CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』のDecidとGlory、2タイプの違いを解説!感想評価はひどいとの声多数?あらすじネタバレも

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年9月3日公開の『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』。

劇場アニメとしては第3作目で、初の3DCGとして描かれました。

主人公の越前リョーマが所属する中学校の青春学園が、全国大会優勝後の数日間のお話です。

時系列としては、漫画「テニスの王子様1〜42巻」→映画「リョーマ!」→漫画「新テニスの王子様(現在連載中)」となっています。

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の口コミ評判レビューには、

  • まず最初のシーンからすでに意味不明で不安だったけど、面白かった
  • そこら辺のコメディ映画なんかを見るよりも笑える映画
  • タイムスリップというあり得ない展開だったけど、一応テニスはしてたと思う
  • たまにミュージカル感があるのが可愛かった
  • 3D映像が元々好きでは無い人は違和感を感じると思う
  • リョーマの父親に対する熱い想いや桜乃との展開など見応えあった
  • テニス漫画だけど、やっぱり世界観がぶっ飛んでいると思った
  • テニプリファンなら絶対に観るべき映画

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • DecidとGlory2タイプの違いを解説!どっちがオススメ?
  • CGのクオリティがひどいのは何で!!?
  • 感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ有)
  • あらすじ

もし、まだあなたが一度もテニプリの映画を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!テニプリの映画を観るならコチラ▼

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』/DecidとGlory、2タイプの違いを解説!どっちがオススメ?

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』はDecidGloryの2タイプ上映という形での映画公開でした。

2つの違いが表れるのが、上映前に流れるアナウンスと映画中盤のリョーマが電話を掛けるシーン、それとエンドロール後のプチテニフェスです。

電話のシーンでは、それぞれ登場するキャラクターが違いますが、その後のリョーマのセリフはどちらも同じです。

2つの違いを分けて解説していきます。

管理人

1、Decide

Desideでは上映前、青春学園の手塚国光からアナウンスがあり、電話の繋がる先はアナウンスと同じ手塚と立海大付属の幸村精市になります。

立海からは幸村のみですが、青学はメイン校という事もあり、手塚だけでなく他のレギュラー陣も登場しました。

プチテニフェスでは各学校の部長のキャラクターソングと、リョーマの兄である越前リョーガの代表曲が選ばれていました。

全体的にかっこいい曲が多い印象でした。

30代男性

2、Glory

もう1つのタイプ・Gloryのアナウンスは氷帝学園の跡部景吾で、電話の繋がる先は跡部と四天宝寺の白石蔵之介になります。

四天宝寺は白石の他に遠山金太郎も登場しますが、氷帝からは跡部のみの登場でした。

プチテニフェス

プチテニフェスでは、各学校の特色がよく表れている曲やユニットソングが選曲されています。

こちらはなかなかユニークな曲が多いので面白かった印象が強いです。

プチテニフェスで「Decide」「Glory」共に共通なのは最初の曲と最後の曲でした。

管理人

一度だけ観るのであれば、どちらかというと全体的にまとまっていた「Decide」がおすすめです。

大まかなストーリーは変わりませんが、一部が違うだけでも映画全体の印象が大分変わりますので、一度ずつ観るとより楽しめるのではないでしょうか。

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』/CGのクオリティがひどい!?感想評価と口コミ評判レビュー(ネタバレ有)

以下、映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(ネタバレ含む)|進化するテニプリ映画

前作映画から約10年経ち、久しぶりの映画公開でした。

今作の見どころの1つ目は、普通の漫画原作の作品ではあまり見た事がない全編3DCGでの映画という所です。

2つ目は劇中歌全てが原作者書き下ろしの新曲で作られ、ダンスも加えてアニメ映画では珍しいミュージカル形式という所でしょう。

そして3つ目は、本編の年相応のリョーマの姿です。

父親の試合が見たいという理由で帰る事よりもそちらを優先し、結果桜乃を巻き込んでしまった事を気にしているのか、終始桜乃に優しいリョーマは原作では絶対に見ることができない姿でしょう。

管理人

リョーマとその父、南次郎

普段は南次郎に本気を出して貰えず苛立つリョーマですが、今作では純粋に父親に憧れている息子として表現されています。

過去の幼いリョーマは試合をする南次郎を見て「父さんみたいになる!」と言っていました。

そしてこれこそが、今のリョーマの中にも変わらずある本心なのだろうとも思いました。

映画前半で南次郎に試合をして欲しいと言いかけてやめるリョーマですが、この時は勝負を挑む事にどこか恐れを抱いていたのではないでしょうか。

管理人

しかし、ラストでは決勝戦の父親の本気の姿をみて、心境を変化させます。

逃げているだけではつまらないと、南次郎に試合に挑むのです。

このシーンのリョーマの目は、南次郎に対する尊敬と越えてみせるという強い気持ちがよく表れていました。

その後、試合をしていたリョーマのポケットから過去へ来るきっかけとなったテニスボールがこぼれ落ちます。

それが南次郎から打ち返されてきたボールと接触して、再び光が2人を包みます。

目が覚めると元の時代に戻っていた2人。

しかし、過去での出来事の記憶が全て消えていたのです。

桜乃は家族の元へ戻り、リョーマはより強くなるために武者修行へ。

そして過去の南次郎はリョーマとの試合で、自分の息子たちが将来どんなテニスプレイヤーになるのか、それを育てる方がよっぽど面白いと思い、引退を決めたのでした。

大変満足のいくストーリー

長年のテニプリファンでも見たことのないような一面を見ることができ、大変満足のいくストーリーだったと思います。

これまでのテニプリ映画は、何も知らない人が見るには難しい作品でしたが、今作は一つの作品として楽しめるのではないでしょうか。

メインで登場するキャラクターも少なくストーリーもわかりやすいので、テニプリに少しでも興味があるという方にもおすすめです。

CGで描かれるキャラクター達はクオリティに賛否があり、慣れないと多少の違和感があるので、内容はともかく映像が苦手な方もいるかもしれません。

しかしアニメでは表現しきれなかった細かい感情を表情で描いていて、とても良い出来だったと思います。

管理人

注目の楽曲パート

書き下ろしの劇中歌の中で特に印象に残るのが、リョーマと敵役であるエメラルドの試合シーンでの曲です。

迫力のある試合と力強い歌声は一度聴いたらしばらく頭から離れなくなる程でした。

さらに忘れてはいけないのが、今作のメインテーマ「世界を敵に回しても」の曲中にあるソロパートです。

なぜかリョーマと深い関わりのない立海の柳生が高らかに歌い上げており、観終わった後恐らくこの柳生が忘れられなくなるのではないでしょうか。

そしてエンドロール後のプチテニフェスではミュージックビデオのようになっていて、最後の最後までたっぷりと楽しませてくれました。

まさにエンターテインメントのようで、一度観てもまた観たくなる魅力のある映画です。

管理人

口コミ評判レビュー「長年のファンなら絶対に観るべき映画」「ギャグもストーリーも良かった」

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「ストーリーの構成もわかりやすく、最後不意打ちに感動してしまった」「テニスアクションのシーンは若干物足りなさを感じた」「テニプリファンへのサービスに特化した、あまりにも面白い映画」「本編後にはキャラクターソングが流れる演出もあり良かった」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

私はテニスの王子様という作品と共に青春時代を送ってきた1オタクでありファンです。このリョーマ!の映画が公開発表したとき衝撃だったことを覚えています。

何せテニスの王子様改めこのテニプリは連載から何十年と経っており、原作者の許斐剛先生は新テニスの王子様を現在もバリバリ連載している中でまさかの映画完全新作発表。

確か発表はYouTubeでのLive配信だった記憶がありますがチャット欄は阿鼻叫喚でした。

そんな発表を経て数年経ちワクワクとドキドキになりながらの公開初日。感想はただ一言、「なんだこれは」でした。

開始3分足らずで情報過多に陥り一体何が起こってやがると言わんばかりの衝撃度。

原作者の許斐先生が言っていた”観たことない映画が出来上がりました!”という台詞を甘く見ていました。本当に見たことがない。けど面白いんです。

青春学園がテニス全国大会優勝後、単身アメリカへ武者修行の旅に出たはずのリョーマがいきなりラップを歌い出す。ギャングに絡まれなんやかんやで訳もわからずタイムスリップし、かつて過去ゲキ強プロテニスプレイヤーだった越前リョーマの父、越前南次郎と出会ってトラブルに巻き込まれていくという流れ。

ネタバレを避けるため詳細は控えますが、踊って歌ってヒロイン助けて憧れであった父の現役姿を見て少し成長する、面白ぶっ飛びエンタメスポーツ映画です。

内容はめちゃくちゃなのに最後見終わったらなんかヤバいけど楽しかったという感想でした!!

ただ1つ難点を挙げるとすると原作を未読、かつ前情報なく初見でこの映画を観ると全く意味がわからないものを約2時間ほど見せられている状況に置かれるので導入で簡単な自己紹介なんかを挟んでいたらテニプリを知らない友達なんかにも勧めやすかったなあと感じました。

ただ1ファンにとっては生意気でカッコ可愛い越前リョーマを見れてとても満足でした!

20代女性

★★★★☆星4

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様 』を観て、はじめに抱いた感想は「宇宙」でした。

まず、世界観がぶっとんでいるのがさすがテニスの王子様の一言です。

アメリカに行くまではまだ理解していました。そこにテニスギャング、タイムスリップと怒涛の展開が待ち受けていて、ラップやダンス、歌と盛り沢山の内容に、心臓が破裂してしまうのかと思うくらいの鼓動の高鳴りを感じました。

でもリョーマの父親に対する熱い想いや桜乃との展開などきちんとストーリーにも見応えがあって感動しました。

絶対に生涯で一度は観ないと後悔する作品だと思います。

20代女性

★★★★☆星4

テニスの王子様が好きな友人に誘われて、アニメを昔見たくらいでほぼ記憶の片隅にいる私が、見に行きました。

テニスの王子様が好き・見ているという方とは少し違う見方になるかもしれません。ご了承ください。

3DCGということで、3DCGの作品はスタンドバイミードラえもんしか見たことがありませんでした。

すごく人間味がある動きで、だからこそ不可思議なことがたくさんありました。

まず、OPでみんなが踊るシーンですが、前提として、テニスの王子様を見ていないということを頭に入れてください。

そんな私がOP(EDもですが)で衝撃的だったのは、包帯ぐるぐる巻きの人が踊っているということです。そこまでして踊るんか!と突っ込みたくなりました

ストーリーの構成もわかりやすく、最後不意打ちに感動してしまいました

10代女性

★★★★★星5

映画『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様 』は、ありとあらゆる意味でテニプリファンへのサービスに特化した、あまりにも面白い映画だと思います。

まず最初のシーンからすでに意味不明。

ミュージカル映画では歌からストーリーを始めるのがセオリーではあるのですが、だからと言っていきなり観客を何一つ説明されていない世界に放り出すのは面白すぎました。

無印原作を最後まで追っていた人でないと、そもそもこのストーリーは時系列上どこに位置するのかわかりませんし、一切の説明がないままひたすら超展開が続きます。

リョーマが朗々とラップを歌い始めるころにはもう笑いすぎて客席で痙攣が止まらなくなっていること間違いなし。笑い声を抑えるタオルは必須です。

30代女性

★★★★★星5

初めて全編CGで、リョーマがタイムスリップしてお父さんの南次郎や、かなりテニスの強いメンバーとと出会い、切磋琢磨していく物語です。

テニスの王子様を見たこがない人にとっては、テニスの王子様のテニスというものがどういうものか分からなくなってくるかもしれません。

しかし、そこは劇に身を任せるほうが楽しめると思います。

ストーリーとしては、この映画が初めてテニスの王子様をちゃんと見るという人でも登場人物がわかりますし、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。

アクションの表現が細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。本編後にはキャラクターソングが流れる演出もあり、かなり楽しいです。

30代女性

★★★☆☆星3

テニスの王子様は週刊少年ジャンプで読んでいました。

内容をすべて把握している訳でなくなんとな〜く際立った個性強いキャラがチームメイトにいて、主人公越前リョーマの成長を描いてる物語と位に知っていました。

事前情報がほぼない上での鑑賞となりました。

物語は全国大会を終えた後、主人公が渡米するところから始まります。

そこで出会った幼馴染の竜崎がギャングに絡まれてるのを助けて逃亡、黒幕との対決といった内容でした。

正直漫画バージョンを観てしまっているがゆえに、テニスアクションのシーンは若干物足りなさを感じてしまいました。

立体イケメン揃いなことはいい事ですが、あくまで原作ありきの物語という事をもう少し引き継いでもらえるとより楽しめたのかなと思います。

30代男性

★★★★★星5

映画リョーマは旧テニと新テニを繋ぐストーリーだと知り、旧も新テニもどっちも好きな私にとって貴重な作品だと思い観に行ったのがきっかけです。

ジャンプ作品の映画で初めての試みであろうキャラクターの歌唱シーンにまず感銘を受けました。

キャラがシーンに合わせて、気持ちを込めて歌っている姿は本当に尊くて、歌詞も映画を見終わった後もつい口ずさんでしまいました。

本当に頭の中で何回でも再生出来るくらい素敵な曲ばかりでした。

次にこれが重要です。映画本編に出ないキャラも映画館のスクリーンで拝めるところが最高でした。

エンドロールで流れたキャラクターのその後の様子は勿論、テニフェスシアターPetiteでは学校ごとにキャラクターが登場するシーンがあります。

もう、巨大スクリーンに映る推しキャラを拝みに行くだけでも楽しいです。

さらにランダムでの配布でしたがエンドロールの直筆イラストは本当に有り難かったです。

20代女性

★★★★★星5

言葉が見つからない。ただ、冒頭から何故か涙が流れていました。

全国大会決勝のリョーマ対幸村の試合、最終局面から物語は始まります。

あの夏の、あの日の、あの一瞬が、いま目の前で繰り広げられていることに、長年のテニスの王子様ファンは胸が熱くなることと思います。

それをさらに加速させるように始まる『Dear Prince〜テニスの王子様達へ〜』当時誌面でも大きく話題となった「漫画の最終回なのに歌が入る」という斬新な表現ですが、あれから何年も経ちテニスの王子様はアニメ・映画・ミュージカルと様々なコンテンツとして成長した今となっては、それはあまりにも当然の流れで、歌があるからこそテニプリなのだと改めて実感しました。

大好きな人達が、青春をかけて躍動する姿が、私には堪らなく愛おしいのです。

物語の中には新曲がかなり出ますが、中でも皆川純子さんと朴璐美さんがデュエットするのは最高でした。

女性声優のかっこいい中性的な声が好きな方はとにかくテンションが上がると思います。

ストーリーもリョーマくんと桜乃ちゃんの友情と恋愛を超えた心温まる可愛らしいお話で、また新たなテニプリが見られたなぁという印象でした。

映画の最後にはライブパートが用意されており、往年の名曲が新たな演出で聴けることに歓喜しました。

許斐先生の素晴らしい心遣いとファンを楽しませたい!という気持ちがビシバシ伝わりました。

観賞後は、本当に元気な気持ちになります。連載開始からずっとファンで様々なイベントに参加しましたが、やっぱり許斐先生はとにかくエンターテイナーです。

ハッピーメディアクリエイターの名の通り、これからもハッピーを作り続けてほしいですし、私もそれを応援し続けたいです。

30代女性

*映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料でテニプリ映画を今すぐ観るならコチラ▼

【映画】リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様のあらすじ

以下、映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」のあらすじです。

リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様のあらすじ|過去にタイムスリップ!?

越前リョーマは全国大会終了後、更に強くなるため単身で渡米していました。

ロサンゼルスへ到着すると、家族旅行で来ていた同級生の竜崎桜乃がギャングに絡まれている所に遭遇します。

テニスで勝負を挑まれたリョーマが桜乃を助けるためにテニスボールを放った時、どこからか打たれた別のボールと接触し、その瞬間まばゆい光が2人を包みました。

光が収まり目を覚ますと、なんと2人はリョーマの父・南次郎が現役で活躍していた時代にタイムスリップしてしまっていたのです。

リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様のあらすじ|桜乃の誘拐

父親が現役引退するきっかけとなった試合を見るために、リョーマは桜乃と共に幼い頃暮らしていた家へ行き、若い頃の父親と出会います。

しかし、父親と行動していた先で桜乃が南次郎の娘と間違われ、ギャングに誘拐されてしまいました。

リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様のあらすじ|元の時代への帰還

ギャングに渡された脅迫文からアジトを突き止め、リョーマは一人乗り込んでいきます。

そこへ駆け付けた南次郎の協力で桜乃を助けなんとか逃げ出した後、全米オープン決勝戦が始まるまで捕まらないよう身を隠す事にしました。

以上、「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」のあらすじネタバレでした。

果たして二人は元の時代へ帰れるのか?

そして南次郎が現役引退した本当の理由とは?

気になる結末は、実際に映画を観てみることをオススメします。

管理人

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「テニプリ」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

▼漫画原作の映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA