CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

(映画)朝が来るのあらすじネタバレ感想評価!原作小説との違いや主題歌後のエンドロールの言葉とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年10月23日公開の映画「朝が来る」。

2016年にテレビドラマ化もされた、今作は子供ができない夫婦と子供が育てられない女性の悩みをリアルに描いた作品となっています。

第73回カンヌ国際映画祭にも選出され、更に米アカデミー賞の日本代表作品にも選出されました。他にもトロント国際映画祭など複数の国際映画祭でも上映され、今後26カ国以上での国で上映が予定されている作品となっています。

また、映画『朝が来る』の口コミ評判レビューには、

  • 涙が自然と出てきた
  • どの視点から見ても感動する作品
  • 光が刺す映像が素晴らしかった
  • もう少しひねりが欲しかった
  • 役者陣の演技が良かった
  • 勇気づけられた
  • 今の時代にマッチしている作品
  • 励まされた

という声が多数集まっています。

映画「朝が来る」のまとめ
  • 朝が来るのあらすじネタバレ
  • 朝が来るの感想評価と口コミ評判レビュー
  • 原作小説、結末の違いはある?
  • 主題歌、エンドロール後にも注目!

もし、まだあなたが一度も「朝が来る」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に原作を読んでおくことをおすすめします。例えば、今ならU-NEXTだと「朝が来る」を実質164円で読むことができますよ!

▼「朝が来る」を読むならコチラ▼

朝が来るのあらすじネタバレ|一本の電話から始まる物語

以下、映画「朝が来る」のあらすじネタバレとラスト結末です。

朝が来るのあらすじ|一本の電話

専業主婦の佐都子は建設会社で働く夫の清和、そして息子の朝斗と3人で暮らしていました。

ある日、家に電話が掛かってきます。佐都子は電話に出るも、返事がなくそのまま電話は切れてしまいます。再び電話が掛かってくると、今度は朝斗が通う幼稚園からの電話でした。

幼稚園から呼び出された佐都子が向かうと、先生から朝斗が友達である大空くんをジャングルジムから落として怪我をさせてしまった言われます。

しかし、朝斗は大空くんをジャングルジムから落としてはないと言い、先生たちも実際の現場を目撃したわけではありませんでした。

朝が来るのネタバレ|子供ができない夫婦

佐都子と夫の清和との出会いは同じ職場でのことでした。2人は結婚し、夫の稼ぎもありタワーマンションに暮らして不自由なく生活を送っていました。そんな中、2人は子供も居たら良いなと思うようになります。

しかし、2人の間に中々子供ができないことから病院を訪れて検査してみると、清和が無精子症との診断結果を受けます。その為、残れされた不妊治療は顕微授精という方法しかありませんでした。

ですが、これを行うには睾丸を切って取り出す必要がありました。険しい表情になった清和は、その場では考えさせてくださいと答えたものの、後日、妻の佐都子の為にも決心をします。

それから月に1回、顕微授精の為に東京から北海道に行くことになりました。そんな中、大雪で北海道行きの便が欠航となってしまいます。不妊治療費など多くのお金も掛かっている為、何とかして北海道に行こうとする清和ですが、佐都子はもう止めようと言います。

清和の苦しむ姿をこれ以上は見たくなく、佐都子と清和は2人で生きていくことを決めるのでした。

朝が来るのネタバレ|養子縁組制度を知る

佐都子と清和は旅行で訪れた旅館で、「ベビーバトン」というNPO法人団体のドキュメンタリー番組を目にします。ベビーバトンでは親が育てられない赤ちゃんを、子供を望む家庭に養子として繋げる活動を行なっていました。

養子に対して興味を持った2人は、後日ベビーバトンの説明会を聞きに行きます。ベビーバトンの代表である浅見からの話や、実際に養子を授かった家族の話を聞いた佐都子と清和は養子を迎え入れることを決めます。そうして、養子として迎え入れたのが朝斗でした。

産まれたばかりの朝斗を迎えに行った際、ベビーバトンの代表である浅見から朝斗を産んだ母親に会っていかないと聞かれます。浅見の紹介で向かった先には4人の家族がいました。

そこで、まだ中学生くらいの少女から手紙を渡され、「ごめんなさい、お願いします」と言われるのでした。

朝が来るのネタバレ|朝斗の母親からの脅迫電話

朝斗が大空くんをジャングルジムから落としたのではないかと言われた日から、しばらく経った頃、大空くんが嘘をついていたことがわかりました。仲直りとして動物園に行こうとなっていた日に、電話が掛かってきます。

佐都子が電話に出ると、電話相手は片倉ひかりだと名乗ります。そして、片倉ひかりは子供である朝斗を返して欲しいと、それがダメならお金をくださいと強気に言ってきます。

更に朝斗が養子であることを周りに言いふらすと脅してきます。佐都子は片倉ひかりだと名乗る女性に会って話すことを提案するのでした。

朝が来るのネタバレ|ひかりの妊娠

片倉ひかりは14歳の中学生でした。ある日、体育館裏に呼び出された巧に告白されてひかりは付き合うことになります。2人はデートし、巧の家にも遊びに行くようになり、ひかりは巧と体の関係を持つようになります。

そんな中、ひかりの体調が優れなくなり病院に行って検査をしていくと、ひかりが妊娠していることが分かります。ひかりには、まだ生理が来てなく発見も遅れ、すでに中絶できる期間が過ぎてしまっていました。

子供が出来たことが分かると巧にはゴメンと突き放されます。それでも、ひかりは子供を育てる気でいました。しかし、両親には猛反対され、今ならまだ人生をやり直せると、子供を養子に出すようにと言います。

そして、学校の友達にはバレないよう、まだお腹が大きくなり始める前に広島にあるベビーバトンの寮に入り出産準備をすることになります。

朝が来るのネタバレ|産まれる最後まで子供を可愛がる、ひかり

浅見の案内で来たベビーバトンの寮は広島にある島でした。

寮には、ひかりと同じように産まれたら子供を養子に出す女性たちがいました。風俗業をしていて、誰が父親か分からない子などもいて、慣れないひかりでしたが徐々に打ち解けて寮の子達とも仲良くなっていきます。

ひかりは産まれる直前までお腹にいる子を可愛がり、出産したあと浅見にお願いして佐都子と清和との面会をお願いしたのでした。

朝が来るのネタバレ|自分の子供の行き先

ひかりが再び広島に訪れたのは17歳になった頃でした。両親に嫌気がさして限界にきたひかりは家出をします。

そしてベビーバトンの寮に訪れ、浅見にここで働かせてくださいとお願いをします。話を聞いてくれた浅見でしたが、ベビーバトンは今年で終わりとなってしまう為、ずっとは置いてられないことを言われます。

ベビーバトンが終わるまで住むことになったひかりは、ある日浅見の部屋に入り、自分の資料を見つけます。そこで朝斗が住んでいる居場所を知るのでした。

朝が来るのネタバレ|身に覚えのない契約

ベビーバトンが終わり、ひかりは浅見の紹介により新聞配達の住み込みの仕事を始めます。

新聞配達での仕事が慣れてきた頃、新人のトモカが入ってきます。ひかりはトモカに仕事を教えたり、遊びに行ったりと仲を深めていきます。ひかりは今まで誰にも話してこなかった、子供を産んだ経験があることも話すほど打ち解けていました。

しかし、ある日トモカは職場から姿を消します。そして、ひかりの前に二人組の強面の男が現れます。ひかりはトモカによって勝手に借金の連帯保証人にされていたのでした。

借金取りは何度もひかりの前へと現れ、ひかりは誰にも相談できずにいました。1人で悩んだすえ、ひかりは職場からお金を盗み、借金取りにお金を渡します。その後、連絡したのが朝斗のいる栗原家だったのでした。

朝が来るのネタバレ|謝罪

佐都子と清和は朝斗が保育園に行っている間に、ひかりと話し合いの場を設けました。脅してきたひかりに対して、佐都子と清和はその脅しは意味がないと言います。

浅見の考えとして、子供にも真実を知る権利があるとして、ベビーバトンでは子供にも養子であることを伝えるのが条件でもありました。朝斗には、朝斗を産んだ別の広島のお母さんがいると、まだ分からないながらも教えていたのでした。

更にひかりは朝斗がもう小学生であると勘違いしてしまいました。子供である朝斗の年齢を間違えるような人は片倉ひかりではないと佐都子と清和に言われます。

話している内に、家のインターホンが鳴り、朝斗が帰ってきます。清和から会うかと問われるも、自分は片倉ひかりではないと謝罪し、朝斗とは会わずに家を出るのでした。

朝が来るの結末ラスト|朝斗との再会

後日、佐都子の元に警察が訪れます。警察からこの人物を探していると見せられた写真は、先日訪れた片倉ひかりと名乗る女性でした。そして、先日訪れたのは本当に片倉ひかりであったことを佐都子は知ります。

朝斗を引き取った際の、ひかりからの手紙を読み返した佐都子は、「なかったことにしないで」と隠れたメッセージを見つけます。その頃、ひかりは橋の上へといました。脅迫も失敗し、帰るところもないひかりを自ら命を落とそうとしていました。

そこに、佐都子が現れます。佐都子はひかりに分かってあげられなかったことを謝ります。そこには朝斗もいて、佐都子は、朝斗に広島のお母ちゃんだよと紹介するのでした。

以上、「朝が来る」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!一緒に映画「朝が来る」の原作も読めるU-NEXTはコチラ▼

朝が来るの感想評価と口コミ評判レビュー|日本の問題を考えさせられる

以下、映画「朝が来る」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|養子縁組制度、学生の妊娠など考えさせられる作品

最近のフィクション作品は、主人公と同時にそれ以外の登場人物の視点でも語っていくという傾向があります。悪役といわれる存在でも生い立ちや思考を辿っていくことで、そこにも正義があることを観客に知らせてくれます。

本作でいえば、里親の元へ自分の子供を返してくれと一方的に主張してくる女性が、主人公の夫婦から見れば敵役になります。しかしその敵役の女性の視点から物語が進んでいく場面が組み込まれていることで、私達観客はその敵役を憎めなくなってくるのです。

このような手法は、一歩間違えば物語を複雑にしテーマを曖昧にしてしまうのですが、この世は曖昧なものだという意味ではリアルではあります。一方的な正義はないし、一方的な悪もないのです。

里親夫婦の心情も分かるし、子供を取り返しに来た女性の気持ちも理解できます。観客は双方の気持ちの間を行ったり来たりで揺れ動くのですが、実はそれがこの映画の目的なのかもしれないと思いました。

そうやって色々と養子縁組について考えを巡らせて欲しいというのが作り手の意図なのかな、と。もしそうなら、この映画は成功していると思います。実際、この作品を見てから養子制度に関する書籍やドキュメンタリーを見て関心を持ちました。

養子縁組を斡旋する団体にも興味が湧き、色々な立場から養子の問題を考えるキッカケをこの映画は与えてくれました。

朝が来るの口コミ評判レビュー

映画『朝が来る』の口コミ評判レビューには、「エンドロールの曲で心が洗われるような気持ちになれた」「自身と重なる部分がありすごく共感ができた」「主人公のように前向きに生きてみたいと思えるようになった」「最初から最後まで目が離せなかった」という評判が多い印象です。

★★★★☆星4

私は原作を読んでから映画を見たのですが、映像化良かったです。光が刺す映像がとても素晴らしかったです。

それに相反して、残酷な現実がせつない内容となっていました。夫婦役の井浦新さん、永作ひろみさん違和感なく演じておられました。感動する場面がいくつかあり、涙が自然と出てきました。

後半は14歳の役を演じたときたさんも素晴らしい自然な演技をされており、立派な女優さんになってきていると思いました。この少女の物語もまたしょうがないよね、という思いで観ていました。2人の母は育ての親と産みの母という立場で全然違いながらも、どちらも共感できました。

エンドロールの曲で心が洗われるようなそんな優しい気持ちになれました。

40代女性

★★★★☆星4

特別養子縁組がテーマのこの作品は、今の時代にマッチしていると思います。

戸籍上も実子として記載され、子供が欲しいけど授からない夫婦には最良の制度だと思います。子供もまともに養育できない家庭より、子供の欲しい家庭で愛情を受けて育つほうが良い。

この映画では、井浦さんと永作さんが本当に愛情持って子供を育てている姿を見せてくれています。子供の表情からも幸せであることが伝わってくる。そこに生みの親が6年も経ってから子供を返してほしいと連絡をしてくるが、この部分に納得がいかない。

この描写がなければこの映画は成立しないのですが。そもそも同意したうえで子供を手放しているのに今更返せは間違っている。子供の幸せを考えればこんな親の元でまともな教育が受けられるとは思えない。

生みの親にも返してほしいという理由は描かれている。それに共感される方もいるでしょうが、私にはただの身勝手としか思えない。こんなことが通用してしまうと、この制度の在り方が問われると思います。

この映画の構成は、色々な立場から見ることができる構成になっている。母親が主体となっているが、父親目線で見た場合、また違った感情が芽生えるのだろうと思う。

どの視点から見ても感動する作品だと思います。

40代女性

★★★☆☆星3

永作さんと井浦さんの演技がとてもよかった。個人的に好きということもありますが、今回も見入ってしまいました。

夫婦が不妊治療を止める決断をするところは、自身と重なる部分がありすごく共感ができました。不妊治療を止めること、相当な決断力がいるのではと感じました。

望まない妊娠をしてしまった二人の、シーンでは淡々と進んでいき長いように感じた。母になるということを理解せず、無知な男性には全く共感することができませんでした。

不妊治療を続けてきた夫婦が養子を迎え、そこから育てていくというストーリーは、なんかつまらないと感じてしまった。全体的にはストーリー性があり、キャストや音楽なども好きなのですが、もうちょっとひねりをつけ人間味をだした方がいいのではと感じました。

20代男性

★★★★☆星4

私は映画鑑賞が趣味なので、気になった作品は必ずと言っていいほど映画を見に行きます。この作品もタイトルと内容、キャストに興味があったので視聴しました。

今までの作品と違った世界観と展開の速さには驚愕でしたし、何より苦しい時代をはねのけるような持ち前の明るさと共に直向きに生きる姿勢には感動しました。

時々感情移入をしてしまう場面もありましたが、それでも最初から最後まで目が離せませんでした。主人公が立ち向かう屈強の精神力の演技には大変興味深く、何度も見ても勇気づけられたり、励まされたり、自分の性格までを見つめ直す切っ掛けを教わりました。

作品が終わってしまっても主人公のように私も前向きに生きてみたい、と思えるようになりました。

30代女性

*映画「朝が来る」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

原作小説、結末の違いはある?

まず、原作小説と映画の結末はほとんど同じです。朝斗を連れた佐都子がひかりを探し出して歩き出すところで終わっています。ただ、原作小説と映画では多少の違いがあります。

映画では、ひかりが妊娠したことが分かると離れていく匠ですが、原作小説では中絶したと匠には知らされています。学校裏で2人で話す場面も、お互いに好きだったりという内容で描かれています。

また、映画では借金取りに追われて、新聞配達の金庫からお金を盗み出すように描かれていますが、原作小説では少し違っています。借金取りから逃げるように、ひかりは広島の新聞配達から逃げ出します。

そして、向かったのが朝斗住んでいる武蔵小杉の近くである横浜です。横浜ではホテルの清掃員として働きますが、横浜まで借金取りが追いかけてきて、ひかりはホテルの金庫からお金を盗み出す内容となっています。

その後に関しては映画と同じように描かれています。

多少の違いがある映画版と原作小説ですが、個人的に原作小説の方がかなりオススメです。原作小説では、映画では描かれなかった、それぞれの個人の苦悩がより伝わってくるものになっています。

佐都子と清和の不妊治療での苦悩や、ひかりの子育ての思いや孤独さがより濃く原作小説では描かれています。映画の批評というわけではないですが、原作小説を読むと、映画でのそれぞれの苦悩のエピソードが淡々に語られすぎていると思えるくらいです。

映画で感情移入できた人は、より感動できるものとなっています。

▼連休に最適!「朝が来る」の原作を試し読みするならコチラ▼

主題歌、エンドロール後にも注目!

今回、主題歌となったのC &Kの「アサトヒカリ」です。映画内では登場人物として、朝斗とひかりが出てきますが、タイトルもこれに沿ったものとなっています。

映画内では、度々この主題歌である「アサトヒカリ」が歌われるシーンがありますが、これは映画オリジナルのものとなっています。

また、注目してほしいのがエンドロール中で「アサトヒカリ」が流れるのですが、最後に朝斗役を演じた佐藤令旺が歌う場面が流れます。これも映画ならではのオリジナル演出で、エンドロール終わるまで最後まで見逃せないとの声も上がりました。

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA