CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

孤狼の血は実話映画なのか解説!大上はなぜ殺されたのかについてや読み方について徹底考察【あらすじネタバレ感想評価】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年5月12日公開の『孤狼の血』。

タイトルの読み方は『狐狼の血』(ころうのち)と読みます。

原作は、柚月裕子の長年警察小説シリーズで「狐狼の血」「凶犬の眼」「暴虎の牙」の全3作となっています。

今作は1作目を映画化にしたもので、主演に役所広司、助演に松坂桃李ですよ。続編である『狐狼の血 LEVEL2』も公開されています。

映画『孤狼の血』の口コミ評判レビューには、

  • 見ごたえ抜群で面白い
  • ヤクザ同士や警察とのぶつかり合いがあまりにも強烈な作品
  • ただのバイオレンスヤクザ映画ではない
  • 松坂桃李の今まで見たことない狂気を垣間見れる
  • 出ている役者さんがとにかく豪華
  • 相棒系映画が好きならオススメ
  • グロいシーンは苦手だけど、続編も観たいと思った
  • グロいシーンとエロいシーンがあるのでお子様や初デートにはなんとも不向き

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 実話映画なのか。
  • 大上がなぜ殺されたのか。
  • 映画『狐狼の血』のあらすじ
  • 映画『狐狼の血』の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

 

もし、まだあなたが一度も「狐狼の血」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「狐狼の血」を観るならコチラ▼

映画『狐狼の血』は実話映画なのか解説!大上がなぜ殺されたのかについても徹底考察

実話映画なのか、舞台となった場所も解説

映画『狐狼の血』は、柚月裕子による長編警察小説シリーズ全3作の第1作「孤狼の血」が原作です。

実話かどうかということですが、これは実話ではありません。広島を舞台としていますが、「呉原」という架空の都市を舞台としています。

監督を務めた白石和彌の作品には『凶悪』『サニー/32』『日本で一番悪い奴ら』など実話ベースを映画化したものが数多くあります。

この事から『狐狼の血』も実話映画なのではないかと憶測が立てられたものと思います。

3管理人

大上はなぜ殺されたのかについて考察解説

大上を殺害したのは五十子会です。

大上と日岡が追っていた事件の被害者である、呉原金融の経理・上早稲と同じように、養豚場で虐待された痕跡があったことから、それは明らかです。

そして、その背後にいたのが広島県警上層部です。元々、五十子会と県警の間には癒着関係がありました。

その秘密を握っていたのが大上です。

管理人

尾谷組との抗争に勝利する為には、上早稲殺害の真相を知っており、抗争を止めようとする大上が邪魔な五十子会と、警察内部の不正や不祥事を大上に網羅されており、暴露されることを恐れていた広島県警上層部の利害関係が一致し、大上殺害に至ったのです。

そして、大上の死後、遺体には10か所以上の刺し傷がありました。

また、胃の中に豚の糞があったことが判明したにも関わらず、警察は血液成分からアルコールと睡眠薬の成分があったことで「事故か自殺」とマスコミへ発表し、五十子会による拉致・殺害を隠蔽しようとしたのでした。

市民の平和を守るために、ヤクザに近付き、利用していた大上。

しかし、その内に警察組織の中で孤立を深めていき、彼を疎ましく思う人間が増えてしまったことが、命を落とす要因になってしまいました。

単にヤクザに命を奪われたのではなく、腐敗した警察上層部の闇を握っていたので、消されたというのが真相でしょう。

管理人

映画『狐狼の血』のあらすじ

以下、映画「狐狼の血」のあらすじです。

狐狼の血のあらすじ|波乱の予感

広島・呉原市の尾谷組と広島市を地盤にする五十子会・加古村組の間にいつ抗争が起きるか分からない緊張感が漂っていました。

そんな中、加古村組のフロント組織である、呉原金融の経理士が行方不明になる事件が起きます。

呉原東署のマル暴の刑事である大上は、県警本部から異動してきた若手刑事の日岡とコンビを組み、この経理士行方不明事件から抗争つぶしを狙います。

ヤクザとも癒着し、手段を選ばない大上の捜査に日岡は反発しますが、尾谷組の若手構成員が加古村組の手によって命を落とし、抗争は本格化していくのでした。

狐狼の血のあらすじ|ぶつかる正義

大上は加古村襲撃を思いとどまるように尾谷組を説得しますが、逆に三日の猶予を突き付けられてしまいます。

そこで、大上は加古村組から拷問に近い方法で情報を聞き出し、呉原金融の遺体を発見します。

一方、日岡は実は大上の内偵を本部の監察官から言い渡されており、大上の持つ手帳を探すように命じられていたのでした。

狐狼の血のあらすじ|大上の過去

呉原金融の経理士の遺体発見により、加古村組に捜査の手が本格的に入ります。

その矢先、マスコミから栗原東署に大上の過去の疑惑についてのタレコミが入り、大上は自宅待機処分を言い渡されます。

大上は自宅待機の命令を破って単独行動をし、加古村組と尾谷組の手打ちを画策しますが、直後に姿を消すのでした。

以上、「狐狼の血」のあらすじでした。

大上の行方は?そして、五十子会・加古村組の抗争を止めることができるのか?

続きが気になる方は、実際に見てみることをオススメします

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「狐狼の血」を今すぐ観たいあなたはコチラ▼

 

映画『狐狼の血』の感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ含む)

以下、映画「狐狼の血」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレ含む)|濃厚なヤクザエンターテイメント

行方不明になってから、大上が遺体で発見されるシーンは衝撃でした。

そしてクラブ梨子のママから、大上の過去の真相や、なぜヤクザに近づいていたかの理由を日岡が聞き、大上の死の真相を調べ始める場面がグッときました

今までの日岡とは違う、荒っぽく、泥臭い捜査で、大上の死の真相にたどり着く姿から、日岡の考え方が変わったことが伝わってきました。

そして、大上が加古村組によって殺されたことを確信した日岡は、尾谷組と組んで五十子会・会長の五十子正平を襲撃します。

五十子の命を奪った後は、尾谷組の若手を身代わり逮捕させるという約束をしていた日岡。

しかし、これを裏切り、若頭の一ノ瀬ごと逮捕し、加古村組だけでなく尾谷組も一気に潰すという荒業を成功させます

これには痺れました

30代男性

そして大上の手帳の真相を知る日岡。

中には警察内部の不正や不祥事の証拠が記されおり、愕然とした日岡は大上の意思を引き継ぎ、ヤクザと警察両方に目を光らせていくことを決意するのでした。

ラストシーンで大上の形見であるジッポで煙草に火を付ける日岡を演じる松坂桃李が、ワイルドかつ爽やかで、とてもカッコよかったです。

物語の全体を通して、古き良きヤクザ映画のエッセンスが色濃く反映されているなという印象です。

豚の糞に代表されるエグいシーンやこってこての広島弁等、時代設定もあるのでしょうが、同じヤクザものである「アウトレイジ」シリーズがエグいシーンは沢山あるものの、どこかオシャレで、ソリッドな雰囲気が漂っているのと比べると、良くも悪くも対照的だなと感じました。

『仁義なき戦い』などの昔ながらの任侠映画ファンの方には、バッチリとハマる作品だと思うのでオススメですね。

管理人

良かった点として、大上と日岡のバディ感は素晴らしいなと思いました。

手段を選ばないダーティーなベテラン刑事と、エリートで真面目な新人刑事。

対照的な組み合わせはベタながらも、お互いの正義をぶつけ合い、反発し合いながらも、徐々に分かり合っていく展開には胸を熱くさせられました。

残念だった点を挙げるとすれば、やや広島弁がくどくて、観ている途中で、少し疲れてしまうかなというところですね。

前述の「アウトレイジ」シリーズが、同じように罵詈雑言が飛び交う中でも、テンポ良く話が進みます。

しかし、それに比べると、この作品は人物相関図が複雑なこともあり、観るのに結構疲れてしまうのは否めないかと思います。

ただ、全体的には緊張感あり、のめり込んでしまう映画で、続編もいろんな人に観てほしい作品です。

管理人

口コミ評判レビュー「男達の熱い映画」「衝撃的な展開も多く面白い」

『狐狼の血』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「役所広司さんの渋くドスの効いたオーラがこの映画の雰囲気にもぴったり」「イケメン俳優揃いなのはすごい!!それだけで映画に華があり、非常に見応えがあります」「ヤクザものの映画はちょっと・・・という人にもぜひ見てみてもらいたい。そんな作品です!」「松坂桃李も徐々に顔つきが変わっていき見応えがある」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★☆星4

「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」で有名な白石和彌監督の作品です。

監督の特性としてアンチヒーローまたはアウトローをテーマにした作品が多く、孤狼の血(1作目)でも同様のテーマになっております。

多少バイオレンス性も高く、ほのぼのとした作品を観たい方には向かないと思います。

孤狼の血(1作目)については警察VS暴力団の抗争を描いたものになります。

しかし、警察側も必ずしも正義とは限らず、グレーな手法を様々使って強引に物事を進めていきます。

時代設定についても昭和末期のため、まだまだ暴力団が闊歩していた時代です。どこか懐かしくもあり、荒々しかった時代だと思います。

見どころは、必ずしも警察側も善人とは限らないということ。

正義感溢れる主人公も徐々にアンチヒーローに向かっていく(2作目)ところが好きです。

ただバイオレンス性は高いので、多少目を背けたくなる描写も多々あります。そこだけはご注意が必要かと思います。

30代男性

★★★★☆星4

映画『孤狼の血』は広島の架空の都市、呉原を舞台に暴力団対策法成立前の事件を描いたヤクザ映画です。

会社員(カタギ)失踪事件をきっかけに繰り広げられる、マル暴と2つの暴力団との血と暴力と信念のぶつかり合いがあまりにも強烈な作品でした。

豪華すぎる役者陣の広島弁でドスのきいた言い回しに震えます。

冒頭の養豚場でのリンチのシーンから、「この映画はそんな生ぬるいもんじゃないぞ」と突きつけられているような衝撃。

どこか気の抜けた発言と、会社員へ行う凄惨な虐待はなかなか直視できず…。

失踪した会社員の妹が、呉原東署に失踪の相談をするところから話は展開していきます。

マル暴刑事大上の過激で相手に有無をいわさぬ捜査方法に納得できないキャリア組の日岡。

この二人の関係性は、はじめは様々しごかれる日岡が不憫でならなかったのです。

しかし、物語が進むにつれ、大上との信頼関係によって成長し覚醒していく姿にどんどん引き込まれてしまいました。

傍若無人な大上の根底にある信念に触れたとき、ただのバイオレンスヤクザ映画じゃないな…と感じ、この作品の世界観にどっぷりはまってしまいました。

呉原で暴れる尾谷組と五十子会の抗争も泥臭くギラつき、目が離せない場面でした。中でも尾谷組の構成員を演じた中村倫也さんのキレた演技がとても好きでした。

とにかく重厚で、見るほうのカロリーも相当使いますが、見ごたえ抜群でかなり面白かったです。

50代女性

★★★★★星5

刑事とヤクザの映画という事で興味を持ち見てみました。

役所さん演じる先輩刑事の大上と松坂さん演じる新人の日岡との先輩後輩関係が描かれます。

しかし、冒頭から刑事にもかかわらず過激なヤクザの世界と渡り合う大上の凄みを見せつけられます。

役所さんの演技ももの凄く、感情的に激しく怒鳴ったり物や人に当たったりと暴力的な行動にただただ圧倒されます。

それは明らかに刑事の動作ではないと内部の腐敗を感じ取った日岡が、その正義感からか行動に移していきます。

しかし、やがて自分のやった事が大上が長年かけて築き上げてきたものを横から崩すような結果となってしまいます。

それをきっかけに大きな事件が起き、刑事として越えてはいけない一線を越えてしまうという話の流れには非常に緊張感がありました

そのディープな闇の世界に足を踏み入れのめり込んでしまった日岡。

最初の面影は無く完全にスレてしまい、変わり果てた姿でぼんやりと遠くを見てつぶやく最後のシーンがとても印象的でした。

日岡や警察、ヤクザ組織との関係は次作でどうなってしまうのかと期待させるエンディングです。

今まで映画を観て感じたことのない極限のハラハラヒリヒリを感じました

松坂桃李さんは若手の頃はあまり魅力が分からず、ドラマ『ゆとりですがなにか』を見てから細やかな演技で一目置いていました。

ですが、この作品をきっかけに完全にファンになりました。ゆとりも、孤狼もどちらも時々ものすごく見かえしたくなる作品です。

この作品を見たあと、すぐにLEVEL2も映画館に観にいってしまいました。

松坂さんはLEVEL2では日岡の狼のような飢えた感じを出すために減量をし、役に入り込んだとインタビューで語っていました。

素朴で繊細な演技から孤狼の血のようなザ・男社会を感じさせるようなワイルドな演技もできる、かなり稀有な俳優さんだと思いました。

念願の3の制作も決定し、シリーズへの期待がますます高まっています。

いくつもの困難を乗り越えてきた日岡がどう変化していくのか、これからの展開もとても楽しみです。

30代女性

★★★★★星5

30年近く前の広島が舞台でヤクザの抗争とカタギの人を守ろうとする刑事の話。

ヤクザ映画という事は知っていたのですが、初めて観るジャンルだった事もあり衝撃をうけました。

思っていた以上に暴力的な描写や刑事の大上の破天荒さに驚き、自分とまるで縁のない世界を覗き見しているようで面白かったです。

当初は大上の横暴さや無茶苦茶に嫌悪感も感じてました、

しかし、綺麗事だけでは守れないと体を張り抗争を止める為に命まで落としてしまう姿はなんともやりきれませんでした。

一般の価値観を持っていた日岡も徐々にヤクザや裏の世界に染まっていく姿もなんだか切なかったです。

そして、出てくる役者さん皆、すごい迫力で引き込まれました。

ヤクザ映画を見慣れない人にとってはかなり衝撃的な内容だと思いますが、すごく印象深い作品となり面白かったです。

30代女性

★★★★☆星4

『孤狼の血』は、私にとって初めての白石和彌監督作品です。まず、一番に感じるのがキャストの豪華さです。

主役の大上を演じる役所広司さん、彼とタッグを組む新人刑事日岡を演じる松坂桃李さんをはじめ、江口洋介さんや竹野内豊さん、中村倫也さんも出演しています。

暴力団の抗争と彼らと渡り合う警察の腐敗を描きながら暴力団が蔓延る昭和の終わりごろの広島という地にとって、警察が担うべき正義とは何かを問う映画です。

フィクションとはいえ、昭和の終わりの広島ではこんなことがあったのかと、東日本に生まれ育ち、西日本にはほとんど縁のなかった私には衝撃でした

孤独な狼である大上は、自分の思う正義のために、時に正義とは真逆とも思える行動をしますが、それもまた広島という地の安全を守るためでもありました。

それだけに、彼が迎える結末は暴力団のことなど一切知らない私にとっては予想外で、その後の広島はどうなってしまううだろうと心配になります。

暴力団という存在と暴力的な大上の姿、さらに警察という組織の裏と表を見つめながら、新人日岡の正義が変わっていくのは必然なのでしょう。

40代女性

★★★★★星5

初っ端から拷問と物騒な広島弁。バイオレンス具合も近年の邦画の中でも強めです。

広島を舞台にヤクザ同士の抗争とそれを取り締まる警察たちの物語なので、ハードボイルドやバイオレンス作品が好きな人には特に刺さると思います。

男たちのそれぞれの思惑と絡み合う運命が熱量たっぷりに描かれています。

俳優陣も豪華で、役所広司と松坂桃李のW主演。

特に巡査部長の大上はヤクザよりも凶暴な面も持ち合わせつつ、誰よりも警察として任務を遂行するめちゃくちゃかっこいい人物です。

そんな彼を役所広司が演じてくれて本当に嬉しかったです。

また大上に翻弄されながらもその姿勢に惹かれていく新米刑事・日岡も松坂桃李が素晴らしい演技で魅せてくれます。

原作も読みましたが、まさにイメージ通りのハマり役でもうこの2人以外考えられません。

ストーリーも面白いのはもちろんですが、このバイオレンスエンタメ作品での俳優陣の演技にも熱くなります

20代女性

★★★★☆星4

面白いけど衝撃的な展開も多いと聞いていたので、ドキドキしながら視聴を開始しました。

冒頭から目をそむけたくなるようなハードな映像。ですが、どんどんと引き込まれ終わりまで目が離せませんでした。

役所広司さんのギラギラとした魅力。フレッシュな若者だったのに、どんどん変化する主人公を繊細に演じる松坂桃李さん。

江口洋介さんやピエール瀧さんなども物語を締める存在感がありました。

非常に男臭く暴力にまみれたストーリーですが、主人公が添削された文章で号泣するシーンではこちらも感情移入して泣けました。

続編も公開されましたが、主人公がここからどんな風に成長したのか、見てみたいなと思いました。

見終わったあとは広島弁を喋りたくなったり、養豚場が怖くなったりしました

40代女性

★★★★☆星4

タバコ臭い、汗臭い、酒臭い、むさくるしい男達の熱い映画。

拷問シーンなどで監督により原作と違う場面もあるかと思うが、この内容で原作者が女性だということに驚きを隠せない

荒々しい広島弁でヤクザやチンピラの雰囲気がかなり格上げされていると思うけど、意味がわからないセリフが多くあった。

広島出身の人ならもっと楽しめるのだろうな、うらやましいなと思う。

ヤクザまがいの刑事、圧倒的な演技の役所広司が存在感を放っていて素晴らしい。

その演技力に飲まれないか心配だったけど、松坂桃李も徐々に顔つきが変わっていき見応えがある。

男性キャストが活躍し過ぎているからか、女性キャストは全く印象に残らなかったので、もっと癖のある女優さんに出演してほしいなと思う。

グロいシーンは苦手だけど、日岡の変貌ぶりが気になるので続編も観たい。

30代女性

*映画「」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「独狼の血」を今すぐ観るならコチラ▼

▼一度は観るべき邦画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA