CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

キャラクターのラストを考察!原作小説や漫画とでは結末や展開も違う?あらすじ感想評価やネタバレ含む口コミ評判レビュー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年6月11日公開の映画「キャラクター」。

菅田将暉、高畑充希、小栗旬、中村獅童などの豪華キャストに加えて、俳優デビューとなった『SEKAI NO OWARI』でボーカルを務めるFukaseが殺人鬼の両角(タガー)役を演じています。

映画版、漫画版、小説版ではそれぞれ結末が違っているのも見所の1つで、主題歌は『ずっと真夜中でいいのに。』のACAねとラッパーのRin音がコラボしていると『Character』となっています。

映画『キャラクター』の口コミ評判レビューには、

  • 菅田将暉さんはもちろん、演技が初だというFukaseさんの演技力に驚かされた
  • 臨場感ある撮影も素晴らしい
  • 内容自体は面白かったが、全体に短くまとめられすぎてもったいない印象
  • 出演者のキャスティングも良く菅田将暉、小栗旬は言うまでもなく役にはまっていた
  • 見逃した伏線があるのではないかと消化不良ぎみで、もう1回見たいと思った
  • 最後まで緊迫感のある心理戦のようにして欲しかったのに残念
  • 深瀬さん目当てで見に行った作品だが、凄い良かった
  • グロいのが苦手な人は注意かなと思った

という声が多数集まっています。

映画「キャラクター」をこの順番で解説
  • 結末ラストを考察!辺見のその後や最後の言葉の意味について
  • 原作の漫画や小説では結末ラストが違う?違いを解説
  • 映画『キャラクター』の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)
  • 映画『キャラクター』あらすじ

 

もし、まだあなたが一度も「キャラクター」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

例えば、今ならU-NEXTだと「キャラクター」を実質無料で観ることができます!配信が始まったら即チェックです!

▼今なら無料!「キャラクター」の配信をチェック▼

映画『キャラクター』結末ラストを考察!辺見のその後や最後の言葉の意味について

ラストで夏美を見ていたのは辺見の可能性

映画『キャラクター』のラストで、夏美は誰かの視線を感じるラストシーンがあります。振り向いて辺りを探してみるも誰もいないというものでした。

これに関しては、夏美を見ていたのは辺見敦と考察されます。清田を刺してから逃亡していて、両角は逮捕されたのに対して、今だに辺見の逮捕には至っていない結末だったからです。

また、映画のその後を考察すると、辺見に山城や夏美が襲われるか、辺見が逮捕されるのかどちらかですが、恐らく逮捕されるものかと思います。

漫画版、小説版では辺見は逮捕されて終わるという結末ですし、両角ほど頭が良いような犯人でもありません。その後が気になるようなラストでしたが、辺見はすぐに逮捕で終わるでしょうし、映画『キャラクター』の続編は出ないものと思います。

逮捕された両角が僕はだれなんですか?の意味について

映画『キャラクター』のラストで両角が裁判所で言った「僕はだれなんですが?」の意味について考察します。

まず、両角が育った場所は4人家族を幸福の一単位と理想を掲げた宗教団体のところでした。そして、裁判で辺見との関係ついて問われると、「最初は僕がファンだったけれど、次第に彼が僕のファンになっていった」と語っています。

つまり、16歳の頃に辺見が4人家族を殺害するという殺人事件を起こしてから、両角は辺見のファンになったということです。しかし、4人家族を次々と命を奪っていく両角に辺見がファンになったということです。

しかし、最終的に捕まり、カリスマ殺人鬼としてのキャラクターを失ってしまいました。戸籍もない両角は、今まではタガーというカリスマ殺人鬼として自分のキャラクターがあったのに、今では何もない人となってしまったのです。

このことから、「僕は誰なんですか?」と言ったものと考察されます。

また、映画では語られいませんが、小説版の『キャラクター』では、殺人というのは伝染病のように人に移るという設定があります。小説版では山城にも移り、最終的には清田に殺人の伝染病が移り、清田が両角を撃ち殺すというラストです。

映画では、展開が違っていますが、この殺人の伝染病に関しては、映画内でも山城に移っているようなものが見受けられます。山城が両角に対して馬乗りになり、ナイフで刺す場面のシーンなどです。

これにより、殺人行為という伝染病が移り、両角から殺人鬼タガーの病気が消えたのではないでしょうか。この伝染病のことも含めると、より、両角が自分のキャラクーを失ったことにより、「僕は誰なんですか?」と言ったことが強まるものとなります。

映画『キャラクター』原作の漫画や小説では結末ラストが違うのか。違いを解説

映画『キャラクター』には、原作ではないのですが、原案・脚本を務めた長崎尚志による小説版と漫画版のキャラクターがあります。映画、小説、漫画と展開やラストもそれぞれ違うものとなっていて、映画の内容だったりを補完するものともなっています。

ここでは映画版しか鑑賞していない方向けに小説版や漫画版との違いについて解説していきます。

違い①清田が命を落とすのは映画版のみ

映画の中盤〜後半に差し掛かる辺りで、小栗旬演じる清田は辺見に刺されて命を落としています。ですが、清田が命を落とすのは映画版のみで、小説版、漫画版では最後まで生きていて、山城と共に事件を解決へと導きます。

この部分では、辺見が刺して命を奪う相手が、映画・小説・漫画とそれぞれ違うのです。辺見が刺して命を奪うのは映画版だと清田、小説版だと清田の上司である真壁、漫画版では両角を刺す展開となっているのです。

小説版だと、真壁が命を落とすので、当然事件を追うのは清田となりますし、漫画版では、後半部分に差し掛かるところで両角は退場となってしまうので、最後に山城を襲うのも辺見となっていきます。

違い②ラストシーンについて

映画のラストでは、両角は逮捕され、辺見は逮捕には至らずという終わり方となりました。

しかし、小説版では、山城と両角が揉み合いになっているところで清田が登場して、両角を撃ち殺すというラストになっています。また、辺見についても、小説版では逮捕されるかたちで終わっています。

漫画版では、両角は辺見に命を奪われてしまっているので、ラストで山城を襲うのは辺見です。小説版同様に清田が助けに来ますが、辺見は生きていて法廷で裁かれているシーンが漫画版にはあります。

また、他にも小説版では、両角に襲われる4人家族に生存者がいる話なんかもあります。これは、山城の描く漫画通りに行動する、両角を止める為に、山城が独自で1人だけ生き残る話を描いたからでした。

この様に、細かな話も含めて、映画版・小説版・漫画版では物語の中盤以降にかけて、それぞれ展開が違っていきます。これも『キャラクター』の面白いところでもあるので、映画を鑑賞された後は、ぜひ小説版や漫画版などをオススメします。

映画『キャラクター』の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)


以下、映画「キャラクター」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレあり)|今までにないサイコスリラー作品

小説版を読んでから映画版を鑑賞したので、途中からの展開の違いに驚かされました。清田はメインキャラクターでもあり、清田を演じていたのは小栗旬だったので、まさか辺見に刺されて命を落とすとは思いませんでした。

映画のラストでは真壁が助けに来て、山城と夏美は助かるのですが、辺見は捕まっていない終わり方も面白かったです。エンドロール辺りで、夏美を見ていたのは辺見だとは思いますが、続きがある感じのラストもミステリー要素があり良かったです。

ありがちなサイコパス、ストーカーで何度も作られてきたような作品かと思ってしまいますが、今までにはないサイコスリラー作品です。

殺人鬼である両角を演じたのは『SEKAI NO OWARI』のボーカルであるFukaseでしたが、今作が初めての俳優作品とは思えないほどでした。淡々とした演技や少し高めの子供じみた声が気味悪さを醸し出していて作品の不気味さ、薄暗さが出ていて今作にはマッチしていました。

また、共感できそうなのに出来ない一線を超える狂気な感じが垣間見えると自分の日常でも思いがけないことが他人に影響を及ぼし、取り返しがつかない事があるのかもしれないというなんとも言えない恐怖感を感じます。

自分の日常に潜む悪意もしくは本人は悪意と思わない悪影響はどうにもできない虚しさも感じましたが、成功のために藁を掴むしか無かい状況で自分ならどうするのかという問いかけも生まれました。

多少グロいシーンもあるので、好き嫌いが別れるかもしれませんが、中盤以降の予想外の展開にのめり込んでいくこと間違いなしの作品です。続編などは製作されないと予想されますが、ドラマ版など製作しても面白いのではないかと思います。

口コミ評判レビュー「サイコパス感自体は良かった」「思っていたよりずっと面白かった」

映画『キャラクター』の口コミ評判レビューには、「Fukase(SEKAI NO OWARI)氏のサイコパスな犯罪者ぶりは初演技とは思えないほどの完成度」「最初から最後までずっとドキドキして飽きさせる時間がない作品だった」「終わった後も、考察するのが楽しい映画」「PG12なので、グロいところもあり、若干目を覆いたくなる描写もあった」という評判が多い印象です。

★★★★☆星4

映画『キャラクター』は、菅田将暉主演、そしてSEKAI NO OWARIのFukaseの俳優デビュー作ともなる作品です。

映画を見る前、予告を見ただけの状態では主人公と犯人が協力しながら殺人事件を起こしていく物語だと勝手に想像していましたが、実際見てみるとそうではなく、主人公も犯人に戦いていたので「そっちのパターンか、、」と思いました。

あの予告に、”主人公と犯人が次々と起こる殺人事件を共作していく”と思わせる狙いがあったのかはわかりませんが…。

殺人シーンはとてもリアルで、そこまで怖くないだろうとあまり心構えをしていなかったのもありすごく驚きました。最後、山城が両角に刺されそうになるシーンは特に。

山城が描く漫画の通りに殺人を犯していく両角について、狂気に満ちているサイコパス感自体は良かったですが、途中出てくる両角の部屋は、サイコパス感をもろに出しすぎていてむしろ作られた感を感じてしまった部分はありました。

菅田将暉さんはもちろん、演技が初だというFukaseさんの演技力に驚かされました。あの両角という役がとても合っていて現実味があり、本当に役なのか?と疑ってしまうほど圧倒されました。

10代女性

★★★★☆星4

原案・脚本の長崎尚志(浦沢直樹の漫画の共同原作者として有名)の世界観を実写映画に展開させた娯楽サスペンス。

漫画では不可能だったキャラクターの豊かさ(同一の作者から生み出されるキャラクターは見た目や性格がどうしても偏る)がベテラン勢から初演技者までの、幅広い面々によって大幅に補強され、よりリアル感をもって観客をあっという間に作品世界のとりこにしてしまう。

中でも小栗旬演じる「訳あり」刑事のキャラクターの奥行の深さは素晴らしく、脂の乗った彼の魅力が大爆発している。脇を支える先輩刑事役の中村獅童の存在感もさすがの貫禄。Fukase(SEKAI NO OWARI)氏のサイコパスな犯罪者ぶりは初演技とは思えないほどの完成度でした。臨場感ある撮影も素晴らしい。

40代男性

★★★★☆星4

「キャラクター」を人に誘われ見に行きました。フジテレビが作った娯楽映画でしょと期待せずに見に行きましたが、思っていたよりずっと面白かったです。

現実の犯罪から始まった漫画、漫画から始まる犯罪と物語は展開していくのですが、今のテレビでは決して放送できないような残忍でリアルな犯罪現場の描写に映画ならここまでの表現が許されるんだと驚きました。あまりにリアルなので残酷な場面が苦手な人は要注意です。

内容自体は面白かったのですが、全体に短くまとめられすぎてもったいない印象でした。登場人物一人一人に重そうな背景が見え隠れし、それが明らかにならないまま終わってしまったのは非常に残念です。ドラマなどで細かく描かれるともっと面白いのに、と思いました。犯罪描写がリアルなだけにテレビは難しいですね。

特に両角と辺見の過去の関係や出会い、お互いへの思いがぼんやりとしたままで考察が無限に広がります。4人家族の村からの知り合いなのか?16歳の時に犯した犯罪はなぜ起こったのか?両角はなぜそれを知ることとなったのか?伏線がありすぎてモヤモヤが止まりません。

出演者のキャスティングも良く菅田将暉、小栗旬は言うまでもなく役にはまっていました。見に行く前は大事な役にFukaseってどうなの、と思っていましたが引き込まれました。あの色の無いような眼、私達とは違うものを見ているような表情はゾクッとするものがありました。

見逃した伏線があるのではないかと消化不良ぎみで、注意深くもう1回見たいと思わせる映画でした。

40代女性

★★★☆☆星3

サスペンス、ホラーが好きなので予告を見て気になっていた。冒頭からの犯人と接触してしまうまでの展開がよく出来ているなと感心した。漫画の下書き(風景)をきっかけにというのが不自然な感じがしない。最初が無理のある設定だと嘘っぽく感じてしまう。

SEKAI NO OWARIのFukaseが残虐な犯人を演じることが話題になっていましたが、いかにもという感じでそれほど印象に残らなかった。おそらく外見容姿が普段とそんなに変わらなかったこともあるのではないか。

キャストでいえば、小栗旬がやはり素晴らしい。刑事役として他の若いキャストを引っ張ていく感じで安定感があった。

後半はバタバタしてしまった感がある。アクションとまではいわないが対決シーンのようなことになってしまうと途端に子供向け的な印象になってしまう。最後まで緊迫感のある心理戦のようにして欲しかった。

50代女性

★★★★☆星4

深瀬さん目当てで見に行った作品でした。結論から言うと最高でした。

ファンの方ならお分かりかと思いますが、ダークな歌を歌っている時のあの虚ろで狂気じみている目に、子供のようなあどけなさを加えたような絶妙な雰囲気で、ハマり役としか言いようがありませんでした。

普段の深瀬さんの柔らかさはないためファン以外が観ると深瀬さん自体の印象が変わるんじゃないかと思うほどのインパクトでした。笑

作品としてはものすごく良かった!!というよりは普通に面白かった、といった感想です。ストーリーの大筋に意外性はありませんでしたがオチが分かりそうでかなり後半まで分からなくて飽きることなく楽しめました。

タガーについてもっと掘り下げてくれればもっと面白かったのに!と思いましたが、時間的には仕方ないですね。

菅田将暉さん目当てで行くとちょっと物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。そういう役なのですが、普通の人なので、菅田将暉さんの演技力を見せつけられた!という感覚はありませんでした。

総合的には映画としては普通面白かったぐらいでしたが、あの深瀬さんはファンでもそうでなくても一見の価値ありだと思いました。でもグロ苦手な方は要注意です!

20代女性

★★★★☆星4

キャラクターは、最初から最後までずっとドキドキして飽きさせる時間がない作品。深瀬さんの演技が初出演とは思えなくらいハイレベルでぴったりな役だと感じました。

普段の生活の中で通り過ぎて行く人、電車で隣に座った人等全ての人に様々な考えがあり、その中の悪と触れてしまった、混じり合ってしまった時の一部が切り取られた、そんな映画だと感じました。

漫画とリンクして起こる殺人と人間の狂気がうまく噛み合っておりストーリー性もとても良いです。終わった後も、考察するのが楽しい映画だと思うので見た方は是非、考察してみるのも良いと思います。

PG12なので若干目を覆いたくなる描写もありましたが、大丈夫な方は是非観てほしい作品です。

20代女性

★★★☆☆星3

まず予告やSNSを見て、Fukase・菅田将暉という珍しい組み合わせが気になって映画を観に行きました。Fukaseは本業はバンドマンなので、役者業ではどうなんだろうと思っていたのですが想像以上のハマり役でびっくりしました。危ない人の役が非常に似合っていると感じました。

ストーリーの方はというと全体的にまとまっていたし、個人的に残虐なストーリーは好きなので面白かったです。しかし、最終局面になってくるといまいち盛り上がりに欠ける、尻すぼみになっているといった点が少し目立っていたような気がします。

また、このようなストーリーには付き物であるミステリー要素が、犯人がすぐに分かってしまうことから、皆無であるという点も残念だったと感じました。

20代男性

★★★☆☆星3

SEKAI NO OWARIのボーカル深瀬の初めて出演する映画ということで、どんな演技だろう?から観に行ったが、想像していたよりも、不気味なキャラクターを演じられていて良かった。

深瀬演じる殺人鬼、深瀬をモデルにした漫画を描いた菅田将暉、殺人鬼を追う小栗旬とそれぞれがどうなるかなと思いながら、観ていたが、小栗旬がわりと早めに命を落としてしまったところには驚いたが、正直おっと思うような展開のない話だった。

個人的に、小栗旬演じる刑事が主人公っぽさのあるキャラクターで魅力的だったため、早めの退場は残念だった。最後に、高畑充希演じる主人公の妻が外出先で狙われていて、おそらく映画後に刺されたのだろうなと感じさせるシーンがあり、怖いけど、正直王道なありきたりな終わり方でもあった。

全体的に大雑把な話ではあるが面白かった。しかし、気持ちのいい物語ではなかった。

30代女性

*映画「キャラクター」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!「キャラクター」配信が始まったら即チェック!▼

映画『キャラクター』あらすじ


以下、映画「キャラクター」のあらすじです。

映画『キャラクター』のあらすじ|殺人事件現場を目撃

漫画家のアシスタントをしている山城は、リアルなものを求める為に、偶然見つけた家のスケッチをしていました。

そんな中、突然スケッチしていた家の扉が開きます。山城は許可をもらおうと家の中に入ると、そこには家族4人が殺されている光景がありました。

山城は現場で犯人を目撃したものの、気が動転して警察に犯人のことを話せませんでした。そして、事件は辺見という人物が自供したことにより、山城が目撃した犯人ではない人物が逮捕されるのでした。

映画『キャラクター』のあらすじ|目撃した犯人をモデルに書いた漫画が大ヒット

事件から1年ほど経ち、山城は34という人気漫画の連載していました。

しかし、34は山城が一家を皆殺しにした犯人を悪役のモデルとして描いた物語でもありました。

映画『キャラクター』のあらすじ|山城に接近する殺人鬼

警察官の清田は、連続して4人家族が殺される事件が山城の書く34の内容と一緒だと気付きます。

一方で、山城が描く漫画の通りに次々と4家族を殺していく両角は、山城に接近していきます。山城の書く漫画通りに4人家族の命を奪っていく殺人鬼・タガーだが、その目的とは?

気になる方は実際に映画を見てみることをオススメします。

以上、「」のあらすじでした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「キャラクター」が配信されたら即チェック▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA