CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

『ONE PIECE FILM RED』でウタは死亡したのか?時系列や見る前に予習しておきたいことを解説考察!つまらないとの声など感想評価やあらすじネタバレも

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2022年8月6日公開のワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』

今回の主要キャラクターであるウタは原作漫画には出てこないキャラクターですが、ONE PIECEのキャラクターの中でも人気の高いシャンクスの過去に関わっているという設定で注目となっていました。

ウタの歌唱部分はAdoが務め、これまでのONE PIECE 映画とウタの歌唱シーンを要所要所に組み合わせ、映画の展開も盛り上がったという声もある一方で、AdoのPVにしか見えないなど賛否両論の作品となっています。

『ONE PIECE FILM RED』の口コミ評判レビューには、

  • Adoが好きじゃないとキツイかもしれない
  • 今までのONE PIECE映画とは一味違う
  • 内容がない
  • いつものストーリーさを求めて見るとガッカリする
  • Adoの歌が好きな人はオススメ
  • 何度観ても感動できる素晴らしい映画
  • 冒頭から最後までAdoのLiveを観ている感覚

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 『ONE PIECE FILM RED』でウタは本当に死亡したのか考察
  • 『ONE PIECE FILM RED』の時系列や見る前に予習しておきたいこと
  • 歌唱シーンばかりでつまらない?『ONE PIECE FILM RED』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)
  • 『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ

もし、まだあなたが一度もワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』を観るならコチラ▼

ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』でウタは本当に死亡したのか考察

『ONE PIECE FILM RED』のキーパーソンだったウタは、世界の人々を苦しみから救うために自らのウタウタの実の能力で「ウタワールド」を作り出し、永遠の平和を過ごしてもらおうとしていました。

しかしそれは本当の幸せではないと気づいたウタは、自らの命を賭して願いを込めた歌を歌い、人々をウタワールドから解放した上で倒れました。

映画のラスト、ウタが死んだのかどうかということは、本編でははっきりとは描かれていませんでした。

しかし、入場者特典の『四十億巻』の中には、尾田栄一郎氏のコメントとして「死にゆくウタ」と書かれています。

ネズキノコを食べ続け、既に命の終わりが近づいていたウタは、その命を救うための薬を拒否しました。

そして最後の力を振り絞って「世界のつづき」を歌い、ウタワールドに閉じ込められていた人々を解放することを選びました。

その意識が失われる直前、消滅するウタワールドの中でルフィに麦わら帽子が似合う男になってと想いを託しました。

それはルフィに新時代への想いを託したということに他なりません。

つまり、彼女の想いはここで潰える、ということだとも考えられます。

管理人

また、シャンクスは全てが終わり横たわるウタに背中を向けます。

もしもウタがまだ生きているのだとしたら、赤髪海賊団の優秀な船医に治療を頼んでいたのではないでしょうか。

それをしなかったということは、ウタの命は既に尽きていたのかもしれません

明確に描かれていない以上、死んでしまったと断言するのは野暮なのかもしれません。

いずれにしても、ウタの想いはきっとルフィの心と行動により、生き続けていく……そう考えられるエンディングだと言えます。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『ONE PIECE FILM RED』の時系列や見る前に予習しておきたいこと

基本的に『ONE PIECE』の映画は、原作ともアニメとも違う世界線として描かれていました。

そのため、時系列に関しては「誰が仲間になっているか」という部分を把握する程度で十分です。

しかし『ONE PIECE FILM RED』を含む「FILM」シリーズは尾田栄一郎氏がプロデュースに関わっているもので、原作にも関係する部分が出てきます。

それも踏まえて『ONE PIECE FILM RED』を振り返っていきます。

管理人

まず、元王下七武海であり、タイヨウの海賊団の船長でもあったジンベエが満を持して参戦しています。

その点から、原作でジンベエが麦わら海賊団に加入するワノ国編以降であることが考えられます。

他にも、ゾロがワノ国で入手した刀「閻魔」を持っているということ、ナミのクリマタクトにゼウスが宿っていることなども含めて考えると、ワノ国編も終盤近くの時系列であることは確かです。

ただ、ワノ国編ではビッグ・マムの生死が現状曖昧な状況になっています。

あのビッグ・マムがそう簡単に命を落とすとは思えないため、『FILM RED』に登場したビッグ・マムはワノ国の騒動の後にも生きていたと考えることも出来ます。

しかしそこが曖昧である以上、「ワノ国編の最中」なのか「ワノ国編後」なのかは断言出来ません。

これは逆に、今後の原作の展開で明確になる可能性のある部分ですね。

管理人

是非原作を追って楽しんでいきたい部分です。

歌唱シーンばかりでつまらない?『ONE PIECE FILM RED』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|ONE PIECE』の25年間の集大成

『ONE PIECE FILM RED』は週刊少年ジャンプで連載中の『ONE PIECE』の劇場版です。

この『FILM』シリーズは原作者・尾田栄一郎氏本人がプロデュース・監修を務める特別な作品です。

今回は『ONE PIECE』の連載開始25周年という記念イヤーに制作されたこともあり、キーパーソンとなる「ウタ」にも注目が集まっていました。

ウタのライブに集まった人々は、日々の生活に苦しんでいました。

ですがウタの歌を聞いているときだけはその苦しみから解放されるのだと、ウタはそんな声をずっと聞き続けていました。

育ての親であるゴードンに教わった歌声を、たくさんの人に届けながら。「助けて」という人々の声は、ウタの心を動かします。

みんなが幸せに暮らせるようにしようと。

管理人

それも、一時的な幸せでなく、永遠の幸せを……そう願い、ウタは自らの命を賭けることを選びました。

ウタが眠ってしまうと、ウタワールドは閉じてしまいます。

その為、ウタは起き続けていられるように「ネズキノコ」を食べ続けていました。

そのキノコは、眠らなくなる代わりにじわりじわりとその命を奪ってしまうもの。

このままでは現実のウタは死んでしまいますが、もしもウタが眠らないまま命を落とせば、ウタワールドが閉じることはなく、永遠の楽園となります。

ウタは自らの命をもって、世界中の人々を救おうとしたのです。

公開前からウタはシャンクスの娘だと言われていましたが、元々ウタは、シャンクスの船に紛れ込んだ赤ん坊で実の娘ではありません。

子どもを捨てるわけにもいかず、シャンクスは彼女を自らの娘として育てます。

しかし音楽の国「エレジア」に訪れた際、ウタの引き起こした事件がきっかけで、シャンクスはウタを手放し、ゴードンの元に預けました。

そんな事情もあり、世界中に自らの歌声を届ければシャンクスが気づいてくれるのではないかと、ウタは密かにそんな望みも抱いていたことでしょう。

管理人

最終的に、ルフィの活躍もあり、ウタの目的は果たされず、ウタワールドは閉ざされて人々は現実の世界へと戻りました。

それを望んだのはウタ自身でした。ウタは最後の力を振り絞って「世界の続き」を歌い、ウタワールドを解放したのです。

そしてウタは、静かに眠りに就きました。ウタから託された新世界への想いを胸に、ルフィは新たな海域へと旅立っていきます。

この物語は、まさに25年の集大成とも言え、完結という新世界へ向かおうとする『ONE PIECE』の広がりを見せてくれた作品であると言えるでしょう。

『ONE PIECE FILM RED』のみんなの口コミ評判レビュー

『ONE PIECE FILM RED』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「ストーリー自体はコミックの初めの方、ルフィとシャンクスの事さえ情報を知っていれば楽しめる」「ワンピースの映画に加えて音楽も楽しむことができる」「赤髪海賊団が麦わらの一味と一緒に戦うシーンは感動した」「歌のシーンが多いと賛否両論かなと感じた」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★☆☆☆☆星1

ワンピースの映画はこれまで観たことがなかったのですが、ネット上で賛否両論でかなり白熱している様子だったので興味本位で観てきました。

正直、Adoが好きじゃないと観る意味があまりないというか、キツイな…と思いました。

ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』に関していえば、映画館で観る最大の意義は「Adoのライブ体験ができる」だと思います。

個人的には、ルフィを船に乗せなかったシャンクスがなぜウタを?とか、キャラクターとしてのウタは可愛いけどポジションが謎すぎて受け入れ難いと感じてしまって、純粋に楽しめなかったです。

原作はずっと追っていますが、やっぱり映画は観なければよかったなと後悔しています。

原作好きでこの映画絶賛している人、本気か?なんて思いました。Ado好きによるAdo好きのためのAdo映画です。

タイトルをワンピースfilm:Adoとかにしてくれたらよかったんじゃないかな。

賛否両論分かれる理由がここまで明確な映画もなかなかないと思うので、逆におすすめしたい作品ではあります。

30代女性

★★★★☆星4

今まてまのONEPIECEの映画とは一味違った!と言うのが率直なものかも思います。

何故ならば以前までのものは基本的に敵、味方というように別れていたのですが今回は昔からの幼なじみであり、シャンクスの娘であるといった恩人の娘を助けるためにウタが呼び覚ましたトットムジカを撃退するというものだからです。

そしてウタの歌を歌っているadoさんのライブを見ているよう感覚になりました。

いつもながらの完璧にこの人が敵という感じでは無いところや歌もおおくまた違った感覚でONEPIECEを見させていただくことができ、私は非常に楽しんで見させて頂きました。

人によっては今回の映画はあまり好きでは無いといったクチコミもありましたが、見に行けて私は良かったと思います。

また次回の映画もあれば必ず見に行きたいです。

20代女性

★★★★☆星4

誰もが知っている人気漫画、ワンピースの劇場版です。

今回は、映画オリジナルキャラのウタの歌唱パートに、大人気ボーカリストのAdoを起用した事で大変話題になりました。

楽曲を作成したアーティスト勢も豪華で、ウタの歌は無料で動画配信されていて映画を観ていない人でも聞いた事があると思います。

自分も一通り曲を聴いてから映画を見に行ったので、それぞれの曲がどのシーンで使われるのか非常に楽しみでした。

映画の内容は、とにかくAdoの歌が盛りだくさんで、シャンクスとルフィとウタのエピソードが中心でした。

普段より麦わらの一味の活躍が少なかったので賛否ありますが、自分はAdoの曲を堪能できましたし、いつものワンピースとは少し違うのが逆に良かったです。

ラストはもう少し、ルフィの心情を見せて欲しかったです。

40代女性

★★☆☆☆星2

これまでのワンピース映画はすべて劇場で見ています。原作漫画でもなくテレビとは違う、壮大かつ大画面でのアクション。

シャンクスの娘とは?一体どこの時間の隙間の話なんだ?とワクワクし、入場特典欲しさに早々に観に行きました。

蓋を開けてみたら、全然今までのワンピース映画でなくてビックリです。

というか、これ映画なの?な感想でした。単にライブをアニメで見せられているだけじゃん、でした。

合間合間にストーリーはありますが、大音量すぎる歌の印象が強く、Adoの歌も昭和な世代からすると爆音で何歌っているか聞き取りづらいということもあり、ストーリーがあまり入ってこなかったのは残念でした。

とは言え、後からレビューを見ると「映画だし」「ライブみたいで楽しかった」という好意的な意見が多数あったので、時代なんだなとシミジミ思いました。

でも、何だかんだ言っても原作でもテレビでもない映画は、大画面で迫力でした。やっぱりシャンクスはカッコイイです。

50代女性

★★★★★星5

ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』では赤髪のシャンクスの娘が出るということに惹かれ見に行かせて頂きました。

そして歌がメイン、今回メインとなる「ウタ」がウタウタの実の能力ということもあり、初め見させていただいた時は歌から始まるという初めての感覚にすごい胸が踊らされました。

そして、内容的にはどうしてウタが麦わらの一味、他一緒に過ごしてきた人達を眠らせ夢の世界への行かせたのか、内容自体がすごく見ていて気になりずっと画面を見続け見逃したくない状態でした。

見ていて内容に引き込まれる、どうして赤髪のシャンクスはウタを置いて旅に出てしまったのか、その後の内容でウタを助けるために麦わらの一味を含めみんなが勢揃いし助けるという戦いにキャラクターみんながすごくかっこよく、気持ちのいい形で見れました。

ですが、最後ウタは死んでしまったのかな?という展開に関しては少し心に残りつつあり気になってしまいましたが、それ以外に含めてはすごく楽しめる作品だなと思います。

20代女性

★★★★★星5

原作者の尾田さんが総指揮を務めるONE PIECEの映画はテレビ放送を含め全て見てきました。

今回の作品は当初、劇場で見るつもりはなかったのですが、予想外の大ヒットという評判で見に行く事にしました。

やはり世間の評判通り今回の作品は半分ウタの曲を歌うAdoのライブを見ているような体験もできる音楽映画でもありました。

全ての楽曲が優秀で気合いの入れ方が伝わってきました。

これまでのONE PIECEの映画の見どころでもある迫力あるバトルシーンも健在であり、今回はこれまでのテレビシリーズに登場したコビー、元CP9メンバーやビッグマム海賊団など敵として登場したキャラクターたち、更にシャンクス率いる赤髪海賊団との共闘も胸アツでした。

ウタのみんなが幸せになる新時代を作るという夢のやり方は結果的に間違っていたかもしれませんが、その夢はルフィたちに受け継がれたと感じさせる終わり方でした。

30代女性

★★★★☆星4

映画見る前、事前評価がボロクソに書かれていて歌が7曲も流れると知りました。

ワンピは長年愛してる作品なので、「しょうがないシャンクスの顔だけでも見に行こ」と思い向かいました。

ところがどっこい面白かったです。

序盤は確かに歌パートが多いのですが、あれは彼女の実のチート能力が発動している重要な場面なのです。

歌は彼女の心情を表していて、場面ごとの感情演出のいいスパイスとなっていました。

被害規模で言えば全ワンピース映画の中で一番凶悪だった敵じゃないでしょうか。

確かにシャンクスや麦わら海賊団の活躍が見たかったかもしれませんが、前作のスタンピードであんな敵を出した後なので、シャンクスと渡り合える敵出したら黒髭ぐらい強く無いと無理です。

ワンピの映画は基本ご都合主義なのでいつものことだと楽観的に見てたら楽しめると思います。

30代男性

★★★★★星5

映画 ONEPIECE FILM REDは、過去最高のONEPIECE映画と言えると思います。

今まで全作品を見てきましたが、ここまで心躍る作品は初めてです。

ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』の最大の特徴はなんと言ってもadoが歌声を演じるキャラクター、ウタウタの実の能力者のウタ。

シャンクスの娘で、ルフィとも親睦のあった歌姫のウタが、自らの歌の力で世界を平和に導こうとするが‥‥自らの盲目的な平和感と、強力すぎる能力の暴走により事態は深刻になっていきます。

このウタを巡り、巷では賛否両論が巻き起こっています。

adoのライブ映像だとか、ミュージックビデオという感想を目にしました。

しかし、この作品の良さが歌にある事は確かですが、歌を歌っている時間はそれほど多くありません。

それよりも、映画初登場のシャンクスやしばらく出番が無かったキャラクターの登場に歓喜することでしょう。

そして、感動のラストが待ち構えています。

楽曲で心を掴み、展開で胸を熱くさせ、ラストで涙を流してしまう、最高の映画だと思います。

20代男性

*映画ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料でワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』を今すぐ観るならコチラ▼

『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ

以下、ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』のあらすじです。

『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ|歌姫「ウタ」の初めてのリアルライブ

物語は、これまで素顔を隠し、歌声だけを世界に届けていた歌姫ウタの初めてのリアルなライブのシーンからはじまります。

圧倒的なパフォーマンスと美しい歌声に、集まった観客も、麦わら海賊団の面々もその熱狂に包み込まれていきます。

その会場があるのは、かつて音楽の国として栄えた「エレジア」。

会場の盛り上がりは最高潮に達しますが、世界の歌姫であるウタを狙って海賊や天竜人、更に潜入捜査中のCP0のブルーノ、海軍であるコビーとヘルメッポまで集まって来、不穏な匂いも漂わせます。

『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ|ルフィとウタの隠された関係

そんな中、ルフィはあることに気づきます。

それは、ウタがシャンクスの娘であるということです。

ウタとはルフィの生まれ故郷であるフーシャ村で出会っていたのです。

ステージの真ん中へと歩み出てその事実を告げたルフィに、ウタもあっさりと認めました。

そこから物語は急転直下します。

海賊嫌いのウタは、ルフィにも海賊をやめようと交渉を持ちかけます。

しかし、ルフィは拒否。

するとウタは、自分の真の目的を明かします。

『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ|ウタの能力とその目的は?

ウタは「ウタウタの実」の能力者です。

彼女の歌を聴いた人々は、ウタが作り出した「ウタワールド」に導かれます。

その世界では衣食住に困ることもなく、ただただ楽しい生活を送ることが出来ます。

ウタはファンのみんなを幸せな世界に導いて、とこしえの平和を捧げようとしていたのです。

以上、ワンピース映画『ONE PIECE FILM RED』のあらすじでした。

物語が一体どんな結末を迎えるのか。

果たしてウタは救われるのか?

そもそも「救い」とは何か…?

結末が気になる方は実際に映画を見てみることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!ワンピース映画シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments