CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画モンスターハンターの評価はひどいが続編もすでに決定!?あらすじネタバレ詳細もチェック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年3月26日に日本公開した映画『モンスターハンター』。

カプコンの大人気ゲームシリーズを実写映画化。映画化の構想自体は2008年頃からされていて、実写映画『バイオハザード』シリーズでも監督を務めたポール・W・S・アンダーソン監督が映画化の権利を獲得しました。

また、日本人キャストとして山崎紘菜が受付嬢役として出演しています。

映画『モンスターハンター』の口コミ評判レビューには、

  • 途中テンポが悪いところもあり、ひどいと感じた
  • 仲間と協力していくところもあり、面白かった
  • 序盤・中盤・終盤飽きることなく楽しめた
  • ハリウッドならではの映像クオリティが観れる
  • ホラー感が強すぎてモンハンじゃなく、ひどい感が否めない
  • 最後は続編を匂わせるシーンでしたが、今後期待したい
  • ゲーム経験者からすると設定や細かい点など賛否両論があるかなと思う
  • 監督が同じなせいか『バイオハザード』に近い印象

という声が多数集まっています。

映画「モンスターハンター」のまとめ
  • ひどいとの評価続出!?映画モンスターハンターの感想評価と口コミ評判でのレビュー
  • 興行収入は爆死と言われても続編製作か
  • 映画モンスターハンターのあらすじネタバレ
  • キャスト一覧|日本人キャストとして山崎紘菜が出演!

『モンスターハンター』のネタバレとあらすじ・感想評判を見る前に、同じくゲーム原作の『バイオハザード』も観ることができるので、作品に観て楽しむのもおすすめです。

例えば、今ならU-NEXTだと「モンスターハンター」を初回付与ポイントを使って実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!モンハンを観るならコチラ▼

ひどいとの評価続出!?映画『モンスターハンター』の感想評価と口コミ評判でのレビュー

以下、映画「モンスターハンター」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|ストーリーはひどいがCG映像など迫力は十分にある

CGはとても迫力がありスクリーンに映えていて良かったと思います。モンスターのリアルな気味悪さもよく表現されていて見ていて怖いくらいでした。

ただ、ストーリーとしては残念な印象を受けました。評価で、ひどいと言われているのもストーリーの部分かと思います。

まず、登場人物の大半が死亡することです。モンスターの脅威を示したかったのかもしれませんが、あそこまでせずともよかったのではないかと思います。

次に、モンスターが襲ってくるシーンがとても長いことです。今作のターゲットをどこに設定しているのか分かりませんが、正直つまらないなと思いました。襲われては逃げてをたくさん繰り返していて、まだやるの?という感じでした。

言葉の通じない人間同士の協力は少し面白みがありましたが、それでもやはり会話がなさすぎて見ている方に解釈をゆだねすぎだと思いました。
結末も結局どうなったの?という感じで、あまりパッとしませんでした。

他にも、「原作にはない銃火器が出てくるのはひどい」、「ホラーゲームを元にしたようでひどい」などどの声も見受けられました。

「モンスターハンター」という作品が有名だからこそ、個人的にも少し残念でした。続編を制作するようであれば、ストーリーなどをもう少し練って、ひどいと言われないような続編を期待したいです。

口コミ評判でのレビュー「ホラーサバイバル感が前面に出すぎている」「モンハンっぽさが表現されている」

映画『モンスターハンター』の口コミ評判レビューには、「クライマックスは画面が暗くモンスターの動きが速すぎてよくわからないシーンが多々ありひどいと思った」「ハンドガンを用いたりゲームには存在しない武器を使うところは残念」「モンスター達の鳴き声や細かい仕草などがゲーム版の動きを忠実に再現していた」「モンスターなど映像技術は高く、実際に目の前に現れたときの緊張感や恐怖感がストレートに伝わってきた」という評判が多い印象です。

★★☆☆☆星2

私自身、モンスターハンターはゲームからのファンでしたし、主演のミラ・ジョヴォヴィッチのファンでもありましたので今回の実写版の話を知った瞬間に必ず映画館へ観に行こうと思っていました。

ですが鑑賞後率直に思い浮かべた感想は、この監督はモンスターハンターという世界観をどのように思いこの映画を製作したのだろうかという疑念でした。

まず、ゲームのモンスターハンターはモンスターを狩猟する為に植物や鉱石、モンスターから剥ぎ取った皮や爪等の材料を使い武器・防具等を作り、より強力なモンスターを仲間と協力して狩猟していくものです。

その爽快さやドキドキ感、達成感を求めていましたが映画にはそのスパイスが少ししか感じることが出来ませんでした。

モンスターの迫力は凄まじくドキドキ感はありましたが、ホラーサバイバル感が前面に出すぎている様な気がし私的にはあまり納得のいくストーリーではありませんでした。

ゲームに登場するモンスターを大画面で味わいたい方、またゲームを知らない方には向いている作品だと思いました。

30代女性

★★★★☆星4

映画はとてもよかったです。この作品で一番感動したのは映像の美しさです。具体的にはゲームで出てきたモンスターがとてもリアルに表現されていて見ていて圧倒されました。

私自身モンハンのゲームを1000時間以上プレイしたこともあって、元からゲームでのモンスターは3D表現されていますが、それが映画では物凄く鮮明にそして美しい映像で迫力ある表現がされているのでとても映画に魅了されました。

また、登場するモンスターの強さがリアルで、現実に存在したらこれぐらいの破壊力や攻撃力はあるだろうなあと感心させられました。作品のストーリ性については賛否両論あるかもしれないですが、モンスターの映像美は万人が評価するだろうと思ました。

私が、映画を見ていて感動したシーンは基本的にほぼすべてモンスターとの戦闘シーンです。それがすべてと言っても過言ではありません。モンハン経験者という事もあって戦闘シーンばかりが気に入っています。

映画で物足りないと思うところがあるとすればもっと沢山のモンスターを登場させてほしかったです。歴代の有名モンスターの映像美を堪能したかったです。

最後に、エンディングの演出ですが、個人的には良かったともいます。完結しなかった感は否めないですが、皆でモンスターを狩るという演出はゲーム経験者からするとモンハンっぽさが表現されていてよかったです。

30代男性

★★★★☆星4

ハリウッドで実写映画化と聞いて、ここまで胸が躍った作品はなかなかありません。SNS上でも「まさか、あのモンハンが実写化?や、ひどい作品になるのでは?」というコメントばかりだったのが懐かしいです。

『モンスターハンター』は大人気ゲームが原作の実写映画です。シリーズも多く、多数のファンがいるいうことで世界観やモンスターの表現など不安な点はありました。しかし、日本発の狩猟ゲームがミラ・ジョヴォヴィッチ主演ということで期待値は爆上がり。さらに「モンハンといえばこのモンスター」といわれるほど高人気のリオレウス参戦で日本上映を待ち侘びんだファンも多いはずです。

そして私自身も、公開日を首を長くして待っていた原作ファンの一人です。予告動画を見たり、発売されたばかりの新作をプレイしたりして楽しみにしていました。

いざ、観てみると感無量。まさにその言葉です。

映像は綺麗で感情移入しやすく、すぐに夢中になりました。ゲームでお馴染みのアイルーは、マグに入った飲み物を勝手に飲んで毛を混入させるというお茶目な場面も。なにより、肉焼きシーンも再現されていて「上手に焼けました~!」と脳内で鳴り響いてしまいます。

また、リオレウスやディアブロス亜種、アプケロス、ネルスキュラなど、モンスターたちが「生きている」と感じられたのも満足です。あくまでもモンスターは人間に対する「脅威」として描かれていることが多かったので、生態調査のように彼らの生活をもっと描いて欲しかったかもしれません。

フィールドの関係上、登場キャラは限られてくるのですが、ネルスキュラの捕食対象のゲリョスやリオレウスのつがいとなるリオレイアなど他のモンスターも登場させても良かったのでは?と思います。

狩猟後のモンスターからの剥ぎ取りや武器作成も「こうなっていたの?」とゲームの裏側を知れたようで興味深かったです。ただし、大量のネルスキュラは、ただただ恐怖です。クモが苦手な方は注意が必要かもしれません。

それでも一番の魅力といえば、世界観の設定だと思います。モンハン世界を異世界とすることで、現代世界や武器、軍隊をより自然に落とし込んでいることに関心しました。現代銃火器が最強ではなかったのも大満足です。カプコン製ヘリもやはり爆発します。

ストーリー自体は荒削りですが続編があるかのような終わり方だったので、ハンターたちの後日談があればぜひ観てみたいと思っています。

20代女性

★★★☆☆星3

結論から言うと、「モンハンの名前を借りただけの別物」というのが率直な感想です。

モンハンというと「一狩り行こうぜ!」という前向きなキャッチコピーが売りで、協力プレイや爽快アクションのイメージがあると思います。

バイオハザードようなホラーだったり、キングコングのようなグロテスクなモンスターが出てきたりしてモンハンって、ホラーアクションゲームだったっけ?と思いながら見ていました。

車や軍隊が登場したりとゲームの独特な世界観は全くなかったですし、独特の世界観を壊したのはひどいと思いました。一応アイルーも登場していましたが、無理やり感しかなかったです。

サバイバルホラーが好きでモンハンとは別物と割り切って見るのであれば楽しめます。ひどい部分もあったので、モンハンのタイトルで製作するのであれば爽快なアクションに重点を置いて作ってほしかったです。

20代男性

*映画「モンスターハンター」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

映画『モンスターハンター』興行収入は爆死と言われても続編製作か

映画『モンスターハンター』は、興行収入が良くなかったですよね。しかし、ラスト結末を見ていると、続編を考えて制作されていたような終わり方でした。

 

続編の可能性を考えて制作されたシーンを解説

エリート部隊を率いるアルテミス大尉が消息を絶った仲間の捜索のため向かった砂漠で嵐に遭い、巨大モンスターが棲む新世界に迷い込んでしまったというストーリーの映画「モンスターハンター」。

仲間はモンスターたちにやられたものの、現地の住人でモンスター狩りの戦士、ハンターやその集団を率いる提督たちとの出会いで、ラストには元の世界に戻ることに成功しました。

ただアルテミスのいる世界と新世界のポータルとなるスカイタワーが存在する限り、どちらの世界にも平和が訪れないことを知りアルテミスは新世界に戻って行き、エンディングロールでもアルテミス、ハンター、提督の3人がモンスターたちと闘うシーンが描かれていました。

また、その3人が闘う様子を塔の上から見守る人物の姿が描かれていたことからも続編の可能性を考えて制作されたことが考察されます

ちなみに映画から見ていれば気にならない方もいるかもしれませんが、劇中に登場した料理長アイルーや受付嬢・ハンドラーたちは、ゲームファンにはおなじみの登場人物です。活躍シーンが少なかった理由は、続編への顔繋ぎであって欲しいところです。

続編からがモンスターハンターの本番なのでは

また、ハンター自体もアルテミスの補佐的な活躍だった気が否めません。初回作はアルテミスと視聴者を新世界に導入させる役割で、いよいよ続編からがモンスターハンターの本番という形ではないでしょうか。

大型モンスターも5体しか登場していないことも含め、一作のみで完結させる方が難しい作品だと思います。

また、本作の監督、ポール・W・S・アンダーソン監督が手掛けたアクション映画「バイオハザード」も、アルテミスを演じたミラ・ジョヴォヴィッチが主演していますよね。バイオハザードは最終第6作とシリーズ化したので、映画『モンハン』も、続編はすでに構想済みという見方がされています。

ですが、ネックなのが興行収入問題です。製作費が6000万ドルと言われている今作ですが、すでに製作費の6000万ドルを上回るのが難しいとされています。

そして、公開前のことですが、日本人と中国人に対する差別的セリフがあったとして、中国では公開が中止となっています。ただ、問題のシーンはすでにカットされいます。

映画モンハン続編の考察まとめ

アンダーソン監督は『バイオハザード』シリーズのように、シリーズ化したい考えでしょうが、映画『バイオハザード』がシリーズ化できたのは興行収入があってこそのものです。

映画『モンスターハンター』も興行収入が振るわなければ、シリーズ化は厳しいものなのではないかと予想されます。

 

映画モンスターハンターのあらすじネタバレ

以下、映画「モンスターハンター」のあらすじネタバレとラスト結末です。

映画モンスターハンターのあらすじ|2つの世界

人類と野蛮なモンスターが共存する新世界。

広大な砂漠の中を航海する船がありました。そこにはモンスターを狩る戦士、ハンターも仲間の戦士たちと一緒に乗っていましたが、突然の嵐に襲われます。大きな揺れに戦士たちは必死に柱などにしがみつきました。

そこへ巨大モンスターのディアブロスが地底から出現し、ハンターは船から転落してしまいます。

一方、時空が変わり特殊部隊の女性リーダー・アルテミスはアメリカ陸軍の大尉で、国連のセキュリティチームと共に砂漠で消息を絶った偵察チームの捜索に当たっていました。

アルテミス率いる特殊部隊のメンバーはエリートソルジャーたちでダッシュ、リンク、マーシャル、スティーラー、アックスの6人です。

アルテミスたちは車で捜索していると荒野の中でいくつかのマーカーが発見されますが、嵐が発生し地鳴りで地面が裂けアルテミスたちは裂け目に吸い込まれてしまいます。

意識を失ったアルテミスたちが目を覚ますと砂嵐が去った後でしたが、アルテミスたちの目の前に現われたのは巨大モンスターたちが棲み、ハンターが船から転落した新世界の砂漠でした。

映画モンスターハンターのネタバレ|砂漠での襲撃

突然の嵐で異世界へ迷い込んでしまったアルテミスたちの目の前に広がるのは今までとは違う砂の海でした。地図にも乗っていない世界で戸惑いを隠せませんが、ともかく周りを捜索します。

すると行方不明になっていた偵察チームの兵士たちの遺体と車が見つかります。何か強力なエネルギーで焼かれており異世界に来ていることを肌で実感します。

更に車で進むと、今度は巨大なモンスターの骨のアーチに出くわします。一方、ハンターが出くわした巨大モンスターのディアブロスがアルテミスたちに近づいていました。

そこへ突然、矢が飛んできます。矢を飛ばしたのは一行を観察していたハンターでした。警告として発射したもので、ディアブロスに襲われたアルテミスのチームは銃や手榴弾で応戦します。

しかし、ディアブロスは巨大で強靭な角を持っていて、まるで歯が立たず、スティーラーは角で刺され、アックスも命を落としてしまいます。

映画モンスターハンターのネタバレ|逃げ込んだ洞窟で

アルテミスたちは急いで洞窟の中に逃げ込みます。やっと洞窟で落ち着き一晩を過ごしましたが、今度はネルスキュラというモンスターが出現します。ネルスキュラは蜘蛛に似たモンスターで、巣を張り獲物を身動きできないようにしてから襲うタイプで毒も持っていました。

アルテミスは打撃を受け気絶してしまい、マーシャルは食べられてしまいました。目を覚ましたアルテミスはネルスキュラの巣にいました。ダッシュを見つけましたがすでに息がありませんでした。

負傷した体を引きずりながらなんとか巣から這い出ると、かろうじて生きているリンクを見つけます。リンクと共にともかく洞窟から出ようとしていると、リンクが突然体の痛みを訴えます。

ふと見るとリンクの体にはネルスキュラの卵が産みつけられており、卵が次々孵化しはじめていたのです。一気に増えたネルスキュラに襲われリンクも命を落としてしまいました。

アルテミスは命からがら逃げ、洞窟を脱出することに成功します。

映画モンスターハンターのネタバレ|ハンターのアジトへ

地上に出たと思った矢先、またしてもアルテミスは襲われます。次にアルテミスを襲ったのはあのハンターでした。実はハンターの彼とは言葉も通じませんでした。訳も分からないまま縛られアジトらしき場所へ連れて行かれます。

このままでは引き下がれないアルテミスはハンターと取っ組み合いを始め、今度はハンターが縛られます。ただお互いの状況を整理しようとしたのか戦うのを止め、なんとかコミニュケーションを取ろうと、アルテミスは持っていたチョコレートをハンターに差出しました。

ハンターもそれに応え、持っていた水を出し、友情が芽生えました。アルテミスはなんとかジェスチャーで元の世界に戻りたいと伝え、ハンターも理解してくれます。

また、時空を超えるポータルが砂漠の向こうにあるスカイタワーによって作られているらしく、元の世界に戻るには砂漠を渡って、巨大なモンスターのディアブロスを退治するしかないのでした。

映画モンスターハンターのネタバレ|モンスターハンター誕生?

アルテミスがどうやったらあの巨大なディアブロスを退治できるのかと思案していると、ハンターが洞窟に棲むモンスターのネルスキュラの毒でディアブロスを倒すことを提案してきます。

その案に乗ることにしたアルテミスにハンターは、狩りに使うモンスターの骨で作った武器をアルテミスに渡し、使い方を教えました。そしてその日の夜、アルテミスが囮になってネルスキュラを誘き出します。

仕掛けた罠で、今度は洞窟に戻ろうとしたところをハンターが襲い牙をもぎ取ることに成功します。

翌日、アルテミスとハンターはディアブロスと対決することになります。今度はハンターが囮になってディアブロスをおびき出してくれました。作戦は成功し激闘の末、アルテミスがトドメを刺しますが、ハンターは重傷を負ってしまいます。

アルテミスはなんかハンターの男を担いで砂漠を横断し、オアシスに辿り着きました。

映画モンスターハンターのネタバレ|元の世界に戻るには・・・

オアシスをさらに進むとこの世界の出口となるスカイタワーがあり、2人はここで少し休憩を取りました。

このエリアには草食モンスターのアプケロスたちが生息していましたが、そこに大きな翼を持つモンスター・リオレウス火を噴きながら襲ってきたので、アプケロスたちが暴れ出しました。

そこへハンターが属していた調査団が助けてくれました。アルテミスが助けてもらったお礼を述べようとすると、調査団を率いる提督がアルテミスを気絶させてしまいます。

アルテミスが目覚めると、檻で鎖に繋がれてしまっていました。珍しいのか他のクルーたちが動物を見るように観察していました。そこには人間型の猫のアイルーのフェリンもいます。

ハンターがなんとか誤解を解いてくれ、アルテミスは解放されます。提督はスカイタワーが最初の文明の産物だと説明してくれ、世界を行き来き出来るポータルはアルテミスのいた世界にも新世界にも大惨事を引き起こす可能性があることも話してくれました。

アルテミスが元の世界に戻るにはアプケロスを襲ったリオレウスを退治しなければいけませんでした。この新世界を守りたい提督はアルテミスの帰還に協力してくれることになります。

映画モンスターハンターの結末ラスト|アルテミスの選んだ場所

提督の指示のもとハンターたちがリオレウスを攻撃し、アルテミスはその隙にスカイタワーのポータルから自分の世界に戻ることが出来ました。元の世界の荒野で目を覚ましたアルテミスは自分たちを捜索しに来ていた兵士たちによってヘリで救助されます。

ところがここにあの空の王者・リオレウスが出現します。ポータルの封鎖が間に合わず、アルテミスと一緒に新世界を抜け出ていたのです。次々と兵士たちは襲われリオレウスが吐いた炎の犠牲になってしまいました。

アルテミスは怒りに震えリオレウスが火を噴く一瞬の隙を狙って、爆薬を口に放り込みました。リオレウスは地面に倒れましたがまだ動いています。そこへとどめを刺す矢が飛んできます。ハンターでした。提督も後を追ってこちらへ来ていたのでした。

提督はポータルが開いている限り、モンスターが地球に侵入してくる恐れがあると説明します。スカイタワーを破壊する方法を見つけるのが最大の目的となり、アルテミスは新世界に残ることにします。

新たに現われたモンスターのゴア・マガラと戦うために提督の仲間、パリコが到着します。

映画モンスターハンターのエンドロール後

新世界に戻ったアルテミスたちがモンスターと戦っています。

その様子をタワーの上からマントを身にまとった謎の人物が見ているのでした。

以上、映画「モンスターハンター」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!ゲーム原作映画を一気観したいあなたはコチラ▼

映画『モンスターハンター』キャスト一覧|日本人キャストとして山崎紘菜が出演!

映画『モンスターハンター』の主演はミラ・ジョヴォヴィッチ、監督はポール・W・S・アンダーソン。

2人は夫婦としても知られていて、同じカプコンから発売されている『バイオハザードシリーズ』の映画でもタッグを組んでいます。今回の映画『モンスターハンター』で5度目の共演となりました。

また、日本人キャストとして山崎紘菜が出演しています。帰国子女ではないものの、劇中では英語を流暢に話しています。続編が製作されれば、出演するかと思われますし、日本人キャストが新たに登場する可能性も十分にあると思います。

ナタリー・アルテミス 役-ミラ・ジョヴォヴィッチ(日本語吹き替え声優-本田貴子)

ハンター 役-トニー・ジャー(日本語吹き替え声優-松坂桃李)

大団長 役-ロン・パールマン(日本語吹き替え声優-大塚明夫)

ハンドラー 役-山崎紘菜

リア 役-ナンダ・コスタ(日本語吹き替え声優-小若和郁那)

▼連休に最適!ゲーム原作映画を今すぐ観るならコチラ▼

▼ゲームや漫画原作映画の特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA