CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ソウルフルワールドの主題歌は世界的ミュージシャン!22番のその後についても考察解説【あらすじネタバレ感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年12月25日公開の『ソウルフルワールド』。

『2分の1の魔法』に次ぐ、ピクサー23作目となる作品。アメリカや日本でも劇場での公開が中止となり、ディズニープラスのみでの配信となりました。

第93回アカデミー賞では長編アニメ賞にもノミネートされ、同時上映となった『夢追いウサギ』も短編アニメ賞でノミネートされています。

また、『ソウルフルワールド』の口コミ評判レビューには、

  • 考えさせられるストーリー
  • ピクサーならではの夢のある設定
  • 大人向けのアニメーションを誰が見ても分かりやすく表現してる
  • 沢山の人に見てもらいたい心が温まる作品
  • 大人向けのメッセージ性の強い映画
  • なかなか難しいテーマの映画
  • 感動というよりは、考えるべきテーマを与えられた感じ
  • 大人向けなピクサー作品ですが、子供が見るとしても最高

という声が多数集まっています。

映画「ソウルフルワールド」のまとめ
  • 主題歌はジョン・バティスエの『It’s All Right』
  • 22番のその後について考察解説
  • ソウルフルワールドのあらすじネタバレ
  • ソウルフルワールドの感想評価と口コミ評判レビュー

 

もし、まだあなたが一度も「リメンバー・ミー」や「インサイド・ヘッド」などのディズニーピクサー作品を観ていないなら、ネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品と併せて観ておくことをおすすめします。

例えば、今ならU-NEXTだと初回付与ポイントを使ってディズニーピクサー作品を実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!ディズニーピクサー作品を観るならコチラ▼

映画『ソウルフルワールド』の主題歌はジョン・バティスエの『It’s All Right』

映画『ソウルフルワールド』の主題歌はジョン・バティスエの『It’s All Right』です。

この作品の音楽は異なるジャンルのミュージシャン2組がジャズとスコアで2つの世界を表現しています。

まずは世界的に有名なミュージシャンで、グラミー賞のノミネート経験があるジョン・バティステです。この映画のためにジャズのオリジナル曲とアレンジを提供しています。

そして、世界的インダストリアルバンドであるナイン・インチ・ネイルズのメンバーであるトレント・レズナーとアッティカス・ロスのコンビが劇中に流れるテーマ曲(スコア)を作曲しています。2人はアカデミー賞の作曲賞を受賞したりと、様々な名作を世に送り出してきています。

ピート・ドクター監督はこのスコアについて、他のピクサー作品とは違ったものになっており、今まで行ったことのない場所に連れて行ってくれたとコメントしています。

また、ジョン・バティステに対してもジャズの歴史家でありながら、音楽を進化させ、この作品にも様々な影響をもたらしてくれていると語っています。

海外版と日本版では主題歌が違い、日本版の主題歌はJUJUのヒット曲である「奇跡を望むなら…」を新たにジャズアレンジした曲が起用されています。

ソウルフルワールド|22番のその後について考察解説

22番のその後は、ジョーの生徒?

「22番のその後ってどうなったの?」

と最後一番気になる事は、22番のその後はどうなったのかですよね。しかし、22番のその後は、映画内で描かれることはありませんでした。しかし、話の流れから22番はその後、人間として生活することが考えられます。

映画内で22番がポータルから地球に飛び込んで行ったシーンでは、地球のアジア大陸の方に飛んで行ったことから、22番はアジア人として生活しているのではないかとも考察されています。

22番のその後が描かれたエンディングが存在する!

実は22番のその後を描いたエンディングがあったことを脚本を務めたケンプ・パワーズが語っています。その後のエンディングでは、22番がジョーの生徒として登場するもので、ジョー自身も生徒の1人が22番であることを気付いて終わるエンディングです。

22番のその後については、このエンディングはしっくりくるものがあります。映画内でも22番は音楽に触れるシーンも多く、ソウルの時の記憶がなかったとしても、自然と音楽の道へと引き寄せられていったのかもしれません。

ハッピーエンドの映画ではあるので「22番のその後を観たかった!」「エンドロールの最後にその後のシーンがあるのでは?と期待していた!」なんて人も多かったと思います。私も22番のその後を描くエンディングを、個人的には入れてほしかったなと感じます。

ソウルフルワールドのあらすじネタバレ

以下、映画「ソウルフルワールド」のあらすじネタバレとラスト結末です。

ソウルフルワールドのあらすじ|チャンスを掴むジョー

ジャズ・ピアニストを夢見るジョーに、ある日セブンティ中学の楽団の指導者として、正式な採用の話がきました。

ジョーは長年音楽活動を続けていたものの、結果が残せていませんでした。そんな悩むジョーのもとにカーリーから電話が入ります。それは、憧れのサックス奏者であるドロシアと共演できるかもしれないというものでした。

ジョーはわくわくしながらドロシアの元に向かいます。ドロシアの演奏に合わせて試しにピアノを弾くジョーは、ドロシアに演奏技術を認められます。

ドロシアとライブに出れると有頂天になったジョーですが、道にマンホールの穴があることに気が付かず、底へと落ちてしまいます。

ソウルフルワールドのネタバレ|死後の世界と生前の世界

ジョーは気付くと真っ暗な世界で、遠くに大きな光が見えるところでした。近くにいた人にどこかと尋ねると、死後の世界だという返答が返ってきます。

やっと人生が開けたところなのに、まだ死にたくないとジョーは必死に光から逃げます。すると更に暗闇の底に落ちてしまいました。落ちたところは生前の世界で、生まれる前の魂であるソウルと指導者であるメンターがいる空間でした。

ジョーは小さな魂たちに囲まれ戸惑っていると、そこにカウンセラーのジェリーが現れ、ここがポータルという生前の世界だと教えてくれました。

性格が決まった魂たちはポータルを通って地上に出て行きます。ジェリーに隠れて、ポータルに入るジョーですが、何度飛び込んでもポータルに戻ってきてしまいます。

ポータルから地上に行くには通行証が必要でした。ジェリーはジョーを見つけ、メンターとしてユーセミナーという場所に向かわせました。そこに魂の勘定係であるテリーがやってきて、魂が1つ足りないと騒ぎ始めます。テリーは1つ足りない魂が、どの魂なのか探し始めました。

ソウルフルワールドのネタバレ|人生を振り返るジョー

ジョーが連れてこられたのはメンターのユーセミナーでした。メンターの役目はソウルに「きらめき」を見つけてもらうのが役目で、「きらめき」を見つけて通行証を完成させることで地上に戻れることをジョーは知ります。

そして次にメンターと魂のマッチングが行われます。児童心理学者のホルゲンソン博士として訪れていたジョーは厄介そうな22番の魂と一緒にされ、博士の人生に送られました。

22番のソウルは今までたくさんの有名なメンターと一緒にされましたが失敗し、嫌われてきました。ジョーは自分が博士ではないことを告白すると、22番がジョーの人生を見せてくれました。

自分が初めてジャズに出会った瞬間を22番に案内します。父親に強引に連れていかれた店でジャズの演奏を見て、ジョーは恋に落ちました。それからジョーはジャズミュージシャンを目指して活動しますが、上手くは行きませんでした。

現在の地上でのジョーは病院のベッドで意識もなく横たわる姿で、ジョーは虚しさを感じました。

ソウルフルワールドのネタバレ|「きらめき」を探すジョーと22番

地上に行くためには22番のきらめきを埋めなくてはなりません。ジョーと22番は万物の殿堂に向かいました。色々試してみますが、22番のきらめきはなかなか見つかりません。

ジェリーがやってきて、2人に時間切れだと告げました。時間切れになると天界に送られてしまうのです。22番はなんとか言い訳をし、ジョーを連れて精神と肉体の間の場所であるゾーンに行きました。

ゾーンは人間が何かに集中したときに入り込む世界で、2人の元に大きな船に乗ってムーンウィンドが現れました。ムーンウィンドは国境なき神秘主義集団の一員で、地上の迷える魂を助けていました。

ムーンウィンドの指示で、ジョーは身体がある場所のことを思い浮かべます。するとムーンウィンドが描いた円の底に自分を発見します。興奮したジョーは指示を待たずに穴に入ってしまい、22番もはずみで一緒に円の底へと入ってしまいます。

ソウルフルワールドのネタバレ|地上に行く2人

目を覚ますとジョーはジョーの足の上で眠っていた猫になっていました。誤って22番がジョーに入り込んでしまったのです。22番は外に出たくないとごねますが、ライブ演奏がある為に22番を説得します。

そうして、2人はこっそりと病院を抜け出します。身体の使い方にも外の世界にも慣れていない22番は、座り込み、動かなくなってしまいます。ジョーはそんな22番にピザを盗んで持ってきました。

生前の世界では嗅覚も味覚も感じられなかった22番はピザよ味に感動し、動き始めます。2人は地上にいるムーンウィンドにお願いし、18時半に店に来るよう言われました。

ソウルフルワールドのネタバレ|コニーの訪問

家に戻る途中、ドロシアに偶然会ってしまいます。入院衣を着たジョーをドロシアは不審な目で見つめます。家に着くと、カーリーからジョーが交代させられてしまったと連絡が入りました。

しかし、カーリーは恩師であるジョーのために話をつけると申し出てくれます。ジョーは22番にスーツに着替えるよう指示しますが、22番は嫌がります。

そこに生徒のコニーが訪ねてきました。コニーは楽団を辞めたいと言います。22番はジャズなんて無意味というコニーに共感し、2人で話すとドアを閉めてしまいます。

コニーは辞める前に聞いてほしいとトロンボーンを演奏し始めました。22番はコニーの演奏を聴いて、演奏が好きな子なんだと感じます。それを伝えると、コニーは音楽を続けることを決意して爽やかな笑顔で帰って行きました。

コニーの訪問で、22番はジョーを助ける気になり、自分も好きなことが見つかるかもしれないと思えるようになりました。

ソウルフルワールドのネタバレ|知らなかった友人の顔

その頃ユーセミナーではテリーが足りない魂がジョーであることを突き止めていました。テリーはジョーを連れ戻すため、こっそり地上に向かいます。

22番はスーツに身を包み、ジョーと共に床屋に向かいます。馴染みのジズにお願いし、髪を切ってもらいながら、22番はジズから身の上話を聞き出しました。

ジズはジョーとこんな話ができて嬉しいと明るく2人を送り出します。今までジズとはジャズの話しかしてこなかったジョーは唖然としてしまいました。

ソウルフルワールドのネタバレ|母親に本音をぶつけるジョー

ムーンウィンドの所に向かう途中、ジョーのスーツが破れてしまいます。急ぐためには仕立て屋の母親に頼むしかありません。母親はジョーのミュージシャン活動に反対しており、行くのが躊躇われましたが、楽団の発表会だと嘘をつくことにしました。

しかし、店に着くとコンサートのことは母親の耳にも入っていました。怒る母親はスーツを直すのを拒否します。いつもは逃げるジョーでしたが、22番が口を滑らしたことをきっかけに本音をぶつけることにしました。

夢を追いたいと言うジョーに母親は父のようにはなってほしくないと言います。ジョーは自分にとっても父親にとっても音楽は生きる意味で、もし今日命を落としたら、自分の人生は無意味に終わると訴えます。

母親は理解を示してくれ、ジョーに父親のスーツを仕立ててくれました。

ソウルフルワールドのネタバレ|地上に戻るジョー

22番は地上の生活への考え方が変わってきていました。そして生きる目的や情熱を教えてくれたジョーに感謝を述べます。そこにムーンウィンドがやってきました。

しかし、22番は地上できらめきを見つけたいと逃げ出してしまいます。22番を追うジョーでしたが、2人は途中、テリーによってユーセミナーに戻されてしまいます。

人生のチャンスを失ったと怒るジョーに対し、22番もきらめきを逃したと怒ります。ですが、22番の胸にはきらめきが埋まった通行証がありました。

ジェリーに促され、ジョーは22番が地上に行くのを渋々見送りに行きます。すると22番はジョーに通行証を投げ、消えてしまいました。ジョーは通行証を持って地上に向かいます。

ソウルフルワールドのネタバレ|チャンスを掴むジョー

目を覚ましたジョーはドロシアの所に向かい、自分の人生の目的は演奏でそのために生まれてきたから邪魔はさせないと強気に訴えます。ドロシアはその発言が気に入り、ジョーをステージに上げます。

ジョーはドロシアと共に素晴らしい演奏を繰り広げました。観客たちは立ち上がって拍手を送ります。そしてジョーはドロシアにカルテットの一員として認められました。

しかし、人生を懸けて待っていた日であったにも関わらず、ジョーは冷静な自分がいることに気が付きます。

ソウルフルワールドの結末ラスト|再び地上に行く2人

家に戻り、ジョーは22番と過ごした時間を思い出します。それと同時に今までの自分の人生はきらめきの連続でかけがえのないものであったことに気が付きます。

涙を流しながらピアノを演奏しているとジョーはゾーンに入ります。そして、ムーンウィンドと再会することができました。そこで22番が生きる目的がないと彷徨い、迷える魂になってしまったことが分かります。

ジョーは22番を探し出し、追いかけます。22番は巨大化しており、ジョーを飲み込んでしまいました。ジョーは闇の中で自分はクズだと呟く22番を見つけます。

ジョーは、22番にきらめきは目的ではない、生きる準備ができていたら枠は埋まると優しく言い聞かせました。そうして、22番は笑顔になり、元の姿に戻ります。

ジョーは22番の胸に通行証をつけ、もう自分は十分生きたと微笑みます。不安げな22番の手を握り、ジョーは行けるところまで一緒に行くと2人はポータルに飛び降ります。そしてジョーは手を離し、22番は地上に行ってしまいました。

ジョーは死後の世界に戻りました。するとジェリーが現れ、ジョーに感謝の印としてもう一度チャンスを与えると言います。地上に戻ったジョーはこれからは一瞬一瞬を大切に生きていこうと決意しました。

以上、「ソウルフルワールド」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!ディズニーピクサー作品を一気観したいあなたはコチラ▼

ソウルフルワールドの感想評価と口コミ評判レビュー

以下、映画「ソウルフルワールド」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|少し複雑な設定だが、大人も子供も楽しめる作品

生まれる前の世界と、亡くなったその後の世界を主人公が行き来する、単なる子供向けではない、大人も楽しめる重厚なアニメでした。生と死、生きる目的といった難しいテーマを素晴らしいアニメーションの画力で、直感的に分かりやすく表現しています。

とくに生まれる前の世界の描き方は、受け止め方を観客にゆだねるような概念的なコンセプチュエルな画風で、さすがピクサーと思いました。

ジョーと22番の会話の中には様々な人生のヒントが隠されており、「人生って目的がなくても、生きがいがなくても、ただ毎日生きてるだけで素晴らしいことなんだ」と最後に気づかせてくれるまでの伏線の張り方が見事でした。

ただ、映画の終わり方に関しては、ジョーが22番を助けたことにより、特別に許されて現実世界に戻されるというシナリオがちょっと簡単すぎる印象を受けました。最後の終わり方が安易でしたが、それ以外は絵もあらすじも登場人物も素晴らしかったです。

子供と一緒に見ても、いつの間にか大人の方がのめりこんでしまうような素晴らしいストーリーでした。

口コミ評判レビュー|「独特な演出にとても心を惹かれました」「成長していく姿から目が離せません」

映画『ソウルフルワールド』の口コミ評判レビューには、「ジャズとソウルの世界観が混じった独特な演出に心を惹かれた」「大人が見るべき映画だと感じた」「振り返るのも面白く、何度も見返した映画」「ジャズを主軸にした世界観が大人にもはまるおしゃれな映画」という評判が多い印象です。

★★★★☆星4

数多く有るピクサー映画の中でも音楽を題材にしたものは珍しく、ジャズとソウルの世界観が混じった独特な演出にとても心を惹かれました。

中学校で音楽の教師をやりながらも、ジャズのピアニストになるという夢を持ち続けている主人公のジョー・ガードナー、大人になっても夢を諦めていない様子は今を生きる社会人に大きな勇気を与えると思い、ピクサーならではの夢のある設定だなと感じました。

そんな彼が夢をかなえるチャンスをもらった直後に思わぬ事件が起こってしまいます。マンホールに落下してしまったジョー、そこでソウルの世界に行ってしまった彼は人間嫌いのソウル22番と出会います、22番と出会ったことで大きな影響を受けるジョーが更に成長していく姿から目が離せません。

30代男性

★★★★★星5

大人向けのアニメーションを誰が見ても分かりやすく表現してるところが凄いなと思いました。

映像の美しさやジャズの音色も印象的でよかったです。私自身作品を見て感じたことが沢山あり、子供たちが健康に生まれて来てくれた事に感謝していたはずが、いつの間にか子供の成長とともに考え方も変わっていき健康でいる事は大前提ですが子供達にあれこれ注意してしまっていたなと反省しました。

子供達には幸せになってもらいたいが為に勉強は必要。あれもこれもできなければと必死になり過ぎていたのかなと反省しました。必ずしも夢を持つ必要なんてないし、抱いた夢を叶えたからと言って幸せが待っているとは限らないのかなと感じました。

日常の一瞬一瞬を大切に、どんな小さな幸せも見つけられる子に育って欲しいと思いました。心が温まる作品なので沢山の人に見てもらいたいです。

20代女性

★★★★☆星4

魂が生まれる前の世界にジャズピアニストの人間の魂が迷い込んでしまうというストーリーです。

ジャズのテイストが好きな方はより楽しめると思います。「生きること」の意味、目的を問いかけるような作品は多いですが、この作品では肩ひじ張らずに目の前にある今を生きていけばいのだというメッセージ性を感じました。そこがとてもいいなと思いました。

未来でも過去でもなく今に一番重きをおくことはあたりまえのようでいて難しいものです。不安を抱えながら生きている、大人向けのメッセージ性の強い映画だと思いました。

そしてこの映画では夢がかなった人が陥りがちな燃え尽きた虚無感も上手に描かれていて、最終シーンへのつながりが感じられました。哲学的だけれド重たすぎないそんな映画だと思います。

40代女性

★★★☆☆星3

なかなか難しいテーマの映画でした。感動というよりは、考えるべきテーマを与えられた感じです。

私はジョーのように恵まれた才能や没頭できる趣味があるわけではありません。どちらかと言うと22番のほうが自分に近いです。22番の何をやってもハマりきれないところが自分にそっくりです。

ジョーから22番に向けて、きらめきだけが人生の目的ではないというシーンがありましたが、正直今ひとつな感じがしました。人生の目的は生活の一部にある、と言われてもまだよくわかりません。

ジョーが最後に言う、一瞬一瞬を大切に生きるというのはその通りだと思います。恵まれた才能や没頭できる趣味はありませんが、ゾーンに入りすぎて人生を見失ってしまうよりかはいいと思いました。

自己啓発本でもこういうテーマはなかなか納得できるものがないので、映画にするのはとても大変だったと思います。22番に感情移入した結果、私は考え込んでしまったのですが、単純にお話として受け止めれば楽しめる映画だと思います。

20代女性

*映画「ソウルフルワールド」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料でディズニーピクサー作品を今すぐ観るならコチラ▼

▼ディズニー映画作品の特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA