CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

TENET-テネットの解説考察!ニールの最後の意味や正体は◯◯だった?あらすじネタバレ感想評価も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年9月18日、日本公開。

クリストファー・ノーラン監督は今作の脚本に6、7年かけたと語っていて、ノーランの作品であること以外にも、あまりに難解すぎる作品ということで日本でも注目を浴びました。

映画を理解する為に複数回と劇場に足を運んだ人も多く、日本では初登場から4週連続1位の興行収入を記録しました。

主演の名もなき男役には元アメリカンフットボール選手のジョン・デヴィッド・ワシントン。相棒のニール役にロバート・パティンソン。ヒロイン役には190cmを超える長身のエリザベス・デビッキのキャスト陣となっています。

映画「TENET-テネット」のまとめ
  • TENET テネットの解説考察|ニールの最後はどうなった?
  • TENET テネットのあらすじネタバレ
  • TENET テネット感想評価と口コミレビュー
  • TENET-テネットのキャスト一覧

もし、まだあなたが一度も「テネット」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。例えば、今ならdTVでレンタルをしに行かなくても何度も見れちゃいます!

特にあなたがDocomoユーザーなら、キャリア決済を使えてスマホ代と一緒の請求にできるためクレカ情報を入力する必要もなく、dポイントも貯まってお得に「テネット」を観ることができます。

▼【dTV】12万作品が月額500円で見放題!▼

TENET テネットの解説考察|ニールの最後はどうなった?

ニールは最後どうなった?リュックから見える紐は何だったのか解説

結論から言うと、ニールは命を落としてしまいます。なぜニールが確実に死んでしまったのかが分かるのかというと、映画ラストのスタルスク12でのニールの装備で明らかになります。

映画の最後で、ニールのリュックに赤い紐のストラップが付いていることが非常に重要です。映画のラストで、ニールはスタルスク12の作戦で逆行兵として任務を遂行していました。

映画をよく見ると、その時と同じ時間軸で3度も主人公を救っている事に気が付くはずです。

一度目は、まずオペラハウスの襲撃事件(主人公からすれば元の順行世界)で、主人公が撃たれそうになった時に助けた謎の男がニールでした。男はマスクをしていましたが、リュックに赤いストラップが付いていました。

2度目は、スタルスク12での事です。

主人公たちがアルゴリズムの起動を止める為、地下へ向かう通路にて罠が仕掛けられるのを目撃します。ニールは主人公たちが地下通路へ向かうのを止めようとしますが、主人公たちはそれに気づきませんでした。

ニールは主人公たちを地下から救うため、上から引っ張り上げようとして助けます。

3度目は、主人公たちが地下通路で敵がアルゴリズムを完成させようとしているのを防ぐときです。突如、主人公の前で死亡していた逆行兵の男が立ち上がり、敵の銃弾から名もなき男を守ります。

その男こそが、ニールであると赤いストラップで分かるかと思います。

ニールは映画ラストで、主人公と別れた後にアルゴリズム起動を止めようとする主人公を助けるために自ら再び時間を逆行させようとしていたのです。

ニールの正体はキャットの息子・マックス説について解説考察

ニールの正体は、公式には明かされていません。しかし未来の主人公に救われたことで、テネットに勧誘され、過去に送られてきたという過去が明らかになっています。

またニールがキャットとセイターの息子・マックスの成長した姿だとする説があります。

この説に有力な考察理由が2つほどあります。先ず、映画途中でニールはエストニア語を話せるという会話を聞くことができます。この映画での敵役であるセイターも、エストニア語を話す人物でした。

そしてもう1つ、キャットの息子であるマックスという名についてです。マックスは略した時の名前であり、本名は「Maximilien」じゃないかと言われています。

もしそうであれば、この「Maximilien」を逆から読むと「neil(ニール)」の文字が浮かび上がります。

ニールがマックスだとすると、キャットと幼い自分を守った主人公へニールが深い信頼を寄せているのも自然な流れに思えました。ただ逆行の世界では、逆行する時間分だけ、同じように時が流れます。

つまり、マックスとニールの年齢を考察して計算しても、マックスが20歳ころに逆行し、逆行世界で10年以上時を過ごさなくてはならなくなります。空気から何もかも逆行する世界で果たして10年以上過ごすことができるのかに疑問が残ります。

またキャットを大事にする主人公が、マックスを危険なテネットという組織へ入れるのかという点にも謎が残ります。そのため、この説はクリストファー・ノーラン監督によるミスリードの可能性も高いのではないかと思いました。

ニールの正体を明かさないことで、鑑賞者は自由にニールの正体を想像できる仕掛けになっているのだと考えます。

時間の逆行の仕組みを解説考察

時間が逆行する仕組みは、エントロピーの減少で語られています。エントロピーとは、物理学で物質の無秩序さや乱雑さを表す指標です。例えば、コーヒーにミルクを混ぜるとき、垂らしたミルクがコーヒーに混ざり合っていったような状態をエントロピーが高いと言います。

そして宇宙が誕生してから、種が増え、様々な文明ができたことからも分かるように、時間の進みと共に世界は複雑を増すようになるというのが法則化されています。

その法則が物語のエントロピーを無理やり減少させる未来の技術で覆され、時間の逆行という現象が起こされています。その技術が施された回転ドアは入り口と出口で、回転ドアを使用した人物がぶつかり、消滅しないようにガラスで両者が区切られていました。

本来の世界で時間が未来に進むのに対して、逆行世界では時間が過去へ進むため、回転ドアに入る人はガラス越しに未来の回転ドアを見ると、逆行した自分が出口に逆再生のように入っている瞬間を見えます。

逆に回転ドアから出てきた人は、ガラス越しに元の自分が逆再生のように入り口から出てくるところが見えるのです。

TENETの意味は?

主人公たちが携わることになる組織、テネットは日本語に訳すと信条や主義になります。

これはセイターに人類を滅ぼすように指示する未来人の自分たちが生き残るため、環境を破壊した過去の人々を滅ぼしてもかまわないという信条と、過去の人々が滅びれば過去が変わり未来人も滅びるため、過去は変えてはならないというテネットという、信条が異なる者同士の戦いを指していると思います。

また「TENET」の文字は、実に多くの意味が複雑に絡み合っています。

映画の中では、「TENET」は最後のスタルスク12での、10分間の時間の挟み撃ち作戦の事を表していました。確かに映画のポスターなどを見ても分かるように、前から読んでも後ろから読んでも「TEN」と読めます。

しかし、これは元々セイタースクエアというラテン語の回文から着想を得たようです。

回文を横に上から読んでいくと、「SATOR」「AREPO」「OPERA」「ROTAS」と読むことができます。これらを並べて交差すると、縦から読んでも同じ文字で読むことができるのです。更に、真ん中では偶然か「TENET」の文字が浮かび上がります。

ここまで解説考察を読んでからもう一度振り返って映画を観ると1回目観た時よりも、さらに楽しむことができます!絶対に「ほほぉ…!」と唸ること間違いなしです!

友達との会話で「え?知ったかぶりなの?」と言われる前に、解説考察を読んだ上で、もう一度テネットを映像で観てください!今なら無料で見れる動画配信サービスもあるので、すぐに解説考察の内容を映像で確認することができますよ♩

TENET テネットのあらすじネタバレ

以下、映画「TENETテネット」のあらすじネタバレとラスト結末です。

TENET テネットのあらすじ|時間逆行アクション!第三次世界大戦を阻止せよ!

キエフのオペラハウスで、「プルトニウム241」という物質を巡り、テロが発生します。CIA工作員の主人公は、仲間とテロリストが占拠する建物に侵入し、プルトニウムの回収を行いました。

しかし逃げる際に、主人公はテロリストに捕まり、拷問されてしまいます。情報を漏らさないため、主人公は自殺用の毒薬を飲みますが、主人公を見張っていた世界の滅亡を防ぐための組織、テネットに救い出されました。

ためらいなく自分の命を犠牲にしたことが評価され、主人公は組織へ勧誘されます。そして未来から来た武器である、逆行して動く技術を利用した世界滅亡の計画を止めるミッションを与えられました。

武器商人であるアンドレイ・セイターが黒幕の人物と分かり、セイターの妻・キャットや協力者のニールと共に、主人公は人類を救うため立ち上がるのでした。

TENET テネットのネタバレ|逆行する銃はインド産?

テネットの施設で主人公は、未来から来た謎の武器である逆行する弾丸を目にします。それは的にめり込んでいた弾丸が、撃った時と同じスピードで銃口に戻る不思議な光景でした。

弾丸の成分から、銃がインドで生産されていることを突き止めた主人公は、インドを牛耳る武器商人のサンジェイに接触します。ムンバイに入り、主人公は初めて協力者のニールと会いましたが、ニールは主人公の好きな飲み物をあてて、昔から知っているような口ぶりでした。

主人公は馴れ馴れしいニールに警戒しながらも、ワイヤーでサンジェイのいる高層ビルへ忍び込みます。すると組織を率いているのが、実はサンジェイの妻のプリヤだということが発覚しました。

プリヤは、セイターに売った普通の銃弾が逆行する不思議な武器に変わったこと、セイターが未来人との仲介人であることを告げ、主人公に調べるように促します。

TENET テネットのネタバレ|逃げられない夫婦の鎖

主人公は、プリヤから英国情報部のマイケル・クロズビー卿を紹介されます。グロズビー卿は、セイターが旧ソ連の核開発実験場として地図から消された都市・スタルスク12の出身であるという情報を告げました。

その後、主人公はセイターの妻であるキャットに接触します。美術品鑑定士のキャットは、トマス・アレポという贋作製作者と親しくなり、ゴヤの贋作を本物と称してオークションにかけていましたが、アレポとの浮気を知ったセイターに贋作を競り落とされ、精神的な支配を受けていました。

主人公を信用できずにいたキャットでしたが、用心棒たちを倒す主人公の強さをみて話をします。キャットは二週間前に行ったバカンスで、途中からセイターと大喧嘩をしたことや、喧嘩後の散歩帰りに目撃したヨットから海に飛び込むセイターの浮気相手らしき女を思い出し、その女のように自由に生きたいと感じていることを告げました。

主人公はキャットに贋作をセイターから盗み、自由を保障する代わりにセイターに自分を会わせる機会を作ることを約束させます。

TENET テネットのネタバレ|保管庫の中の回転ドア

贋作はスイス銀行並みの警備でオスロの空港の保管庫に保管されていました。大量の金塊を乗せた飛行機を、保管庫に激突させる計画を立てた主人公は、激突の混乱に乗じてニールと保管庫のセキュリティを突破します。

絵を探していた主人公たちは、施設を探し回るうち、回転ドアを挟み区切られた二つの入り口のある部屋を見つけました。ニールと主人公は別々に部屋に入りますが、その瞬間に回転ドアが作動し、それぞれの部屋のゲートから黒服の覆面男が現れます。

ニールは黒服男との格闘で廊下に移動しましたが、覆面を取ったところで、逃げられました。ニールが戻ると、主人公がもう一人の黒服男を追い詰めています。黒服男の命を奪えば後悔することになるとニールが主人公を止めた隙に、黒服男は回転ドアに逃げ込んでしまいました。

絵を処分できないまま、ニールと主人公は施設を後にします。

TENET テネットのネタバレ|危険な男、セイターとの接触

主人公はムンバイでプリヤに、回転ドアと黒服男の話をします。プリヤは回転ドアを通ると過去へ逆行できる仕組みであること、黒服2人が同一人物であることを説明しました。

また先日のオペラハウスのテロはプルトニウムを狙う、セイターが起こしたもので、現在プルトニウムは無事にイタリアの長期核物質保管庫へ運ばれていることが判明します。

その後、主人公はイタリアにいるキャットへ接触しました。贋作絵画を盗めなかった主人公ですが、キャットに絵を処分したと嘘をつき、その日の夕食会でセイターと接触する機会を作ることを約束させます。

夕食会では、昼間にこっそり主人公とキャットが一緒にいるところを目撃していたセイターが、主人公を脅しました。お気に入りの命の奪い方の話をするセイターに、主人公はオペラハウスの話をして気を逸らし、セーリングの約束を取り付けます。

夕食会後にキャットはセイターから贋作を保管庫から移していたことを告げられ、一生逃さないと脅されます。

TENET テネットのネタバレ|セイターと未来人との契約書

セーリングに出た主人公はセイターに取り入るため、パートナーとして手を組みたいと持ち掛けました。セイターは、キャットにいきなり海に突き落とされた所を主人公に救われ、主人公を仲間に招待します。

セイターのヨットに呼ばれた主人公は、キャットからセイターを救ったことを責められます。主人公は、こうするしかなかったと言い残し、護身用の銃をキャットに渡しました。

その後、主人公はセイターからスタルスク12の瓦礫からプルトニウムを探していた時に、土に埋まったケースからセイターの名前入りの契約書を発見し、契約したことを聞きます。

契約書は未来人からのものでした。それは、セイターが9つの人類を破壊させる兵器を作るためのアルゴリズムを集め、その代償に未来人がセイターに金塊を送るという契約です。

その後、一機のヘリがヨットに到着しました。主人公は密かにヘリに積まれた逆行する金塊を、手に吸い寄せるセイターを見ていましたが、セイターの部下に見つかってしまいます。

セイターは、主人公にタリンでアルゴリズムの一つであるプルトニウム241を奪うことを約束させ解放しました。その報酬に、セイターが手にしていた金塊を手に入れます。

そしてその金塊に付着した土で、スタルクス21の場所を特定することに成功しました。

TENET テネットのネタバレ|逆行カーレースの行方は?

主人公はテネットの仲間と共に、トラックで運ばれるアルゴリズムを大型車で取り囲み、走行中に奪い取る作戦に出ます。その頃、セイターは回転ドアが配備された港の倉庫にキャットを連れていきました。

支配的なセイターに我慢できないキャットは護身用の銃を向けますが、セイターはすぐに銃を奪いキャットを蹴ると、回転ドアの部屋に入りました。

その後、アルゴリズムを奪った主人公とニールの車に、後ろ向きへ走る車が迫ります。車では回転ドアで過去へ逆行するセイターがキャットに銃を突きつけていました。途中、道路で横転していた車が逆行して、道路を後ろ向きに走り出し、セイターと主人公の車の間に入ります。

主人公は、セイターの乗る車にアルゴリズムの箱を投げ渡しました。セイターとドライバーはキャットを残し、部下の乗るベンツに乗り込みます。ドライバーを失った車はキャットを乗せ暴走しますが、主人公が車を乗り移って、なんとか車を停止させました。

その後、セイターの部下と銃撃戦になり、主人公とキャットは捕まってしまいます。セイターは主人公が渡したアルゴリズムの箱が、中身を抜き取ったものだと見抜き、主人公を倉庫に連行します。

反対の部屋では、キャットが逆行するセイターに捕らえられていました。キャットはガラス窓にのめり込む銃弾の場所へ押さえつけられ、逆行する銃弾で腹を撃たれます。

その様子を見た主人公はセイターにアルゴリズムの場所を教えてしまいました。その後、すぐに赤い部屋にセイターがやってきましたが、ニールの呼んだテネットの応援部隊が到着し、2人のセイターは回転ドアに入ります。セイターは過去に逃げたのでした。

逆行する世界では、時間の流れも変わるため、重症のキャットを手当てする時間稼ぎをするため、キャットを連れて主人公たちは回転ドアに入ります。

TENET テネットネタバレ|過去の自分との格闘

逆行時間に入ると、そこでは過去へ時が進むため周りの者すべての動きが反対に動きだす世界が広がっていました。

主人公は、逆行する動きに苦戦しながらも、外に止めてあった車でセイターが過去の自分たちとカーチェイスをした現場に行きますが、車の制御がうまくいかずに、横転してしまい、その隙にセイターに隠していたアルゴリズムを奪われてしまいます。

その後主人公は、元の時間の流れに戻るため、オスロの回転ドアを目指しました。そこにはちょうど過去の自分とニールがおり、主人公は正体がばれない様に黒服に覆面をかぶります。過去に戦った黒服男は主人公でした。

ニールのおかげでなんとか回転ドアを抜けた主人公は、テネットからセイターの計画の全容を聞きます。それは9つのアルゴリズムで全人類を逆行させる装置を作り、世界を滅亡させるというものでした。

未来では環境破壊で人が住めなくなってしまったため、未来人はセイターを使い、現在の住人を消し去り、自分たちが移り住む策略です。セイターは自分が末期のすい臓がんで死期が近いことを知り、全人類を道連れにしようと、未来人の中で人類滅亡に反対する勢力が隠したアルゴリズムを集め、人類滅亡計画に協力していました。

TENET テネット結末ラスト|テネットの創設者は主人公!!

装置を完成させたセイターは死ぬ直前まで幸せを感じるため、自分の脈拍がなくなった瞬間に装置が発動するスマートデバイスをつけ、キャットとの最後のバカンスの時間に戻ります。

主人公はセイターの動きを読み、装置を奪還するまでの時間稼ぎをするため、キャットをセイターのもとへ送り込み、部隊を装置のあるスタルスク12へと向かわせました。

部隊は回転ドアを通り、逆行しながら敵を排除するチームと元の時間で装置を回収するチームに分かれます。装置回収チームに配属された主人公はチームリーダーのアイブスと施設内に侵入し、装置を見つけますが、装置に行くには鉄格子のカギが必要でした。

装置は、目の前でセイターの部下に準備されていきます。セイターの部下は邪魔な主人公たちに発砲しました。しかし突然、鉄格子の傍に転がっていた死体が逆行して生き返り、素早い動きでカギを開けた後に主人公の前に立ち、身代わりになります。

これにより装置は主人公に回収されました。一方でキャットは過去の自分と入れ替わり、セイターに近づきます。話をするうちに、自分を抑えられなくなったキャットはセイターの命を奪い、海に死体を投げ入れました。

そして過去の自分に会わないように海に飛び込みます。キャットの見た、海に飛び込む女は自分自身でした。任務を終えた主人公とアイブスはニールと合流します。

そこでニールは主人公に、未来の主人公に雇われて未来からきたこと、未来の主人公が人類崩壊を防ぐためテネットを作った人物であることを告げました。

3人は装置を3つに分解し、それぞれの隠し場所を探す旅に出ます。ニールのリュックに付いたストラップを見て、主人公は鉄格子で身代わりになってくれた人物がニールであることに気づきました。

その後、プリヤはアルゴリズムの秘密を守るために独断でキャットの命を奪おうとしますが、主人公がそれを感知してプリヤの命を奪います。キャットは解放され、自由な人生を得たのでした。

以上、「TENETテネット」のあらすじネタバレとラスト結末でした。

■公式■31日間も無料で映画が観れる!テネット監督作を一気観したいあなたはコチラ▼

TENET-テネット感想評価と口コミ評判レビュー|何度も観ることで理解可能

以下、映画「TENETテネット」の感想評価と口コミ評判です。

感想評価|回数を重ねて観るべき映画

クリストファー・ノーランの監督した映画の中でも、「TENET」を一度で理解するには非常に難関な事でした。主人公の名もなき男と同じく、観客自身も目的などがよく分からないまま物語が進んでいきます。

途中から登場人物達が時間の順行と逆行を繰り返してくるので、必ず物語の途中で混乱します。一度目の鑑賞は、よく分からなくて悔しいけど物凄い映像体験をしたという感覚に見舞われます。映画館から出た後、自分以外の人々までが逆行しているように感じるほどの没入感でした。

しかし、話が追い付けず悔しかったので2回目。ようやく話の流れを理解し、非常に緻密に描かれた脚本であった事に気づいて圧巻されました。

名もなき男、ニール、キャット、セイターがそれぞれ違う時間の順行と逆行を繰り返すので、頭が痛くなりそうです。ですが、それぞれの時間の進み方を理解すれば、非常に細かく描かれたSF作品に感動する事間違いありません。

特に最後のスタルスク12での順行と逆行の入り混じった戦闘は、訳が分からなくても必見です。

ノーラン監督は、コロナ渦で映画館が減るのを恐れていました。日本では大ヒットとなったものの、本場のアメリカなどでは映画がオープンできずにいる状態です。

興行収入が落ちてしまう為に、公開を延期する作品が数多い中で、公開を踏み切ったノーランに監督に賛辞したいです。

口コミ評判レビュー|

★★★★★星5

常に圧倒的なスケールの作品を打ち出してきたノーランは、今作においても「時間の逆行」というキーワードに焦点を当て、奥行きのある壮大なストーリーに仕上げてきました。

CGではなく、実写に拘るノーランの画造りは今作においても必見。胸が高鳴るアクションシーンは、「時間の逆行」によってこれまでにない視覚体験を我々にもたらしてくれます。それだけでなく、繊細な人物描写や美しい風景描写など、ぜひとも大画面で「浴びる」という体験して頂きたいと強く思います。

科学的根拠に基づき、綿密に計算されたストーリー展開が癖になるノーラン作品ですが、今作は特に「難解」と公開当時からファンを騒がしてきました。確かに、1度見ただけではストーリーに付いていくことに必死になり、理解まで及ぶのはなかなか困難な作品です。

しかし、結末を知ってから2度、もしくは3度と観ていくうちに、ストーリーの点と点が結ばれ、この作品の奥行きを知り、より鑑賞体験が豊かになって行くのを感じます。

ぜひとも、1度と言わず、複数回鑑賞することを勧めます。

20代女性

★★★★★星5

「インセプション」「インターステラー」「ダークナイト」などで有名なクリストファー・ノーランの監督作品ということで期待度はMAXでした。

個人的にも、「ダークナイト」が大好きで、ノーラン監督の作品が公開されたら、絶対観に行こうと思っていました。

しかし、コロナ感染の影響での、公開延期というショックな出来事が起こりました。何とか公開が決まっても、なかなか映画館に足が伸びずに、やっとコロナ感染が落ち着いたタイミングで視聴ができました。

冒頭から、アクションシーンが満載で、開始数秒で映画の世界、ノーラン監督の世界観に引き込まれてしまいました。さらにこの映画の魅力は「音楽」です。ここぞという時の刺激的な音楽が、興奮度を高めます。

映画の時間は長く、内容が難解なので、なかなか人を選ぶ映画ではありますが、個人的には、あと三回ぐらい映画を見て内容を深掘りしたいと思いました。

見事にノーラン監督の戦略にはまってしまったなと思います。

30代男性

★★★★★星5

映画の感想としてはまず、圧倒的なアクションです。さすがノーラン監督!というような映画に仕上がっています。

順行する世界と逆行する世界で未来と現在の戦争という話題を軸に物語が展開されていきます。話の内容は正直一回で理解するのはとても難しいです。

私も二回この映画を拝見しましたが、ようやく自分なりに内容を理解することが出来ました。でも2回見に行っても損した気持ちが全然しません。
逆行する世界の人と世界で戦う姿はとても不思議な世界観に引き込まれます。

そして逆行する世界の人の動きが気持ち悪いこと…でもその世界観はすごくよかったです。人間味に溢れており、アクションだけど感動もあるとてもいい映画でした。

20代男性

★★★★☆星4

かなり難解で正直理解できませんでした。

ただノーラン監督はメメントやインターステラーで時間の事を描いていたので、この作品がすごいスケールで緻密に作られている事はわかりました。時間の前後からの挟撃ち作戦はわけわかりませんが、今までのSFにはない新鮮さがありました。

またアクションはさすがノーランで迫力がありました。巻き戻しのアクション、銃弾が時間が巻き戻る事で相手を攻撃する描写がカッコ良かったです。

ヒロインの女性は190cmあるらしく、すごく背が高かったですが、見たこと無いタイプの美人で魅力的でした。最後に1歩兵だと思ってた主人公がリーダーになってるところが面白かったです。

ただもう少し一般人に理解できるよう作って欲しかったです。でもこんなコロナ禍で多くの監督が映画館での公開を延期するなか、公開に踏み切ったノーランの映画への愛にしびれます。

30代女性

*映画「TENETテネット」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

「dTVでテネットを観ようかな」と思ったあなた!ちょっとお待ちください。

実はdTVの見放題コンテンツの数は12万本とめちゃくちゃ品揃えが良いのですが、国内ドラマ・海外ドラマなどのドラマ系のラインナップはイマイチです。

そのため

  • 国内ドラマの見逃し配信を観たい
  • 海外ドラマをシリーズで観るのが好き
  • 最新の海外ドラマを観たい!

なんて人には、dTVは不向きなので注意してくださいね!しかも、旧作でも見れない作品があったり、U-NEXTなどの動画配信サービスでは見放題なのに、dTVではレンタルという作品もあります。

ただし!Docomoユーザーならdポイントが貯まるし、月額500円と考えると、値段以上のコンテンツと言えます!しかも、あなたが

  • ミュージックビデオ
  • オリジナルドラマ
  • 韓国ドラマ
  • キッズ・アニメ系

この4点をよくみるタイプなら、dTVをお得に使いこなせますよ!

TENETテネットのキャスト一覧

名もなき男(CIAエージェント)役-ジョン・デヴィッド・ワシントン

ニール 役-ロバート・パティンソン

キャサリン・キャット・バートン 役-エリザベス・デビッキ

アンドレイ・セイター 役-ケネス・ブラナー

バーバラ(TENETの科学者) 役-クレマンス・ポエジー

マイケル・クロズビー卿 役-マイケル・ケイン

マックス 役-ロウリー・シェパード

▼絶対見るべき洋画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA