CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『僕のワンダフル・ジャーニー』は実話映画?キャスト相関図や登場する犬種も解説!【あらすじネタバレや感想評価も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年9月13日、日本公開の映画『僕のワンダフル・ジャーニー』。

2017年に公開された『僕のワンダフル・ライフ』の続編です。

前作では転生をしても、またイーサンと出会うべく奮闘する犬のベイリーの姿が描かれていましたが、今作ではイーサンの孫娘であるCJを転生しても守る為に奮闘する姿が描かれています。

前作を鑑賞していてこその感動のラストなので、前作である『僕のワンダフル・ライフ』を鑑賞してからオススメをしたい作品となっています。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の口コミ評判レビューには、

  • 犬の存在の大きさを感じさせられた
  • ベイリーの一途さと一生懸命な姿に感動した
  • 犬好きな人には絶対に見て欲しい作品
  • 家族と共に成長していく姿を見られる映画
  • 犬好きな方にはたまらない映画
  • ベイリーのひたむきさと可愛さがたまらない
  • 犬を飼っている人にも飼っていない人にもオススメ
  • 前作から続けて見るのをおすすめしたい

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『僕のワンダフル・ジャーニー』を徹底解説|実話なの?元ネタについて
    『僕のワンダフル・ジャーニー』相関図|登場する犬種一覧
    『僕のワンダフル・ジャーニー』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)
    『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ

もし、まだあなたが一度も「僕のワンダフル・ジャーニー」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「僕のワンダフル・ジャーニー」を観るならコチラ▼

『僕のワンダフル・ジャーニー』を徹底解説|実話なの?元ネタについて

主人であるイーサンから孫娘であるCJを守ってほしいと頼まれた犬のベイリーの輪廻転生を描いた『僕のワンダフル・ジャーニー』ですが、実話ではなくフィクションとなっています。

もちろん、今作が実話であったりしたらペットを飼っている人からすると、どんな嬉しい話でしょう。

今作は原作者のW・ブルース・キャメロンの原作小説から制作されたものです。

W・ブルース・キャメロンの恋人が愛犬を亡くして悲しんでいるのを励ます為にドライブ中に即興で考えられた話です。

管理人

魂だけは生きていて、またどこかで巡り合えるかもしれないし、どこかでまた幸せに暮らしているかもしれないと言う、前向きになれる犬の転生の話を90分間、ぶっ続けでしたそうです。

この話を聞いた恋人が「自分のようなペットロスになっている人の癒しになる」と執筆を勧め、制作されたものです。

2010年に出版された『A Dog’s Purpose(犬の目的)』は約1年間、ニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングの1位になりました。

日本では、『野良犬トビーの愛すべき転生』と言う名前の小説で、『僕のワンダフル・ライフ』として映画化されました。

2012年には続編となる『A Dog’s Joureny(犬の旅)』が出版され、これが今作の『僕のワンダフル・ジャーニー』の内容となっています。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『僕のワンダフル・ジャーニー』相関図|登場する犬種一覧

『僕のワンダフル・ジャーニー』の相関図

『僕のワンダフル・ジャーニー』の相関図は、このようになっています。

『僕のワンダフル・ジャーニー』に登場する犬種一覧

登場する犬種①

まず、映画内で最初に登場するベイリーはグレートピレニーズとバーニーズマウンテン・ドッグのミックスです。

前作の『僕のワンダフル・ライフ』で描かれていますが、この犬種として生まれるまでにベイリーは5回もの転生をしています。

前作での捨てられるまではワッフルズと名付けられ、その後はイーサンがベイリーと気付くまではバディと名付けられていました。

前作に登場していた全く同じ犬ではありませんが、同じミックス犬の3頭が用意され、今作の撮影が行われました。

登場する犬種②

イーサンからCJを守ってほしいと死に際に言われたベイリーが次に転生したのはキャバグルです。

キャバリアとビーグルのミックス犬で、CJに必死にアピールして飼われる事となりました。

モリーと名付けられ、癌探知犬にもなったりしましたが、事故死してしまいました。

登場する犬種③

キャバグルの次に生まれ変わったのは、アフリカン・ボーアボールです。

ガソリンスタンドのジョーのもとで飼われ、すれ違いにCJと一度会えるだけでした。

70-90キロにもなる大型犬で初心者では飼うことが難しいともされています。

登場する犬種④

最後に生まれ変わったのはヨークシャー・テリアです。

500匹の中から選ばれた2匹が演じ、映画内ではマックスとして名付けられました。

『僕のワンダフル・ジャーニー』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「僕のワンダフル・ジャーニー」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|前作あってこその感動のラスト

今作は『僕のワンダフル・ライフ』の続編であり、イーサンと出会うべく輪廻転生を繰り返した犬のベイリーが自身の死に際にイーサンの孫娘であるCJを守るように託されたことから始まる物語となっています。

ただ、前作と違うのがベイリーだけメインを扱っているのではなく、CJの人生物語も描かれています。

前作ではイーサンと再会するのに苦労したりしましたが、今作ではあまりに簡単にCJに再会できてしまう印象を受けました。

もう少し苦難があれば感動ポイントもあったのですが、ラスト以外は正直感動ポイントも少ないですし物足りない感じでした。

また、このラストに関しても前作を観てないと感動さはあまり感じれないようにも思います。

管理人

しかし前作から見ている人からすると、イーサンとハンナを結びつけたのと同じように、CJとトレントを結びつけたのは良かったです。

そして、やはりベイリーと言えばイーサンとの絆です。親の影響でイーサンと疎遠となってしまった中、CJがベイリーを連れてイーサンのもとを訪れるのは何よりも待ち望んでいたシーンです。

イーサンがベイリーの死に際に傍にいてくれたお返しに、今度はベイリーがイーサンの死に際に傍にいるというのも感動できるポイントでした

イーサンを見届け、CJの幸せを見届けたベイリーが再び天国でイーサンと出会える素晴らしいとラストだったと思います。

『僕のワンダフル・ジャーニー』の皆んなの口コミ評判レビュー

『僕のワンダフル・ジャーニー』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「イーサンの孫娘との新たな飼い主と愛犬の関係と生まれ変わりのストーリーが新鮮だった」「娘の離婚や子供の問題などに苦悩するイーサン夫妻の思いを一身に受け、孫娘のCJを見守ろうとするベイリーの健気さが印象的」「ベイリーが、元々の飼主イーサンと再会し寄り添うラストには感動した」「犬とたくさん遊んであげようと考えさせられる映画」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★☆星4

今回、『僕のワンダフル・ジャーニー』は前作の『僕のワンダフルライフ』の続編でした。

犬好きな方にはたまらない映画ではないでしょうか。

『僕のワンダフルライフ』でもそうでしたが、自分が飼っている犬と照らし合わせて観たら余計泣ける映画でした。

犬からの視点が多いため、愛犬とは話せないけど愛犬もそのように思っているのかな〜本当はこんなこと考えているのかな、など想像しながら観ました。

今まで犬が亡くなる経験をしたことがないため、お別れまでにこれからたくさん遊んであげようと考えさせられる映画です。

犬が繋がる家族の物語、犬は家族です。

家族と共に成長していく姿を見られる映画です。

20代女性

★★★★☆星4

前作の『僕のワンダフル・ライフ』もうるうるしながら見ていましたが、続編の『僕のワンダフル・ジャーニー』もやはりうるうるしました。

イーサンから孫娘を託され、何度も生まれ変わり、孫娘CJの元へ表れ側で支える歴代ベイリーのひたむきさと可愛さがたまりません。

今作では、CJと幼なじみのトレントとの恋の行方も見所の一つです。

子ども時代はあまりぱっとしなかったのに、爽やかイケメンに成長したトレント。

お互い惹かれるのではないかというフラグを立てつつもなかなか距離が縮まらずモヤモヤしました。

ベイリーがトレントの病気を見つけた時はまさかこのまま悪化してしまうのではと思ったのですが、あり得ないほどのトレントの回復力にちょっと突っ込んでしまいました。

イーサンとの別れは辛かったです。

自分も犬を飼っているので、本当に自分の元へ帰ってきてくれたらなと、映画を観ながら愛おしく感じました。

犬を飼っている人にも飼っていない人にもオススメです。

40代女性

★★★☆☆星3

前作に感動したので続編である今作も見たのですが、全体的にちょっとがっかりな感じでした。

その原因は、あまりにも簡単にCJと出会えてしまうこと。

前作は生まれ変わっても、なかなかイーサンの元には辿り着けず、今の飼い主の元で一生を終えることが多かったのに対して、今作は紆余曲折なくCJと出会い、出会ったら今の飼い主のことはそっちのけでCJだけを追いかけてしまうので、ベイリーはそんな犬じゃなかったよとがっかりしてしまいました。

どちらかといえばCJ周りの人間ドラマが中心になっているところもあって、思っていたのとは少し違いました。

それでもラスト、草原でのイーサンとベイリーの再会シーンは涙が出ました。あのシーンは全犬好きが泣いたんじゃいかなと思います。

全体的にはがっかりな出来だったけど最後の最後で満足度が上がりました。

ただ前作を見ていた方がラストシーンの感動度が上がると思うので、これから見るなら前作から続けて見るのをおすすめします

30代女性

★★★★★星5

僕のワンダフル・ジャニーは犬を愛する全ての人におすすめできる映画です。

生まれ変わりを繰り返しながら、大切な人に会いに行く命の旅を続けるベイリー。

大好きなイーサンと再会し、次はイーサンの孫娘CJを守って欲しいという願いを聞いてベイリーの新しい旅が始まりました。

何度も転生を繰り返す中でベイリーの命が終わり、始まる時が悲観過ぎない部分はとっても大好きで犬好きが最も苦手な犬が居なくなる場面も重すぎずにコミカルに描かれており、安心してみることができます。

人間以外の生き物にとっては死は自然なものであり、この映画に出てくる犬たちもまた同じように死を受け入れながら次の生に向かって進んでいます。

感動的な映画ではありますが、繰り返す生死が当たり前に描かれている部分がとても良い作品だと思いました。

30代女性

★★★★★星5

前作のワンダフルライフをみてからこちらを見ました。

私は犬が大好きで、自宅でも犬を飼っています。

なんとなく自分ちの犬と照らし合わせて、もしうちの子が亡くなったら、私に会いに何度でも生まれ変わってくれるのかなと想像してしまいました。

涙無しでは見られない作品です。

こちらも同様、自宅の犬だったらと想像してみました。

自分の飼い主だけでなく、孫の世代までしっかり意思を繋いで守り切れるだろうかと。生まれ変わりはいないと思われる方もいるかもしれません。

ただそれは気づいてないだけで本当は生まれ変わりかもしれません。

イーサンはそれに気づいてあげれた。

CJも気づいてあげれた。

これはきっと飼い主と愛犬の見えない何かで繋がれたからできたことだと思います。

20代女性

★★★★★星5

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」は、最愛の飼い主に再会するために転生する犬の想いと姿が描かれた「僕のワンダフル・ライフ」の続編となる映画でした。

相思相愛の飼い主イーサンと転生によって再会を果たした犬のベイリーが、続編となる本作品では、イーサンの孫娘との新たな飼い主と愛犬の関係と生まれ変わりのストーリーが新鮮でした。

娘の離婚や子供の問題などに苦悩するイーサン夫妻の思いを一身に受け、孫娘のCJを見守ろうとするベイリーの健気さが印象的でした。

そんなベイリーの姿に、関わる人がそれぞれに人との接し方にも変化をみせるのも、犬の存在の大きさを感じさせました。

さまざまなピンチとなる場面に寄り添ってくれたベイリーの最後を、結婚して家族を持ったイーサンの孫娘CJらが看取ってくれた様子には、自分の愛犬が亡くなったときを思い起こさせました。

天界へと昇ったベイリーが、元々の飼主イーサンと再会し寄り添うラストにはグッとくるものがありました。

40代男性

★★★★☆星4

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』は、2017年に公開された、愛犬とパートナーの絆を描いた胸がいっぱいになるハートフルな映画です。『僕のワンダフル・ジャーニー』の続編のお話です。

イーサンとの約束を守るためにベイリーが何回も犬として生まれ変わります。

私自身もワンちゃんと一緒に暮らしているので、観ている途中に共感し過ぎてお別れのシーンでは涙が止まりませんでした。

ですが心地よい涙です。

この作品を観て、いつかくる日の為にも、愛犬にもっとこうしてあげようと振り返ることが出来ました。

ですが、見る方によって評価が分かれるお話かも知れません。

1作目を見ていなくても十分に楽しめる内容になっていると思います。

40代女性

★★★★★星5

動物が出てくる映画なんて、所詮は子供向けだろうと思っていました。

うちにも柴犬がいるので、かわいい犬達が見られれば、と思い子供と一緒に見ました。

ですが、子供と一緒に観たことを後悔しました。

子供の前で泣くのは恥ずかしいので1人で見るべきでした。

うちの犬はまだ若いので将来歳をとったらなんて全然考えてなかったのですが、この映画を見たら将来の事がとても不安になりました。

うちはこんなに信頼しあっているのだろうか、もし違う犬になってたとして私はこの子に気付いてあげられるのか、その前にこの子は私のところに戻って来てくれるのか、色んな事を考えてしまって、ついついうちの犬を抱きしめてしまいました

いつか来る別れの時に後悔しないように一緒にいようと思わされました。

50代女性

*映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「僕のワンダフル・ジャーニー」を今すぐ観るならコチラ▼

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ

以下、映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のあらすじです。

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ|イーサンの願い

犬のベイリーとイーサンは不思議な絆で結ばれていました。

ベイリーはイーサンに育てられたことが忘れられず、転生した後も必死に探し続け、出会っていて、イーサンも今いるベイリーが幼い頃に育てていたベイリーだと分かっていました。

妻のハンナと3人で暮らしていましたが、ベイリーに腫瘍が見つかります。

治療の効果が期待できないことが分かると、苦しんでいるベイリーを安楽死させることにします。

イーサンは再び転生することを思って、ベイリーに疎遠となってしまった孫娘のCJを見守ってほしいと頼むのでした。

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ|CJに再び出会うも…

生まれ変わったベイリーはビーグル犬になっていました。

ある日、弟であるロッキーの引き取りに来た男の子の友達にCJがいるのを発見します。

ベイリーはCJに猛アピールし、モリーと名付けられ飼われる事となりました。

一方で、母親のグロリアは犬嫌いで、夜遊びばかりしていました。

18歳になったら亡くなった父親の保険金を頼りにして歌手になることを志していましたが、グロリアはそのお金をも使っていたことを知ります。

自暴自棄となったCJはモリーを連れて家を飛び出しますが、恨みを買われていた男から追突事故を起こされ、モリーは命を落としてしまいます。

『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじ|CJとのすれ違い

次に生まれ変わると、ベイリーは大型犬になっていました。

ガソリンスタンドを経営するジョーのもとで育てられ、CJを再び探そうとしていました。

そんな中、CJが店にやってきます。

ベイリーは必死にアピールし、追いかけるもCJには自分が以前飼っていたモリーだとは気付いてもらえませんでした。

その後もベイリーは店でCJを待ち続けますが、ベイリーもどんどん歳をとっていきます。

この犬生ではもうCJに再び会うことができないと悟ったベイリーは次の犬生でCJを守ることに決めるのでした。

以上、「僕のワンダフル・ジャーニー」のあらすじでした。

果たして、ベイリーは再びCJに出会うことができるのでしょうか?

結末が気になる方は、実際に映画を見てみることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「僕のワンダフル・ジャーニー」のシリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments