CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ感想評価!見る順番や時系列も紹介【ネタバレ含む口コミ評判レビュー有|僕のヒーローアカデミア THE MOVIE】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年8月3日公開の『ヒロアカ映画2人の英雄』。

2014年から「週刊少年ジャンプ」にて連載中の人気漫画を映画化したもので、アニメ2期と3期の間を描く、原作にはないオリジナルストーリーとなっています。

ゲスト声優として志田未来、生瀬勝久が出演し、主題歌には菅田将暉が歌う『ロングホープ・フィリア』です。原作ファンからも高評価となり、興行収入は17億円超えの大ヒットとなりました。

また、ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の口コミ評判レビューには、

  • デクとオールマイトの共闘が見られ他のバトルシーンも見ごたえ抜群
  • オールマイトの過去が垣間見える作品
  • アメコミ要素も含めたジャンプ作品らしい映画
  • アニメ同様に作画も綺麗で、戦闘シーンは大迫力
  • アニメストーリーとは違い、オリジナル作品として分けて観るべき
  • 面白いが、予想以上のモノがなかった
  • アニメ2期までを観ていれば楽しめる作品
  • 普段フォーカスの当たらないクラスメイトなども注目要素

という声が多数集まっています。

映画「ヒロアカ」のまとめ
  • ヒロアカ映画の順番・時系列を紹介
  • ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ
  • ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の感想評価(ネタバレ含む)と口コミ評判レビュー
  • ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の声優一覧

 

もし、まだあなたが一度も「ヒロアカ」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

例えば、今ならU-NEXTだと「ヒロアカ」アニメを初回付与ポイントで実質無料で観ることができますよ!

▼今なら無料!「ヒロアカ」を観るならコチラ▼

ヒロアカ映画の順番・時系列を紹介

僕のヒーローアカデミアのアニメは現在は5期まで放送されています。そして映画版が2作(2021年8月6日に3作目が公開)公開されています。

ヒロアカのアニメと映画の放送・公開された順番は、時系列がズレたものとなっています。その為、ここではまず時系列順に解説していきます。また、原作の何巻までの内容なのかやあらすじも簡単にご紹介します。

ヒロアカ|アニメ1期

ヒロアカのアニメ1期は2016年4月〜6月までに放送された全13話で、原作3巻の USJ 襲撃事件までの内容をアニメ化したものです。

無個性だった主人公・緑谷出久がヒーロー社会のナンバーワン・オールマイトに認められ、最 高のヒーローを目指すところから物語は始まります。

入学試験で落ちかけたり、体力テストで除籍されかけたり、急ごしらえの超パワーに振り回さ れながら緑谷はドロップアウトすれすれで少しずつ成長していきます。

ヒーロー養成学校の雄英高校の訓練施設である USJ にヴィランが直接乗り込み、それをオール マイトが撃退するまでがアニメにされました。

ヒロアカ|アニメ2期

ヒロアカのアニメ2期は2017年3月〜9月までに放送された全25話で、原作8巻の保須市襲撃事件編までの内容をアニメ化したものとなっています。

USJ 襲撃事件を終え、それでも雄英高校は強気に体育祭を決行します。全クラスを交えた 対戦ではクラストップの轟焦凍が抱えた闇を正面から緑谷が殴りに行くところがハイライト です。

体育祭を終えてからはオールマイトの師匠・グラントリノの下で修業中、クラス委員長の飯田 天哉は兄をヒーロー引退に追い込んだヒーロー殺し・ステインへの復讐をを試みます。結果とし て緑谷と轟の協力により、ステインの逮捕に成功しました。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄

2019年1月11日に公開された作品で、原作漫画にはないオリジナルの内容となっています。時系列的にはアニメ2期の後の内容となっています。

林間合宿前にオールマイトの新人ヒーロー時代の相棒、デヴィッドの娘のメリッサから I・アイ ランドという海上の人工移動都市に招待されるところから始まります。

科学の祭典である I・エキスポを A 組の面々も合わせて楽しんでいたところに、ヴィランが警 備システムにハッキングして一般人を人質にします。そのせいでオールマイトを含むプロは行動 ができなくなり、ヴィランに認識されていない A 組がセキュリティを戻してヴィランを倒すとい う物語です。

ヒロアカ|アニメ3期

ヒロアカのアニメ3期は2018年4月〜9月までに放送された全25話で、原作14巻のビッグ3が登場するところまでとなっています。

ステインの逮捕後、生徒の個性強化のための林間合宿にて再びヴィランに襲撃され、爆豪が拉 致されます。

爆豪を救出するため、オールマイトの宿敵・オールフォーワンに迫るためプロのトップたちは動き出します。個性の残り香さえも使い尽くして勝ったオールマイトはヒーローを引退しました。

その後、生徒たちはヒーロー仮免試験を受け、トップ二人以外が合格しました。仮免を合格し てインターンへ向かう前に雄英トップ3の生徒から説明を受けるというところで3期は終了します。

ヒロアカ|アニメ4期

ヒロアカのアニメ4期は2019年10月〜2020年4月までに放送された全25話で、原作20巻の脳無・ハイエンド編までとなっています。

インターンにて、緑谷はオールマイトの元サイドキック(相棒)・ナイトアイの元へ向かいます。 その際にヤクザ者のトップ・治埼と接触します。

そこから治埼が少女・エリを分解、修復して『個性を完全に消す』薬を作っていることを知り、 そのヤクザを倒すためプロとともに乗り込みます。

ヤクザの話が終わって日常パートである文化祭があり、トラブルはありつつも A 組のせいで名 枠を被っていた他クラスを最高の演奏で黙らせました。

新たなヒーローランキングが発表され新ナンバーワンとなったエンデヴァー、ナンバーツーと なったホークスが恐ろしく強いバケモノ・脳無を倒してアニメは終わります。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング

2019年12月20日公開されたもので、原作25巻240話以降が映画となっています。

A組だけが孤島にてヒーロー事務所として活躍するというところから始まります。孤島の田舎ということもあり、依頼の類は非常にのどかなものばかりでした。その島に住む少年がナインと いうヴィランに襲われるところから物語は大きく動き出します。

ナインは個性複数持ち・個性奪取というオールフォーワンのようなヴィランであり、少年の個 性を狙っていました。プロや大人の助けが得られない中、A組はヒーローとして策を弄して立ち 向かいます。

ワンフォーオール100%をぶつけてなお倒せないため、緑谷は爆豪に継承して二つのワンフォ ーオールでナインを撃破しました。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールドヒーローズミッション

時系列はエンデヴァー事務所にインターンしているということから、おそらく現在放送中のア ニメ5期の途中か以降の話と思われます。

世界の個性を持った人間をせん滅しようとする組織・ヒューマライズは個性を暴走させる爆弾 を世界に仕掛けます。それに対抗して世界選抜ヒーローチームが結成されます。世界中のプロだ けでなく雄英高校ヒーロー科(B組や先輩含む)が招集され、各地で回収に当たります。

その過程で緑谷は事件に巻き込まれて全国指名手配、警察からもヴィランからも命を狙われま す。そして告げられる「タイムリミットは2時間」により世界はパニックになる、というのが現在公開されているあらすじとなっています。

以上がヒロアカの映画を含めた時系列となっていますが、オススメの見る順番をまとめると

  • アニメ1期
  • アニメ2期
  • 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄
  • アニメ3期
  • アニメ4期
  • 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング
  • アニメ5期(放送中)
  • 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールドヒーローズミッション(2021年8月6日公開)

このような感じになります。

時系列順に観ていくのが一番分かりやすいので、こちらを見る順番としてオススメします。

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ


以下、映画「ヒロアカ」のあらすじです。

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ|アイランド

今作はアメリカにてヒーローデビューした新人時代のオールマイトの相棒、デヴィッドの娘の メリッサから”I・アイランド”という海上へ浮かぶ人口移動都市へ招待されるところから始まりま す。

科学の英知を展示した”I・エキスポ”はド派手な遊園地のようでもあり、様々な経緯で入島が可能となっています。1年A組の面々も”I・アイランド”に入島していました。

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ|I・エキスポにて

科学の英知を集結させたというだけあり、観光・勉強として非常に充実しており、A 組もI・エ キスポを満喫していました。

そして夜のパーティーにてヴィランがアイランドの警備システムを ハッキングしてしまいます。それにより誰も逃げ出せなくなりました。

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)のあらすじ|事件発生

オールマイトは人質のおかげで行動できず、大人のヒーローも不在という状況でA組だけが行動できる状態に陥ります。それを何とかするため、A組は最上階200階の警備システムのコントロールルームへ向かうのでした。

以上、「ヒロアカ」のあらすじネタバレでした。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「ヒロアカ」シリーズを一気観したいあなたはコチラ▼

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の感想評価(ネタバレ含む)と口コミ評判レビュー


以下、映画「ヒロアカ」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価|ジャンプらしい王道映画作品

最後まで王道のヒロアカ映画をまっすぐにやってくれたというのが素直な感想でした。だからこそ最後まで予想以上のモノはないと感じました。

オールマイトを封じ、200階を踏破する過程で中ボスをA組の面々が各個撃破、最後には緑谷と一緒にボスをやっつけるという分かりやすいものでした。ずっと「オールマイトが何とかして くれる」という気持ちがあったから何となく緊迫感に欠けた印象でした。

オールマイトが衰えていると言ってもやはりナンバーワンヒーロー、戦闘力はトップです。そこへ主人公の緑谷と一緒になって戦うというのは、なんとなく先の展開が読めてしまって衝撃は 薄いものでした。

総合評価としては 100点満点中 85 点というところです。映像・ストーリー・テンポのどれをとってもファンが求めている水準を優にクリアした映画でした。

特に若かりし頃のオールマイト が派手に活躍しているシーンは非常にワクワクしました。ラストも迫力満点で、アニメ2期の緑谷VS轟レベルの戦闘シーンは釘付けになりました。

オススメできる人はやはりヒロアカのファンであることが前提です。より細かく言うのならば、 体育祭くらいまで読んでいるか、『僕のヒーローアカデミア ヒーローズ:ライジング』を視聴し ていない方となります。視聴していない方としたのは純粋に見劣りしてしまうと判断したからです。

良かったところは全体的に安定感があったところです。派手さに差はあれどメインキャラそれ ぞれに見せ場がありました。アトラクションで緑谷、爆豪、轟の三人が点数を競い合うなどのほ のぼのとしたシーンとのバランスも見事でした。

残念だったところは特にありませんでした。偉そうな物言いにはなりますが、加点箇所はあれ ど減点箇所は思い当たりません。

印象に残ったシーンは最初に1年A組の面々が続々と登場したところです。誰かが誰かにコバンザメしたりバイトに来たり、その動機からもキャラの個性が出ていて頬が緩みました。

若かりし頃のオールマイトとデヴィッドが気心の知れた友人という距離感で、ヴィランをやっつける爽快感は最高でした。現在のオールマイトのような安定した感じではなく、粗削りで派手 でダイナミックな戦闘に魅了されました。それこそ全盛期のオールマイトだけで 1 本の映画にしてほしいと思うほどです。

良い映画ではありましたが、ラーメンを頼んでラーメンを出してもらった、そういう求 められているものを求められているクオリティで提供された映画でした。

口コミ評判レビュー「王道作品が好きなら観た方が良い」「瞬きするのがもったいないくらい」

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の口コミ評判レビューには、「王道のジャンプ映画として楽しめた」「ストーリー展開も飽きることなく見ることができた」「構成もテンポがよくて、それぞれのキャラクターがわかりやすく頭に落とし込むことができた」「笑いもあり、もう一度見たいと思える映画だった」という評判が多い印象です。

★★★★☆星4

僕のヒーローアカデミア映画第1弾の作品です。オールマイトの過去が垣間見える作品になってます。原作では見ることのできない若い時のオールマイトを見ることができます。

ラストのシーンではデクとオールマイトの共闘が見られ他のバトルシーンも見ごたえ抜群です。全体的にテンポよくストーリーは進んでいきますが内容を見ると事件の発端となる助手のサムの裏切りやオールフォーワンの繋がりなどもって丁寧に描いて欲しかったと思います。

また1年A組のパーティ衣装や普段フォーカスの当たらないクラスメイトなども注目要素となっています。

今作はアメコミ要素も含めたジャンプ作品らしい「努力」「友情」「勝利」の3原則を体現したような作品になっています。王道作品が好きな方はぜひ見てみてください!

30代男性

★★★★☆星4

最近になり始めて「ヒロアカ」を見始めてこれは面白いとアニメを見ていると途中で映画の宣伝のようなものが入ってきて気になってみました。

あえて英雄がヒーローではなくサポートをする人。やはりこのアニメはヒーローだけではなくいろいろな人がいるからヒーローが成り立っているのだと感じた。

少し思ったことを言うと、1-Aの生徒が出てくるのはいいのだが別にそこまでいらない生徒を出さなくてもいいのではないかと思った部分もある.

あとは映画限定というのはあるけども、ディビットのものは国が止めたけども、デクにつけたガントレットは何個も複製できるのではないか?あれがあれば当分の間は100%をノーリスクで打てるのであるならば普段身に着けていてもいいものだと思う。

今回主要キャラではない耳郎響香が少しメインどころで出ているのはいいと思う。戦うことがわかっているので個性があっているから出たのはわかるが。

敵についてはまぁまぁよくあるアニメ映画の感じでパワーが増大して大きくなって、どうしようもなくなってくるがみんなで力を合わせて倒す。ここはジャンプアニメの王道という感じなのでよかった。

ラストに関しては、そのあとどうだったかをもう少し教えてほしいところはあった、なんとなくエンドロールのところにあったが、あまり伝わらなかった。

のちにアニメでも名前が出てくるのだからもう少し最後は今後ディビットとメリッサ、デクとオールマイトがどうなっていくのか描いてもいいのではないかと思った。

例えばディビットがオールマイトとやっていたのだから、メリッサは今後デクのサポートをしていくのようなものも入れてもよかったのではないか?トータル的にはジャンプアニメ映画として「友情・努力・勝利」という王道の楽しめる映画であった。

20代男性

★★★★☆星4

このアニメのいいところはそれぞれのキャラクターが何らかの形でちゃんと「愛されている」のが見えることです。

それが全て正しいとは限らないけど、わたしたち大人がみるのと、これからを担う子供たちが見るのとでは感覚が必要なので、この作品のなかにある「愛」の表現はとても良いなと思いました。

又、デクとオールマイトの師弟共闘がアツかったです。志田未来さん演じるゲストキャラもかわいくて良かったです。私はとてもアメコミが好きなので、ヒロアカの少しアメコミ感あるキャラクターたちや個性、技、仲間との関係性などすごく好きだったりします。

唯一引っかかるとすれば、ジャンプということもあり、「男性が強くいなくてはいけない」、「女性はいつも男性の力を借りる」という描写が多いのでそれがたまに残念だなと感じます。

主人公デクも含みますが、男性キャラクターは「強くある」ことを「男だから」と暗示しているシーンが多いので、「いいんだよ、男だから強くならきゃって思わなくていいんだよ」と少しそんな気持ちになります。

耳郎ちゃんは作中で少しボーイッシュな女の子として描かれているが、クラスメイトのセリフで「まじで耳郎、ヒロインだったよなあ!」と言われ、「うち、ヒロインじゃなくて、ヒーローだし!」と返しているのを見て、色々と意見が湧いて来ました。

耳郎ちゃん本人がそれをクラスメイトに伝える関係にあるというのはすごく個人的には良かったです。

20代男性

★★★★★星5

映画館で鑑賞しましたが、アニメ同様に作画も綺麗でした。特に後半の戦闘シーンは大迫力で、瞬きするのがもったいないくらいでした。

A組の仲間たちの戦闘シーンもたくさん見ることができてワクワクしました。また、普段と違ったパーティー衣装を着ている点も、見ていて楽しかったです。

オールマイトの過去も知ることができ、若いころの姿を見ることができるのは貴重だと思いました。やはり、最後のデクとオールマイトの共闘はとてもかっこよかったです。

ストーリー展開も飽きることなく見ることができ、個人的には林ゆうきさんのBGMも大好きなので、もう一度見たいと思える映画だったと思います。

30代女性

★★★★★星5

「僕のヒーローアカデミア ふたりの英雄」は、僕のヒーローアカデミアに1番ドハマリしていた時期に公開された映画でした。大きいスクリーンで大好きなジャンプ作品のアニメを見れるのが嬉しくて、YouTubeなどで公開されていた予告編も沢山見ていました。

作品中では、アニメの続きである夏の期間のひとつが描かれており、別の時間軸とかでは無かったのですんなり入り込むことができました。

また、今まで現在の姿ばかり描かれていたオールマイトの過去や、その時の知り合いなど、普段は見れないような1面が見れて、なんだかプレミア感を感じました。そして主人公の緑谷出久と同じ無個性のキャラクターが始めて登場し、少し微笑ましい気持ちにもなりました。

10代女性

★★★★☆星4

私はアニメを通して全て見ていますが、涙あり笑いありオリジナル作品として分けてみるべきなのかなと思います。

たしかに1学期終わりの夏休み中の話なので繋がっているように見えるのですが結末のとんでもない力をデクが発揮してる時点でアニメではストーリーが繋がらないと思います。

いくらオールマイトと一緒に同じ『オール・フォー・ワン』とは言え無理があると思うので、ここは切り分けて見た方がより面白く観れるのではないかなと思います。

私的にはオールマイトの若い頃の相棒が分かったことやI・アイランドの幻想的が絵は個人的には好きですが、もう少しデク以外の仲間達の個性も観れる場面が欲しかったかなと思います。映画なのでまとめられていたので仕方ないのですが。

30代女性

★★★★☆星4

オールマイトの全盛期、というか新人ヒーローとして華々しいデビューをする様子は心が躍りました。その時期周辺のエピソード、ナイトアイとの仕事の様子など見てみたいエピソードがぐっと増えました。

そういった前日譚を終え、現代のお話は見ていて楽しいものでした。A組の生徒がバイトやアトラクションを楽しむという生徒らしいシーンは(映画館だったので)声こそあげなかったものの、非常に笑わせていただきました。

物語の起承『転』結に差し掛かり、いよいよトラブルが起こって解決しようと頑張る段階も非常に見ごたえのあるものでした。

大人はいない、オールマイトも実質無力化、本当にA組だけでなんとかしないといけないというまさにピンチ、だからこそ最後まで目が離せない作品でした。

総評としては順当に面白かったです。ただ、最初に「『普通に』面白い」と書いたのは予想以上のモノがなかったからです。

限定的な状況で乗り越えるべきピンチに私が「これはまずい」と危険を感じるほど切羽詰まった空気になれなかったのです。「きっと最後にはオールマイトとデクがなんとかする」「なんとかできる」そのくらいのピンチに思えてしまったのです。

繰り返しになりますが、本当に面白かったです。観客の求めている『僕のヒーローアカデミア』の映画を提供してくれた、そう思いました。

20代女性

★★★★☆星4

僕のヒーローアカデミアは、個性という特殊なパワーをもつ者と持たざる者がいる世界で、個性を持っていない主人公ですが個性を持って特殊なパワーを使って人を助けるヒーローにあこがれ、夢を叶えるまでのストーリーです。

主人公の緑谷くんはいつか自分がヒーローになることを夢みていたのですが、個性を持っていないタイプの人間でしたが、事件に巻き込まれます。事件というのは犯人が暴走したものでした。

そのときに、ヒーローのオールマイトと出会い、事件を解決します。それが見出され、オールマイトの力を引き継ぐことによってストーリーの歯車がまわっていきます。構成もテンポがよくて、それぞれのキャラクターがわかりやすく頭におとしこむことができました。

普通はこれだけメンバーがでたらよくわからなくなると思いますが、それぞれの大切なことがわかっていくと共感すると思います。今回の映画はヒーローがなぜヒーローになりえたのかや信念をより深く知ることができたので家族でも楽しめる作品です。

30代女性

*映画「ヒロアカ」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。引用の際は必ず引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「ヒロアカ」を今すぐ観るならコチラ▼

ヒロアカ映画2人の英雄(2019)の声優一覧

緑谷出久-山下大輝

爆豪勝己-岡本信彦

麗日お茶子-佐倉綾音

轟焦凍-梶裕貴

オールマイと-三宅健太

メリッサ・シールド-志田未来

デヴィッド・シールド-生瀬勝久

▼漫画原作の映画特集▼

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA