命もがく姿が素晴らしかったです。

森田剛さんも『ヒメアノ〜ル』とは真逆の普通の人で、前科者として保護司の監視下で生活していきます。

心に傷を負いながらひたむきに生活していく青年の姿を見事に演じていました

森田剛さん演じる誠の弟が既に死刑になるだけの罪を犯してしまい、警察に突き出すか否かの選択はとても難しいと思います。

誠や実が犯した事件の被害者は、過去に誠や実に対して加害者であったことがあり、2人の殺人には2人なりの理由がある。

殺人を犯した者の更生については、被害者に全く非がない事件の犯人とは、別で考えるべきだと思いました。

20代男性

*映画「前科者」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「前科者」を今すぐ観るならコチラ▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments