CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『ホーム・アローン2』ホテルマンの正体やマクゴナガル先生の出演も?鳩おばさんなどキャスト解説!【あらすじネタバレや感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1992年12月19日、日本公開の映画『ホーム・アローン2』。

前作から1年後の内容となっていて、主人公のケビン役もマコーレ・カルキンや泥棒役のキャストも1作目から続投しています。

ロケ地がニューヨークの高級ホテルのプラザホテルで、ここの所有者はトランプ元大統領とのことで、 そんな関係で本人が映画にも出演しています。

コメディ映画ですが、泥棒を撃退するおもしろ要素以外にも感動するシーンもあり、とても楽しめる作品です。

『ホーム・アローン2』の口コミ評判レビューには、

  • クリスマスにもってこいの映画
  • 前作よりも面白かった
  • トランプがカメオ出演してるのも是非見つけて欲しい
  • 年を取っても面白いと思える名作
  • 家族で楽しく観れる映画
  • 大人になった今でも楽しく見られる
  • コメディ要素が抜群に面白い
  • 続編はつまらないというイメージを見事に覆してくれた

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『ホーム・アローン2』のキャスト一覧|ホテルマンや鳩おばさん、マクゴナガル先生も出演している?
  • 『ホーム・アローン2』のあらすじ
  • 『ホーム・アローン2』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「ホーム・アローン2」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「ホーム・アローン2」を観るならコチラ▼

『ホーム・アローン2』のキャスト一覧|ホテルマンや鳩おばさん、マクゴナガル先生も出演している?

ケヴィン・マカリスター 役-マコーレー・カルキン

今作の主人公でマカリスター家の末っ子。

1年前に親戚一同でのパリ旅行で置いてけぼりになったが、持ち前の賢さと勇気でクリスマスシーズンを狙った泥棒2人組を撃退しました。

本作では親戚一同でマイアミへ向かう予定だったが、乗り込む飛行機を間違えてしまい、たった一人で大都会ニューヨークを旅行する羽目になります。

演じたのは、前作と同じく90年代初頭に天才子役として一世を風靡したマコーレー・カルキンです。

管理人

マコーレーは前作の大ヒットの影響で当時主演作のオファーが凄まじいことになっており、今作で支払われた出演料は450万ドルという破格の金額だったようです。

その後、マコーレーは両親の離婚、キャリアの低迷、10代にして重度のアルコール依存症になってしまい、一時は「ホームアローンの子役が死亡」と死亡説が囁かれるまでになりましたが2016年から俳優活動を再開し、2018年にはGoogleのCMでケヴィン・マカリスターを26年ぶりに演じ、元気な姿を見せてファンを喜ばせました。

ヘクター(プラザホテルのホテルマン) 役-ティム・カリー

ケヴィンが宿泊したプラザホテルのホテルマン。

宿泊した直後からケヴィンが盗難したクレジットカードを利用していると推測し、父親の存在を確認するために合鍵を使って部屋に入るなど常にケヴィンの行動を怪しんでいました。

このヘクター役を演じたのは、イギリス出身の俳優であるティム・カリーです。

管理人

ヘクターを演じる際のなんともうさんくさい笑顔が印象的でしたが、2017年に映画化され、日本でも大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット』の1990年に公開されたテレビ映画版では白塗りの不気味なピエロ・ペニーワイズを演じています。

当時アメリカ中の子供たちに恐怖を植え付けました。

鳩おばさん 役-ブレンダ・フリッカー

ニューヨークのセントラルパークにて全身に鳩を乗せているホームレスの女性。

その不気味な雰囲気に当初はケヴィンも警戒していたが、内面は非常に優しい性格をしており、家族にひどい行いをしたと反省しているケヴィンを励まします。

終盤では、ハリーとマーブに追い詰められたケヴィンを鳩を使って助け、ケヴィンのピンチを救いました。

映画のラストでケヴィンはダンカンさんから頂いた2羽のキジバトの人形のうち、1羽を友情の証として彼女にプレゼントしており、ケヴィンとは年齢や性別を超えた友情で結ばれていることが分かります。

この非常に印象的な鳩おばさんの役を演じたのはアイルランド出身の女優であるブレンダ・フリッカーです。

管理人

ブレンダは1989年に出演作「マイ・レフトフット」でアカデミー賞助演女優賞に輝くなど演技派女優として知られていましたが、映画の出演は少しずつ減り、2012年にはテレビ番組にて自己破産をしたことを告白しております。

映画では鳩好きという設定でしたが、私生活では愛犬家として知られており、2020年に出演した地元のラジオ番組にてクリスマスの過ごし方について聞かれた際、犬を抱きしめて過ごすと語っています。

ストーン(プラザホテル受付の女性) 役-ダナ・アイヴィ

ケヴィンが宿泊したプラザホテルの受付を担当している女性。

ケヴィンをクレジットカードの盗難犯だと疑い、同僚のヘクター、セドリックとともに捕まえようと試みるも逃げられてしまいます。

鑑賞した人の中には印象的なルックスが似ているため、映画「ハリーポッター」シリーズでマクゴナガル先生を演じたイギリス出身の女優マギー・スミスが演じているのではと勘違いした人もいるかもしれません。

しかし、ストーンを演じているのはマギー・スミスではなくアメリカ出身の女優であるダナ・アイヴィです。

管理人

ダナは、元々舞台女優として活躍していた演技派俳優ですが、1991年公開の『アダムスファミリー』や今作への出演が好評を受けたのを受け、その後はコメディ映画にも多数出演しております。

マギー・スミスも元々はイギリスを代表する演技派女優でしたが1992年の出演作『天使にラブソングを』以降はコメディ映画にも出演しており、ルックスだけでなく経歴もダナ・アイヴィと似ている点があります。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『ホーム・アローン2』のあらすじ

以下、映画「ホーム・アローン2」のあらすじです。

『ホーム・アローン2』のあらすじ|今度はニューヨークで一人ぼっち

閑静な住宅街にあるマカリスター家に親戚一同が集結し、明日から年末休暇でみんなでマイアミに向かう予定です。

1年前にパリ旅行で置いてけぼりを食らい、ハリーとマーブという泥棒2人組を1人で撃退した少年ケヴィンは旅行の前夜に行われた聖夜祭のコンサートにて兄のバズに大勢の観客の前でからかれてしまい、怒り狂ったケヴィンはバズを押し倒し、コンサートを台無しにしてしまいました。

帰宅後、バズは家族の前でケヴィンに謝罪しますが、バズの見え透いた嘘の演技に気付いたケヴィンは納得がいきません。

そんなケヴィンの態度を家族全員が咎め、結局ケヴィンは一人屋根裏部屋で過ごすことになってしまいました。

翌朝、1年前と同じように家族全員が寝坊してしまい、なんとか空港に着いた一家は搭乗ゲートまで走って向かいます。

ケヴィンはお気に入りのおもちゃである録音マイクの電池を交換しようと、父親のバッグを持って立ち止まっているときに家族とはぐれてしまい、1人だけ大都会ニューヨーク行きの飛行機に乗ってしまいました。

『ホーム・アローン2』のあらすじ|ニューヨークを満喫するケヴィン

マイアミに着いたマカリスター家はケヴィンがいないことに気付き、大パニックになります。

ケヴィンはというと、録音マイクを上手に使って豪華ホテル・プラザホテルに宿泊し、父親のクレジットカードを使ってルームサービスを頼み、特大ベットの上で映画を楽しむ優雅なひと時を満喫していました。

翌朝、ニューヨークにあるダンカンのおもちゃデパートに向かいました。

買い物の際にレジのおじいさんからクリスマスの売り上げはすべて子供病院に寄附すると聞いたケヴィンは20ドルを寄附したいと伝えます。

すると、おじいさんはお礼に2羽のキジバトの人形をケビンにプレゼントし、1羽を大切な人に渡してほしいと言いました。

実はおじいさんは社長のダンカンさん本人だったのです。

あたたかい気持ちで店を後にしたケヴィンでしたが、脱獄したハリーとマーブに偶然出くわし、捕まってしまいました。

2人はダンカンのおもちゃデパートに深夜強盗に入る計画を立てていたのです。

『ホーム・アローン2』のあらすじ|おもちゃ屋強盗計画の阻止を決意するケヴィン

なんとか逃げ出したケヴィンがホテルに帰ると、支払い時に提示したクレジットカードの盗難届が出ていることからホテルマンからも追われる羽目になってしまいます。

ホテルで観ていた暴力映画の音声をうまく使い、ホテルから脱出したケヴィンは親戚のロブおじさんの家に向かいますが、改装中で誰もいませんでした。

仕方なく夜の公園を一人彷徨っていると、全身に鳩を乗せた不気味なおばさんに遭遇し、逃げ出そうとしますが意を決して話しかけてみると悪い人ではなく、カーネギーホールの屋根裏に行き、お互いの家族について話しました。

離婚してから人間不信になっているおばさんをケヴィンは励まし、おばさんも家族にひどいことをしたと反省しているケヴィンを勇気づけました。

おばさんと別れた後、子供病院を通ったケヴィンはハリーとマーブの強盗計画を思い出し、たった一人で計画を阻止することを決意します。

以上、「ホーム・アローン2」のあらすじでした。

ホームアローン3のあらすじネタバレはこちら

果たして、ケヴィンは泥棒2人組を撃退することが出来るのか?そして、再び家族と再会できるのか?結末が気になる方は、実際に映画を観ることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ホーム・アローン」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

『ホーム・アローン2』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「ホームアローン2」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|コミカルな作風の中に家族愛のメッセージが詰まった不朽の名作

映画『ホーム・アローン2』は、1990年に公開され、世界中で大ヒットを記録した前作『ホーム・アローン』から2年後に公開された続編となっております。

前作ではクリスマスシーズンにひょんなことから家に一人ぼっちにされた少年ケヴィンが、意地悪な泥棒2人組に立ち向かっていく姿を描いておりました。

しかし、映画『ホームアローン2』では一人だけ乗り込む飛行機を間違えてしまい、大都会ニューヨークで一人ぼっちになってしまったケヴィンの姿を描いており、よりスケールが大きくパワーアップした内容になっております。

管理人

ケヴィンはニューヨークで父親ピーターのクレジットカードを使い、ニューヨークでも有数の豪華ホテル・プラザホテルのスイートルームに宿泊し、ルームサービスを頼んだり、プールを楽しんだり、リムジンを手配して車内でピザを片手にアニメを見ながらおもちゃデパートに行ったりと贅沢なひと時を過ごしますが、贅沢三昧のケヴィンの姿はいつ見ても憧れてしまいます。

天才子役として名を馳せたマコーレー・カルキンの可愛らしさも非常に魅力的です。

その後、おもちゃデパート強盗計画を立てる前作の泥棒二人組ハリーとマーブに出くわし、再び彼らとケヴィンとの戦いが始まっていきます。

前作の戦いの舞台は住み慣れたマカリスター家でしたが、今回は親戚のロブおじさんの家が戦いの舞台になるため、戦況的には不利になるのではと思いますが、賢いケヴィンは前作以上に巧みに練られたトラップで2人を翻弄していき、友人となったハトおばさんの協力もあり、見事勝利をつかみます。

ハリーとマーブがケヴィンのトラップにひっかかる際のオーバーリアクションは最高で、何度観ても爆笑してしまいます。

ハリーを演じたジョー・ペシ、マーブを演じたダニエル・スターンは、たくさんの映画に名脇役として出演する演技派俳優ですが、今シリーズでのコミカルな演技は演技力のある彼らならでは魅力だと思います。

管理人

特にハリー役のジョー・ペシは「グッドフェローズ」などマフィア映画のイメージも強い俳優です。

映画『ホームアローン2』でのギャップのある役柄は、意外性があって面白いです。

泥棒を退治した後のケヴィンは、ニューヨークのロックフェラーセンターにあるクリスマスツリーの下でマイアミからニューヨークまでケヴィンを探しに来ていた母親と再会をするのですが、このシーンは家族の大切さを感じることが出来る非常に美しいシーンとなっており、間違いなく映画『ホームアローン2』のハイライトとも言えるシーンになっております。

泥棒たちとの戦いやニューヨークでのドタバタな展開などコミカルなシーンの中に、クリスマスシーズンならではの家族愛といったあたたかいメッセージが詰まった不朽の名作だと思います。

『ホーム・アローン2』のみんなの口コミ評判レビュー

『ホーム・アローン2』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「ケビンと泥棒の駆け引きを楽しめたり、家族愛を改めて再確認できる素晴らしい映画作品」「笑いだけでなく、家族愛も描かれており、感動もできる素晴らしい作品」「子供から大人まで幅広い世代で楽しめる」「大人になってから見ると違った視点から見れたり、子供の頃にはなかった発見がある作品」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

映画『ホームアローン2』は俳優マコーレー・カルキン主演の第2作で、前作からの続編です。

前作では大家族で旅行に行くはずがトラブルが重なり主役のケビンが一人家に置いてかれたことで起こる舞台を描いていましたが、第2作では前回の反省を踏まえて家族と一緒に旅行に行けることになったものの、空港でのドタバタ劇でケビンが乗る便を一人間違えて行き先が変わり、またひとりぼっちになるという物語のスタートでした。

タイトル通り今回もまたひとりになることが予想されるわけですが、この状況もまさに小さな子ども一人で大都会ニューヨークに降り立つなんて一体どうなってしまうんだろうとドキドキハラハラせざるを得ない展開ですよね。

ケビンはいざ一人ニューヨークに降り立つと奇跡的に持っていた父のカードで買い物したりホテルにチェックインしたりルームサービスを頼んだり、一人が慣れていることに加え度胸も据わっており、こどもとは思えない行動力に感心します。

前作で逮捕されこの度脱獄したケビンの敵役二人の男(ハリーとマーブ)も登場し、強盗を企む二人を阻止するためにわざとおびき寄せたりして闘う姿も頼もしさを感じます。

そして、この作品のいいところは見知らぬ人との友情が芽生えるところだと思います。

今回はホームレスになった鳩を操るおばさんとの話です。

強盗との対決でピンチになった時に助けてくれたおばさん、そしてホームレスになった経緯を話したケビンから励ましの言葉をもらったり、友情の証としておもちゃ屋でもらった対のキジバトの飾りの片方を渡すなど、年齢や性別を超えた二人の絆を見ることができます。

これが感動を呼んでいると思います。

私は昔からホームアローンの映画を何度も見てきましたが、ホームアローン2の方が好きです。

一人でも恐れず、前を向いて立ち向かう姿には本当に感銘を受けます。

ラストは母親がイルミネーションで美しいクリスマスツリーの前でたたずんでいるケビンを発見し、再会。涙なしでは見られません。

冬になると見たくなるホームアローン。また今年も見てみようかなと思います。

40代女性

★★★★★星5

映画『ホームアローン2』は、小学生の頃に初めて見てから毎年のように見る大好きな映画の一つです。

この映画の一番の良さは子供から大人まで幅広い世代で楽しめるということだと思います。

子供の頃に見て大好きだったものが大人になると「…。」という映画は多いと思います。

しかし、この映画に関しては大人になってから見ると違った視点から見れたり、子供の頃にはなかった発見がある作品だと思います。

まず単純にコメディ要素が抜群に面白い!これは子供でも好きな要因だと思いますが、ケビンが大人二人相手に仕掛ける巧妙な罠がとても面白く、スカッとします。

同時に友情や家族との絆も学べるので子供に良い教科書だと私は思います。

正直子供の頃は鳩おばさんの良さがあまりわかりませんでしたが、大人になってから共感できるようにもなりました。

そして元アメリカ大統領のトランプ氏もちらっと映っています。これも最近知りました。

クリスマスにぴったりの作品で、ホームアローンシリーズの中で私はこの「ホームアローン2」がダントツでお薦めです。

30代男性

★★★★☆星4

『ホーム・アローン2』は天才子役の名を世に広めた、ホーム・アローンの二部作目となっています。

続編はつまらないというイメージをこの映画は見事に覆してくれました。

舞台をニューヨークにしたことによって、煌びやかな都会の世界とそこにいるホームレスという闇の部分も描くことが出来ていて、前回のドタバタだけでは終わらない余韻を楽しむことが出来ました。

主人公のケビンもホテルでやりたい放題したり、マヌケだけれどどこ憎むことが出来ない泥棒たちをこてんぱんにしてしまう姿に笑いが止まりません。

有名なロックフェラー・センターなどが出てきたり、ニューヨークを旅行している気分になれるのはいいですね。

ハトおばさんとのやり取りに感動してしまいました。意外な特別ゲストも出ているので必見です。

30代女性

★★★★★星5

クリスマスの定番といえばホームアローンで、クリスマスが近づいてくると何となく観たくなってしまう作品です。

2は、ケビンの大冒険って感じがします。

あんな小さな男の子が1人で間違えてニューヨークに着いてしますし、ケビンみたいに過ごせないと思います。

ケビンは見た目は子供なのに、とてもしっかりした印象を受け、ちょっと生意気で素直じゃ無くでも、時々やっぱ子供なんだと思います。

鳩おばさんを見た時はびっくりしましたし、大人でもかなり怖いと思います。

お父さんのカードを使って豪遊している姿やその時の表情がなんとも大人っぽくしていて笑ってしまいます。

また出てきた泥棒2人組は、泥棒なのにひょうきんがあってなんだか嫌いにならず、むしろこの作品には欠かせない存在です。

鳩おばさんと再び話すケビンはただも優しく感じました。

最終的には家族と再会できるとわかっていてもそのシーンは少しうるっとします。結局、最後は心が温まります

30代女性

★★★★☆星4

大ヒットした前作がスケールアップした続編の映画『ホームアローン2』。

家族とはぐれて一人ぼっちになったケビン少年が今度はニューヨークで大暴れ。お間抜け泥棒コンビをやっつけます。

ニューヨークで出会った人との温かい交流も描かれています。この作品を見返して思うのが時の流れ。

劇中に出てくるワールド・トレード・センターはもうありませんし、トランプ氏は大統領に就任しました。

主演のマコーレー・カルキンはお騒がせ男になってしまい…。約30年前の映画ですから当たり前ですが。

あとケビン少年は少しやり過ぎでは。親のカードで豪遊したり簡単にウソをついたり。

将来のカルキンを暗示してる?伏線回収がきちんとできていますし、いたずらもパワーアップ。

第1作に負けず劣らずの出来だと思います。

50代女性

★★★★★星5

『ホーム・アローン2』はホーム・アローン系列で一番最初に見た作品でした。

トランプ元大統領(当時はちょうど大統領でした。)が出演しているということと、友人からの勧めで2から見ました。

まず最初に、家族旅行に行く途中でその前の日に、大人数家族のうちの子供の一人(主人公:ケビン)が家族と喧嘩したりする描写がメインに描かれます。

この時点から、いかにも当時(1990年代から2000年代初期)のアメリカン系ムービーという印象を持ちました。

この辺の家族関連の描写とかノリは、2000年代くらいまでのディズニーなどにも見受けられるノリかなと思います。

このあとケビンたちは飛行機でまごついてたら手違いで一人だけ間違えてニューヨークへ行ってしまいます。ここからが面白い。

ケビンがホテルに行って、巧妙にやり過ごし宿泊するのですが、この辺のホテルの人たちとのやり取りは、『ホーム・アローン2』全体での見どころポイントの一つだと思います。

トランプさんも少しちらっと出てきます。

ここまでは、ケビンがホテルの中の人たちを引っ搔き回してるいたずらっ子に見えますが、悪い人たちも出てきます。

そのあとは、主に悪い人たち二人が出てきて、ケビンを追い詰めますが、彼らを逆に撃退します。これも本作品の見どころの一つですね。

ケビンを悪い人2人が追い詰めるといっても、コメディチックに描かれ無事撃退されるので、安心して見られます

本格的にバイオレンスなシーンはありません。悪党2人撃退の仕方もぶっ飛び方がすごいです。

最後は家族と再会して、喧嘩していた兄弟とも仲直りし、道中で仲良くなった人も出てきたりして、大団円で終わります。

ラスト、家族と再会してからがほっこりする感じで、見てよかったと思える気分のいい終わり方をしたと個人的には思います。

私自身は思った以上に結構楽しめました。

ホーム・アローンシリーズの中でも特に好きな方です。

日本の道徳的価値観・モラル意識が高い人や子供が苦手な人は、この映画はちょっと向かないかなと思いました。

私自身は、こういうぶっ飛んだの自体は結構好きな方なので、楽しめました。

20代男性

★★★★☆星4

ホームアローンシリーズは、主人公のマコーレカルキンが同世代の小学生だったこともあり、1992年の公開後の金曜ロードショーでの放送は毎回楽しみに見ていました。

最初の映画ではクリスマス休暇に家に置いて行かれたケビンでしたが、2では置いて行かれなかったものの飛行機を乗り間違えて1人だけニューヨークに到着してしまうという内容でした。

当時の私は飛行機に乗った事がなかったので、そんな事もあるのかとドキドキしましたが今考えるとあり得ない設定ですよね。

でもあり得ないとわかっても、毎回楽しく見られてしまうから不思議です。

ケビンの発想力の豊かさと泥棒のマヌケなやりとりが大人になった今でも楽しく見られます。

クリスマスという絶対なので、冬の季節にぴったりだと思います。

40代女性

★★★★☆星4

『ホーム・アローン2』といえばクリスマス映画の定番ですね。1作目の『ホーム・アローン』から2年後に公開されました。

出演者は1作目から変わりなく主演をマコーレー・カルキンが演じています。2作目の舞台はニューヨークです。

前作が家の中だけだったのに対して外に飛び出してマコーレー演じるケビンが暴れまわるのは観ていてとても楽しいです。

先ほども記したように出演者が変わらないので泥棒役の2人も同じ役者さんが演じています。

前作でケビンによってお縄になった2人がまさかのニューヨークでケビンと再会!

絶対ありえないだろう、と思ってしまいますよね。でもコメディ・ホリデイ映画ですから何でもありです。

今作でもケビンは2人の泥棒を倒すため子供ならではの思考で策を考えます。正直なところやりたい放題といっていいくらいです。

でもこの子供の思考で泥棒を倒すというところが何度見ても面白いと思えるところです。

もしケビンが中学生や高校生だったら絶対面白くありません。子供が大の大人を馬鹿にするように翻弄して倒すところがいいのです。

とても面白いのは確かなのですが、個人的には前作の方が面白さは上回っていると思います。

やはり1作目と大まかなストーリーは同じなので、違いを探すとケビンと泥棒が戦う場所というだけ。

そうなると前作で泥棒に驚き一生懸命戦うケビンの方が面白くその策も新鮮に思えます。

決してつまらない映画ではないです。ただ2作目というのは1作目と比べてしまう人が多いと思うので、1作目を超えているのかと言われてしまうと「そうでもないかな?」と応えちゃいます。

なので、お勧めの『ホーム・アローン2』の鑑賞方法は、まず1作目でケビンと泥棒の死闘を鑑賞し、そのあとに2作目を鑑賞しケビンが次はどうやって泥棒と戦うのかを楽しみながら鑑賞する方法です。

決して2作目から観ないことを推奨します!

30代女性

*映画「ホームアローン2」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ホームアローン2」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments