CinemaHitsTV-シネマヒッツ-映画のあらすじネタバレ・感想評価と口コミレビューを掲載

映画『バズ・ライトイヤー』で声優が変わった?あらすじネタバレや感想評価も徹底的にまとめてみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2022年7月1日、日本公開の映画『バズ・ライトイヤー』。

この映画は『トイ・ストーリー』シリーズの前日譚であり、この作品を見てバズに憧れたアンディ少年のもとにおもちゃのバズがやってきた…という物語の原点でもあります。

『トイストーリー』でもたびたび見られる自信過剰なバズですが、この作品では仲間たちを想い、地球に帰還させるために奮闘する姿を見ることが出来ます。

アンディーがバズのおもちゃを欲しがる理由や、悪の帝王ザーグも登場し、なぜバズとザーグは戦っているのかも明らかになります。

懐かしいシリーズも合わせて観るとその壮大な世界をより一層楽しめるものとなっています。

映画『バズ・ライトイヤー』の口コミ評判レビューには、

  • トイストーリーファンなら必ず観てほしい
  • 仲間思いなバズの行動に胸を打たれた
  • 大人も楽しめる内容
  • CGの技術は流石だった
  • 大人には幼稚で子供には難しい作品と感じた
  • 友情あり、ちょっとウルっとなるなるシーンも
  • ギャグ要素も多く面白かった
  • 明るく前向きになれる映画

という声が多数集まっています。

この順番でチェック
  • 映画バズ・ライトイヤーでバズの声優が変わった理由とは?
  • 映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ
  • 映画『バズ・ライトイヤー』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

もし、まだあなたが一度も「バズ・ライトイヤー」を観ていないなら、まずはネタバレとあらすじ・感想評判の前に作品を観ておくことをおすすめします。

U-NEXTなら、初回付与ポイントを使って新作品も実質無料で観ることができますよ!

見放題作品もあり、おすすめです!

▼今なら無料!「バズ・ライトイヤー」を観るならコチラ▼

映画バズ・ライトイヤーでバズの声優が変わった理由とは?

ディズニーピクサーが制作し、世界中で大ヒットを記録した「トイ・ストーリー」シリーズで特に人気を集めるキャラクター「バズ・ライトイヤー」の活躍を描いたスピンオフ作品である映画『バズ・ライトイヤー』。

トイストーリーシリーズの設定を残しつつも本格的なSF作品になっており、日本でも興行収入10億円を超える大ヒットを記録しております。

作品の内容に関しても、高く評価する声が多数ある中で、バズの声優が変わった件について違和感があったと感じる声も見られます。

管理人

「トイ・ストーリー」シリーズのバズ・ライトイヤーの声は、本国アメリカではコメディ俳優のティム・アレンが演じており、吹き替え版はシンガーソングライターでコメディアンの所ジョージさんが演じております。

吹き替え版を演じた所ジョージさんの軽快な演技がハマり役で日本でのバズ人気の大きな要因の一つとなっておりますが、今作ではティム・アレンも所ジョージさんもバズの声優を担当していません。

本国アメリカでは2011年に『キャプテン・アメリカ』で主人公のキャプテン・アメリカを演じ、一躍スターの仲間入りを果たしたクリス・エヴァンスが演じており、日本語吹き替え版も2021年に『孤狼の血 LEVEL2』での熱演で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した鈴木亮平さんが声優を務めています。

ティム・アレンの演技も、所ジョージさんの演技も好評なのに関わらず、なぜ本作では声優が変わってしまったのでしょうか?

管理人

本作のプロデューサーであるゲイリン・サスマン氏はインタビューで本作はおもちゃではないスペースレンジャーとして活躍するバズ・ライトイヤーを描いた作品のため、トイストーリーシリーズとは全く別の世界観を描く作品となっているため別人が演じる必要があり、そのために交代することになったと語っています。

本国アメリカで声優が変わったことを受けて、日本でも所ジョージさんから鈴木亮平さんに変わることになったと考えられます。

慣れ親しんだバズの声では無いため、鑑賞中に違和感を感じる方も多いと思いますが、クリス・エヴァンスも鈴木亮平さんも確かな演技力で熱演を見せてくれていますので、作品が進むにつれて気にならなくなるとは思います。

📖実質無料で映画を観よう!


\好きな映画を無料で1本観る/
※2週間の無料期間中は映画が見放題です。

\好きな映画を無料で1本観る/

\好きな映画を無料で1本観る/
※無料期間中に解約すると月額料金は一切かかりません。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『バズ・ライトイヤー』のあらすじ

以下、映画「バズ・ライトイヤー」のあらすじです。

『バズ・ライトイヤー』のあらすじ|未知の惑星を調査するスペースレンジャー・バズ

居住可能な惑星を探していた探査船の乗組員・スペースレンジャーであるバズ・ライトイヤー大尉とアリーシャ・ホーソーン中佐は生命体の存在を感知した惑星を調査しますが凶暴な蔓や昆虫の攻撃を受けてしまいます。

惑星から脱出しようと試みますが、バズが操縦を誤ってしまい、探査船は破壊されてしまいます。

乗組員たちは無事でしたが、探査船の燃料となるクリスタルも損傷により惑星から脱出することが出来なくなってしまいました。

バズとアリーシャを含めた乗組員たちは惑星で生活を続け、1年後に燃料のクリスタルの製造に成功し、バズはテスト飛行を行います。

4分間のテスト飛行は失敗に終わり、帰還したところ惑星では4年という長い月日が流れていました。

4年という月日の間にアリーシャとパートナーの間には子どもが生まれ、バズは驚きを隠せませんでした。

その後もバズは何度もテスト飛行に挑戦しますが、失敗に終わります。

惑星には60年という月日が流れ、とうとうアリーシャは亡くなってしまいました。

ショックを受けるバズに追い打ちをかけるようにアリーシャの後任となったカール・バーンサイド中佐は惑星から脱出することを諦め、永住する方針になったことをバズに告げます。

『バズ・ライトイヤー』のあらすじ|バズたちの前に立ちはだかるザーグ

これまでのテスト飛行が無駄になったことに落胆するバズでしたが、アリーシャが以前バズにプレゼントした猫型のロボットであるソックスが長い年月でクリスタルの正しい製造に成功したことをバズに伝えます。

バズはこれまでの実験の日々を無駄にしないためにも隊員たちに回収されそうになっていたソックスとともに飛行船を盗み出し、再びテスト飛行に挑戦して、見事に成功をおさめました。

飛行に成功したバズたちは惑星に戻りますが、誰からも応答がありませんでした。

すると、いきなり黄色いロボットが現れ、飛行船が奪われてしまいます。

ロボットからの攻撃を受けるバズでしたが、アリーシャの孫にあたるイジーという女性が現れ、ロボットを倒し、バズを救いました。

イジーの話によれば、惑星では22年という長い年月が経過しており、数週間前にザーグシップという謎の宇宙船が現れロボットが攻撃を始め、基地が完全に包囲されてしまっている状況とのことでした。

イジーとその仲間であるモー、そして、ダービーに案内されてアルマジロという古い貨物船でバズはザーグシップに攻撃をしかけようとしますがイジーたちは正式なスペースレンジャーでは無くアルマジロの操縦もままならない彼らの能力に懐疑的な印象を持っていました。

『バズ・ライトイヤー』のあらすじ|ザーグの意外な正体と目的

惑星で昆虫からの攻撃をなんとか躱わしながらアルマジロで飛行を続けていたバズたちでしたが、無茶な運転により故障してしまい、墜落してしまいます。

周辺で修理用のコイルを見つけ出したバズたちは協力してなんとか修理に成功しました。

そんな中、バズたちを捕獲することが出来ないロボットたちにしびれを切らしたザーグがバズたちのもとに現れ、ロボットたちとともに攻撃を仕掛けてきます。

ザーグたちの攻撃をなんとか交わし、アルマジロに乗り込み離陸しようと試みますが、イジーのミスにより失敗してしまいます。

バズはザーグに連れ去られてしまい、ザーグシップでザーグが別次元の50年後の自分だということを知らされます。

ザーグはクリスタルの製造に成功した後、実験を繰り返してタイムトラベルを成功させます。

そして、過去に戻り、操縦ミスを無いものにしようとしておりましたが度重なる実験により燃料のクリスタルを使い果たしてしまったため、バズからクリスタルを奪うのがザーグの目的でした。

ザーグはクリスタルを渡せば、失敗した過去は消え去り、相棒であったアリーシャとももう一度会えると提案し、バズは選択を悩みます。

以上、「バズ・ライトイヤー」のあらすじでした。

果たして、バズはザーグにクリスタルを渡してしまうのか?

そして、イジーたちはバズを救うことが出来るのか?

結末が気になる方は実際に映画を観ることをオススメします。

▼参考▼31日間も無料で観れる!映画「バズ・ライトイヤー」を今すぐ観たいあなたはコチラ▼

『バズ・ライトイヤー』の感想評価とみんなの口コミ評判レビュー(※ネタバレ有)

以下、映画「バズ・ライトイヤー」の感想評価(ネタバレ・ラスト結末含む)と口コミ評判です。

感想評価(※ネタバレ有)|スペースレンジャー・バズの孤独と葛藤が描かれた本格的なSFX作品

映画『バズ・ライトイヤー』は、ディズニーピクサーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の人気キャラクター バズ・ライトイヤーを主人公に描いたスピンオフ作品になっております。

シリーズでは、コミカルな印象が強いキャラクターのバズが主人公ということでどんな作品になるのか、期待と不安が入り混じりながら鑑賞しました。

しかし、『トイ・ストーリー』シリーズが持つコミカルな魅力を交えつつ、スペースレンジャーであるバズという人物の孤独や葛藤がしっかりと描かれた本格的なストーリー展開が非常に魅力的な作品になっておりました。

管理人

ザーグの正体は、『トイ・ストーリー2』ではバズの父親という設定になっていたのですが、今作ではザーグの正体が未来のバズ自身だったという衝撃の展開に驚かされました。

終盤でバズはクリスタルを譲り、過去の失敗を消し去るというザーグからの魅力的な提案について選択を悩みますが、自分の過去の失敗を消し去ることによって、イジ―を含めたアリーシャの家族たちの存在を消し去ってしまうことに繋がることを思い、葛藤の末にザーグの提案を拒否します。

過去の失敗を消し去れば、テスト飛行に挑戦する度に長い月日が流れ周りの人々から一人取り残されてしまう孤独な日々やアリーシャを失ってしまう悲しみを経験せずに済むのですが、それでもアリーシャたち家族の未来を思い、提案を拒否したバズの決断には心を動かされました。

そんなバズを救うためにスペースレンジャーの見習いである未熟なイジ―たちが協力し、貨物船であるアルマジロに設置されたワープ装置によりザーグシップに乗り込み、なんとかバズを救い出します。

登場時、明らかに足手まといなイメージがあったイジ―たちが作品が展開していくにつれて成長を遂げていき、作品の最後ではバズの指名により、遂にスペースレンジャーの隊員になる展開にはカタルシスを感じ、映画のラストにふさわしいシーンだと思いました。

管理人

また、バズの相棒である猫のロボット・ソックスも非常に愛らしくて魅力的でした。

個人的に「トイ・ストーリー」シリーズの大ファンなので、これまでの4作はすべて鑑賞してから本作を観に行ったのですが、しっかりとした人間ドラマが描かれた本格的なSFX作品になっているので、シリーズを観たことが無い人が観ても十分に楽しめる作品になっております。

本作が非常に完成度が高かったため、シリーズのファンとしては主人公のカウボーイのおもちゃであるウッディのスピンオフ作品が制作されることを期待しております。

『バズ・ライトイヤー』のみんなの口コミ評判レビュー

映画『バズ・ライトイヤー』の口コミ評判レビューには、このような評判が多い印象です。

「ディズニー好き、ピスサー好きなら、間違いなく楽しめる」「今までのディズニー映画よりちょっとスパイスの効いた感じ」「周りを固める他のキャラクターもそれぞれに持ち味があった」「映画を見終わった後はバズのイメージが少し変わった」

それでは、実際の口コミ評判レビューを詳しく見て行きましょう。

★★★★★星5

「トイ・ストーリー」の大ファンだったので、公開されてすぐに見に行きました。

バズ・ライトイヤーは大好きなキャラなので期待大の作品でしたが、総合的に大変よかったと思います。

優秀な主人公が自分だけではなく、仲間も信じられるようになるその過程が感動的でした。

本当に大切なものは失ってから気づく、という少し残酷なストーリーでもありましたが、主人公の成長がよくまとめられていて、共感できる部分が多くありました。

ギャグ要素も多く、映画館で笑いが起こる場面もしばしば。明るく前向きになれる映画でした。

後半のザーグの正体についてですが、これは賛否両論があると思います。

どうしてそこまで大規模に街を襲っていたのか?目的の物を得るためだけならそこまでしなくてもよかったのでは?という気持ちが残りました。

個人的にはザーグ側の心描写をもう少ししてもらった方がわかりやすい作品になると思いました。

しかし、総じて大変よかったと思います。子どもも大人も楽しめる作品です。

20代女性

★★☆☆☆星2

トイストーリーを1からすべてみており、2・3・4といろんな舞台で展開していくストーリーはどれも好きだったので、そのスピンオフのような認識で映画館に足を運びました。

しかし、私が思っていたようなおもちゃの世界で繰り広げられるストーリーではなく、SF風の展開でした。

絵のタッチもこれまでのものではなく、世界観も異なっていたので、少し残念な気持ちでした

これまでのトイストーリーの1~4との関連性もなく、延長くらいの勢いで見た私はちょっぴり残念でした。

ただストーリーとしては、バズが友情に気づいていくもので、心動かされるものであったので、ストーリーとしては悪くはなかったかなと思います。

もう少しトイストーリーとの関連性があったらなと今振り返ってもしみじみ感じています。

20代男性

★★★★★星5

この作品はトイストーリーのスピンオフ作品でした。バスの背景にあるストーリーがとても良かったです。

映画を見終わった後はバズのイメージが少し変わりました。おっちょこちょいで気持ちは、とっても熱く素敵なキャラクターだなーとより好きになりました。

総合得点も高くつけてしまう作品でした。

予告からもう絶対これは好きなやつだと思っていたので期待を裏切らない作品でした。

予想外の箇所もあって楽しめました。SFっぽさもあってレベルの高い映画でした。

従来のトイストーリーと比べると少し内容的には大人向けかもしれません

40代女性

★★★★★星5

映画『バズ・ライトイヤー』はピクサーが作った最新アニメ映画です。

もともと『トイ・ストーリー』のシリーズが大好きだったので、シネコンで予告を見たときに心を鷲掴みにされて、公開をとても楽しみにしていました。

まず、映像の美しさに圧倒されました

肌の質感や宇宙の美しさ、宇宙船などのテクスチャーが素晴らしく、見ていてぐいぐいと吸い込まれていくのです。

そしてキャラクターの芝居が素晴らしい…日本だとバズの声を鈴木亮平さんが担当していますが、これがぴったり!なんというイケメンなバズだろう!とうっとりしました。

元祖『トイ・ストーリー』では所ジョージさんがおもちゃの彼を演じており、それがずっと頭に残っていたのですが、そうか、これが本物のバズの声なのだと納得する凛々しい声でした。

50代女性

★★★☆☆星3

トイストーリーが好きなのでとても期待して見ました。

バズはアンディが好きだったという映画Lightyearの中のキャラクターと言う設定で、その映画を作るっていうアイデアはとっても好きでした。

全く新しい感じに思えたので、凄いなと。

ただ、あんまりストーリーとしては強くなかったんじゃないかなと思います。

世界観は子供向けなのに、展開が矢継ぎ早でひとつひとつの作戦の内容も一見高度なので「大人には幼稚で子供には難しい」バランスになっている気がしました。

ただ、CGの技術は流石でした。とても綺麗で引き込まれる映像。

全体として見やすく、良かったですが、「また見たい!」とは思えなかったです。

アンディかバズを買うきっかけとなった映画という位置づけなら、最後にアンディをだしても良かったのではないかなと思いました。

20代女性

★★★★☆星4

ピクサーの代表作品、「トイストーリー」のスピンオフです。

結論を言うと、ディズニー好き、ピスサー好きなら、間違いなく楽しめると思います。

トイストーリー内で、おもちゃのバズ・ライトイヤーが販売されるきっかけとなったアニメをテーマにした映画です。

私は小さい頃からトイストーリーを観ていて、バズがなんでアンディのお気に入りになったのか、不思議に思っていたのですが、その理由がわかり、すっきりした気持ちになりました。

またトイストーリー2を観ている人は、ザーグのある言葉の意味がわかるので、なるほど!と思うはずです。

LGBTなど、ディズニー映画では今まで取り上げられなかった描写もあり、考えさせられるというか、子ども向け映画でも奥行きを感じました。

また、リメンバーミー以降のディズニー映画ではレアではありませんが、「死」を感じるシーンもあり、今までのディズニー映画よりちょっとスパイスの効いた、大人も楽しめる内容になっていると思います。

30代女性

★★★★★星5

なんとなくで観に行った映画でしたが、予想以上に面白かったし、思った以上にバズもカッコよかったです。

なんの予備知識もないまま観ていましたが、これタイムトラベルものなんだーって分かった瞬間にすごくワクワクしちゃいました。

最終的に映画を通して伝えたいのだろうメッセージも分かりやすく伝わって来て、よくまとまってるお話だなと、ちょっと感心しました。

あとソックスがめっちゃ好きになっちゃって、グッズを沢山買いました。

可愛いくて賢くてお茶目なとこが最高です!かまいたちの山内さんの声も良い味だしてるなと思いました。

少し残念だったのは、字幕版が上映されている映画館が少なかった所です。

やっぱ子ども向けに作られているから吹き替えが多いのでしょうか?

まあその内DVDとかで字幕版もみようと思いますが映画館で見損ねたのは残念だったなと思います。

20代女性

★★★★★星5

もともとトイストーリーシリーズが大好きで全て観ていたので、バズ・ライトイヤーもすごく楽しみにしていました。

バズのキャラクターは期待を裏切らず、おもちゃのバズが好きな人ならみんな大好きになると思います。

仲間思いで真面目で真っ直ぐで仕事熱心なバズの行動に胸を打たれます。

悪の帝王ザーグも登場し、なぜバズとザーグは戦っているのかが明かされ、まさかの展開に驚かされました。

バズと共に戦う個性豊か仲間たちも、騒がしくて物語をすごく面白くしてくれています。

映画を観る前から、ねこロボットのソックスの可愛さに映画が終わった頃には大好きになってるだろうなと思っていましたが、想像以上に大好きになりました。

映画の最初から最後まで常にソックスの行動に癒されました。

まさに笑いあり涙ありの展開でトイストーリーファンなら必ず観てほしい映画です。

20代女性

*映画「バズ・ライトイヤー」のみんなの口コミ評判レビューは当サイト『シネマヒッツTV』が独自で集めたコンテンツです。

引用の際は必ず当サイト『シネマヒッツTV』の引用リンクと出典の記載をお願いします。記載がない場合は法的処置も検討させていただきます。

▼連休に最適!無料で「バズ・ライトイヤー」を今すぐ観るならコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments