CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『SING/シング: ネクストステージ』の日本語吹き替え声優とキャラクター解説!主題歌やBTSの曲についても【あらすじネタバレ感想評価】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

SING/シング: ネクストステージ』は、2016年に公開され日本でも大ヒットとなったアニメーション作品『SING』の続編です。

世界でも、日本だけが日本語の吹き替えを承諾されました。

スキマスイッチの大橋さんを始め、MISIAさん、B’zの稲葉さんなど日本のトップアーティストの歌声を聴ける作品となっています。

映画『SING/シング: ネクストステージ』の口コミ評判レビューには、

  • B’zの稲葉浩志が声優の初登場キャラであるクレイキャロウェイが見所
  • 歌って踊って楽しませるで子供も楽しめる
  • 前作同様にショーは本当に豪華で素晴らしかった
  • 歌の見せ場のシーンも沢山あり良かった
  • 笑いあり涙ありで、子供も大人も楽しめる作品
  • 前作以上に面白かった
  • それぞれのキャラクターに見せ場があるのも良かった
  • 音楽と映像が素敵でこのシーンだけでも繰り返し見たくなった

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • ジュラシックワールドのキャストや吹き替え声優について
  • ジュラシックシリーズの見る順番のおすすめは?
  • ジュラシックワールドのあらすじネタバレ
  • ジュラシックワールドの感想評価とみんなの口コミ評判レビュー
  • ジュラシックワールド本編と続編をフルで無料視聴できる無料動画サイトまとめ

もし、まだあなたが一度も「SING/シング: ネクストステージ」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「SING/シング: ネクストステージ」を観るならコチラ▼

『SING/シング: ネクストステージ』の日本語吹き替え声優やキャラクター解説!

バスター・ムーン-内村光良

ニュー・ムーン劇場の支配人。

楽観的な性格で、夢のためには無茶な行動をすることもしばしば。

吹替版の声は内村光良さんが担当しています。

管理人

お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」で活動されていて、「夢で逢えたら」や「世界の果てまでイッテQ!」など、多くの人気番組にメインキャストとして出演されています。

映画好きで知られており、映画監督を志して日本映画大学に入学した過去もお持ちです。

吹替声優として主演するのはSINGシリーズが初めてですが、ご本人の優しさを感じる口調がムーンというキャラクターにも生かされており、好評を得ているようです。

ミーナ-MISIA

圧倒的な歌唱力を持つ、ニュー・ムーン劇場のスター。

以前は緊張しやすく引っ込み思案でしたが、オーディションをきっかけにあがり症を克服しました。

歌唱力が重要なミーナ役には、誰もが認める歌唱力のMISIAさんが充てられています。

MISIAさんはアリオラジャパンに所属しているシンガーソングライターです。

管理人

その歌唱力は圧巻で、5オクターブの音域を自在に扱っています。

最近では2021年東京オリンピックの開会式で「君が代」を独唱するなど、誰もが認める日本を代表する歌手です。

アッシュ-長澤まさみ

ライブハウスで演奏をおこなっている、地元のロック歌手。

ニュー・ムーン劇場のオーディションを受けたことをきっかけに、ムーンとも交友関係を築きました。

吹替版の声優は長澤まさみさんです。

管理人

2000年に芸能界デビューして、東宝芸能に所属されています。

女優業を中心に活動しており、「プロポーズ大作戦」や「コンフィデンスマンJP」など人気作品に多数出演されています。

声優としてはSING以外にもいくつか出演経験があります。

また、SINGでは劇中で歌を披露されていますが、過去にも数曲発表されているなど歌唱力もお持ちの多彩な役者さんです。

クレイ・キャロウェイ-稲葉浩志

絶大な人気を誇る、伝説的ロックスター。

妻の死をきっかけに表舞台から姿を消し、15年以上行方知れずとなっています。

伝説的なロックスターの声を担当するのはB’zの稲葉浩志さんです。

管理人

いわずとしれた国民的ロック歌手で、1988年のデビュー以降絶大な人気を誇っています。

平成のCD売上ランキング1位に輝くなど、音楽シーンに大きな影響を与えているロックユニットです。

今まで映画への演技出演はありませんでしたが、製作スタッフの熱量や作品の良さに感化されて今回の出演を決めたとのことです。

ジョニー-大橋卓弥

ギャングの息子として育ちましたが、心優しい性格の青年歌手。

ニュー・ムーン劇場に所属しており、今作ではダンスに初挑戦します。

声をあてる大橋卓弥さんは、音楽ユニット「スキマスイッチ」のボーカルとして活動されています。

管理人

柔らかい歌声が特徴の大橋さんは、力強くも優しいジョニーというキャラクターにぴったりな配役ですね。

2003年のメジャーデビュー以降、平成J-POPの代表と言っても過言ではない存在だったスキマスイッチ。

その影響力は大きく、YOASOBIやOfficial髭男dismなど、多くの若手アーティストが自身のルーツに挙げるほどです。

グンター-斎藤司

おしゃべりで明るく、ムードメーカーのような存在。

彼のなかで溢れ出るアイデアが、一流劇場のオーナーであるクリスタルを射止めることになります。

声優は、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さんが担当しています。

管理人

トレンディエンジェルは、2005年に結成された吉本興業所属のコンビです。相方のたかしさんともども薄毛であることが特徴で、それをネタにすることが多い芸風です。

一見イロモノのような立ち位置ながらM-1グランプリ2015では王者に輝くなど、確かな実力も兼ね備えている芸人さんです。

グンターの底抜けの明るさと斎藤さんのキャラクターが、見事にマッチしたキャスティングと言えるでしょう。

アルフォンゾ-ジェシー

エンタメの聖地、レッドショア・シティのアイスクリーム屋で働く青年。

穏やかで優しい性格で、たまたま彼に出会ったミーナは心惹かれます。

演じているのは人気アイドルグループSixTONESのメンバーのジェシーです。

管理人

ジャニーズ事務所に所属し、2020年にシングル「Imitation Rain/D.D.」でデビューを果たしたSixTONES。アイドルとしてはもちろん、高い音楽性でも評価されています。

ジェシーさんはアメリカと日本のハーフで、英語はペラペラのようです。映画やドラマだけでなくバラエティ番組への出演など、さまざまな分野で活躍されています。

ポーシャ-アイナ・ジ・エンド

一流劇場のオーナーであるジミー・クリスタルの娘で、無邪気な性格。

甘やかされて育っており、デリカシーのない発言を連発しますが悪気はないようです。

初登場ながらも強烈な印象を残すキャラクター、ポーシャ。

演じているのはガールズグループBiSHのメンバー、アイナ・ジ・エンドさんです。

管理人

ハスキーボイスと高い歌唱力が特徴で、ポーシャにも非常にマッチしていました。

歌だけでなくダンスも得意で、BiSHでは振り付けも担当しています。

BiSHは2023年の解散が予定されていますが、マルチな才能をお持ちなので今後もたくさんの活躍が期待できますね。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『SING/シング: ネクストステージ』の主題歌は?挿入歌にはBTSの曲も

『SING/シング: ネクストステージ』の主題歌について

さまざまな人気アーティストの楽曲が数多く使われるのが特徴的なSINGシリーズ。

ヒットソングや今人気の曲が採用されることもあり、劇中でミュージカルやライブをおこなうSINGという作品にはぴったりの演出で、観る者の心を盛り上げてくれます。

今回も数々の楽曲が使用されている「SING/シング: ネクストステージ」。

その主題歌となるのはU2の「Your Song Saved My Life」です。

管理人

クレイが再び公の場でパフォーマンスをするときに、彼が一歩踏み出すことを後押しするようなかたちで使われます。

「Your Song Saved My Life(あなたの歌が私の命を救った)」というタイトルの通り、人生に絶望していたけど「あなたの曲を聴いて救われた」ということを本人に訴えかけるような内容の歌詞になっています。

クレイのファンであるアッシュが、大勢の前に出ることを躊躇するクレイに対してこの曲を歌ったのは歌詞の内容にとてもマッチしています。

「Your Song Saved My Life」はU2が「SING/シング: ネクストステージ」のため書き下ろした楽曲となっています。

U2は、グラミー賞をグループでの最多受賞記録となる22回受賞しているアイルランドのロックバンドです。

宗教紛争や人権問題など、社会問題に関するメッセージ性の強い楽曲を多数発表していることで知られています。

そんな、今を生きる伝説のロックバンドであるU2が約2年ぶりにリリースした新曲ということもあり、「Your Song Saved My Life」は注目を集めました。

U2のボーカルであるボノは、今作でクレイ・キャロウェイの声を担当しています。

声優には初挑戦とのことですが、伝説のロックスターであるクレイにボノが声をあてるというのはこの上なく適任に思います。

「SING/シング: ネクストステージ」のリード曲となる「Your Song Saved My Life」、和訳動画も公式公開されているので映画を観た方も一度聴いてみてはいかがでしょうか。

『SING/シング: ネクストステージ』の挿入歌にはBTSの曲が

『SING/シング: ネクストステージ』は、BTSの楽曲が使われていることでも話題になりました。

使用された楽曲は2016年にリリースされた「NOT TODAY」です。

NOT TODAYは、YotubeにアップロードされているMVの再生回数が現在5億回を超えている人気の楽曲です。

BTSの楽曲が使用されているという話を聞いて、SINGを観に映画館に足を運んだARMYも多いのではないでしょうか。

管理人

劇中で「NOT TODAY」が流れるのは終盤です。

劇場の警備員たちを妨害するために、ロジータが大勢の子供たちをレストランに放つ、ドタバタシーンのBGMとして使用されています。

比較的短いシーンであるのに加え、オフボーカルバージョンで流れるので聞き逃さないように注意しましょう。

SINGと言えば、世界的に有名であったり人気だったりする楽曲を使用することで知られています。

そんなSINGの挿入歌に抜擢されるとは、さすがBTSといったところですね。

管理人

『SING/シング: ネクストステージ』のあらすじ

以下、映画「SING/シング: ネクストステージ」のあらすじです。

『SING/シング: ネクストステージ』のあらすじ|エンターテイメントの聖地レッドショア

支配人バスター・ムーンが運営するムーン劇場。ショーは連日大盛況でチケットも完売御礼です。

この日、客席には有名スカウトのスーキーも来場していました。劇場のショーに自信を持っているムーンは、きっとスーキーにも認めてもらえると期待しています。

しかしスーキーはムーンに対し、「地元の劇場としては十分だがムーンもキャストも力不足だ」と言って途中で退席してしまいます。

ショックを受けて落ち込むムーンでしたが、ムーン劇場を支えてくれている大女優ナナに励まされます。ナナの言葉に思い直したムーンは、ある決心をします。

それは、エンターテイメントの聖地であるレッドショアシティで開かれるオーディションに参加することでした。

『SING/シング: ネクストステージ』のあらすじ|オーディションに忍び込むムーンたち

ムーンに誘われたキャストたちは尻込みします。

しかし、レッドショアでの公演に立つことが夢だというロジータに後押しされ、全員でオーディションに向かうことを決意します。

レッドショアに向かうバスの車内でリハーサルを重ね、一同は準備万端。

しかしオーディション会場があるクリスタル社に到着するも、飛び込みで参加しようとしたため受付で断られてしまいます。

諦めきれないムーンは、全員で清掃員に扮して忍び込むことでなんとかオーディション会場にたどり着きます。

『SING/シング: ネクストステージ』のあらすじ|消息不明の大物歌手、クレイ・キャロウェイ

審査しているのはクリスタル社の社長で大物プロデューサーのクリスタルです。厳しい審査に候補者が次々と落とされていくなか、ムーンたちの出番が来ます。

一度は落とされてしまいますが、グンターが即興で大物歌手クレイ・キャロウェイが出演するSFミュージカルを提案します。

クリスタルはその案を喜んで採用し、レッドショアでの公演が決定します。

喜ぶ一同でしたが、クレイはすでに引退しており十年以上消息が分かりません。さらに、「もしクレイを連れて来られなかったら…」とクリスタルに脅されてしまいます。

ムーン劇場の一同は、なんとしてもクレイを見つけ出してショーに出演してもらわなければいけません。しかしショーの準備も順調とはいかず、問題が山積みです。

以上、「SING/シング: ネクストステージ」のあらすじでした。

果たしてムーンはクレイを見つけ出し、ショーを成功させることができるのか?

続きが気になる方は実際に映画を観てみることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「SING」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

『SING/シング: ネクストステージ』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「SING/シング: ネクストステージ」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|圧倒的な歌とパフォーマンスで圧倒するアニメシリーズ

2016年に公開され、日本でも大ヒットとなったアニメーション作品「SING」。

続編となる「SING2/ネクスト・ステージ」は前作に引き続き、制作はミニオンズでお馴染みのイルミネーション、監督・脚本はガース・ジェニングスが担っています。

SINGといえば吹替版のクオリティが高いことでも話題となりましたが、今回のSING2も吹替版の力の入れ具合は健在でした。

前作から続投のMISIAさんやスキマスイッチの大橋卓弥さんといった確かな歌唱力を持つアーティストの方はもちろん、新キャストとしてB’zの稲葉浩志さんを起用できたのは素晴らしいとしか言えません。

管理人

稲葉さんが演じる大物歌手クレイは、周りの期待がありながらも歌うことを拒否しますが、アッシュの説得があってようやく歌うことを決意します。

稲葉さんは今回が声優初挑戦とのことで、今回の出演を承諾してもらえたというのはクレイにも通ずる部分があって面白いなと感じます。

また、同じく初登場となるクリスタルの娘ポーシャのキャラクターも、とてもよかったです!

声を当てるアイナ・ジ・エンドさんの力強くもキュートな話し方や歌声も相まって非常に愛らしかったです。

管理人

ロジータが当てられていた主人公の座を一度は奪うポジションなのですが、最終的には敵のエイリアン役を担うこととなります。

自己肯定感が高いポーシャは「どうして私がこんな役を」ではなく「私は何の役でも最高!」と伸び伸びと演じます。

そのカラッとしていて快活な様子は、見ているだけで元気が出ます。

大枠のストーリーとしては前作とほぼ同じで、キャラクターそれぞれが様々な問題に直面するものの最終的にはショーが大成功して幕を閉じます。

ただ、それが気にならないほどにショーの出来や歌がとにかく素晴らしいのが凄いですね。

ムーンも前作と変わらずなかなか行き当たりばったりで犯罪レベルの行動をしていますが、愛嬌と明るさでなんとかしている力業が引き継がれています。

歌以外の部分だと、オーディション会場に潜入する一連のシークエンスは印象的でした。

ビリー・アイリッシュの大ヒット曲「bad guy」をこんなことに使うとは…と、制作陣の良い意味でのバカらしさに笑ってしまいます

管理人

さまざまなツッコミどころや粗さはあるものの、前作同様にパフォーマンスで圧倒するタイプの映画だと思うのであまり細かいことを言うのも野暮かなという感覚です。

おそらく前作以上に洋楽の名曲が目白押しとなっているので、ミュージカルを観るつもりで鑑賞してもいいと思います。

明るく楽しいアニメーション映画が好きな人、ミュージカル映画が好きな人におすすめの一本です。

『SING/シング: ネクストステージ』のみんなの口コミ評判レビュー

映画『SING/シング: ネクストステージ』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「前回からの主要キャラクターの活躍はもちろんの事、新キャラクター達も存分に活躍していた」「明日からも頑張ろうと元気をもらえる作品」「最後のショーのシーンではまるで本物のミュージカルを見ているかのようなワクワク感があった」「先が読める展開でありながらも、楽曲の良さとテンポの良さで退屈しないで見れた」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★☆星4

前作を見ていなかったので、話がわかるかなと心配でしたが、始まった途端にストーリーに無理なく惹きこまれました。

洋楽好きなら誰でも知ってるメロディーや、好きじゃなくても一度は耳にしたであろう曲が満載です。

キャラ的には好き嫌いが分かれそうな気もします。コアラやハリネズミは可愛いのですが、象の女の子は少しかわいくないかもと思ってしまいました。

映画的にはいろいろな動物を出すことで子どもたちに親しみや興味を持ってもらい、それとともに多様性を表現したかったのかなとも思います。

ストーリーとしては、見えっ張りのコアラ支配人が自分のショーをラスベガスのような歓楽都市で成功させるために嘘をついたり奔走する、というよくあるコメディ。

よくあるだけに、最後が何となくわかり安心させられるのは子ども向きなのかも。ちょっとだけ残念なのはU2のボノが出演してるのだけれど演技があまりうまくないこと。

ただ大人も十分に楽しめるアニメです。

50代女性

★★★★★星5

一作目が大好きなので公開初日に観に行きました。いきなりMISIAさんの歌が聴けたのでもうチケット代回収です。

あえて新キャストの情報は入れずに観に行ったのですが、オオカミ誰!?うま!!このナルシストはあの人か声的にこの人か…あ、このライオンは間違いなく!という感じで予想しながら観るのも楽しかったです。

エンドロールで答え合わせまでがセットです。オオカミ納得でした。

笑い多めの映画ですが、一番笑ったのは子どもたちを放つシーンです。家族が早めに到着したのがここへの伏線だったとはという感じでした。

暴走した子供を止められないのは世界共通なんだな笑と思いました。

あと前作同様後半にかけて涙が止まりません。ライオンが歌った瞬間に涙腺崩壊しました

20代女性

★★★★★星5

映画『SING/シング: ネクストステージ』は、前作からさらにグレードアップした内容の作品でした。

前作と同じキャスティングに加え、新たなキャストが加わり、よりレベルの高い楽曲がたくさんありました。

特に私が素晴らしいと感動したのは、ポーシャ役のアイナ・ジ・エンドでした。

映画の中で歌う上で重要なのは、歌唱力があることはもちろんですが、その中でキャラのイメージに合った声の色やトーン、話し方がとても重要だと感じます。

彼女はその点を全て素晴らしく表現しており、キュートなキャラクターにマッチしていて、非常に印象に残っています。

また、前作に引き続き勇気をもらえる展開で、自分の限界を決めてしまうのではなく、何でも果敢にチャレンジしてみることの重要さを感じるストーリーでした。

20代女性

星5

前作のSINGも見て、今回のSINGを見ました。

ストーリーの規模が大きくなっている中で、面白さはどうなっているんだろうと思いましたが、結果、面白かったです!

やはりストーリーの箇所箇所に歌があるので、その迫力がすごくて、感動しました。実力のある歌手の皆さんの歌声で、ライブに来ているようでした。

よくあるストーリーで、結果はほぼ予想できるような内容でしたが、それでも歌を聴きに行く気持ちでも満足できると思います。

B’zの稲葉さんが声優を務めるということで期待していた部分もありましたが、会話時の声はフェイクがかかっていたようで、歌い出したときとの声のギャップに違和感はありました。さらに、せっかく歌い始めたと思ったら、すぐにハモリが入ってしまい、稲葉さんの歌声をじっくり聴く時間が少なかったのが少し残念でした。

それでも見る価値のある映画だと思います。

10代女性

星4

映画公開前にテレビで1をやっていて面白かったので映画館で2も見ました。前作以上に面白かったです。

最後のショーのシーンではまるで本物のミュージカルを見ているかのようなワクワク感がありました。

とにかく音楽と映像が素敵でこのシーンだけでも繰り返し見たくなります。1で各キャラクターがなりたい自分になりたいと挑戦成功してきましたが、本場でプロの凄さを目の当たりにすることで気持ちが折れかけてしまいそうになるところは、実生活と重なり苦しく感じる場面もありました。

また今回はかつて有名シンガーだったクレイ役で稲葉さんの歌をスクリーンで聴けるなんて…

そこから他人との出会いや自分の気持ちの変化を経てキャラクター達が成長していく姿に感動し、明日からも頑張ろうと元気をもらえる作品です。

それぞれのキャラクターに見せ場があるのも面白かったですね。斉藤さんの歌が上手すぎてびっくりしました。

20代男性

星5

子供と初めて映画を見に行きました。一作目もとても気に入っていてみに行く前から子供も楽しみにしていました。

始まってすぐにシング2の世界に入り込んで私も子供も夢中になって楽しんで見てました。

出だしの歌も気分が上がる歌で好きでしたが私が1番気に入った曲は最後に披露されるポーシャの歌です。

テンポも良くポップな色のモンスターも可愛くて見ていてとても気分が上がりました。

子供のお気に入りはジョニーの歌でした。先生に倒されてからの反撃がとてもスッキリして良かったと思います。

子供は私と見に行った1ヶ月後に旦那ともう一度見に行きました。

シング一作目も好きですが二作目の方が気に入ったようで、毎日のようにYouTubeで映画の宣伝を流してノリノリで歌って踊っているくらいです。

たくさんのアニメ映画など見せてるのですが今までで1番のお気に入りのようです。

30代女性

星4

映画『SING/シング: ネクストステージ』、SINGは1作目も好きで2作目が出ると知ってワクワクしながら映画の公開を待っていました。

前回からどんな風に続くのかな?と思っていましたが、今回はさらに大きな夢をもって奮闘していく皆。

コアラのムーンさんが嘘ばかりついて、一体どうなるの!?とハラハラしながら見ていました。

私が1番好きだったところは、ダンスが苦手だったジョニーが頑張って頑張って練習しているシーンです。

みんながそれぞれ困難に打勝とうと頑張っている姿を見ると「頑張れ!」と応援しながら見てしまいました。SINGはやっぱり歌が魅力的ですよね!

今回も素敵な歌がたくさんありました。でも私は2作目より1作目の方が全体的に歌は好きでした。

30代女性

星4

前作をNetflixで観たことがきっかけで、2作目を観にいくことを決めました。

有名楽曲を声優や俳優そしてアーティストたちがカバーするといった点がシングの一番の魅力であり、今回の映画でもそれは健在でした。

ストーリーは、前作の続きとなっており、ニュー・ムーン・シアターが新天地であるエンターテイメントの聖地レッド・ショア・シティで活動することから始まります。

地元では名を馳せていても、やはり一流の劇団員が集まる場所は甘くなく上手くいきません。

そうしたところから、伝説のロック歌手を巻き込み這い上がっていくものなります。

その伝説のロック歌手がまさかのB’zの稲葉さんが声優及び歌唱で参加されています。あの稲葉さんが声優!?そう思われた方も多いかと思います。

歌のシーンになると、そのキャラというよりもB’zの稲葉さん感が否めなかったです。

また、前作から登場しているシャイな象のミーナとアイスクリーム屋の象との恋模様も描かれており、前作とはラブコメディ要素がありました。

先が読める展開でありながらも、退屈しないで見れたのは楽曲の良さとテンポの良さがあったからだと思います。

20代女性

*映画「SING/シング: ネクストステージ」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「SING/シング: ネクストステージ」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments